翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ポルトガル
 Wikipediaポルトガル情報

ポルトガル
ポルトガル共和国 República PortuguesaRepública Pertuesa 国の標語:なし 国歌:ポルトガルの歌 ポルトガルの位置 ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、ポルトガル語: República Portuguesa、ミランダ語:República Pertuesa)、通称ポルトガルは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。 国名 正式名称はポルトガル語で、República Portuguesa [ʁɛˈpuβlikɐ puɾtuˈɣezɐ](レプーブリカ・プルトゥゲザ)。
ポルトガル語
ポルトガル語は、主にポルトガルおよびブラジルで使われている言語である。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。 スペインの作家セルバンテスはポルトガル語のことを「甘美な言語」と、ブラジルの詩人オラーヴォ・ビラックは「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評している。日本では最初に伝播したヨーロッパの言語であり、大航海時代のポルトガル海上帝国の成長とともにアジア・アフリカ地域に広まった。近代化以降の日本国内ではあまり使われていない言語であったが、日系ブラジル人に対する労働認可のシステムが始まった1990年代以降は、国内でも特に製造業などの工業地帯を中心として増加が進み、愛知県や群馬県で特にポルトガル語話者が定住している事が知られる。特に地区によっては住民の過半数がポルトガル話者である地域も存在する愛知県では「ゴミ袋への注意書き」がポルトガル語で記載されており、名古屋市営地下鉄などの一部公共交通機関などでも、英語放送の他に、南米大陸出身者の利用を想定してスペイン語と共にポルトガル語での構内放送を実施している。
ポルトガル共和国
『ポルトガル』より : ポルトガル共和国 República PortuguesaRepública Pertuesa 国の標語:なし 国歌:ポルトガルの歌 ポルトガルの位置 ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、ポルトガル語: República Portuguesa、ミランダ語:República Pertuesa)、通称ポルトガルは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。 国名 正式名称はポルトガル語で、República Portuguesa [ʁɛˈpuβlikɐ puɾtuˈɣezɐ](レプーブリカ・プルトゥゲザ)。
ポルトガルの歴史
ポルトガルの歴史は現在のポルトガル共和国の領域で展開した歴史である。古代にはローマ帝国の支配をうけ、中世にはゴート人、イスラム勢力の支配を受けた。レコンキスタの進行した、12世紀にポルトガル王国が成立し、13世紀にはほぼ現在の領域が確定した。その後、海外へと植民地を獲得して隆盛を極めたのち、ナポレオン戦争で王制は動揺した。近代には共和制に移り、さらに独裁政権、無血クーデターによる民主化と激動の歴史を歩んだ。 先史時代 イベリア半島には初期から人類が進出し、ポルトガルの南北にかけて旧石器時代前期の遺跡が多く発見されている。旧石器時代から中石器時代のイベリア半島ではアジール文化、ソーヴェテール文化、カンピニアン文化、タルドノワ文化などの文化が生まれ、同時にアフリカからイベリア半島に移住したカプス人と先住民との混血が進んでスペイン人、ポルトガル人と共通する特徴を多く持つ人種が誕生した。
ポルトガル史
『ポルトガルの歴史』より : ポルトガルの歴史は現在のポルトガル共和国の領域で展開した歴史である。古代にはローマ帝国の支配をうけ、中世にはゴート人、イスラム勢力の支配を受けた。レコンキスタの進行した、12世紀にポルトガル王国が成立し、13世紀にはほぼ現在の領域が確定した。その後、海外へと植民地を獲得して隆盛を極めたのち、ナポレオン戦争で王制は動揺した。近代には共和制に移り、さらに独裁政権、無血クーデターによる民主化と激動の歴史を歩んだ。 先史時代 イベリア半島には初期から人類が進出し、ポルトガルの南北にかけて旧石器時代前期の遺跡が多く発見されている。旧石器時代から中石器時代のイベリア半島ではアジール文化、ソーヴェテール文化、カンピニアン文化、タルドノワ文化などの文化が生まれ、同時にアフリカからイベリア半島に移住したカプス人と先住民との混血が進んでスペイン人、ポルトガル人と共通する特徴を多く持つ人種が誕生した。
ポルトガル領東アフリカ
『モザンビーク』より : モザンビーク共和国 República de Moçambique 国の標語:なし 国歌:最愛の祖国 モザンビークの位置 モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。 旧ポルトガル植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い、1975年に独立を達成した。独立後も1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、HIV/AIDSの蔓延が問題となっている。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国である。隣接国が全て英語圏の国家であるため、1995年からイギリス連邦に加盟している。 国名 正式名称は、ポルトガル語でRepública de Moçambique(IPA: /rɨˈpublikɐ dɨ musɐ̃ˈbikɨ/ レプーブリカ・デ・ムサンビーケ)。
ポルトガル海上帝国
ポルトガル海上帝国(ポルトガルかいじょうていこく、ポルトガル語:Império Português)は、15世紀以来ポルトガル王国が海外各地に築いた植民地支配及び交易体制を指す。新大陸発見後はトルデシリャス条約によりスペインと世界を二分した。領域支配より交易のための海上覇権が中心であったので、このように呼ばれる(オランダ海上帝国も同様である)。それゆえ、既存の大国であったアステカ帝国やインカ帝国の、それぞれの中心地域であったメキシコおよびペルーにおける領域支配を中心としたスペインの場合は、とくに「海上帝国」とは言わない(スペイン帝国)。 ポルトガルの海上発展の基礎を築いたのは航海王子と称されるエンリケ王子(生没年1394年 - 1460年)であった。航海術や探検に興味をもったエンリケ王子は航海学校を興して、多くの航海者を育て、大西洋上のカナリア諸島(現スペイン領)、アソーレス諸島の探検に派遣、またアフリカ西海岸の探検を着実に進めて行った。
ポルトガル君主一覧
ポルトガル君主一覧では、1139年のポルトガル王国の建国から1910年10月5日革命による王政の廃止とポルトガル第一共和政の成立に至るまでのポルトガルの君主について記述する。 ポルトガルでは約800年の間君主制がとられ、歴代の国王は「ポルトガル王」以外に様々な称号を保持、もしくは自称した。フェルナンド1世とアフォンソ5世の2人はカスティーリャ王国の王位を要求し、カスティーリャへの介入を試みた。16世紀のハプスブルク家(アブスブルゴ家)が勢力を拡大した時代、一時期はスペイン・ハプスブルク朝の君主がスペイン・ナポリ=シチリアの国王とポルトガル国王を兼ねていた。ブラガンサ王朝の君主はポルトガル王位のほかにブラジル王、ブラジル皇帝などの称号も保有していた。 1910年の王政打倒後、1919年1月19日に王党派が王政の復活を宣言して政府に反乱を起こしたが(北部王国)、2月13日に内戦は終結する。最後のポルトガル王マヌエル2世の死後、ミゲル1世の孫であるドゥアルテ・ヌノがポルトガルの王位請求者となった。
ポルトガル人の一覧
ポルトガル人の一覧(ポルトガルじんのいちらん)は、現在のポルトガル出身者の一覧。時代、宗教は問わない。 五十音一覧 あ行 ウリエル・アコスタ - ユダヤ教徒、思想家。 イサアク・アブラバネル - ユダヤ教徒のカスティーリャ国務大臣、ナポリ・ヴェネツィア高官。聖書註解学が後世に影響。 マヌエル・デ・アリアガ - 政治家・初代大統領 アフォンソ・デ・アルブケルケ - 植民地征服者 ヨセフ・アルボ - ユダヤ教徒 ホアキン・デ・アルメイダ - 俳優 ルイス・デ・アルメイダ - イエズス会宣教師 メナセ・ベン・イスラエル - ユダヤ教徒 アントニオ・エアネス - 第3共和政の第3代大統領 フアン・セバスティアン・エルカーノ - マゼランの後を継いで世界一周から帰国 マノエル・デ・オリヴェイラ - 映画監督 か行 マルセロ・カエターノ - 政治家。
ポルトガル領ギニア
ポルトガル領ギニア(ポルトガル領ギニア)は、ポルトガルがかつて西アフリカに領有していた植民地のひとつ。現在のギニアビサウの領域に相当する。
1446年にポルトガルがこの地域一帯の領有を宣言。1450年頃に金、奴隷などの交易品を求めて西アフリカ沿岸を航海したポルトガルの探検家ヌノ・トリスタンがこの地域に到達した。
ポルトガル領とる前は西アフリカの伝統王国の一部で、ナウラ族などが塩の交易と稲作を行なっていた。
1600年代には、地元の民族も加担する中でポルトガルをはじめ、フランス、イギリス、スウェーデンなどのヨーロッパ諸国による西アフリカ沿岸での奴隷交易が盛んになる。
西アフリカから取引された奴隷の数を正確に知ることは不可能だが、現在ではその数は約1,000万人と推定されており、そのうちの約37%がポルトガルによりブラジル植民地へと連れていかれたものといわれている。ギニアビサウのカチェウは西アフリカで最も大きな奴隷市場のひとつであった。

ポルトガルのユーロ硬貨
ユーロ (EUR , €) は、欧州連合に加盟しているポルトガルを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 ポルトガルのユーロ硬貨は、初代ポルトガル国王のアフォンソ・エンリケス(在位1139年-1185年)の印章をモチーフとした3種類のデザインが採用されている。 外部リンク 欧州中央銀行 ポルトガル銀行。
ポルトガルグランプリ
ポルトガルグランプリ(ポルトガルGP, Portuguese Grand Prix)は、ポルトガルで行われていたF1グランプリのレース。1958年と1960年にポルト(ボアビスタ)で、1959年にモンサントで、1984年から1996年までエストリルで行われた。ポルチマンのアルガルヴェ・サーキットにて、ポルトガルGP復活へ向けた動きがある。 主なレース 1961年以降開催が途絶えたポルトガルグランプリは、1984年にエストリルで復活した。エストリルでのポルトガルGPでの出来事はしばしば注目を集めた。 1984年 シーズン最終戦として開催され、このレースを2位でフィニッシュしたニキ・ラウダが優勝したアラン・プロストを0.5ポイント差で下してチャンピオンを獲得した。1985年 豪雨の中決勝レースが行われ、アイルトン・セナがF1キャリア初優勝を挙げた。1987年 プロストがF1通算28勝目を記録し、当時のF1最多勝記録を更新した。1988年 レース1周目の終了時にマクラーレンのセナがチームメイトのプロストに対し直線で幅寄せし、2人の確執の始まりを予感させた。
ポルトガル・グランプリ
『ポルトガルグランプリ』より : ポルトガルグランプリ(ポルトガルGP, Portuguese Grand Prix)は、ポルトガルで行われていたF1グランプリのレース。1958年と1960年にポルト(ボアビスタ)で、1959年にモンサントで、1984年から1996年までエストリルで行われた。ポルチマンのアルガルヴェ・サーキットにて、ポルトガルGP復活へ向けた動きがある。 主なレース 1961年以降開催が途絶えたポルトガルグランプリは、1984年にエストリルで復活した。エストリルでのポルトガルGPでの出来事はしばしば注目を集めた。 1984年 シーズン最終戦として開催され、このレースを2位でフィニッシュしたニキ・ラウダが優勝したアラン・プロストを0.5ポイント差で下してチャンピオンを獲得した。1985年 豪雨の中決勝レースが行われ、アイルトン・セナがF1キャリア初優勝を挙げた。1987年 プロストがF1通算28勝目を記録し、当時のF1最多勝記録を更新した。1988年 レース1周目の終了時にマクラーレンのセナがチームメイトのプロストに対し直線で幅寄せし、2人の確執の始まりを予感させた。
ポルトガル語諸国共同体
ポルトガル語諸国共同体(ポルトガルごしょこくきょうどうたい、ポルトガル語: Comunidade dos Países de Língua Portuguesa, CPLP)はポルトガル語を公用語とする諸国によって構成される国際協力組織。加盟国が対等の立場で政治、経済、文化の面で協力することを目的として1996年7月17日に結成された。ポルトガル語の普及にも力をいれている。加盟国の人口総数2億2300万人、面積10,742,000平方キロに及ぶ。 組織 事務局: リスボンに設置 議長国: 2年交代で再任可 国家元首会議: 2年に1度開催 外相会議: 毎年開催 常任運営委員会: 月次会合 加盟国 アンゴラの旗 アンゴラ ブラジルの旗 ブラジル カーボベルデの旗 カーボベルデ ギニアビサウの旗 ギニアビサウ 赤道ギニアの旗 赤道ギニア(2014年加盟) モザンビークの旗 モザンビーク ポルトガルの旗 ポルトガル サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ 東ティモールの旗 東ティモール(2002年加盟) オブザーバー グルジアの旗 グルジア(2014年より) 日本の旗 日本(2014年より) モーリシャスの旗 モーリシャス ナミビアの旗 ナミビア(2014年より) セネガルの旗 セネガル トルコの旗 トルコ(2014年より) ほか17国際組織 加盟希望地域 アンドラの旗 アンドラ クロアチアの旗 クロアチア ルーマニアの旗 ルーマニア ウクライナの旗 ウクライナ モロッコの旗 モロッコ 西サハラの旗 西サハラ フィリピンの旗 フィリピン インドネシアの旗 インドネシア ガリシア州の旗 ガリシア州(スペイン) ポルトガル語と同じルーツをもつガリシア語を話す住民が多いため、ポルトガル語諸国共同体に参加を希望しているが、現状では参加できない。
ポルトガル語共同体
『ポルトガル語諸国共同体』より : ポルトガル語諸国共同体(ポルトガルごしょこくきょうどうたい、ポルトガル語: Comunidade dos Países de Língua Portuguesa, CPLP)はポルトガル語を公用語とする諸国によって構成される国際協力組織。加盟国が対等の立場で政治、経済、文化の面で協力することを目的として1996年7月17日に結成された。ポルトガル語の普及にも力をいれている。加盟国の人口総数2億2300万人、面積10,742,000平方キロに及ぶ。 組織 事務局: リスボンに設置 議長国: 2年交代で再任可 国家元首会議: 2年に1度開催 外相会議: 毎年開催 常任運営委員会: 月次会合 加盟国 アンゴラの旗 アンゴラ ブラジルの旗 ブラジル カーボベルデの旗 カーボベルデ ギニアビサウの旗 ギニアビサウ 赤道ギニアの旗 赤道ギニア(2014年加盟) モザンビークの旗 モザンビーク ポルトガルの旗 ポルトガル サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ 東ティモールの旗 東ティモール(2002年加盟) オブザーバー グルジアの旗 グルジア(2014年より) 日本の旗 日本(2014年より) モーリシャスの旗 モーリシャス ナミビアの旗 ナミビア(2014年より) セネガルの旗 セネガル トルコの旗 トルコ(2014年より) ほか17国際組織 加盟希望地域 アンドラの旗 アンドラ クロアチアの旗 クロアチア ルーマニアの旗 ルーマニア ウクライナの旗 ウクライナ モロッコの旗 モロッコ 西サハラの旗 西サハラ フィリピンの旗 フィリピン インドネシアの旗 インドネシア ガリシア州の旗 ガリシア州(スペイン) ポルトガル語と同じルーツをもつガリシア語を話す住民が多いため、ポルトガル語諸国共同体に参加を希望しているが、現状では参加できない。
ポルトガルの国旗
ポルトガルの国旗(ポルトガルのこっき)は旗竿側5分の2に緑、旗尾側5分の3に赤の縦二色に盾など国章の主要部分を配した旗。 一説に、緑は希望を、赤は共和国成立の革命を表すとされる。また、緑は希望と誠実さを表すとともに勇敢なるアヴィス騎士団(ポルトガルアヴィス朝建国に関わる)のシンボルカラーであり、赤は大航海時代、新しい発見や未知なる大地を目指し、大洋と闘った輝けるポルトガル人の先人たちの犠牲の血を表している、とする説もある。 金色(黄色)の球状の物体は、大航海時代の航海用具・天測儀である。ポルトガルの先人による測量術の発展と、それによる新規航路の発見を表し、つまりはポルトガル海上帝国の輝かしい歴史を表している。「ポルトガル」という国名自体が、初期に都が置かれた町ポルトのラテン語旧名「ポルトゥス・カレ(カレ港の意味:ローマ時代に遡る都市)」から由来する。ポルトガルと海・航海は、切り離せない関係といえる。 盾の中の七つの黄色い城はルコンキシュタ(レコンキスタ、国土回復運動)の終わりにアフォンソ3世がベルベル人(ムーア人)から奪い返した城砦を、五つの青い盾はオーリッケの戦い(1139年)をめぐる初代ポルトガル王アフォンソ1世の伝説にある敵の五人の王を、青い盾の中にある五つの白い円はキリストの五つの聖痕を表すとされている。
ポルトガル社会党
社会党(しゃかいとう)は、ポルトガルの社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟政党。中道右派の社会民主党(PSD)と共にポルトガルの二大政党をなす。 1973年4月19日、西ドイツのバート・ミュンスターライフェルで結成された。当時のポルトガルはエスタド・ノヴォと呼ばれるファシズム政権だったために国内では活動できなかった。初代書記長にはマリオ・ソアレスが就任した。 1974年4月、リスボンの春と呼ばれるポルトガルの民主化革命によって独裁政権が倒れるとマリオ・ソアレスらが帰国し、臨時政府に参加した。そして、1976年4月の総選挙でPSが勝利してマリオ・ソアレスが首相に就任、1978年まで務めた。1983年には、マリオ・ソアレスが首相に再び就任した。しかし1985年の総選挙で敗北した後は、1995年の総選挙でPSDに勝利するまで野党となっていた。1995年から2002年までアントニオ・グテーレスが首相を務めた。 2004年10月、ジョゼ・ソクラテスが書記長に当選。翌05年2月の総選挙で勝利し、ジョゼ・ソクラテスが首相に就任した。
ポルトガルの国歌
ポルトガルの歌(ポルトガルのうた、ポルトガル語: A Portuguesa)はポルトガルの国歌。作詞はエンリケ・ロペス・デ・メンドンサ (Henrique Lopes de Mendonça) 、作曲はアルフレド・ケイル (Alfredo Keil)。1910年の革命によりそれまでの国王を讃える歌から変更された。 歌詞 外部リンク ポルトガル政府(国歌のページ)(ポルトガル語)。
ポルトガルの歌
『ポルトガルの国歌』より : ポルトガルの歌(ポルトガルのうた、ポルトガル語: A Portuguesa)はポルトガルの国歌。作詞はエンリケ・ロペス・デ・メンドンサ (Henrique Lopes de Mendonça) 、作曲はアルフレド・ケイル (Alfredo Keil)。1910年の革命によりそれまでの国王を讃える歌から変更された。 歌詞 外部リンク ポルトガル政府(国歌のページ)(ポルトガル語)。
ポルトガル空軍
ポルトガル空軍(ポルトガルくうぐん、ポルトガル語: Força Aérea Portuguesa、FAP)は、ポルトガルの空軍。 空軍の起源は1912年に設立された陸海軍の航空隊に求められる。1952年7月1日に陸軍航空隊と海軍航空隊は統合され新軍種として独立する。 ポルトガル軍における航空隊の歴史は、1911年に設立された気球中隊に遡ることができる。これは、陸軍の電信部隊の中に設立されたもので、後に少数の航空機も配属された。第一次世界大戦に連合国側として参戦したポルトガル軍は戦闘用航空機は保有していなかったものの、少数のパイロットがフランス軍の航空隊に参加している。 1918年に航空隊が設立されると、同時にAlvercaに飛行学校も設立された。 1949年にポルトガルは北大西洋条約機構(NATO)に原加盟国として参加する。1952年に陸軍航空隊は海軍航空隊と統合され、独立空軍となった。 1960年代には、植民地であったアンゴラやポルトガル領ギニア(ギニアビサウ)、モザンビークでの紛争に関与し、1974年のクーデターにも関与している。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ポルトガル
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)