翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

スウェーデン
 Wikipediaスウェーデン情報

スウェーデン
スウェーデン王国 Konungariket Sverige 国の標語:För Sverige i tiden(スウェーデン語: スウェーデンのために、時代と共に) 国歌:古き自由な北の国 スウェーデンの位置 スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Sv-Konungariket Sverige.ogg Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。
スウェーデン王国
『スウェーデン』より : スウェーデン王国 Konungariket Sverige 国の標語:För Sverige i tiden(スウェーデン語: スウェーデンのために、時代と共に) 国歌:古き自由な北の国 スウェーデンの位置 スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Sv-Konungariket Sverige.ogg Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。
スウェーデン=ノルウェー
Förenade konungarikena Sverige och Norge(スウェーデン語)De forenede Kongeriger Norge og Sverige(ノルウェー語) スウェーデン=ノルウェーの位置Map of Sweden and Norway ¹ 国王は(主に)ストックホルムと(通常毎年数ヶ月)クリスチャニアに交互に住んだ。国王は、連合議会あるいは純粋にスウェーデンかノルウェーの議会で個別に、両国から大臣を迎えた。国王が不在の際は、大多数のノルウェー閣僚はクリスチャニアで会合した。 ² 1820: 2,585,000 in Sweden, and 970,000 in Norway. 1905: 5,260,000 in Sweden, and 2,300,000 in Norway. ³ スウェーデンの国会(Riksdag、リクスダーグ)は、1866年に二院制に変えられるまで、4つの地位から成る議会だった。
スウェーデンの歴史
本項ではスウェーデンの歴史を記す。スウェーデンはスカンディナヴィア半島東部に位置する南北に長い国土を有する国である。同じ北ヨーロッパに属するデンマーク、ノルウェー、フィンランドのみならずバルト三国、ロシア、ポーランドにさらにドイツとの間でも戦争や外交が展開された歴史を持つ。また近代においては武装中立を国是とし、世界有数の福祉国家を建設したことも注目すべき点であろう。 概史 先史時代から古代 発掘調査などによれば、今のスウェーデンにおける人類の痕跡は、紀元前1万年ころに遡れる。このころには人が定住し、紀元前3000年ごろには農業を営み、青銅器を使用していたとされる。青銅器時代には西海岸地帯に集中して見られる岩石線画が自然の平面岩に刻まれ、また、絵画石碑もゲルマン鉄器時代やヴァイキング時代のスカンディナヴィアに建立された。絵画石碑は主にゴットランド島で発見されている。これは、死者崇拝や埋葬習慣に起源を持つと考えられている。この時代の北欧についての最古の記録は、古代ローマの歴史家タキトゥスの「ゲルマニア」に書かれた、「スイーオネース」の記録であろうと考えられている。
スウェーデン海軍艦艇一覧
スウェーデン海軍艦艇一覧は、スウェーデン王国海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。
Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 船/記事名/船種表記/艦艇一覧表記の検討 凡例
国防予算:73億ドル(+14億ドル)
海軍人員:6,070名予備役を含む。
艦船隻数:65隻(-30隻)
:潜水艦×6
:コルベット×9(-2)
:哨戒艇×13
:揚陸艇×11(-23)
:ホバークラフト×4
:機雷敷設艦×1
:掃海艇×11
:情報収集艦×1
:測量艦×0(-2)
:練習艇×2(-3)
:輸送艦×1
:支援艦×4
:救難艦×1

スウェーデン君主一覧
スウェーデン君主一覧では、過去にスウェーデンを統治した王たちを一覧する。 ヴァイキングの部族を起源とするスウェーデンの王は、初期はデンマークやノルウェーの君主を兼ねる場合が往々にして見られた。カルマル同盟によるデンマークとの同君連合およびウップランド貴族のヴァーサ王朝を経て、近世以降はドイツ系の王朝が続いてきた。 現在はナポレオン旗下のフランス元帥であったジャン=バティスト・ベルナドットを祖とするベルナドッテ王朝であり、王位継承は1980年施行の憲法改正により最長子相続制をとっている。 なおカール王およびエリク王の即位番号は、16世紀ごろに生まれたゴート起源説により信じられている架空の王の存在を含めた番号である。 スウェーデン王国( - 1389年) 古王 ギュルヴィ(不明) フィヨルニル(紀元前1世紀-1世紀) ドーマルディ(2世紀) オッタル(6世紀頃) ビョルン(6世紀頃) エリク(9世紀頃) ユングリング家 エリク6世(勝利王、975年頃 - 995年、在位985年頃 - 995年) オーロフ(Skötkonung、生年未詳 - 1022年、在位995年 - 1022年) アーヌンド・ヤーコブ(1008年 - 1050年、在位1022年 - 1050年) エームンド(老王、生年未詳 - 1060年、在位1050年 - 1060年) ステンキル家 ステンキル(1028年 - 1066年、在位1060年 - 1066年) エリク7世(在位1066年 - 1067年) エリク8世(異教徒王、在位1066年 - 1067年) ハルステン(生年未詳 - 1070年、在位1067年 - 1070年) ホーコン(赤王、在位1070年 - 1079年) インゲ1世(在位1079年 - 1084年) ブロット=スヴェン(在位1084年 - 1087年) インゲ1世(在位1087年 - 1105年(復位)) フィリップ(在位1105年 - 1118年) インゲ2世(在位1118年 - 1120年) ラグンヴァルド(在位1120年代) エストリズセン家 マグヌス1世(1106年頃 - 1134年、在位1125年 - 1130年) スヴェルケル家およびエリク家 スヴェルケル1世(1028年 - 1156年、在位1130年 - 1156年) - スヴェルケル家 エリク9世(聖王、 生年未詳 - 1160年、在位1150年 - 1160年) - エリク家 エストリズセン家 マグヌス2世(生年未詳 - 1161年、在位1160年 - 1161年) スヴェルケル家およびエリク家 カール7世(生年未詳 - 1167年、在位1161年 - 1167年) - スヴェルケル家 クヌート1世(生没年未詳、在位1167年 - 1195年) - エリク家 スヴェルケル2世(1167年以前 - 1210年、在位1196年 - 1208年) - スヴェルケル家 エリク10世(生年未詳 - 1216年、在位1208年 - 1216年) - エリク家 ヨハン1世(1201年 - 1222年、在位1216年 - 1222年) - スヴェルケル家 エリク11世(Erik läspe och halte、1216年 - 1250年、在位1222年 - 1229年) - エリク家 クヌート2世(生年未詳 - 1234年、在位1229年 - 1234年) - エリク家 エリク11世(在位1234年 - 1250年(復位)) - エリク家 ビェルボ(フォルクング)家 ヴァルデマール1世(1239年 - 1302年、在位1250年 - 1275年) マグヌス3世(1240年 - 1290年、在位1275年 - 1290年) ビルイェル(1280年 - 1321年、在位1290年 - 1318年) マグヌス4世(1316年 - 1374年、在位1319年 - 1364年) エリク12世(1339年 - 1359年、在位1356年 - 1359年(共治)) ホーコン(1340年 - 1380年、在位1362年 - 1364年(共治)) メクレンブルク家 アルブレクト(1338年 - 1412年、在位1364年 - 1389年) カルマル同盟(1389年 - 1523年) マルグレーテ1世(1353年 - 1412年、在位1389年-1412年) エリク13世(エリク・ア・ポンメルン、1382年 - 1459年、在位1396年 - 1439年) カール8世(1409年 - 1470年、在位1438年-1440年) クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1416年 - 1448年、在位1441年-1448年) (摂政)ベント・ヨンソン・オクセンシェルナ(1390年代-1450年)とニルス・ヨンソン・オクセンシェルナ(1390年代 - 1450年代)(共治、1448年) カール8世(復位、在位1448年-1457年) (摂政)イェンス・ベントソン・オクセンシュルナ(1417年 - 1467年)とエリク・アクセルソン・トット(1415年 - 1481年)(共治1457年) クリスティアン1世(1426年 - 1481年、在位1457年-1464年) (摂政)ケティル・カールソン・ヴァーサ(1433年 - 1465年、在位1464年) カール8世(復位、在位1464年-1465年) (摂政)ケティル・カールソン・ヴァーサ(再位、在位1465年) (摂政)イェンス・ベントソン・オクセンシュルナ(再位、在位1465年-1466年) (摂政)エリク・アクセルソン・トット(再位、在位1466年-1467年) カール8世(復位、在位1467年-1470年) (摂政)大ステン・ストゥーレ(1440年 - 1503年、在位1470年-1497年) ヨハン2世(1455年 - 1513年、在位1497年-1501年) (摂政)大ステン・ストゥーレ(再位、在位1501年-1503年) (摂政)スヴァンテ・ニルソン・ストゥーレ(1460年 - 1511年、在位1504年-1511年) (摂政)エリク・アルヴィドソン・トローレ(1460年 - 1530年、在位1512年) (摂政)小ステン・ストゥーレ(1493年 - 1520年、在位1512年-1520年) クリスティアン2世(1481年 - 1559年、在位1520年-1523年) (摂政)グスタフ・エリクソン・ヴァーサ(後のスウェーデン王グスタフ1世、在位1521年-1523年) スウェーデン王国(1523年 - 現在) ヴァーサ家 グスタフ1世(1496年 - 1560年、在位1523年-1560年) エリク14世(1533年 - 1577年、在位1560年-1568年) ヨハン3世(1537年 - 1592年、在位1568年-1592年) シギスムント(1566年 - 1632年、在位1592年-1599年 )(ポーランド王としてはジグムント3世) カール9世 (1550年 - 1611年、在位1604年 - 1611年) グスタフ2世アドルフ(1594年 - 1632年、在位1611年-1632年) クリスティーナ(1626年 - 1689年、在位1632年-1654年) プファルツ家 カール10世(1622年 - 1660年、在位1654年 - 1660年) カール11世(1655年 - 1697年、在位1660年 - 1697年) カール12世(1682年 - 1718年、在位1697年 - 1718年) ウルリカ・エレオノーラ(1688年 - 1741年、在位1718年 - 1720年) ヘッセン家 フレドリク1世(1676年 - 1751年、在位1720年 - 1751年) ホルシュタイン=ゴットルプ家 アドルフ・フレドリク(1710年 - 1771年、在位1751年 - 1771年) グスタフ3世(1746年 - 1792年、在位1771年 - 1792年) グスタフ4世アドルフ(1778年 - 1837年、在位1792年 - 1809年) カール13世(1748年 - 1818年、在位1809年 - 1818年)(ノルウェー王としてはカール2世) ベルナドッテ家 カール14世ヨハン(1763年 - 1844年、在位1818年 - 1844年)(ノルウェー王としてはカール3世) オスカル1世(1799年 - 1859年、在位1844年 - 1859年)(ノルウェー王) カール15世(1826年 - 1872年、在位1859年 - 1872年)(ノルウェー王としてはカール4世) オスカル2世(1829年 - 1907年、在位1872年 - 1907年)(ノルウェー王、1905年まで) グスタフ5世(1858年 - 1950年、在位1907年 - 1950年) グスタフ6世アドルフ(1882年 - 1973年、在位 1950年 - 1973年) カール16世グスタフ(1946年 - 、在位1973年 - ) 関連項目 スウェーデンの歴史 ノルウェー君主一覧 デンマーク君主一覧 ギュルヴィ ハーラル1世"美髪王" ゴート起源説。
スウェーデン国王
『スウェーデン君主一覧』より : スウェーデン君主一覧では、過去にスウェーデンを統治した王たちを一覧する。 ヴァイキングの部族を起源とするスウェーデンの王は、初期はデンマークやノルウェーの君主を兼ねる場合が往々にして見られた。カルマル同盟によるデンマークとの同君連合およびウップランド貴族のヴァーサ王朝を経て、近世以降はドイツ系の王朝が続いてきた。 現在はナポレオン旗下のフランス元帥であったジャン=バティスト・ベルナドットを祖とするベルナドッテ王朝であり、王位継承は1980年施行の憲法改正により最長子相続制をとっている。 なおカール王およびエリク王の即位番号は、16世紀ごろに生まれたゴート起源説により信じられている架空の王の存在を含めた番号である。 スウェーデン王国( - 1389年) 古王 ギュルヴィ(不明) フィヨルニル(紀元前1世紀-1世紀) ドーマルディ(2世紀) オッタル(6世紀頃) ビョルン(6世紀頃) エリク(9世紀頃) ユングリング家 エリク6世(勝利王、975年頃 - 995年、在位985年頃 - 995年) オーロフ(Skötkonung、生年未詳 - 1022年、在位995年 - 1022年) アーヌンド・ヤーコブ(1008年 - 1050年、在位1022年 - 1050年) エームンド(老王、生年未詳 - 1060年、在位1050年 - 1060年) ステンキル家 ステンキル(1028年 - 1066年、在位1060年 - 1066年) エリク7世(在位1066年 - 1067年) エリク8世(異教徒王、在位1066年 - 1067年) ハルステン(生年未詳 - 1070年、在位1067年 - 1070年) ホーコン(赤王、在位1070年 - 1079年) インゲ1世(在位1079年 - 1084年) ブロット=スヴェン(在位1084年 - 1087年) インゲ1世(在位1087年 - 1105年(復位)) フィリップ(在位1105年 - 1118年) インゲ2世(在位1118年 - 1120年) ラグンヴァルド(在位1120年代) エストリズセン家 マグヌス1世(1106年頃 - 1134年、在位1125年 - 1130年) スヴェルケル家およびエリク家 スヴェルケル1世(1028年 - 1156年、在位1130年 - 1156年) - スヴェルケル家 エリク9世(聖王、 生年未詳 - 1160年、在位1150年 - 1160年) - エリク家 エストリズセン家 マグヌス2世(生年未詳 - 1161年、在位1160年 - 1161年) スヴェルケル家およびエリク家 カール7世(生年未詳 - 1167年、在位1161年 - 1167年) - スヴェルケル家 クヌート1世(生没年未詳、在位1167年 - 1195年) - エリク家 スヴェルケル2世(1167年以前 - 1210年、在位1196年 - 1208年) - スヴェルケル家 エリク10世(生年未詳 - 1216年、在位1208年 - 1216年) - エリク家 ヨハン1世(1201年 - 1222年、在位1216年 - 1222年) - スヴェルケル家 エリク11世(Erik läspe och halte、1216年 - 1250年、在位1222年 - 1229年) - エリク家 クヌート2世(生年未詳 - 1234年、在位1229年 - 1234年) - エリク家 エリク11世(在位1234年 - 1250年(復位)) - エリク家 ビェルボ(フォルクング)家 ヴァルデマール1世(1239年 - 1302年、在位1250年 - 1275年) マグヌス3世(1240年 - 1290年、在位1275年 - 1290年) ビルイェル(1280年 - 1321年、在位1290年 - 1318年) マグヌス4世(1316年 - 1374年、在位1319年 - 1364年) エリク12世(1339年 - 1359年、在位1356年 - 1359年(共治)) ホーコン(1340年 - 1380年、在位1362年 - 1364年(共治)) メクレンブルク家 アルブレクト(1338年 - 1412年、在位1364年 - 1389年) カルマル同盟(1389年 - 1523年) マルグレーテ1世(1353年 - 1412年、在位1389年-1412年) エリク13世(エリク・ア・ポンメルン、1382年 - 1459年、在位1396年 - 1439年) カール8世(1409年 - 1470年、在位1438年-1440年) クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1416年 - 1448年、在位1441年-1448年) (摂政)ベント・ヨンソン・オクセンシェルナ(1390年代-1450年)とニルス・ヨンソン・オクセンシェルナ(1390年代 - 1450年代)(共治、1448年) カール8世(復位、在位1448年-1457年) (摂政)イェンス・ベントソン・オクセンシュルナ(1417年 - 1467年)とエリク・アクセルソン・トット(1415年 - 1481年)(共治1457年) クリスティアン1世(1426年 - 1481年、在位1457年-1464年) (摂政)ケティル・カールソン・ヴァーサ(1433年 - 1465年、在位1464年) カール8世(復位、在位1464年-1465年) (摂政)ケティル・カールソン・ヴァーサ(再位、在位1465年) (摂政)イェンス・ベントソン・オクセンシュルナ(再位、在位1465年-1466年) (摂政)エリク・アクセルソン・トット(再位、在位1466年-1467年) カール8世(復位、在位1467年-1470年) (摂政)大ステン・ストゥーレ(1440年 - 1503年、在位1470年-1497年) ヨハン2世(1455年 - 1513年、在位1497年-1501年) (摂政)大ステン・ストゥーレ(再位、在位1501年-1503年) (摂政)スヴァンテ・ニルソン・ストゥーレ(1460年 - 1511年、在位1504年-1511年) (摂政)エリク・アルヴィドソン・トローレ(1460年 - 1530年、在位1512年) (摂政)小ステン・ストゥーレ(1493年 - 1520年、在位1512年-1520年) クリスティアン2世(1481年 - 1559年、在位1520年-1523年) (摂政)グスタフ・エリクソン・ヴァーサ(後のスウェーデン王グスタフ1世、在位1521年-1523年) スウェーデン王国(1523年 - 現在) ヴァーサ家 グスタフ1世(1496年 - 1560年、在位1523年-1560年) エリク14世(1533年 - 1577年、在位1560年-1568年) ヨハン3世(1537年 - 1592年、在位1568年-1592年) シギスムント(1566年 - 1632年、在位1592年-1599年 )(ポーランド王としてはジグムント3世) カール9世 (1550年 - 1611年、在位1604年 - 1611年) グスタフ2世アドルフ(1594年 - 1632年、在位1611年-1632年) クリスティーナ(1626年 - 1689年、在位1632年-1654年) プファルツ家 カール10世(1622年 - 1660年、在位1654年 - 1660年) カール11世(1655年 - 1697年、在位1660年 - 1697年) カール12世(1682年 - 1718年、在位1697年 - 1718年) ウルリカ・エレオノーラ(1688年 - 1741年、在位1718年 - 1720年) ヘッセン家 フレドリク1世(1676年 - 1751年、在位1720年 - 1751年) ホルシュタイン=ゴットルプ家 アドルフ・フレドリク(1710年 - 1771年、在位1751年 - 1771年) グスタフ3世(1746年 - 1792年、在位1771年 - 1792年) グスタフ4世アドルフ(1778年 - 1837年、在位1792年 - 1809年) カール13世(1748年 - 1818年、在位1809年 - 1818年)(ノルウェー王としてはカール2世) ベルナドッテ家 カール14世ヨハン(1763年 - 1844年、在位1818年 - 1844年)(ノルウェー王としてはカール3世) オスカル1世(1799年 - 1859年、在位1844年 - 1859年)(ノルウェー王) カール15世(1826年 - 1872年、在位1859年 - 1872年)(ノルウェー王としてはカール4世) オスカル2世(1829年 - 1907年、在位1872年 - 1907年)(ノルウェー王、1905年まで) グスタフ5世(1858年 - 1950年、在位1907年 - 1950年) グスタフ6世アドルフ(1882年 - 1973年、在位 1950年 - 1973年) カール16世グスタフ(1946年 - 、在位1973年 - ) 関連項目 スウェーデンの歴史 ノルウェー君主一覧 デンマーク君主一覧 ギュルヴィ ハーラル1世"美髪王" ゴート起源説。
スウェーデン語
スウェーデン語(スウェーデンご)(典: svenska [ˈsvɛnːˈska] (13px 聞く))は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群東スカンジナビア諸語に属する言語である。主にスウェーデンで使用される。 長らくスウェーデンに支配されていたフィンランドでも国語としてフィンランド語と併用されている。ただし、公的表記はほとんど両語併記されるが、フィンランドでのスウェーデン語話者(スウェーデン語系フィンランド人)は6%以下である。フィンランド領のオーランド自治州ではスウェーデン語のみが公用語である。 インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群のノルド語の一種に分類されている。同じ古ノルド語にはデンマーク語やノルウェー語も属する。この古ノルド3語の言語は、違いはあるものの非常に近く、それぞれの話者は他の言語をことさら学習していなくてもある程度理解できる。 ウクライナのヘルソン州(クリミア半島の北)にあるGammalsvenskby(「古いスウェーデン語の村」の意)には、エストニア沖の島々からロシア帝国によって18世紀初頭に強制移住させられた人々の子孫が住むが、ウクライナ語やロシア語に押されてスウェーデン語を話す者は減りつつある。
スウェーデン・ポーランド戦争
スウェーデン・ポーランド戦争(スウェーデン・ポーランドせんそう)とは、広義に1563年から1721年までにスウェーデン王国とポーランド・リトアニア共和国の間に幾度となく起こった戦争のシリーズをいう。 リヴォニア戦争、1558年–1583年 ジギスムンド王との戦い、1598年 1600年-1611年の戦争 1617年-1618年の戦争 1621年-1625年の戦争 1626年–1629年の戦争 大洪水時代、17世紀後半(北方戦争、1655年–1661年の1部) 大北方戦争、1700年–1721年 第四次対仏大同盟、1806年–1807年 第六次対仏大同盟、1812年-1814年 リヴォニア戦争 テッラ・マリアナ(中世リヴォニア、現在のエストニア、リヴォニア)の支配を巡り行なわれた戦争。
スウェーデン系フィンランド人
スウェーデン系フィンランド人(”Finlandssvenskar/Suomenruotsalaiset”)とは、フィンランドの少数派言語集団であり、文化的マイノリティでもある。スウェーデンから移住した人々とその子孫を中心とした集団であるが、近年ではフィンランド語系との通婚が進んでおり、むしろアイデンティティを共有することによって集団を形成している。
現在、フィンランドの総人口の5.5%にあたる約290,000人がスウェーデン語を母語として住民登録している。
ヴァイキング及びその後の北方十字軍以降にフィンランドへ移住したスウェーデン人或いはノルマン人の子孫が、今日のスウェーデン系フィンランド人である。特に北方十字軍終了後、フィンランドへ統治者として渡った貴族や開拓民によって構成された。一方、先住民族であるフィン人は、団結もなく抵抗も少なかった事から、なし崩し的にスウェーデンの統治下、すなわち植民地とされて行った。以降、1809年にフィンランドがロシア帝国に割譲されるまで「スウェーデン=フィンランド」を形成した。

スウェーデン・ブランデンブルク戦争
スウェーデン・ブランデンブルク戦争とは、オランダ侵略戦争の一戦役である。フランス王国と同盟を結んだスウェーデンと、反フランスでオランダと同盟を結んだブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムによって争われた。両国ともオランダ侵略戦争中の1675年に参戦し、1679年に終結した。この戦争はフリードリヒ・ヴィルヘルムの大勝利に終わり、選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの名を「大選帝侯」としてヨーロッパ中に知らしめた。 背景 スウェーデンは当時バルト帝国を築き上げ、北方の大国として知られていたが、神聖ローマ帝国において領土を保有した帝国諸侯でもあった。そのため、当初のスウェーデンは中立を堅持する考えであった。しかし当時スウェーデンは財政赤字であり、フランスからの資金援助に頼らざるを得ない立場であった。この政策は、結果としてスウェーデンの大国としての地位を不安定なものとしてしまう事となる。しかもスウェーデンは帝国諸侯として帝国クライスに分担軍を派遣するという奇妙な状態に置かれた。当然ながらこの派遣は、帝国内外から容認されなかった。
スウェーデンの県
スウェーデンの県(スウェーデンのけん)は、スウェーデンの地方自治体である。日本の県に相当するが、本記事で詳述するように、役割の異なる2種類の行政組織(レーン (län)とランスティング (Landsting))からなる。 狭義に県は、レーンのみをさしている。 レーンとランスティング 日本の県に相当するスウェーデンの地方自治体には2種類あり、その一つは国会と政府の出先機関であるレーンで、もう一方は県民の代表であるランスティングである。レーンの総数は21で、ランスティングの数は20となっている。ゴットランド県は島という地理的性格上、レーンがランスティングの役割も担っているので、ランスティングの数はレーンよりも一つ少なくなっている。 レーンとランスティングの意思決定機関 レーンの意志決定機関は委員の定数が12の執行委員会 (Länsstyrelsen) で、その委員長を兼ねる知事は政府によって指名される。
スウェーデンの地方
スウェーデンの地方(スウェーデンのちほう、ランドスカープ、sv:Landskap)は、スウェーデンにおける古い政治的区分に由来する地理上の分類である。日常生活中では、天気予報やニュース番組では地方名としてのランドスカープが頻繁に使用される。スウェーデン人の出身地は、県名ではなくランドスカープ名で表されることが多い。 ランドスカープの境界 スウェーデンの地方の境は、行政区分であるスウェーデンの県(レーンとランスティング)の境と必ずしも一致していない。日本のように、いくつかの県をまとめたものが地方になるわけではない。 ランドスカープの由来 ランドスカープは古い政治的区分に由来しており、それぞれ独自の文化的特徴をもあわせもつ。各地方の出身者はその地方独特の方言や歴史を同じ地方の出身者と共有する。歴史的経緯から南部4地方(スコーネ、ブレーキンゲ、スモーランド、ハッランド)の方言は特徴的で、特にスコーネ地方の方言は言語学においてもデンマーク語の東方方言に組み入れた方が論理的であるという説もある。
スウェーデングランプリ
スウェーデングランプリ(Sveriges Grand Prix)は、スウェーデンで1973年から1978年まで6年間連続して行われた、F1世界選手権レースのひとつである。 1973年から1978年まで行われた、F1世界選手権レースのひとつ。同時期にスウェーデン人ドライバーのロニー・ピーターソンが活躍したことが、開催の機運を後押しした。ヨーロッパラウンドの中ほどで行われるにもかかわらずニューマシンが投入されることが多く、たった6回の開催でありながら前評判を完全に覆す程の波乱が多く、それまで選手権に全く絡まなかったドライバーが突然優勝してしまうこともあり、記憶・記録・記事それぞれに多く残っている特異なレースといえる。ピーターソンが1978年のイタリアグランプリで事故死したことがスウェーデン国内で大きな問題となり、以降F1は行われなくなって現在に至っている。なお、ピーターソンは1度もスウェーデングランプリでは優勝できなかった(1973年の2位が最高順位)。 開催されたサーキット 全て「スカンジナビアン・レースウェイ」とも称されるアンデルストープ・サーキット(Anderstorp)で行われた。
スウェーデン・グランプリ
『スウェーデングランプリ』より : スウェーデングランプリ(Sveriges Grand Prix)は、スウェーデンで1973年から1978年まで6年間連続して行われた、F1世界選手権レースのひとつである。 1973年から1978年まで行われた、F1世界選手権レースのひとつ。同時期にスウェーデン人ドライバーのロニー・ピーターソンが活躍したことが、開催の機運を後押しした。ヨーロッパラウンドの中ほどで行われるにもかかわらずニューマシンが投入されることが多く、たった6回の開催でありながら前評判を完全に覆す程の波乱が多く、それまで選手権に全く絡まなかったドライバーが突然優勝してしまうこともあり、記憶・記録・記事それぞれに多く残っている特異なレースといえる。ピーターソンが1978年のイタリアグランプリで事故死したことがスウェーデン国内で大きな問題となり、以降F1は行われなくなって現在に至っている。なお、ピーターソンは1度もスウェーデングランプリでは優勝できなかった(1973年の2位が最高順位)。 開催されたサーキット 全て「スカンジナビアン・レースウェイ」とも称されるアンデルストープ・サーキット(Anderstorp)で行われた。
スウェーデン国立銀行
スウェーデン国立銀行(スウェーデンこくりつぎんこう、スウェーデン語:Sveriges Riksbank)は、スウェーデンの中央銀行である。リクスバンクとも。前身のストックホルム銀行時代にヨーロッパで最初の紙幣を発行した。しかし、リクスバンクは前身事業と完全に独立して創業した。受け継いだのは減価にめげることなく紙幣を発行する執念だった。 1968年、スウェーデン国立銀行の創立300周年を機にアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が創設された。これは一般にノーベル経済学賞と呼ばれる。 同行は2015年2月に量的金融緩和政策をはじめた。約120億USドルの国債を購入する計画である。1月のインフレ率はすでに0.3パーセントにまで落ち込んでおり、デフレに陥る可能性が指摘されていた 。 歴代総裁はen:Swedish National Bank#Governorsを参照されたい。 ストックホルム銀行 前身の「ストックホルム銀行」(en)は1656年にヨハン・パルムストルックが創設した民営の融資銀行・為替銀行である。
スウェーデン銀行
『スウェーデン国立銀行』より : スウェーデン国立銀行(スウェーデンこくりつぎんこう、スウェーデン語:Sveriges Riksbank)は、スウェーデンの中央銀行である。リクスバンクとも。前身のストックホルム銀行時代にヨーロッパで最初の紙幣を発行した。しかし、リクスバンクは前身事業と完全に独立して創業した。受け継いだのは減価にめげることなく紙幣を発行する執念だった。 1968年、スウェーデン国立銀行の創立300周年を機にアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が創設された。これは一般にノーベル経済学賞と呼ばれる。 同行は2015年2月に量的金融緩和政策をはじめた。約120億USドルの国債を購入する計画である。1月のインフレ率はすでに0.3パーセントにまで落ち込んでおり、デフレに陥る可能性が指摘されていた 。 歴代総裁はen:Swedish National Bank#Governorsを参照されたい。 ストックホルム銀行 前身の「ストックホルム銀行」(en)は1656年にヨハン・パルムストルックが創設した民営の融資銀行・為替銀行である。
スウェーデン王立銀行
『スウェーデン国立銀行』より : スウェーデン国立銀行(スウェーデンこくりつぎんこう、スウェーデン語:Sveriges Riksbank)は、スウェーデンの中央銀行である。リクスバンクとも。前身のストックホルム銀行時代にヨーロッパで最初の紙幣を発行した。しかし、リクスバンクは前身事業と完全に独立して創業した。受け継いだのは減価にめげることなく紙幣を発行する執念だった。 1968年、スウェーデン国立銀行の創立300周年を機にアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が創設された。これは一般にノーベル経済学賞と呼ばれる。 同行は2015年2月に量的金融緩和政策をはじめた。約120億USドルの国債を購入する計画である。1月のインフレ率はすでに0.3パーセントにまで落ち込んでおり、デフレに陥る可能性が指摘されていた 。 歴代総裁はen:Swedish National Bank#Governorsを参照されたい。 ストックホルム銀行 前身の「ストックホルム銀行」(en)は1656年にヨハン・パルムストルックが創設した民営の融資銀行・為替銀行である。
スウェーデン中央銀行
『スウェーデン国立銀行』より : スウェーデン国立銀行(スウェーデンこくりつぎんこう、スウェーデン語:Sveriges Riksbank)は、スウェーデンの中央銀行である。リクスバンクとも。前身のストックホルム銀行時代にヨーロッパで最初の紙幣を発行した。しかし、リクスバンクは前身事業と完全に独立して創業した。受け継いだのは減価にめげることなく紙幣を発行する執念だった。 1968年、スウェーデン国立銀行の創立300周年を機にアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が創設された。これは一般にノーベル経済学賞と呼ばれる。 同行は2015年2月に量的金融緩和政策をはじめた。約120億USドルの国債を購入する計画である。1月のインフレ率はすでに0.3パーセントにまで落ち込んでおり、デフレに陥る可能性が指摘されていた 。 歴代総裁はen:Swedish National Bank#Governorsを参照されたい。 ストックホルム銀行 前身の「ストックホルム銀行」(en)は1656年にヨハン・パルムストルックが創設した民営の融資銀行・為替銀行である。
スウェーデン=フィンランド
スウェーデン=フィンランド(英語:Sweden–Finland)は、カルマル同盟とナポレオン戦争の間のスウェーデン王国、すなわち14世紀から18世紀のスウェーデン王国を指し、特にフィンランドで使用される。 その端緒となったのは、1155年の北方十字軍以降で、1323年に十字軍での交戦国だったノヴゴロド公国との講和によって成立したと言える。その後、スウェーデンが東方へ進出する事によってスウェーデン=フィンランドは拡大して行く事となる。北方十字軍以降、フィンランドはカトリック化され、16世紀にスウェーデンと共にカルマル同盟からの離脱後、プロテスタント化して行く事となった(宗教改革)。1581年にフィンランドは公領から大公領へと昇格したが、それはスウェーデン人によるフィンランド支配を強化するためだけの君主号のみの称号化であり、フィンランドがスウェーデン王国の一部であることに変わりはなかった。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

スウェーデン
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)