翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

シンガポール
 Wikipediaシンガポール情報

シンガポール
シンガポール共和国 Republic of Singapore(英語)Republik Singapura(マレー語)新加坡共和国(中国語)சிங்கப்பூர் குடியரசு(タミル語) 国の標語:Majulah Singapuraマジュラ・シンガプーラ(マレー語: 進めシンガポール) 国歌:進めシンガポール シンガポールの地図 シンガポールの位置 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。
シンガポール・チャンギ国際空港
名前 シンガポール・チャンギ国際空港
IATA SIN
ICAO WSSS
設置場所 シンガポール
タイプ 官民共用
運営者 w:Civil Aviation Authority of Singapore CAAS
運営時間=
標高 m 7
標高 ft 22
緯度度 01 緯度分 21 緯度秒 00 N(北緯)及びS(南緯) N
経度度 103 経度分 59 経度秒 39 E(東経)及びW(西経) E
方向 滑走路1 02L/20R
全長 滑走路1 m 4,000
全幅 滑走路1 60
ILS 滑走路1 YES
表面 滑走路1 コンクリート 舗装
方向 滑走路2 02C/20C
全長 滑走路2 m 4,000

シンガポール共和国
『シンガポール』より : シンガポール共和国 Republic of Singapore(英語)Republik Singapura(マレー語)新加坡共和国(中国語)சிங்கப்பூர் குடியரசு(タミル語) 国の標語:Majulah Singapuraマジュラ・シンガプーラ(マレー語: 進めシンガポール) 国歌:進めシンガポール シンガポールの地図 シンガポールの位置 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。
シンガポール (市)
『シンガポール』より : シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアのマレー半島南端に隣接するシンガポール島を領土とする都市国家。430万の人口のうち、75.6%が華人である。熱帯雨林気候 熱帯海洋性気候。
略名 シンガポール
日本語国名 シンガポール共和国
公式国名 Republic of Singapore (英語)Republik Singapura (マレー語)新加坡共和国 (中国語)சிங்கப்பூர் குடியரசு (タミル語)
国旗画像 Flag of Singapore.svg
国章画像 Image:Singapore coa.gif 140px シンガポールの国章
国章リンク (シンガポールの国章 国章)
標語 Majulah Singapura(マレー語: 進めシンガポール)

シンガポール航空
シンガポール航空(シンガポールこうくう、英語: Singapore Airlines (SIA) , 中国語: 新加坡航空公司(新航)、マレー語: Syarikat Penerbangan Singapura、タミル語: சிங்கப்பூர் ஏர்லைன்ஸ்)は、シンガポールの航空会社である。 英スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。 シンガポールを代表する大企業の一つで、チャンギ国際空港をハブ空港とするシンガポールの「フラッグ・キャリア」である。 またアジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社でもある。 シンガポール本国への航空需要はそれほど多くないことから、乗り継ぎ客(特にヨーロッパとオーストラリアやニュージーランドを結ぶカンガルールートの利用者)を重視した路線設定を行っている。
シンガポールの戦い
シンガポールの戦い(シンガポールのたたかい、英: Battle of Singapore)は、第二次世界大戦の東南アジア戦域で、1942年2月7日から2月15日にかけて行われた戦闘である。2倍を超える兵力差を覆して、当時難攻不落と謳われたシンガポール要塞を日本が10日足らずで攻略した結果、英国が率いる軍としては歴史上最大規模の将兵が降参した。ウィンストン・チャーチル英国首相は自書で「英国軍の歴史上最悪の惨事であり、最大の降伏」と評している。 背景 1941年12月に、大日本帝国陸軍第25軍がマレー半島に上陸した時、英領インド軍第3軍団(オーストラリア第27旅団および幾つかの英本国軍大隊を含む)がこれに立ち向かった。北部マレー半島で日本軍は数的には僅に優勢であるにすぎなかったが、制空権・戦車・歩兵戦術・戦闘経験において優越していた。 日本軍に航空優勢をとられたため、連合軍は切り札として期待していたイギリス戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを出撃させたが、大日本帝国海軍の陸攻隊に撃沈されてしまった(マレー沖海戦)。
シンガポール国際空港
『チャンギ国際空港』より : シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール・チャンギこくさいくうこう、(IATA: SIN, ICAO: WSSS))は、シンガポールの国際空港、また、東南アジアにおける有数のハブ空港でもある。チャンギ国際空港、シンガポール・チャンギ空港、チャンギ空港とも。シンガポールの商業的な中心地の17.2km北東に位置する 。 チャンギエアポートグループが運営しており、シンガポール航空、シンガポール航空カーゴ、シルクエアー、スクート、タイガーエア、ジェットスター・アジア航空、バリューエア、Jett8航空の拠点空港である。 2012年3月現在、100以上の航空会社が週あたり6,100便を運行し、200都市、60カ国以上に就航している。 カンタス航空(オーストラリア)が準拠点空港として利用している。これはヨーロッパとオーストラリアやニュージーランドを結ぶカンガルールートの一環として、両地域間を移動中の旅客の多くがこの空港を経由するためである。 また、人口約500万人のシンガポールにとって28,000人以上の雇用を創出しているシンガポール・チャンギ国際空港は経済とは切り離せない関係である。
シンガポール航空006便墜落事故
シンガポール航空006便墜落事故 (シンガポールこうくう006びんついらくじこ、Singapore Airlines Flight 006)は、2000年10月に中華民国で発生した航空事故である。この事故は最新のボーイング747-400が事故機となり、シンガポール航空にとっても創業以来初めての人身死亡事故となった。悪天候の中、間違った滑走路に進入し作業車両と衝突したのが原因である。 事故の概要 シンガポール航空006便は、2000年10月31日午後にシンガポールを出発し、中華民国の台北を経由してアメリカ合衆国ロサンゼルスを最終目的地とするフライトプランであった。 事故当日に006便の運航に充てられていた機体は、事故の約3年10か月前の1997年1月に製造されたボーイング747-400(機体記号9V-SPK)であった。また、この機体は特別塗装機「トロピカル・メガトップ(Tropical Mega Top)」であった。 2000年10月31日午後11時17分(現地時間)に台北の中正国際空港(現・台湾桃園国際空港)からの離陸に失敗し炎上大破した。
シンガポール航空006便
『シンガポール航空006便墜落事故』より : シンガポール航空006便墜落事故 (シンガポールこうくう006びんついらくじこ、Singapore Airlines Flight 006)は、2000年10月に中華民国で発生した航空事故である。この事故は最新のボーイング747-400が事故機となり、シンガポール航空にとっても創業以来初めての人身死亡事故となった。悪天候の中、間違った滑走路に進入し作業車両と衝突したのが原因である。 事故の概要 シンガポール航空006便は、2000年10月31日午後にシンガポールを出発し、中華民国の台北を経由してアメリカ合衆国ロサンゼルスを最終目的地とするフライトプランであった。 事故当日に006便の運航に充てられていた機体は、事故の約3年10か月前の1997年1月に製造されたボーイング747-400(機体記号9V-SPK)であった。また、この機体は特別塗装機「トロピカル・メガトップ(Tropical Mega Top)」であった。 2000年10月31日午後11時17分(現地時間)に台北の中正国際空港(現・台湾桃園国際空港)からの離陸に失敗し炎上大破した。
シンガポールの軍事
シンガポールの軍事(シンガポールのぐんじ、英語:Singapore Armed Forces)は、シンガポール共和国の国防政策・軍事機構などについて述べる。 シンガポール軍は、1971年12月にイギリス軍が撤退した後に編制された。マラッカ海峡を望む、地政学的に重要な位置にあること、また、経済力が強いことから、小規模ながら近代的な装備を所有している。人員については2万人の職業軍人のほか、2年間の徴兵制を実施し必要兵力を満たしている。徴募兵の数は5万5千人に達し、兵役終了後も13年間の予備役につく。この予備役人員数も約22万5千人に達している。 徴兵は17歳の時に行われ、進学の場合を除き延期は認められていない。ただし、シンガポールの徴兵はナショナル・サービスとして、軍以外の公共機関にも配属されるものである。予備役兵は普段は民間人であるものの、年間最大で40日間召集され、訓練および任務を実施する。 安全保障 シンガポールは1971年に、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・マレーシアと5か国防衛取極を締結している。
シンガポールサッカーリーグ
Sリーグ(英語: S.League)は、シンガポールにおける国内プロサッカーリーグである。1996年に発足した。 シンガポールはかつて協会の代表チームをマレーシアの大会に参加させていた。「シンガポールFA」は、1921年に第1回大会が行われたマレーシアカップの初代優勝チームであり、通算24回優勝の強豪だった。リーグ戦発足後はこれにも参加し、1994年にはリーグとカップのダブルを果たしたが、八百長疑惑が持たれた影響から同年限りでマレーシアリーグを脱退した。 このマレーリーグに参加するシンガポールFAとは別に、1988年-1995年にシンガポール国内のクラブチームを対象とした「シンガポール国内サッカーリーグ (英語版当該記事)」行われ、1993年まではゲイランインターナショナルが6連覇を達成する圧倒的強さを見せる。
シンガポールの鉄道
シンガポールの鉄道(しんがぽーるのてつどう)ではシンガポールにおける鉄道について記す。 シンガポールにはマレーシアから乗り入れてきたマレー鉄道のシンガポール駅があるほか、高架鉄道・地下鉄としてMRT・LRT、モノレールが存在する。 イギリス植民地時代には、クランジへの軽便鉄道(1885年開通)や路面電車、トロリーバスも存在したが、いずれも独立前に廃止された。 マレー鉄道 元々シンガポールがマレーシアから独立した経緯もあり、1903年に開通していた鉄道路線は、1965年の独立後も敷地および線路・駅等の施設は、マレーシアの政府全額出資会社である鉄道資産公社の所有であり、シンガポール政府の委託を受け、運営・運行をマレーシア鉄道公社がおこなっている。シンガポール側は、シンガポール領内の鉄道施設を譲渡するようにマレーシア側に要求している。2010年5月24日、両国首脳会談においてシンガポール駅を国境近くのウッドランズに移転することを合意。2011年6月30日、同国内を走る大部分の路線が廃止され、また変則的な出入国も解消された。
シンガポール地下鉄
『シンガポールの鉄道』より : マス・ラピッド・トランジット(英語:Mass Rapid Transit、略称:MRT、中国語: 新加坡地铁 (大众捷运系统)、略称:地铁)はシンガポールのラピッド・トランジット。 南北線、東西線、北東線、環状線、ダウンタウン線の5路線が開業している。運営は、南北線・東西線・環状線がSMRTトレインズ、北東線とダウンタウン線がSBSトランジットにより行われており、それらを陸上交通庁(Land Transport Authority)が統括している。 軌間は全て1,435mm(標準軌)。電化方式は、北東線のみが直流1,500V架空線集電、その他が直流750Vの第三軌条集電。地下鉄と一般にいわれるが、地下を走るのは都市部のみで、路線のほとんどは高架である。駅は地下駅もしくは高架駅で、地下駅には当初よりすべてスクリーンドアが設置されており、高架駅に関しても安全に配慮しスクリーンドアが設置された。 最初のMRT計画は、1967年に「1992年までに都市鉄道が必要になる」として当時の都市プランナーより提起されたものに遡る。
シンガポール鉄道
『シンガポールの鉄道』より : シンガポールの鉄道(しんがぽーるのてつどう)ではシンガポールにおける鉄道について記す。 シンガポールにはマレーシアから乗り入れてきたマレー鉄道のシンガポール駅があるほか、高架鉄道・地下鉄としてMRT・LRT、モノレールが存在する。 イギリス植民地時代には、クランジへの軽便鉄道(1885年開通)や路面電車、トロリーバスも存在したが、いずれも独立前に廃止された。 マレー鉄道 元々シンガポールがマレーシアから独立した経緯もあり、1903年に開通していた鉄道路線は、1965年の独立後も敷地および線路・駅等の施設は、マレーシアの政府全額出資会社である鉄道資産公社の所有であり、シンガポール政府の委託を受け、運営・運行をマレーシア鉄道公社がおこなっている。シンガポール側は、シンガポール領内の鉄道施設を譲渡するようにマレーシア側に要求している。2010年5月24日、両国首脳会談においてシンガポール駅を国境近くのウッドランズに移転することを合意。2011年6月30日、同国内を走る大部分の路線が廃止され、また変則的な出入国も解消された。
シンガポール国立大学
シンガポール国立大学(シンガポールこくりつだいがく、簡体字: 新加坡国立大学、拼音: Xīnjiāpō Guólì Dàxué、英語: National University of Singapore、略称:NUS、マレー語: Universiti Kebangsaan Singapura、タミル語: சிங்கப்பூர் தேசியப் பல்கலைக்கழகம்)は、1905年に設立されたシンガポールの総合大学である。シンガポールの南西部、ケントリッジ(Kent Ridge)と呼ばれる丘の一帯にある。 Times Higher Education World University Rankings(THES-Qs)では、2012年・25位(アジア2位)、2008年・30位(アジア4位)にランク、Asia University Rankingsでは2015年まで連続して2位と、全体として日本の東京大学、京都大学を上回りアジアで最も高い評価を受けている。
シンガポールドル
シンガポール・ドルはシンガポール共和国の通貨。 ブルネイ・ドルと等価に固定されており、ブルネイ国内でも流通・使用されている。 シンガポール・ドルの通貨記号はS$.であり、補助単位はドルの100分の1のシンガポール・セント(単位記号 S¢)である。 ISO4217の通貨コードはSGDである。日本での通称は星ドル(せいドル、シンガポールの中国語における旧称「星加坡」に由来)ともいうがあまり一般的ではない。 為替レートは1シンガポール・ドル=約85.97日本円(2015年8月27日現在)。 硬貨 硬貨は1、5、10、20、50セント硬貨と1ドル硬貨がある。2009年現在、1セントコインは回収が開始されており。市価での最小単位は5セントになりつつある。 2013年6月25日から新硬貨(第3世代)の流通が開始された。 新硬貨のデザインは以下の通り。 1ドル:マーライオン 50セント:シンガポール港 20セント:チャンギ国際空港 10セント:HDB (公団住宅) 5セント:エスプラネード 紙幣 ポートレイトシリーズ(4世代) 紙幣は2、5、10、50、100、1,000、10,000ドルが発行されている。
シンガポール・ドル
『シンガポールドル』より : シンガポール・ドルはシンガポール共和国の通貨。 ブルネイ・ドルと等価に固定されており、ブルネイ国内でも流通・使用されている。 シンガポール・ドルの通貨記号はS$.であり、補助単位はドルの100分の1のシンガポール・セント(単位記号 S¢)である。 ISO4217の通貨コードはSGDである。日本での通称は星ドル(せいドル、シンガポールの中国語における旧称「星加坡」に由来)ともいうがあまり一般的ではない。 為替レートは1シンガポール・ドル=約85.97日本円(2015年8月27日現在)。 硬貨 硬貨は1、5、10、20、50セント硬貨と1ドル硬貨がある。2009年現在、1セントコインは回収が開始されており。市価での最小単位は5セントになりつつある。 2013年6月25日から新硬貨(第3世代)の流通が開始された。 新硬貨のデザインは以下の通り。 1ドル:マーライオン 50セント:シンガポール港 20セント:チャンギ国際空港 10セント:HDB (公団住宅) 5セント:エスプラネード 紙幣 ポートレイトシリーズ(4世代) 紙幣は2、5、10、50、100、1,000、10,000ドルが発行されている。
シンガポール航空インターナショナルカップ
シンガポール航空インターナショナルカップ(Singapore Airlines International Cup)は、シンガポールのクランジ競馬場で行われていた競馬の競走である。 2000年に創設され、2001年には国内G1(グループワン)となった。2002年からは国際G1に格付けされ同時にワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ(後にワールドレーシング・チャンピオンシップに改称)の対象競走に加わった(2006年度は同シリーズは休止)。2003年はSARSの影響で開催が中止された。 2006年にはホッカイドウ競馬所属のコスモバルクが地方競馬所属馬として初の国際G1勝利(なおかつ地方所属馬の日本国外でのG1初制覇)を収めた。さらに翌2007年には、シャドウゲイトとコスモバルクの日本調教馬2頭が出走し1、2着を独占した。 地元シンガポール調教馬での勝利は2000年の第1回大会のみでその後は15年連続で海外調教馬が勝利を収めている(南アフリカ3勝、日本2勝、フランス2勝、イギリス1勝、ドイツ1勝、UAE1勝、オーストラリア1勝、香港3勝)。
シンガポール航空国際カップ
『シンガポール航空インターナショナルカップ』より : シンガポール航空インターナショナルカップ(Singapore Airlines International Cup)は、シンガポールのクランジ競馬場で行われていた競馬の競走である。 2000年に創設され、2001年には国内G1(グループワン)となった。2002年からは国際G1に格付けされ同時にワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ(後にワールドレーシング・チャンピオンシップに改称)の対象競走に加わった(2006年度は同シリーズは休止)。2003年はSARSの影響で開催が中止された。 2006年にはホッカイドウ競馬所属のコスモバルクが地方競馬所属馬として初の国際G1勝利(なおかつ地方所属馬の日本国外でのG1初制覇)を収めた。さらに翌2007年には、シャドウゲイトとコスモバルクの日本調教馬2頭が出走し1、2着を独占した。 地元シンガポール調教馬での勝利は2000年の第1回大会のみでその後は15年連続で海外調教馬が勝利を収めている(南アフリカ3勝、日本2勝、フランス2勝、イギリス1勝、ドイツ1勝、UAE1勝、オーストラリア1勝、香港3勝)。
シンガポール・スリング
シンガポール・スリング(Singapore Sling)は、ジンベースのカクテル。 その名の通り、シンガポール生まれの名カクテルである。1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのロングバーのバーテンダーであった、厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである。なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。このシンガポール・スリングも、本来そのバリエーションの一つである。2015年、100周年を迎えた。 レシピ 一般的なレシピ ドライジン 45 ml チェリー・ブランデー 15 ml レモン・ジュース 20 ml 砂糖 1 tsp ソーダ水 飾り - マラスキーノ・チェリー ラッフルズ・ホテルでのレシピ 上記が一般的で、かつラッフルズ・ホテルで最初に作られたオリジナルに近いものとされているが、現在のラッフルズ・ホテルではその後かなり変更が加えられ、以下のようになっている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

シンガポール
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)