翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

パナマ
 Wikipediaパナマ情報

パナマ
パナマ共和国 República de Panamá 国の標語:Pro Mundi Beneficio(ラテン語: 世界の福利のために) 国歌:地峡賛歌 パナマの位置 パナマ共和国(パナマきょうわこく、スペイン語: República de Panamá)、通称パナマは、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置する共和制国家である。北西にコスタリカと、南東にコロンビアに接し、北はカリブ海に、南は太平洋に面する。首都はパナマ市。 南北アメリカと太平洋、大西洋の結節点に当たる地理的重要性から、スペイン人の到達以来貿易や人の移動や国際政治において大きな役割を果たす場所となっており、その役割の重要性のため、中米地峡を貫くパナマ運河が通っている。 国名 正式名称は、República de Panamá(スペイン語: [reˈpuβlika ðe panaˈma] レプブリカ・デ・パナマ)。
パナマ攻略戦
『コズミック・イラ』より : コズミック・イラ(Cosmic Era=C.E.)は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける架空の紀元。 再構築戦争(Reconstruction Warまたは第三次世界大戦)の終結と同時にそれまでの国家の枠組みが大きく変わった事を機会に、国連の主導下で新暦として統一暦「コズミック・イラ(C.E.)」が制定された。尚、元年と設定されたのは「最後の核」(中央アジア戦線で使用された核兵器)が使用された年であり、制定時がC.E.9年となるためC.E.1〜8年は歴史上にしか存在しない。 成立から全面戦争まで(A.D.末期-C.E.70) 再構築戦争(第三次世界大戦) 西暦年代末に各地で民族紛争や宗教紛争が激化し、なおかつ石油資源の枯渇や環境汚染の深刻化、世界不況が起こり、世界各地で代表勢力による分割が行われ、世界各地でブロック化が進む。
パナマの歴史
パナマの歴史(パナマのれきし)では、パナマ共和国の歴史について述べる。 先コロンブス期  ヨーロッパ人の来航以前の現在のパナマの地には、主にチブチャ族をはじめとする人々が居住していた。 パナマ中部、アスエロ半島北方のパリタ湾岸では紀元前2900年から同1300年に刻線文が施されたモナグリーヨ(Monagrillo)土器を伴う貝塚と内陸の岩陰・洞窟遺跡が営まれた。紀元前1000年頃までにモナグリーヨ土器を伴う集落は放棄され、紀元前900年頃からモナグリーヨの系譜をひく刻線文の土器に加えて二彩土器や多彩色土器を伴うようになる。これらの土器は紀元前6世紀にもっとも盛んに用いられるようになる。この時期には、掘立柱建物の住居が集まった集落が営まれ、中心的なものとして、ムラ・サリグアが挙げられる。ムラ・サリグアは、紀元前390年ごろから、8.5haであった集落が58haにまで急速に発展し、人口は600人から700人近くにまで達したと推定される。
パナマ運河攻撃 (紺碧の艦隊)
パナマ運河攻撃とは架空戦記『紺碧の艦隊』の劇中で登場する架空の軍事作戦である。
劇中では2回行われた。
この作品の題名となっている『紺碧艦隊』の潜水艦は前世の伊四〇〇型潜水艦を元にして建造されたものであり、前世で成しえなかったパナマ運河攻撃を後世で実現しようという作戦である。目標は戦前に入手した資料より大西洋側に設置されて施設が巨大でもある『ガトゥーン閘門(OVA版ではガツン閘門と表記)』が選ばれた。また作戦時期に1月を選んだのは乾季であり施設修復が完了した後もガトゥーン湖の注水に時間がかかり最大1年間はパナマ運河を使用不能に出来ると考えられた。この期間、アメリカ合衆国の太平洋側への軍需物資輸送は大幅に遅延する事となるからである。

パナマシティ (フロリダ州)
パナマシティ(Panama City)は、アメリカ合衆国フロリダ州北西部に位置する都市。ベイ郡 (フロリダ州) ベイ郡(w:Bay County, Florida Bay County)の郡庁所在地である。人口は36,417人(2000年国勢調査)。2004年の推計では37,079人に増加している。州西端のペンサコーラ (フロリダ州) ペンサコーラと州都タラハシーの間では最大の都市である。
パナマシティはスプリングブレイク(春休み)のメッカとして広く知られるパナマシティビーチを抱える観光都市である(ただし、実際はパナマシティとパナマシティビーチは別の市である)。春になると全米から大学生や高校生が集まり、砂浜 ビーチのあちこちでパーティーを楽しむ姿が見られる。
1830年代、ジョージア州やアラバマ州の土地所有者たちはこの地で夏を過ごすようになった。この彼らの別荘地こそが、1909年にパナマシティとなる町の始まりであった。正式な市となった当初の市域は、北は15thストリート、西はバルボア通り、東はベイ通りに囲まれた、非常に狭いエリアに限られていた。

パナマ運河
パナマ運河(パナマうんが、スペイン語: Canal de Panamá 、英語: Panama Canal)とは、パナマ共和国のパナマ地峡を開削して太平洋とカリブ海を結んでいる閘門式運河である。 パナマ運河の規模は全長約80キロ・メートル、最小幅91メートル、最大幅200メートル、深さは一番浅い場所で12.5メートルである。マゼラン海峡やドレーク海峡を回り込まずにアメリカ大陸東海岸と西海岸を海運で行き来できる。スエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で開発に着手したものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄。その後パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められ、10年の歳月をかけて1914年に開通した。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還された。現在はパナマ運河庁 (ACP) が管理している。 2002年の実績によれば、年間通航船舶数は13,185隻。通航総貨物量は1億8782万トン(いずれもパナマ運河庁調べ)。 構造 パナマ運河の通路は以下のようになっており、上り下りにそれぞれ3段階、待ち時間を含め約24時間をかけて通過させる。
パナマックス
『パナマ運河』より : パナマックス (Panamax) とはパナマ運河を通過できる船の最大の大きさ。閘門の寸法、水深により制限されている。これは、貨物船を設計するときの重要な要素であり、多くの船が制限値ぎりぎりの設計で作られているとともに、事実上、世界の海を制約無く航行できる最大サイズである。 外法 パナマックスは、基本的に運河の閘門の閘室の大きさに制限されている。各閘室は幅 33.53 メートル、長さ 320.0 メートル、深さ 25.9 メートルに作られており、実際に利用できる最大長は 304.8 メートルとなる。実際に利用できる水深に関しては閘室毎に違うが、一番浅いのはペドロ・ミゲル閘門の南側で、ミラフローレス湖が 16.61 メートルの時に 12.55 メートルである。また、船舶の高さについては、アメリカ橋によって制限されている。 実際に通過が許可されている船舶の大きさの制限値は以下の通りである 全長:294.1m 全幅:32.3m 喫水:12m(熱帯淡水において) 最大高:57.91m排水量65000トンが典型的な大きさである。
パナマックスサイズ
『パナマ運河』より : パナマックス (Panamax) とはパナマ運河を通過できる船の最大の大きさ。閘門の寸法、水深により制限されている。これは、貨物船を設計するときの重要な要素であり、多くの船が制限値ぎりぎりの設計で作られているとともに、事実上、世界の海を制約無く航行できる最大サイズである。 外法 パナマックスは、基本的に運河の閘門の閘室の大きさに制限されている。各閘室は幅 33.53 メートル、長さ 320.0 メートル、深さ 25.9 メートルに作られており、実際に利用できる最大長は 304.8 メートルとなる。実際に利用できる水深に関しては閘室毎に違うが、一番浅いのはペドロ・ミゲル閘門の南側で、ミラフローレス湖が 16.61 メートルの時に 12.55 メートルである。また、船舶の高さについては、アメリカ橋によって制限されている。 実際に通過が許可されている船舶の大きさの制限値は以下の通りである 全長:294.1m 全幅:32.3m 喫水:12m(熱帯淡水において) 最大高:57.91m排水量65000トンが典型的な大きさである。
パナマ共和国
『パナマ』より : パナマ共和国 República de Panamá 国の標語:Pro Mundi Beneficio(ラテン語: 世界の福利のために) 国歌:地峡賛歌 パナマの位置 パナマ共和国(パナマきょうわこく、スペイン語: República de Panamá)、通称パナマは、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置する共和制国家である。北西にコスタリカと、南東にコロンビアに接し、北はカリブ海に、南は太平洋に面する。首都はパナマ市。 南北アメリカと太平洋、大西洋の結節点に当たる地理的重要性から、スペイン人の到達以来貿易や人の移動や国際政治において大きな役割を果たす場所となっており、その役割の重要性のため、中米地峡を貫くパナマ運河が通っている。 国名 正式名称は、República de Panamá(スペイン語: [reˈpuβlika ðe panaˈma] レプブリカ・デ・パナマ)。
パナマシティ
パナマ市(スペイン語: Ciudad de Panamá シウダ・デ・パナマ、英語: Panama City)は、パナマ共和国の首都。国名と同一名称のため、各言語で「市」に該当する単語を付けて区別するのが通例となっており、パナマ共和国の公用語であるスペイン語でもそうされている。また、パナマシティとも呼ばれる。以下の解説では「パナマ市」とする。 太平洋に面しパナマ運河の入り口である。国の政治、経済、文化の中心だけではなく、中米有数の世界都市でもある。また、中米有数の金融センターとしても評価されており、世界各国の銀行が進出している。 また旧市街地はパナマ・ビエホとパナマ歴史地区として世界文化遺産に登録されており、多くの観光客を集めている。 パナマ市は、1519年8月15日にペドロ・アリアス・デ・アビラにより建設されたことから始まる。昔も今もこの都市は、地峡を利用した国際貿易と金融業で繁栄している。かつては、南米ペルーへの探検と、黄金や銀をスペインへ運ぶための拠点であった。1671年1月28日には、1400人の海賊を率いてやってきたイギリス人のヘンリー・モーガンが都市を攻撃、黄金を略奪後、火を使い破壊した。
パナマ市
『パナマシティ』より : パナマ市(スペイン語: Ciudad de Panamá シウダ・デ・パナマ、英語: Panama City)は、パナマ共和国の首都。国名と同一名称のため、各言語で「市」に該当する単語を付けて区別するのが通例となっており、パナマ共和国の公用語であるスペイン語でもそうされている。また、パナマシティとも呼ばれる。以下の解説では「パナマ市」とする。 太平洋に面しパナマ運河の入り口である。国の政治、経済、文化の中心だけではなく、中米有数の世界都市でもある。また、中米有数の金融センターとしても評価されており、世界各国の銀行が進出している。 また旧市街地はパナマ・ビエホとパナマ歴史地区として世界文化遺産に登録されており、多くの観光客を集めている。 パナマ市は、1519年8月15日にペドロ・アリアス・デ・アビラにより建設されたことから始まる。昔も今もこの都市は、地峡を利用した国際貿易と金融業で繁栄している。かつては、南米ペルーへの探検と、黄金や銀をスペインへ運ぶための拠点であった。1671年1月28日には、1400人の海賊を率いてやってきたイギリス人のヘンリー・モーガンが都市を攻撃、黄金を略奪後、火を使い破壊した。
パナマ侵攻
パナマ侵攻(パナマしんこう、英語: Invasion of Panama)は、1989年から1990年にかけてアメリカ合衆国が中央アメリカのパナマに軍事侵攻した事件である。 経緯 ノリエガ独裁体制 1983年以来、マヌエル・ノリエガ最高司令官(将軍)は、パナマにおける事実上の最高権力者となっていた。しかしノリエガ体制のパナマは、非民主的な政治体制が原因で中南米の中でも孤立していただけでなく、中南米における麻薬ルートの温床となっているとされていた。ノリエガは、冷戦下の1966年からアメリカ中央情報局(CIA)のために働いていたことも明らかになっている。ノリエガはブッシュ大統領がCIA長官時代にその手先となり、キューバのフィデル・カストロ政権やニカラグアのサンディニスタ政権など、中南米やカリブ海の左派政権の攪乱に協力していた。アメリカの麻薬対策にも協力していると考えられており、1978年から1987年まではアメリカの麻薬取締局(DEA)から毎年感謝状が贈られていた。
パナマソウ科
名称 パナマソウ科(クロンキスト体系)
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 単子葉植物綱 :w:Liliopsida Liliopsida
亜綱 ヤシ亜綱 :w:Arecidae Arecidae
目 パナマソウ目 :w:Cyclanthales Cyclanthales
科 パナマソウ科 :w:Cyclanthaceae Cyclanthaceae
下位分類名 属
下位分類 本文参照
パナマソウ科 (Cyclanthaceae) は単子葉植物の科 (分類学) 科のひとつで、パナマソウなどを含む。木本、または多年生の草本でヤシに似た葉を持つ。新熱帯に産し、およそ12属 (分類学) 属180種 (分類学) 種を含む。”Carludovica”がパナマ帽の材料であったためこの名前がある。
クロンキスト体系や新エングラー体系では単型のパナマソウ目を作っていたが、APG植物分類体系ではタコノキ目に入れられる。

パナマ地峡鉄道
パナマ地峡鉄道(ぱなまちきょうてつどう)は、パナマ共和国のパナマシティ パナマ市とコロン (パナマ) コロン市を結ぶ全長48マイル(77km)の鉄道。同国唯一の鉄道かつ、世界最短の大陸横断鉄道である。
ファイル:Culebra Summit Panama Railway.jpg thumb right 1854年のパナマ鉄道
パナマ運河の開業前、大西洋から太平洋に出るには南アメリカのマゼラン海峡を航路で経由する遠回りを強いられたが、この鉄道が1855年に開業したことで、航路の間に鉄道を挟む形でショートカットが可能になった。特にゴールドラッシュの影響でアメリカ合衆国東海岸やヨーロッパからアメリカ西海岸へ向かうものが増えており、それらのものにとってはロッキー山脈の駅馬車越えルートと同様、花形と見なされていた。むしろ日数がかかり、道も不安定で治安の問題もある駅馬車ルートより、パナマ地峡鉄道経由の船舶ルートのほうが、費用は高いものの短時間かつ安全にいけるルートとされた。

パナマの国歌
地峡賛歌(ちきょうさんか、スペイン語: Himno Istmeño)はパナマの国歌。ヘロニモ・デ・ラ・オーサ博士(Dr. Jerónimo De La Ossa) 作詞、サントス・ホルヘ(Santos Jorge) 作曲。 歌詞 コーラスの後半二行は繰り返す。 コーラス Alcanzamos por fin la victoriaEn el campo feliz de la unión;Con ardientes fulgores de gloriaSe ilumina la nueva nación. 1番 Es preciso cubrir con un veloDel pasado el calvario y la cruz;Y que adorne el azul de tu cieloDe concordia la espléndida luz.El progreso acaricia tus lares.Al compás de sublime canción,Ves rugir a tus pies ambos maresQuedan rumbo a tu noble misión. (コーラス) 2番 En tu suelo cubierto de floresA los besos del tibio terral,Terminaron guerreros fragores;Sólo reina el amor fraternal.Adelante la pica y la pala,Al trabajo sin más dilación,Y seremos así prez y galaDe este mundo feraz de Colón. (コーラス) 外部リンク 歌唱付きMP3ファイル(在メキシコ・パナマ共和国大使館公式サイトより)。
パナマ運河条約
パナマ運河条約(パナマうんがじょうやく)とは、大コロンビア領パナマが独立した1903年に、アメリカとパナマとの間で結ばれた閉鎖条約のことをいう。 パナマ運河と運河地帯(運河の中心から両側5マイルずつ(幅16km))の永久租借権と運河の建設、管理運営権、軍事警察権をアメリカに与える条約で、1977年に締結された「パナマ運河条約及びパナマ運河の永久中立と運営に関する条約(新パナマ運河条約)」による1999年12月31日の返還まで、アメリカがパナマ運河を管理運営し、支配してきた。 新パナマ運河条約により、パナマ運河の管理運営権はパナマに委譲され、全ての国の平和的航行に対して平等に開放するとされたが、有事の際アメリカが軍事介入する権利を留保している。 外部リンク パナマ運河地帯。
パナマ文書
パナマ文書(パナマぶんしょ)またはパナマペーパー(英語: Panama Papers)は、パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ (Mossack Fonseca) によって作成された一連の機密文書である。 文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイト (TB) に及ぶ文書は匿名で2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) にも送られた。80か国107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定である。 背景 モサック・フォンセカ法律事務所は1977年、ユルゲン・モサック (Jürgen Mossack) とラモン・フォンセカ・モーラ (Ramón Fonseca Mora) により、パナマの首都パナマ市で設立された法律事務所である。
パナマ運河地帯
パナマ運河地帯 (ソナ・デル・カナル・デ・パナマ スペイン語 Zona del Canal de Panamá) とは、中央アメリカにあるパナマ共和国のパナマ運河沿岸地帯全域をいう。かつてのアメリカ合衆国の租借地。 アメリカの統治時代のパナマ運河地帯の面積は1678Km²で、中心地はバルボア (Balboa)。なお、パナマの首都パナマ市はアメリカ統治地域には入らない。 1903年にアメリカがパナマとパナマ運河条約を締結し、パナマ運河の実質的運営権と両沿岸地帯の租借権を獲得。1999年12月31日にパナマに返還されるまでアメリカの管轄地だった。 関連項目 マヌエル・ノリエガ将軍 パナマ侵攻 鉄道附属地 パナマ運河地帯総督・長官の一覧 サッカーパナマ運河地帯代表 外部リンク パナマ運河地帯。
パナマの国旗
パナマの国旗(パナマのこっき Flag of Panama)は、赤・青・白の3色が用いられ、赤星及び青星が配置されたデザインの旗である。 1903年のコロンビアからの分離独立時に初めて掲揚され、1904年に正式に議会で承認された。1925年に白地と星の配置を変更し、現在のデザインとなった。 当時の政治情勢を象徴し、青と赤はコロンビア保守党(保守派)とコロンビア自由党(共和派)を表し、白は平和を表している。青い星はこの国の生活の純粋さと誠実さを表し、赤い星はこの国の権威と法律を表しているとされる。正式には1903年にマリア・デ・ラ・オッサ・デ・アマドール(María de la Ossa de Amador)によって制作されたとされる。 歴史的な旗 外部リンク 関連項目 国旗の一覧 パナマの国章 外部リンク Flags of the World。
パナマ地峡
パナマ地峡(パナマちきょう、西: Istmo de Panamá、英: Isthmus of Panama)は、中央アメリカのカリブ海と太平洋との間、パナマ中部にあり、南北両アメリカ大陸を結ぶ帯状の地峡。およそ300万年前の鮮新世に形成されたことで、アメリカ大陸間大交差を起こした。パナマ共和国やパナマ運河がある狭い陸地で、幅はわずか64キロメートル。最狭部はサンブラス地峡。他の多くの地峡と同様、戦略的に重要なポイントである。 バスコ・ヌーニェス・デ・バルボアがカリブ海沿岸を航行している際、原住民より「南の海」(太平洋)の話を聞いたことから、1513年9月25日、彼は太平洋を発見した。1519年、太平洋沿いの小規模な原住民の居住区の近くに、パナマの町が創設された。ペルー発見の後、町は重要な貿易港として発展し、地域の行政上の中心地となった。1671年、ウェールズ人の海賊ヘンリー・モーガンがカリブ海からパナマ地峡を横断し、パナマの町を破壊した。その結果、町は西に数キロ離れた小さな半島上に移転した。パナマの旧市街であるPanama la Vieja地区の遺跡は、近年ユネスコの世界遺産に登録された。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

パナマ
 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)