翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ネパール
 Wikipediaネパール情報

ネパール
ネパール連邦民主共和国 संघीय लोकतान्त्रिक गणतन्त्र नेपाल 国の標語:जननी जन्मभूमिष्च स्वर्गादपि गरियसिラテン文字転写:Janani Janmabhumishcha Swargadapi Gariyasi(サンスクリット語:祖国は天国より素晴らしい) 国歌:国歌(題名無し) ネパールの位置 ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの共和制国家。
ネパール王国
『ネパール』より : ネパール王国 नेपाल अधिराज्यnaepaāla adhairaāj?ya ネパールの位置 ネパール王国(ネパール語: नेपाल अधिराज्य naepaāla adhairaāj?ya、英語:Kingdom of Nepal)は、1768年12月21日から 2008年5月28日まで続いたネパールの王国。ネパールの王政時代全般を指す。前身はゴルカ王国。 1816年、イギリスにグルカ戦争で敗北したことにより、その保護国となったが、1923年に独立した。 1846年には宰相のラナ家に実権を奪われるが、1951年に王政復古で実権を取り戻し、立憲君主国となった。 前史 1484年にラーヤ・マッラのバクタプル・マッラ朝から、ラトナ・マッラのカトマンズ・マッラ朝が独立。1619年にシッディナラシンハ・マッラのパタン・マッラ朝が独立し、マッラ朝は三王国時代に入る。 ゴルカ王国 16世紀、ヤショー・ブラフマ・シャハ(Yashobramha Shah)がカスキ王国(現カスキ郡)を征服した。
ネパール共産党毛沢東主義派
ネパール共産党統一毛沢東主義派(ネパールきょうさんとうとういつもうたくとうしゅぎは、ネパール語: नेपाल कम्युनिष्ट पार्टी (माओवादी)、英語: Communist Party of Nepal (Unified-Maoist))は、ネパールの政党。毛派共産党。本項では合同前のネパール共産党毛沢東主義派(通称マオイスト (Maoist) または毛派(もうは)、マオバディとも呼ばれている)についても詳述する。 前身はネパール共産党毛沢東主義派。2009年1月12日、ネパール共産党毛沢東主義派は小規模な共産主義政党・ネパール共産党統一センター・マサル派およびその公然組織・人民戦線ネパールと合同し、「ネパール共産党統一毛沢東主義派」となった。 1995年3月、ネパール共産党毛沢東主義派として結成。初代書記長はプラチャンダ(本名:プシュパ・カマル・ダハル、現・議長)。1996年に武装蜂起、「人民戦争」(ネパール内戦)を展開。農村部を中心に、ネパール領土のかなりの部分を実効支配した。2006年、停戦。以後、暫定政権に加わり、議会内の活動に転ずる。
ネパールハクセキレイ
『ハクセキレイ』より : ハクセキレイ(白鶺鴒、学名:Motacilla alba lugens)はセキレイ科に分類される鳥類。世界中に広く分布するタイリクハクセキレイ(学名 Motacilla alba)の一亜種。 英名では、タイリクハクセキレイ各亜種を総称して "White Wagtail" と呼ばれるとともに、特にハクセキレイ (M. a. lugens) を指す際には "Japanese (Kamchatka) Pied Wagtail", "Black-backed Wagtail" と呼ばれる。 分布 ロシア沿海地方・ハバロフスク地方の沿岸部、カムチャツカ半島、千島列島、樺太、日本列島(北海道、本州)および中国東北部に分布する留鳥または漂鳥。冬場の積雪地でも観察される。 日本では、かつては北海道や東北地方など北部でのみ繁殖が観察されていたが、20世紀後半より繁殖地を関東・中部などへと拡げ、現在は東日本では普通種になっている(#セキレイ類近縁種の分布を参照)。
ネパール王族殺害事件
ネパール王族殺害事件(ネパールおうぞくさつがいじけん、英語:Nepalese royal massacre)は、2001年6月1日にネパールの首都カトマンズ、ナラヤンヒティ王宮で発生した事件。ディペンドラ王太子(事件直後、危篤状態のまま名目上は国王に即位し、その3日後に死亡)が父・ビレンドラ国王ら多数の王族を殺害したとされる事件である。現場名称を取ったナラヤンヒティ王宮事件とも呼ばれる。 ただし、後述の事件に関する不自然さ、矛盾などからディペンドラが真犯人かどうかは疑問視されている。また、事件後に即位したビレンドラの弟ギャネンドラの動向などから、彼が行ったクーデターとする説もある。だが、いずれの説も決定的な証拠がなく、その真相は現在に至るまで不明なままである。 公式発表による事件のあらまし ビレンドラ国王の末弟・ディレンドラ王子(この事件で銃撃され、3日後に死亡)の娘婿で、現場に居た国軍のシャヒ大佐の証言を元として、6月14日夜に政府の調査委員会が国王に提出・発表した。
ネパールの鉄道
『ジャナクプル鉄道』より : ネパールの鉄道(ネパールのてつどう)は、ネパール連邦民主共和国(通称:ネパール)においてネパール人向けの旅客サービスのみが機能している。 この59キロメートルの狭軌鉄道は、インド共和国(通称:インド)との2国間の国境近くにあるインドのジャイナガルと、ネパールのジャナクプルの間で運行されており、軌間は762 mm (2 ft 6 in)である。 路線は、ジャナクプルからビザルプラへと延びていたが、この区間は損害を受けた橋梁が原因で、現在は予備路線となっている。 首都カトマンズには、鉄道が全く繋がっていない。 インド鉄道路線のいくつかは、国境を越えてネパールに入っており、ネパール平野へと短距離の路線が延びている。 これらは、ラクソール(インド/ネパール国境)とシシヤ(ネパール)を結ぶ、ネパール/インド共同の貨物線となっている。 ネパール鉄道では現在、蒸気機関車に代わってインドから譲渡された4両のうち、残りの1両である ZDM 524 ディーゼル機関車のみで、ジャナクプルとジャイナガルの間(約29キロメートル)を運行している。
ネパール航空
航空会社 ネパール航空
Nepal Airlines
ロゴ
ロゴサイズ
IATA RA
ICAO RNA
コールサイン NEPAL
親会社 ネパール政府
設立日 1958年
代表者
ハブ空港 トリブバン国際空港
焦点都市 ポカラ空港
マイレージサービス
ラウンジ
航空連合 未加盟
保有機材数 7機
目的地 38都市(国際線8都市)
ウェブ http://www.royalnepal-airlines.com/

ネパール語
ネパール語(ネパールご、英: Nepali)は、ネパール、ブータン、インドのシッキム州やミャンマーの一部で話されるインド語派の言語である。ネパール及びインドのシッキム州の公用語である。ネパール人口の約半数が母語とし、その他のネパール人は第二言語とするものが多い。またインドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。 ネパール語は東部ネパールからインドのウッタラーンチャル州及びヒマーチャル・プラデーシュ州までの、ヒマラヤ山地の低層地にて話されているパハール語群の最東部の言語である。また特にネワール語(ネパール・バサ語)などのチベット・ビルマ語派のいくつかの言語との共通の単語も多く、チベット・ビルマ諸語の影響も受けている。 ネパール語はヒンディー語、ウルドゥー語とも近いが、保守的でありペルシャ語や英語からの借用語は比較的少なく、サンスクリット起源の単語が多い。 言語名別称 かつてネパール語はネパール語で「カスクラ(Khaskura)」と呼ばれていた。ゴルカ地方の言葉という意味で「ゴルカリ(Gorkhali)」という場合もある。
ネパール・ルピー
ネパール・ルピーは、ネパールで使用されている通貨。 ネパール・ルピーの通貨記号は「Rs.」で、補助単位は、ルピーの100分の1の「パイサ(単位記号:P)」である。ISO 4217の通貨コードは「NPR」である。ネパール中央銀行によって発行および管理されている。1ネパール・ルピー=1.56日本円(2006年8月4日現在)。インド・ルピーとの交換レートは1インド・ルピー=1.6ネパール・ルピーに固定されている。 貨幣 紙幣は1、2、5、10、20、25、50、100、250、500、1,000の11種類が発行されている。25と250はビレンドラ国王の即位25周年記念として2002年から発行されている。 2007年、暫定憲法が発布され、王制廃止が既定の路線となったことに伴い、国王の肖像の代わりにエベレストが印刷された500ルピー紙幣が発行された。透かしはギャネンドラ国王のままだが、透かしの上から石楠花の絵が印刷されており、透かしの肖像は見えにくくなっている。
ネパールの国王
ネパール王国 नेपाल अधिराज्यnaepaāla adhairaāj?ya ネパールの位置 ネパール王国(ネパール語: नेपाल अधिराज्य naepaāla adhairaāj?ya、英語:Kingdom of Nepal)は、1768年12月21日から 2008年5月28日まで続いたネパールの王国。ネパールの王政時代全般を指す。前身はゴルカ王国。 1816年、イギリスにグルカ戦争で敗北したことにより、その保護国となったが、1923年に独立した。 1846年には宰相のラナ家に実権を奪われるが、1951年に王政復古で実権を取り戻し、立憲君主国となった。 前史 1484年にラーヤ・マッラのバクタプル・マッラ朝から、ラトナ・マッラのカトマンズ・マッラ朝が独立。1619年にシッディナラシンハ・マッラのパタン・マッラ朝が独立し、マッラ朝は三王国時代に入る。 ゴルカ王国 16世紀、ヤショー・ブラフマ・シャハ(Yashobramha Shah)がカスキ王国(現カスキ郡)を征服した。
ネパール地震 (2015年)
2015年ネパール地震(Nepal earthquake)は、2015年4月25日にネパールで発生した地震のこと。 現地時間2015年4月25日11時56分にネパールの首都カトマンズ北西77km付近、ガンダキ県ゴルカ郡サウラパニの深さ15kmを震源として発生した地震で、アメリカ地質調査所(USGS)によれば地震の規模はMw7.8と推定されている。また中国地震局ではこの地震の規模をMs8.1としている。気象庁松代地震観測所によるMsは8.2。 この地震の強震によってネパールでは建物の倒壊、雪崩、土砂災害などにより甚大な被害が発生した。またインドや中国のチベット自治区、バングラディッシュなど周辺の国々でも人的被害が生じた。地震動はメルカリ震度階級でIXがカトマンズで報告されている他、バラトプル、ビラートナガルでVIIIが報告されている。 ネパールやインド北部は元来地震が多い地域であるものの建物はレンガ積みの耐震性のない脆弱な構造のものが多く、また山岳地帯では地すべりも発生しやすいなど被害が大きくなりやすい。
ネパールの国旗
ネパールの国旗(ネパールのこっき)は、世界で唯一矩形ではない国旗である。特徴的な形は、ネパール王国の王家と宰相家が使用していた2つの三角旗を組み合わせて簡略化したことに由来している。 国旗の真紅は、ネパールの国花であるシャクナゲの色であり、ネパールのナショナルカラーでもある。また、赤は国民の勇敢さを、縁取りの青は平和を、それぞれ意味している。2つの三角形はヒマラヤの山並みを象るとともに二大宗教であるヒンドゥー教と仏教を意味しており、月と太陽はこの国が月や太陽と同じように持続し発展するようにという願いが込められている。 三角旗という形状や、三日月や太陽のデザインは、ヒンドゥー教の旗としてはよく見られるものである。かつては、月と太陽の中には人の顔が描かれていた。 ネパール王国(ゴルカ朝)は、1768年に全国を統一したシャハ家が王位を継承したが、19世紀半ば以降20世紀半ばまでラナ家が宰相職を世襲し、実質的にネパールを支配した。
ネパール王国国旗
『ネパールの国旗』より : ネパールの国旗(ネパールのこっき)は、世界で唯一矩形ではない国旗である。特徴的な形は、ネパール王国の王家と宰相家が使用していた2つの三角旗を組み合わせて簡略化したことに由来している。 国旗の真紅は、ネパールの国花であるシャクナゲの色であり、ネパールのナショナルカラーでもある。また、赤は国民の勇敢さを、縁取りの青は平和を、それぞれ意味している。2つの三角形はヒマラヤの山並みを象るとともに二大宗教であるヒンドゥー教と仏教を意味しており、月と太陽はこの国が月や太陽と同じように持続し発展するようにという願いが込められている。 三角旗という形状や、三日月や太陽のデザインは、ヒンドゥー教の旗としてはよく見られるものである。かつては、月と太陽の中には人の顔が描かれていた。 ネパール王国(ゴルカ朝)は、1768年に全国を統一したシャハ家が王位を継承したが、19世紀半ば以降20世紀半ばまでラナ家が宰相職を世襲し、実質的にネパールを支配した。
ネパールの世界遺産
ネパールの世界遺産 (ネパールのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているネパール国内の文化・自然遺産の一覧。 文化遺産 カトマンズ盆地 - (1979年) 仏陀の生誕地ルンビニ - (1997年) 自然遺産 サガルマータ国立公園 - (1979年) ロイヤル・チトワン国立公園 - (1984年) 複合遺産 なし 関連項目 世界遺産の一覧。
ネパール会議派
ネパール会議派(ネパールかいぎは、ネパール語: नेपाली काँग्रेस、英語: Nepali Congress)は、ネパールの政党。略称はNC。 日本ではコングレス党とも呼ばれる。 ネパールの民主化を主導し、国王独裁時代には地下活動をしてきたが、1990年の民主化以後たびたび政権を担ってきた有力政党の一つ。2008年7月21日、党総書記のラムバラン・ヤーダブが共和制ネパール初代大統領に当選した。 2013年11月19日の制憲議会選挙で196議席を獲得し、第一党に返り咲いた。この選挙を受け、2014年2月10日スシル・コイララ党首が首相に就任し、ネパール統一共産党との連立政権が発足した。 ギリジャ・プラサド・コイララ党首時代は独裁的な党運営がされており、2002年には当時のシェール・バハドゥル・デウバ首相らが反発して離党し、ネパール会議派民主を結成したが、2007年9月21日両党は再び統合している。
ネパール関係記事の一覧
ネパール関係記事の一覧では、ネパールに関係する記事の一覧を分野別にまとめた。 地理 インド亜大陸 南アジア ヒマラヤ山脈 エベレスト アンナプルナ カンチェンジュンガ ギャチュンカン チョ・オユー ダウラギリ マカルー マナスル ローツェ保護区域 カトマンズの渓谷 サガルマータ国立公園 ロイヤル・チトワン国立公園都市・集落 カトマンズ - ネパールの首都 キルティプル ナムチェバザール ポカラ ルンビニ - 釈迦の生地 ムスタン王国 政治 ネパールの国旗 ネパールの国歌 ネパールの首相 ネパールの副首相 ネパールの大統領 ネパールの副大統領 ネパール王国の君主 ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ - 第10代ネパール国王 ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ - 第11代ネパール国王 ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ - 第12代ネパール国王 ネパール王族殺害事件 ギリジャー・プラサード・コイララ - ネパール元首相 シェール・バハドゥル・デウバ - ネパール元首相 ネパールの政党 ネパール制憲議会 ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト) プラチャンダ(首相・マオイスト議長) バーブラーム・バッタライ(首相・マオイストNO.2) ネパール会議派 ネパール統一共産党 マデシ人権フォーラム タライ・マデシ民主党 国民民主党 (ネパール) ネパール国家発展党 南アジア地域協力連合 プラディープ・クマール・ギャワリ - 元文化観光航空大臣 宗教 ヒンドゥー教 パシュパティナート仏教 ボダナート 社会 Category:ネパールの言語 ネパール語 ネパール・バサ語 軍事 グルカ兵 グルカ戦争 ククリ 経済 ネパールの経済 ネパール・ルピー 交通 マヘンドラ・ハイウェイ トリブバン国際空港 ネパールの鉄道 ネパール・ガバメント鉄道 - ネパール王国にかつて存在した鉄道事業者 ジャナクプル鉄道(ネパール鉄道) .np - ネパールの国別ドメイン 教育・研究 トリブバン大学 トリブバン大学工学校 カトマンズ大学 ネパール工科大学 ポカラ大学 プルバンチャル大学 文化 ダルバート - ネパール料理の一つ。
ネパールの政党
ネパールの政党(ネパールのせいとう)では、ネパールの政党について述べる。 ネパールの政治状況の特徴は有力な三党の他にも小政党が多数存在することである。2008年4月10日のネパール制憲議会選挙で議席を獲得した政党だけでも25ある。またその離合集散も激しい。共産主義や社会主義を標榜する政党が多く、また、マデシなどの自治権拡大を要求する地域政党も一定の勢力をもっている。共産党は首都圏(特に高学歴者)で圧倒的人気を持つため、カトマンズとパタン (ネパール)の定員を独占することもある。 制憲議会で第一党となったネパール共産党毛沢東主義派は、1996年から2006年まで反政府武装闘争を行なってきたが、2007年からは内閣に閣僚を出し、議会に参加しているものの、依然として武装組織「人民解放軍」を擁している。 政党一覧 制憲議会に議席を有する政党 議席数は2013年選挙による。 196 - ネパール会議派(Nepali Congress) - 1947年以来の伝統を持つ社会民主主義政党。
ネパール会議派民主
ネパール会議派民主(ネパールかいぎはみんしゅ)は、かつてネパールにあった政党。別名コングレス民主党。2006年の民主化運動(ロクタントラ・アンドラン)で7党連合の一員として一定の役割を果たした。 2002年、ネパール会議派のシェール・バハドゥル・デウバ首相(当時)らがギリジャー・プラサード・コイララ総裁の独裁的な党運営に反発して離党、結成した。2007年9月21日、ネパール会議派の名前で両党は再び統合した。 関連項目 ネパール会議派 ネパールの政党。
ネパール国王
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ネパール
カトマンズ、 ヒマラヤ、 ポカラ

 

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)