翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

トルコ
 Wikipediaトルコ情報

トルコ
トルコ共和国 Türkiye Cumhuriyeti 国の標語:Yurtta Sulh, Cihanda Sulh(トルコ語: 国に平和、世界に平和) 国歌:独立行進曲 トルコの位置 トルコ共和国(トルコきょうわこく、トルコ語: Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でグルジア、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。 トルコとヨーロッパ トルコ政府の公式見解では自国をヨーロッパの国としている。 現代では経済的・政治的にヨーロッパの一員として参加しつつある。 ヘルシンキ宣言に署名し、現在欧州連合 (EU) へ加盟申請中である。なお、EU加盟基準であるコペンハーゲン基準については現在議論が行われている。
トルコ帝国
『オスマン帝国』より : オスマン帝国 دولتِ عليۀ عثمانيه‎‎‎, Devlet-i ʿAliyye-i ʿOs̠māniyye‎ 国の標語: دولت ابد مدت‎, Devlet-i Ebed-müddet‎(オスマン語: 永遠の国家)国歌: オスマン帝国の国歌オスマン帝国の位置オスマン帝国の最大領土(1683年) オスマン帝国(オスマンていこく、ota: دولتِ عليۀ عثمانيه‎, ラテン文字転写: Devlet-i ʿAliyye-i ʿOs̠māniyye)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。
トルコ共和国
『トルコ』より : トルコ共和国 Türkiye Cumhuriyeti 国の標語:Yurtta Sulh, Cihanda Sulh(トルコ語: 国に平和、世界に平和) 国歌:独立行進曲 トルコの位置 トルコ共和国(トルコきょうわこく、トルコ語: Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でグルジア、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。 トルコとヨーロッパ トルコ政府の公式見解では自国をヨーロッパの国としている。 現代では経済的・政治的にヨーロッパの一員として参加しつつある。 ヘルシンキ宣言に署名し、現在欧州連合 (EU) へ加盟申請中である。なお、EU加盟基準であるコペンハーゲン基準については現在議論が行われている。
トルコ石
トルコ石(トルコいし、turquoise、ターコイズ)は青色から緑色の色を持つ不透明な鉱物である。化学的には水酸化銅アルミニウム燐酸塩であり、化学式では CuAl6(PO4)4(OH)8·4H2O と表される。良質のものは貴重であり、宝石とみなされる。12月の誕生石でもある。 その色合いのために、数千年の昔から装飾品とされてきた。近年では他の多くの不透明の宝石と同様に、表面処理されたものや模造品・合成品が市場に出回っていて問題となっている。専門家でもその鑑定は難しい。宝石学者ジョージ・フレデリック・クンツによれば、大プリニウスの『博物誌』に「カッライス(callais)」として登場する宝石が現在のトルコ石の古名に当たるが、当時から盛んに模造品が作られていたという。 英語では turquoise (ターコイズ)と言い、フランス語の pierre turquoise (トルコの石)に由来する。十字軍(東方の文物が西ヨーロッパに到来するきっかけ)の時代にヨーロッパに広まったため、この石が「トルコの石」と呼ばれるようになったばかりか、もとは古フランス語で「トルコの」を表す形容詞だった"turquoise"と言う語が、青の色みの一つを表すようにもなった。
トルコの地方行政区画
トルコの地方行政区画は、県(単数形 : il ; 複数形 : iller)からなる。1999年以降は全部で81の県が存在する。 各県には中央政府の代理者として内務省の官僚である知事 (vali) が置かれ、県の行政府 (vilayet) を統括する。県の自治体行政の最高権限は4年任期で民選される県議会が担い、県知事は県議会の決定に従って職務を遂行する。県の予算と行政事務の審議と承認を行う県議会の会期は年に40日で、会期外は県議会から互選された常設の県参事会が財政を審議、承認する機能を果たす。 県はさらに複数の郡あるいは区(ilçe、市と訳されることもある)から構成されており、県知事の行政府の置かれる中央地区(merkez ilçesi、県庁所在地に相当)を除く全ての郡区にはやはり内務省の官僚である郡行政官(kaymakam)を長とする郡行政府(kaymakamlığı)が置かれる。
トルコの国際関係
トルコの国際関係(トルコのこくさいかんけい)では、西アジアにある国トルコの国際関係について述べる。 概況 トルコはイスラム教国ではあるが、世俗主義を標榜し西側諸国の一員と自認しているため、基本的な外交政策は親アメリカであり、欧州連合 (EU) への加盟を大きな外交目標としている。またイスラム諸国では珍しく表面上は親イスラエルを維持していたが、ガザ紛争 (2008年-2009年)を機にトルコ政府はイスラエルの行動を激しく非難し、2009年以降イスラエルとの関係が諸問題で冷却化している。背景には国民の99パーセントがイスラム教徒であり、イスラエルに対する反感が非常に強いという問題がある。 第一次世界大戦後の共和国建国から、第二次世界大戦までは国際関係の中で中立を基本的な路線としていた。建国当初はソビエト政権と友好的でイギリスとは緊張関係にあったが、1930年代に入ると対外進出を図るイタリアとの関係が悪化したため、イギリス・フランスとの接近を図るようになった。
トルコの首相
在任期間
所属政党
ムスタファ・ケマル (Mustafa Kemal Atatürk)
1920年5月3日 - 1921年1月24日
アナトリアおよびルメリ権利擁護委員会
フェヴズィ・チャクマク (Mustafa Fevzi Çakmak)
1921年1月24日 - 1922年7月9日
アナトリアおよびルメリ権利擁護委員会
ラウフ・オルバイ (Hüseyin Rauf Orbay)
1922年7月12日 - 1923年8月4日
アナトリアおよびルメリ権利擁護委員会
フェトヒ・オクヤル (Ali Fethi Okyar)
1923年8月14日 - 1923年10月27日
アナトリアおよびルメリ権利擁護委員会
在任期間
所属政党
連立政党
イスメト・イノニュ (İsmet İnönü), 第1次内閣

トルコの経済
トルコの経済では、西アジアにある国トルコの経済状況に関して述べる。 概況 産業は近代化が進められた工業・商業と、伝統的な農業とからなり、農業人口が国民のおよそ40%を占める。もっぱら軽工業が中心で、繊維・衣類分野の輸出大国である。経済部門における財閥の力が大きく、近年では世界の大手自動車メーカーと国内の大手財閥との合弁事業を柱として重工業の開発が進められている。 ただし、工業化が進んでいるのは北西部のマルマラ海沿岸地域がほとんどで、観光収入の多い地中海・エーゲ海沿岸地域と、首都アンカラ周辺の大都市圏以外では、経済に占める農業の比重が大きい。とくに東部では、地主制がよく温存されているなど経済近代化の立ち遅れが目立ち、農村部の貧困や地域間の経済格差が大きな問題となっており、数十年にわたる政府の開発推進政策によっても解消をみていない。 1990年代の後半から経済は低調で、政府は巨額の債務を抱え、国民は急速なインフレーションに悩まされている。歴代の政権はインフレの自主的な抑制に失敗し、2000年からIMFの改革プログラムを受けるに至るが、同年末に金融危機を起こした。
トルコ大国民議会
トルコ大国民議会(トルコだいこくみんぎかい、トルコ語: Türkiye Büyük Millet Meclisi, TBMM)は、トルコ共和国の三権のひとつを司る立法府。祖国解放戦争(トルコ革命)中の1920年に、アンカラで召集された大国民議会を起源とする。初代議長はムスタファ・ケマル(のちのトルコ共和国初代大統領、ムスタファ・ケマル・アタテュルク)。 議会堂は、首都アンカラの官庁街の南に位置し、北を向いて建てられている。本会議議場はいわゆる大陸型で、演壇を中心に議員席が扇状に広がっている。議場のデザインは赤と白を基調とする近代的なもので、議長席の背後には、1982年憲法第6条の「主権は絶対的に国民に属する(Egemenlik, kayıtsız şartsız Milletindir)」の文言が碑文として掘り込まれている。 現憲法下の大国民議会 1982年に制定された現在の憲法により、大国民議会は一院制で、他の機関に譲渡されることのない立法権を有する、国家において唯一最高の立法機関である。
トルコの歴史
トルコの歴史を記述する。現在のトルコ共和国はイスラム圏に属するが、その領土となっている地域の悠久の歴史を見ると、古代オリエント文明、古代ギリシアローマ文明、ビザンティン文化、イスラム文化などが栄え、多様である。また、同国最大の都市イスタンブルはローマ帝国、東ローマ帝国、オスマン帝国と3つの世界帝国の首都となった稀有の都市である。さらに近代においてはイスラム圏では世俗主義の近代国家の建設をいち早く行ったことが注目される。 概史 先史時代 ローマ支配まで = アナトリア = 現在のトルコ共和国の国土の中心となっているアナトリア地域は世界的にも歴史の古い土地で、紀元前18世紀にはインド・ヨーロッパ語族のヒッタイト王国が建国された。鉄器を最初に使用したというヒッタイトは紀元前14世紀には全盛期を迎えるが、紀元前1200年頃には海の民によって滅ぼされた。紀元前9世紀にはフリュギア王国、紀元前7世紀にはリュディア王国がこの地に建国された。 紀元前6世紀にはアケメネス朝ペルシアの支配を受け、古代ギリシャとのペルシア戦争やペロポネソス戦争を行なった。
トルコ革命
トルコ革命(トルコかくめい)は、トルコにおいて、第一次世界大戦後のオスマン帝国解体の危機において、アンカラに樹立された大国民議会政府が祖国解放戦争に勝利、オスマン帝国を打倒して新たにトルコ共和国を樹立する過程で行われた一連の運動。ムスタファ・ケマル・アタテュルクがその指導者となり、トルコ共和国の初代大統領に就任した。 トルコ革命によりトルコは共和制を宣言し、オスマン家を頂点としイスラム教を国教とする帝国からトルコ民族による近代的・西欧的・世俗的な国民国家への転換がはかられた。この革命の結果、トルコは中東諸国において支配的なイデオロギーであったイスラムを政治の場から引き離すことに成功し、国民国家の要件である均質化された国民と自国民による自立的な国民経済の創出をかなりの程度に実現したが、東部の経済開発の遅れ、都市と農村の経済格差などの問題は先送りにされ、クルド人問題やイスラムの社会参加をめぐる軋轢が21世紀まで大きな課題として残された。
トルコの政治
トルコの政治では、西アジアにある国トルコの政治状況に関して述べる。 政治制度 トルコは三権分立を標榜しており、立法府として一院制のトルコ大国民議会(Türkiye Büyük Millet Meclisi 定数550名、任期5年)、行政府として大統領および内閣、司法府として最高裁判所 (Yargıtay) が置かれる。 国権の最高機関はトルコ大国民議会で、一院制により強い権限をもつ。国家元首は国民投票によって選出される大統領(任期5年)が務めるが、行政は議会の承認に基づき大統領が間接的に指名する首相の権限が強い議院内閣制をとる。2013年現在の首相は、議会で単独過半数を占める与党公正発展党の党首アフメト・ダウトオール、大統領は同じく公正発展党のレジェップ・タイイップ・エルドアンである。 この政治制度を規定する現行の憲法は1980年のクーデターの後、1982年に定められた。 政党 多党制の政党政治を基本としているが、政党の離合集散が激しく、大政党の出現を抑止した1961年憲法が議会を二院制とし、少数政党が乱立したことに対する反省から、1982年憲法では、大国民議会の選挙は、比例代表制で10%以上の得票率を獲得できなかった政党には議席がまったく配分されない独特の方式をとり、小党乱立を防ぐこととしている。
トルコ皇帝
『オスマン家』より : オスマン家(オスマンけ、Osmanlı hanedanı)は、オスマン帝国の皇帝の家系として続いたトルコ系のヨーロッパの皇帝家。13世紀末にアナトリア半島北東部を支配した初代オスマン1世に始まり、36代メフメト6世が廃位される1922年までオスマン帝国に君臨した。 かつてはオスマン部族(オットマン部族)と呼ばれることも多かったが、オスマンの名は遊牧部族的組織を脱してガーズィー(ジハードに従事するムスリム戦士)集団を率い、君侯国、帝国へと発展しはじめる基礎を打ち立てたオスマンベイ(オスマン帝国の建国者オスマン1世)に由来するため、適当な呼称ではない。現在、成員はオスマンオウル(オスマンの子の意味)という姓を名乗っているので、オスマンオウル家と呼ぶのが正式である。 起源 オスマン家の起源に関する確実な史料は存在しないが、後世オスマン帝国で信じられた始祖伝説によると、その遠祖はテュルク系遊牧民のオグズ24部族のひとつ、カユ部族の長の家系の出自である。
トルコ系
『テュルク』より : トルコ人(トルコじん、Türk HalkıあるいはTürkler)は、アナトリア半島とバルカン半島、アラブ諸国の一部に居住し、イスタンブル方言を公用語・共通語とするトルコ語を話すテュルク系の民族である。アゼルバイジャン人やトルクメン人とは民族的に親近関係にある。 トルコ共和国の主要構成民族であり、そのほぼ全てがムスリム(イスラム教徒)である。人口は7,000万人以上で、トルコの他、ブルガリアやギリシャ領のエーゲ海の島々など東ヨーロッパにも居住する。また、西ヨーロッパ諸国に、はじめは出稼ぎが目的だったが次第に移住した者もかなりの数にのぼり、ドイツを中心にオーストリア・リヒテンシュタイン・スイスなどのドイツ語圏の諸国に数百万人が国籍を取得し帰化して定住している。 そのほとんどは、オスマン帝国の支配下にあってトルコ語を母語としていたムスリムの子孫である。もともとオスマン帝国の時代には「トルコ人」という民族意識は薄く、特にイスタンブルを中心とするエリート階層はトルコ語の一種であるオスマン語を共通語としていたものの、血統的な出自は必ずしもトルコ系とは限らず、自称は「オスマン人」であって「トルコ人」は田舎に住み農業や牧畜に従事する人々を指す語であった。
トルコ語
トルコ語(トルコご、トルコ語: Türkçe)は、アゼルバイジャン語やトルクメン語と同じテュルク諸語の南西語群(オグズ語群)に属し、テュルク諸語のうち最大の話者数をもつ言語。トルコ共和国の公用語として人口約7,200万人の話者を擁し、ブルガリアに約75万人、ギリシャに約15万人、キプロスに約25万人の話者がいる。ドイツ・オーストリア・スイス・リヒテンシュタインなど西ヨーロッパ東部〜中央ヨーロッパのトルコ系移民社会(200万人以上)でも話されているが、現地で生まれてトルコ語が満足に話せない若者も増えている。 アラビア語・ペルシア語からの借用語が極めて多い他、日常語にはブルガリア語・ギリシャ語など周辺の言語からの借用語も多く、近代に入った外来語にはフランス語からのものが多い。 方言 イスタンブル方言を基礎とする共通語を持つ。 表記体系 文章語はオスマン帝国時代にイスタンブルのエリート階層の人々が使用していたオスマン語を、アラビア文字表記からラテン文字表記に改め、アラビア語とペルシア語の語彙・語法を減らして簡略化したものを基礎とする。
トルコ音楽
トルコ音楽(トルコおんがく) トルコの音楽は、様々な民族が往来してきたアナトリア半島の歴史を反映した多様性を持つ。 民謡、民俗音楽 トルコ民謡は、中央アジアの遊牧民の歌や、モンゴル、朝鮮や日本の民謡と共通点を持つと言われる。 クルク・ハヴァ Kırık Hava(「割られたメロディ」) 短い旋律を主に大人数で歌う。舞踊曲など。 ウズン・ハヴァ Uzun Hava(「長いメロディ」) 「こぶし」をきかせ、長く伸ばす歌。日本民謡の追分、馬子唄、舟歌に似る。モンゴルにオルティン・ドー(「長い歌」の意)というものがある。カラギョズ - 影絵芝居 オスマン音楽 古典音楽 トルコ古典音楽と呼ばれるかつてのオスマン帝国の宮廷音楽は、アラブ音楽やイランの音楽などイスラム世界伝統の宮廷音楽を受け継いだ芸術性の強い音楽である。
トルコ料理
トルコ料理(トルコりょうり)は、トルコのトルコ民族の郷土料理であり、世界三大料理の一つである。 特徴として、 中央アジアの食文化である羊を中心とした肉料理 ヨーグルトやナッツ類を料理に使う 黒海、地中海などの海産物を利用する 冷菜には地中海周辺で取れるオリーブ・オイルを使用する(温菜にはバターが好まれる) アラビア周辺から広がった小麦粉とアジアの主食である米の両方を使うなど、東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つことが挙げられる。 トルコの国内でも地域ごとに異なる特徴をもつ郷土料理もあり、例えば、北部黒海沿岸地域ではトウモロコシやアンチョビをよく使い、南東部ではトウガラシの風味が強いケバブ類を発展させており、西部では、特産のオリーブ・オイルの風味を活かした料理が多く、中央部の中央アナトリア地方では、パスタ料理が名高い。
トルコ航空DC-10パリ墜落事故
トルコ航空DC-10パリ墜落事故 (トルコこうくうDC-10パリついらくじこ、Turkish Airlines Flight 981) は、1974年にフランスで発生したトルコ航空981便のマクドネル・ダグラス DC-10-10(マクドネル・ダグラス社製、機体記号TC-JAV)が墜落した航空事故である(別名:トルコ航空981便墜落事故)。事故の発端は閉鎖が不完全だった貨物室のドアが、機体の上昇に伴う機内与圧と機外の気圧の圧力差の拡大に耐え切れずに脱落したことである。これに伴い貨物室内で急減圧が発生し、客室との気圧差で後部客席の床が破壊され、床下を通るコントロールライン(油圧パイプ/ケーブル)が切断され、その結果機体の方向舵、昇降舵、尾部エンジンの制御ができなくなり、操縦不能に陥り墜落したものであった。 なお事故機のTC-JAV号機は1972年にダグラス社が日本の全日空向けに製造したものの、政治工作によりキャンセルされた機体であり、在庫となった機体の処置に困ったダグラス社がトルコ航空に破格の条件で販売したものであった。
トルコ航空981便
『トルコ航空DC-10パリ墜落事故』より : トルコ航空DC-10パリ墜落事故 (トルコこうくうDC-10パリついらくじこ、Turkish Airlines Flight 981) は、1974年にフランスで発生したトルコ航空981便のマクドネル・ダグラス DC-10-10(マクドネル・ダグラス社製、機体記号TC-JAV)が墜落した航空事故である(別名:トルコ航空981便墜落事故)。事故の発端は閉鎖が不完全だった貨物室のドアが、機体の上昇に伴う機内与圧と機外の気圧の圧力差の拡大に耐え切れずに脱落したことである。これに伴い貨物室内で急減圧が発生し、客室との気圧差で後部客席の床が破壊され、床下を通るコントロールライン(油圧パイプ/ケーブル)が切断され、その結果機体の方向舵、昇降舵、尾部エンジンの制御ができなくなり、操縦不能に陥り墜落したものであった。 なお事故機のTC-JAV号機は1972年にダグラス社が日本の全日空向けに製造したものの、政治工作によりキャンセルされた機体であり、在庫となった機体の処置に困ったダグラス社がトルコ航空に破格の条件で販売したものであった。
トルコ風呂 (性風俗)
トルコ風呂(トルコぶろ)とは、字義どおりにはトルコ風の浴場という意味である。 一般的には、中東の都市でみられる伝統的な公衆浴場であるハンマームを指すことを意図する名詞とみなされる。ただし、日本では、かつて個室付特殊浴場(ソープランド)の名称として「トルコ風呂」の語が使われていた。しかし、1984年にトルコ人留学生の抗議運動がきっかけになって「ソープランド」と改称され、それ以降日本では、「トルコ風呂」は性風俗用語として用いられることは無くなった。 「トルコ風呂」の誕生 中東圏の外に「トルコ風呂」の名で伝えられたハンマームは、本来、ごく一般的な伝統的な公衆浴場である。歴史的には、中東の伝統的な社会のあり方に則って、男性社会から隔離され、自由に外出することを制限されてきた女性たちが素顔をさらして集うことのできたハンマームは、女性の社交の場として活用された経緯があり、オスマン帝国時代にトルコの都市を訪れた西欧の旅行者たちは、富裕な階層から庶民に至るまで様々な出自の女性たちが、ベールで顔を隠して浴場に赴く様をしばしば奇異と驚きの目をもって外国に伝えた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

 
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)