翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

南アフリカ
 Wikipedia南アフリカ情報

南アフリカ
『南アフリカ共和国』より : 南アフリカ共和国 国の標語:!ke e: ǀxarra ǁke(カム語: 様々な人々が一致協力する) 国歌:神よ、アフリカに祝福を/南アフリカの呼び声 南アフリカの位置 南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。 かつては有色人種に対する人種差別で知られ、それはアパルトヘイトと呼ばれる1994年までの合法的な政策によるものであった。金やダイヤモンドの世界的産地であり、民主化後の経済発展も注目されている。アフリカ最大の経済大国であり、アフリカ唯一のG20参加国である。
南アフリカ統一機構
『コズミック・イラの勢力』より : コズミック・イラの勢力(コズミック・イラのせいりょく)は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と、その関連作品に登場する架空の組織を列挙する。 国家 アフリカ共同体 北アフリカ、西アフリカ地域の国家による経済・軍事同盟。政治は各国独立である。首都はナイロビ。 非プラント理事国であり、南アフリカ統一機構とは対立関係にあったため、親プラント国という立場をとりザフトのバルトフェルド隊を駐留させていた。しかし、地球連合軍所属のアークエンジェル及びサイーブ・アシュマン率いるレジスタンス「明けの砂漠」との戦闘にバルトフェルド隊が敗北。その後、地球連合軍の反攻作戦によりプラント地上軍が撤退した後、無数の自治区に分裂して事実上共同体としては崩壊した。 オーブ連合首長国 南太平洋ソロモン諸島に存在する中立国家。首都はオロファト。 スカンジナビア王国 スカンジナビア半島の王国。首都は不明。 オーブ連合首長国、赤道連合、汎ムスリム会議と同じ中立国であったが、「血のバレンタイン事件」から始まるコーディネイターとナチュラルの戦争中に地球連合軍へ加盟させられた。
南アフリカ共和国
南アフリカ共和国 国の標語:!ke e: ǀxarra ǁke(カム語: 様々な人々が一致協力する) 国歌:神よ、アフリカに祝福を/南アフリカの呼び声 南アフリカの位置 南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。 かつては有色人種に対する人種差別で知られ、それはアパルトヘイトと呼ばれる1994年までの合法的な政策によるものであった。金やダイヤモンドの世界的産地であり、民主化後の経済発展も注目されている。アフリカ最大の経済大国であり、アフリカ唯一のG20参加国である。
南アフリカ戦争
『ボーア戦争』より : ボーア戦争(ボーアせんそう、Boer War、Anglo Boer War)は、イギリスとオランダ系アフリカーナー(ボーア人あるいはブール人とも呼ばれる)が南アフリカの植民地化を争った、二回にわたる戦争。南アフリカ戦争、ブール戦争ともいう。 第一次ボーア戦争 第一次ボーア戦争 (First Boer War) とは、トランスヴァール共和国をイギリスが併合しようとした戦争(1880年12月16日 - 1881年3月23日)のこと。そのためトランスヴァール戦争 (Transvaal War) とも呼ばれる。 19世紀、17世紀ごろからケープ植民地に入植していたオランダ系移民の子孫であるボーア人たちは、アフリカ南部の支配権を巡ってイギリスと激しく対立していた。 イギリスのケープ占領とオランダの植民地譲渡により、ボーア人は新天地を求めてアフリカ大陸内部へ更なる植民を開始し、ズールー族を駆逐して1839年にナタール共和国を建設する。
南アフリカ共和国年表
南アフリカ共和国の年表(みなみアフリカきょうわこくのねんひょう、英語: Timeline of South African history)は、南アフリカ共和国の歴史に関する年表。 先史時代 紀元前18万6000年 - 南アフリカで確認される最古の人類の足跡の時期。 紀元前10万年 - 先住民族の一つである狩猟民族のサン人(ブッシュマン)と、牧畜民族のコイ人(ホッテントット)が定住を始める。 紀元前2万年 - コイ人、西の海岸を下って移動する。 紀元前8000年 - ヨハネスブルグ北部で発見された人為的な居住洞穴址の建築時期。 300年代 - 北部・東部で鉄器の使用が始まる。 500年代 - 赤道に近くに住んでいたバンツー系諸民族が南に移動する。 696年 - 東部の沿岸地域でアラブ人との交易を行う。 1050年頃-1270年頃 - マプングブエの都市国家。 植民地時代 1488年 2月3日 - ポルトガルのバルトロメウ・ディアスがアフリカ大陸南端のアガラス岬を越えてモッセル湾に到着する。
南アフリカ連邦
略名 南アフリカ
日本語国名 南アフリカ連邦
建国時期 1910
亡国時期 1961
先代1 イギリス
先旗1 Government Ensign of the United Kingdom.svg
先代2 ケープ植民地
先旗2 Cape Colony flag.png
先代3 オレンジ川植民地
先旗3 Flag of Orange River Colony.svg
先代4
先旗4
先代5
先旗5
次代1 南アフリカ共和国
次旗1 Flag of South Africa 1928-1994.svg
次代2
次旗2

南アフリカ航空295便墜落事故
南アフリカ航空295便墜落事故(みなみアフリカこうくう295びんついらくじこ、South African Airways Flight 295 )は、インド洋モーリシャス近海で発生した航空事故である。 事故の概略 南アフリカ航空295便(ボーイング747-200Bコンビ、機体記号:ZS-SAS、愛称:ヘルダバーグ(Helderberg)、1980年製造)は台湾(中華民国)の中正国際空港(現・台湾桃園国際空港)を出発し、途中インド洋上にあるモーリシャスのサー・シウサガル・ラングーラム国際空港で給油の後、南アフリカのヨハネスブルグのヨハネスブルグ国際空港(現・O・R・タンボ国際空港)に向かう予定だった。
南アフリカグランプリ
南アフリカグランプリ(南アフリカGP, South African Grand Prix)は、南アフリカ共和国で行われていたF1グランプリのレース。1962年・1963年・1965年にイースト・ロンドンで、1967年から1985年(1981年を除く)と1992年・1993年にキャラミサーキットで行われた。 ヨーロッパと季節が反対になる南半球で開催されるグランプリであることから、シーズンの開幕戦または最終戦として開催されることが多かった。(初期の頃は年末年始の頃に行われた為、1965年と1968年の決勝レースは1月1日に行われている。つまり、2年にわたってのグランプリウィークということになる。) 南アフリカ政府のアパルトヘイト政策への抗議のため、1985年をもって中断。アパルトヘイトが撤廃された1992年から再び開催されるも、設備の老朽化・ヨーロッパからの移動経費の負担・イベント入場者の減少などから2年で開催中止となった。 現在、復活開催に向けて検討されている。 過去の結果と開催サーキット 関連項目 モータースポーツ F1選手権レースの一覧 外部リンク フォーミュラ1公式ウェブサイト(英語のみ)。
南アフリカ・グランプリ
『南アフリカグランプリ』より : 南アフリカグランプリ(南アフリカGP, South African Grand Prix)は、南アフリカ共和国で行われていたF1グランプリのレース。1962年・1963年・1965年にイースト・ロンドンで、1967年から1985年(1981年を除く)と1992年・1993年にキャラミサーキットで行われた。 ヨーロッパと季節が反対になる南半球で開催されるグランプリであることから、シーズンの開幕戦または最終戦として開催されることが多かった。(初期の頃は年末年始の頃に行われた為、1965年と1968年の決勝レースは1月1日に行われている。つまり、2年にわたってのグランプリウィークということになる。) 南アフリカ政府のアパルトヘイト政策への抗議のため、1985年をもって中断。アパルトヘイトが撤廃された1992年から再び開催されるも、設備の老朽化・ヨーロッパからの移動経費の負担・イベント入場者の減少などから2年で開催中止となった。 現在、復活開催に向けて検討されている。 過去の結果と開催サーキット 関連項目 モータースポーツ F1選手権レースの一覧 外部リンク フォーミュラ1公式ウェブサイト(英語のみ)。
南アフリカ人の一覧
南アフリカ人の一覧(みなみアフリカじんのいちらん)は、南アフリカ共和国市民・出身者の一覧。 あ行 ロバート・イネス - 天文学者 レジー・ウォーカー - 陸上競技選手 アーノルド・ヴォスルー - 俳優 アバ・エバン - 南アフリカ共和国生まれのイスラエルの政治家 アーニー・エルス - ゴルファー アーネスト・オッペンハイマー、ハリー・オッペンハイマー - 「ダイヤモンド王」。ユダヤ系(ドイツ出身) か行 ケビン・カーター - 写真家・ジャーナリスト ジャスティン・ガブリエル - WWE所属のプロレスラー トーマス・C・カンサ- ボランティア活動家、詩人 レティーフ・グーセン - ゴルファー ジョン・クッツェー - 文学者。オランダ系。ノーベル文学賞受賞 ジャブ・クハニール - ミュージシャン ポール・クリューガー - 南アフリカ共和国の前身の一つ、トランスヴァール共和国の大統領 アーロン・クルーグ - 科学者。
南アフリカの呼び声
1918年5月に Cornelis Jacobus Langenhoven によってアフリカーンス語で作詞された。4節まである。
Uit die blou van onse hemel, uit die diepte van ons see,Oor ons ewige gebergtes waar die kranse antwoord gee.Deur ons ver-verlate vlaktes met die kreun van ossewa -Ruis die stem van ons geliefde, van ons land Suid-Afrika.Ons sal antwoord op jou roepstem, ons sal offer wat jy vra:Ons sal lewe, ons sal sterwe - ons vir jou, Suid-Afrika
In die merg van ons gebeente, in ons hart en siel en gees,In ons roem op ons verlede, in ons hoop of wat sal wees,In ons wil en werk en wandel, van ons wieg tot aan ons graf -Deel geen ander land ons liefde, trek geen ander trou ons af.Vaderland! ons sal die adel van jou naam met ere dra:Waar en trou as Afrikaners - kinders van Suid-Afrika.
In die songloed van ons somer, in ons winternag se kou,In die lente van ons liefde, in die lanfer van ons rou,By die klink van huweliksklokkies, by die kluitklap op die kis -Streel jou stem ons nooit verniet nie, weet jy waar jou kinders is.Op jou roep sê ons nooit nee nie, sê ons altyd, altyd ja:Om te lewe, om te sterwe - ja, ons kom Suid-Afrika.

南アフリカの叫び
南アフリカの呼び声(アフリカーンス語:Die Stem van Suid-Afrika、英語:The Call of South Africa)は南アフリカ共和国でアパルトヘイト政策を取っていた頃である1957年から1994年まで国歌として歌われていた歌である。現在は、神よ、アフリカに祝福をとともに、南アフリカの国歌の一部として歌われている。 1918年5月に Cornelis Jacobus Langenhoven によってアフリカーンス語で作詞された。4節まである。 歌詞 アフリカーンス語版 1番 Uit die blou van onse hemel, uit die diepte van ons see,Oor ons ewige gebergtes waar die kranse antwoord gee.Deur ons ver-verlate vlaktes met die kreun van ossewa -Ruis die stem van ons geliefde, van ons land Suid-Afrika.Ons sal antwoord op jou roepstem, ons sal offer wat jy vra:Ons sal lewe, ons sal sterwe - ons vir jou, Suid-Afrika 2番 In die merg van ons gebeente, in ons hart en siel en gees,In ons roem op ons verlede, in ons hoop of wat sal wees,In ons wil en werk en wandel, van ons wieg tot aan ons graf -Deel geen ander land ons liefde, trek geen ander trou ons af.Vaderland! ons sal die adel van jou naam met ere dra:Waar en trou as Afrikaners - kinders van Suid-Afrika. 3番 In die songloed van ons somer, in ons winternag se kou,In die lente van ons liefde, in die lanfer van ons rou,By die klink van huweliksklokkies, by die kluitklap op die kis -Streel jou stem ons nooit verniet nie, weet jy waar jou kinders is.Op jou roep sê ons nooit nee nie, sê ons altyd, altyd ja:Om te lewe, om te sterwe - ja, ons kom Suid-Afrika. 4番 Op U Almag vas vertrouend het ons vadere gebou:Skenk ook ons die krag, o Here! om te handhaaf en te hou -Dat die erwe van ons vad're vir ons kinders erwe bly:Knegte van die Allerhoogste, teen die hele wêreld vry.Soos ons vadere vertrou het, leer ook ons vertrou, o Heer -Met ons land en met ons nasie sal dit wel wees, God regeer. 英語版 1番 Ringing out from our blue heavens, from our deep seas breaking round;Over everlasting mountains where the echoing crags resound;From our plains where creaking wagons cut their trails into the earth -Calls the spirit of our Country, of the land that gave us birth.At thy call we shall not falter, firm and steadfast we shall stand,At thy will to live or perish, O South Africa, dear land. 2番 In our body and our spirit, in our inmost heart held fast;in the promise of our future and the glory of our past;In our will, our work, our striving, from the cradle to the grave -There's no land that shares our loving, and no bond that can enslave.Thou hast borne us and we know thee. May our deeds to all proclaimOur enduring love and service to thy honour and thy name. 3番 In the golden warmth of summer, in the chill of winter's air,in the surging life of springtime, in the autumn of despair;When the wedding bells are chiming or when those we love do depart;Thou dost know us for thy children and dost take us to thy heart.Loudly peals the answering chorus; We are thine, and we shall stand,Be it life or death, to answer to thy call, beloved land. 4番 In thy power, Almighty, trusting, did our fathers build of old;Strengthen then, O Lord, their children to defend, to love, to hold -That the heritage they gave us for our children yet may be;Bondsmen only of the Highest and before the whole world free.As our fathers trusted humbly, teach us, Lord, to trust Thee still;Guard our land and guide our people in Thy way to do Thy will. 関連項目 南アフリカ共和国 南アフリカの国歌 神よ、アフリカに祝福を。
南アフリカ航空
南アフリカ航空(みなみアフリカこうくう、英語: South African Airways、アフリカーンス語: Suid-Afrikaanse Lugdiens、略称:SAA/SAL)は、南アフリカ共和国の航空会社。同国のフラッグ・キャリアでもある。 アフリカ最大の航空会社で、かつアフリカで最も歴史の長い航空会社でもある。拠点は南アフリカ共和国のヨハネスブルグにあるO・R・タンボ国際空港である。スターアライアンスの加盟航空会社で、独自のマイレージプログラム「ボイジャー」を運営している。 O・R・タンボ国際空港やケープタウン国際空港(ケープタウン)から、アフリカ周辺国及びヨーロッパ、アジア、オセアニア、南アメリカ、北アメリカの主要都市へと運航されている。 なお、長距離路線の運航機材は1970年代よりボーイング747シリーズが主力であったが、2008年6月までに全機退役し、現在ではエアバスA340-600と300へ切り替えられている。
南アフリカの国歌
南アフリカ共和国の国歌は、神よ、アフリカに祝福を(コサ語・ズールー語: Nkosi Sikelel' iAfrika)と南アフリカの呼び声(アフリカーンス語: Die Stem van Suid-Afrika)の両曲をひとつに編曲したものである。1997年にネルソン・マンデラが大統領令として制定した。 基本的に、コサ語・ズールー語・ソト語・アフリカーンス語・英語の5言語で歌われている。 「神よ、アフリカに祝福を」について 「神よ、アフリカに祝福を」(Nkosi Sikelel' iAfrika)は、元々、賛美歌として メソジスト学校の教師 Enoch Sontonga(エノック・ソントンガ)によって作曲された。しかし、いつしか、アパルトヘイト下の黒人解放運動で盛んに歌われたため、「反逆歌」として、歌われるのが禁止された。 ザンビアの国歌・タンザニアの国歌や建国当時のジンバブエの国歌をはじめ、アフリカ各国で、国歌や賛美歌として、同じ旋律で歌われている。
南アフリカ共和国の国歌
『南アフリカの国歌』より : 南アフリカ共和国の国歌は、神よ、アフリカに祝福を(コサ語・ズールー語: Nkosi Sikelel' iAfrika)と南アフリカの呼び声(アフリカーンス語: Die Stem van Suid-Afrika)の両曲をひとつに編曲したものである。1997年にネルソン・マンデラが大統領令として制定した。 基本的に、コサ語・ズールー語・ソト語・アフリカーンス語・英語の5言語で歌われている。 「神よ、アフリカに祝福を」について 「神よ、アフリカに祝福を」(Nkosi Sikelel' iAfrika)は、元々、賛美歌として メソジスト学校の教師 Enoch Sontonga(エノック・ソントンガ)によって作曲された。しかし、いつしか、アパルトヘイト下の黒人解放運動で盛んに歌われたため、「反逆歌」として、歌われるのが禁止された。 ザンビアの国歌・タンザニアの国歌や建国当時のジンバブエの国歌をはじめ、アフリカ各国で、国歌や賛美歌として、同じ旋律で歌われている。
南アフリカの国旗
南アフリカの国旗(みなみアフリカのこっき、英語: Flag of South Africa、アフリカーンス語: Vlag van Suid-Afrika)は、南アフリカ共和国の国旗である。 ネルソン・マンデラの言葉であるレインボーネーションからレインボーフラッグ(英語: Rainbow-Flag)とも呼ばれる。 アパルトヘイトの終焉と同時に、人種差別主義からの決別を明確にするため、1994年4月27日に制定された。当初臨時の国旗としてデザインされたものが、評判が良かったため最終的に正式な国旗として憲法で定められた。 制定時には、特に色には象徴的な意味はないとされていたが、近年は意味づけが非公式に伝えられている。赤は過去の対立の中で流された血、青は空と二つの海、緑は南アフリカで欠かせない農場と自然、黄は南アフリカで産出される金に代表される天然資源、黒は南アフリカの黒人の国民、と同時に他のアフリカ諸国とのつながり、白は南アフリカの白人の国民、と同時に平和を、それぞれ示していると言われている。
南アフリカ共和国の国旗
『南アフリカの国旗』より : 南アフリカの国旗(みなみアフリカのこっき、英語: Flag of South Africa、アフリカーンス語: Vlag van Suid-Afrika)は、南アフリカ共和国の国旗である。 ネルソン・マンデラの言葉であるレインボーネーションからレインボーフラッグ(英語: Rainbow-Flag)とも呼ばれる。 アパルトヘイトの終焉と同時に、人種差別主義からの決別を明確にするため、1994年4月27日に制定された。当初臨時の国旗としてデザインされたものが、評判が良かったため最終的に正式な国旗として憲法で定められた。 制定時には、特に色には象徴的な意味はないとされていたが、近年は意味づけが非公式に伝えられている。赤は過去の対立の中で流された血、青は空と二つの海、緑は南アフリカで欠かせない農場と自然、黄は南アフリカで産出される金に代表される天然資源、黒は南アフリカの黒人の国民、と同時に他のアフリカ諸国とのつながり、白は南アフリカの白人の国民、と同時に平和を、それぞれ示していると言われている。
南アフリカ共和国の州
州(しゅう、アフリカーンス語: Provinsi、英語: Province)は、南アフリカ共和国の行政区画。 南アフリカ共和国は以下の9州からなる。 西ケープ州(Western Cape) 北ケープ州(Northern Cape) 東ケープ州(Eastern Cape) クワズール・ナタール州(KwaZulu-Natal) フリーステイト州(Free State) 北西州(North West) ハウテン州(Gauteng) ムプマランガ州(Mpumalanga) リンポポ州(Limpopo) 基礎情報 現在の州は1994年に設定されたものである。
南アフリカの州
『南アフリカ共和国の州』より : 州(しゅう、アフリカーンス語: Provinsi、英語: Province)は、南アフリカ共和国の行政区画。 南アフリカ共和国は以下の9州からなる。 西ケープ州(Western Cape) 北ケープ州(Northern Cape) 東ケープ州(Eastern Cape) クワズール・ナタール州(KwaZulu-Natal) フリーステイト州(Free State) 北西州(North West) ハウテン州(Gauteng) ムプマランガ州(Mpumalanga) リンポポ州(Limpopo) 基礎情報 現在の州は1994年に設定されたものである。
南アフリカの大統領
南アフリカの大統領(みなみアフリカのだいとうりょう、アフリカーンス語: President van Suid-Afrika、ズールー語: Umongameli waseNingizimu Afrika, 英語: President of the Republic of South Africa)は、南アフリカ共和国の国家元首であり、行政府の長たる大統領である。 南アフリカ共和国憲法第5章に規定されている。国家元首の規定とともに、大統領は憲法の擁護尊重義務を持ち国家の統一・発展を促進しなければならない。 選出方法 下院(国民議会)の総選挙後、下院は、下院議員の中から大統領を選出する。大統領に欠員が生じた場合は、30日以内に後任の大統領を選出する。大統領選出後、下院議員としての職務は停止され、5日以内に憲法遵守の宣誓を行う。 任期 憲法には具体的な年数について規定されていないが、総選挙後に新大統領を選出することから、実質的に下院と同じ5年である。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

南アフリカ
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)