翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ミャンマー
 Wikipediaミャンマー情報

ミャンマー
ミャンマー連邦共和国 ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်[pjìdàuɴzṵ θàɴməda̯ mjəmà nàiɴŋàɴdɔ̀] 国の標語:なし 国歌:我、ミャンマーを愛さん ミャンマーの位置 注2: かつてのccTLDは.bu ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、2014年現在の人口は 5,142万人、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占める。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がいる。
ミャンマー連邦
『ミャンマー』より : ミャンマー連邦共和国 ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်[pjìdàuɴzṵ θàɴməda̯ mjəmà nàiɴŋàɴdɔ̀] 国の標語:なし 国歌:我、ミャンマーを愛さん ミャンマーの位置 注2: かつてのccTLDは.bu ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、2014年現在の人口は 5,142万人、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占める。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がいる。
ミャンマー語
『ビルマ語』より : ビルマ語(ビルマご)は、シナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派(チベット・ミャンマー語派)ビルマ・ロロ語群に属し、ミャンマー連邦共和国の公用語である。ミャンマー連邦の総人口約5,114万人の約70パーセントを占めるビルマ族が母語とする言語で、他にバングラデシュ・マレーシア・タイなどにも話者がいる。なお現在のところ、日本の公教育においては東京外国語大学及び大阪大学外国語学部で専攻語として開講されているのみで、専門的な学習の機会や場は多くない。ミャンマー語と呼ばれることもある。 古ビルマ語 ビルマに住むモン族が使っていた文字が、11世紀後半ごろにビルマ語に使われるようになった。12世紀前後には仏教徒の功徳を記録した碑文が多数現れるようになる。この時代に書かれたビルマ語を「古ビルマ語」(11世紀 - 16世紀)と呼ぶ。古ビルマ語の資料の中で年代のはっきりしている記録として、最も古いものが「ミャゼディ碑文」(1112年)のビルマ語である。
ミャンマーラウェイ
『ラウェイ』より : ラウェイ(Lethwei)は、日本ではムエ・カチューア(素手のムエタイ)、ビルマ拳法、バンドー(バンドー空手)、タイでは「ムエ・カーッチュアク」などの名前で知られる格闘技。 ムエタイに頭突きをプラスし、縄を巻いた拳で行われ、判定がなくKO勝ちしか認められないのが特徴。タイでも時折この形式の試合が行われるがタイの場合は縄を巻く代わりにバンデージで代用される。ミャンマーで現在行われている古式拳闘はすべてこの形式である。 日本格闘技界との交流 2000年代に入って、ラウェイと日本格闘技界との交流が始まっている。和術慧舟會総帥西良典は、主催興行「クシマズファイト」の中でラウェイルールでの試合を実現させている。キックボクサーの石黒竜也、国際FSA拳真館所属の空手家である佐藤真之などがラウェイルールでミャンマー人選手と試合をした。また、寒川直喜、藤原あらしなどがミャンマーに赴き、ラウェイの試合をしている。
ミャンマーの鉄道
ミャンマーの鉄道(ミャンマーのてつどう)では、ミャンマーにおける鉄道について記す。 ミャンマー(旧称:ビルマ)における鉄道の大半はミャンマー国鉄(Myanma Railways)が運営しており、イギリス(大英帝国)植民地時代の1877年に、最初の路線(ヤンゴン - プローム間)が軌間1,000mm(メーターゲージ・狭軌)によって建設されたのを創始とする。この軌間を採用したのは、インドの鉄道において1,000mm軌間の鉄道を広軌の1,676mm軌間に変更する工事が行われ、その際に車両・線路などの余剰品が発生し、それを流用したからである。 その後第二次世界大戦中には、日本陸軍によってタイのバンコクからマンダレーまでを結ぶ軍用鉄道の泰緬鉄道が建設されたこともあったが、大戦後にミャンマー側の線路は撤去された。 ミャンマー国鉄の路線の他、シャン州のナムツ(Namtu)の鉱山鉄道、エーヤワディー地方域のチャンギン(Kyangin)のセメント工場の鉄道線なども存在する。
ミャンマーの国旗
ミャンマーの国旗は、2010年10月21日に軍事政権により変更された。 解説 2010年10月21日に変更された現行の国旗は、上から黄色、緑、赤に塗られた三色旗の上に、大きな白星が描かれている。黄色は国民の団結、緑は平和と豊かな自然環境、赤は勇気と決断力を象徴し、三色の帯にまたがる白星はミャンマーが地理的・民族的に一体化する意義を示している。この三色旗は日本が第二次世界大戦中に建国したビルマ国の国旗と同じだが、ビルマ国は国旗の中心に白星ではなく、コンバウン朝の印章だった緑色の孔雀をデザインしていた。またミャンマー国旗改定以前より、ミャンマーの少数民族シャン族の州であるシャン州の州旗は、同様の配色である三色地に白丸というデザインである。 旧国旗 2010年まで使用されていた旧国旗は、1974年1月3日、ビルマ連邦社会主義共和国のネ・ウィン将軍によって変更されたデザインである。赤地の軸側上部に青い長方形が入った、1948年の独立以来のミャンマー(当時はビルマ)の国旗と大きくは変わらなかった(縦横比は異なるが、中華民国(台湾)の国旗と似たデザインである)。
ミャンマーの首相
ミャンマーの首相(ミャンマーのしゅしょう)は、ミャンマー連邦共和国における行政府の長。1948年から2011年まで設置されていたが、その後は存在していない。 1947年制定の初代憲法では、首相は大統領の補助機関たる連邦政府(内閣の名称)の一員で、地域代表院(下院)の指名基づいて大統領が任命しており、内閣閣僚たる国務大臣を指名する権限を有していた。また、1974年制定の第二代憲法では、大臣17名で構成される閣僚組織(内閣)の間で選出され、国家評議会の構成員の一人であった。1988年以降は、軍事政権の最高決定機関である国家平和発展評議会(SPDC)の議長によって任免されている。2011年2月4日に、テイン・セインが大統領に選出された後、首相ポストは廃止された。2016年4月6日に創設された国家顧問職は、事実上の首相職に近いとも言われている。 歴代首相 1948年の独立以来のビルマおよびミャンマーの首相は以下の通り。 備考 関連項目 ミャンマーの大統領。
ミャンマー国際航空
ミャンマー国際航空 (Myanmar Airways International) は、ミャンマーの航空会社である。 地元財閥(カンボーザグループ)が80%、ミャンマー・ナショナル航空が20%ずつ出資している。 ヤンゴンを本拠地とし、主に東南アジアの各地に就航している。 2014年2月に、ヤンゴン・マンダレー - 茨城線のチャーター便を運航。 また、同年10月8日にヤンゴン - 大阪/関西線を週3便(月・水・土)の予定でスケジュール・チャーター就航を開始したが、10月11日の便で運休。10月27日、11月1日にスポット運航はしたが、以降は無期限の運休となっている。。 就航路線 2014年現在、下記の路線に就航中。 ヤンゴン - バンコク、プノンペン、シェムリアップ、ガヤ 、クアラルンプール、シンガポール(直行便・バンコク経由便)、広州、(2014年年内に就航開始予定) マンダレー - ガヤ将来的には、東京/羽田・東京/成田・茨城・福岡・ソウル/仁川・香港・デリー・ドバイ等の都市にも就航する予定。
ミャンマー航空
『ミャンマー国際航空』より : ミャンマー・ナショナル航空(Myanmar National Airlines)はミャンマーの国営航空会社。 1948年にUnion of Burma Airwaysとして設立された、ミャンマーで最も古い航空会社である。1972年のBurma Airways、1989年のミャンマー航空を経て、2014年12月に民営化され、ミャンマー・ナショナル航空となっている。 ヤンゴン国際空港を拠点に、主に国内線を運航している。ミャンマー国際航空に出資をしている。 就航都市 ミャンマーの旗 ミャンマー 香港の旗 香港 香港シンガポールの旗 シンガポール シンガポール2016年1月現在 機材 ボーイング737-800 2機 ATR 42-300型機 1機 ATR 72-212/-600型機 7機 ビーチクラフト 1900型機 2機 エンブラエル E-190型機 2機 2016年1月現在 出典 外部リンク ミャンマー・ナショナル航空(英語) ミャンマー・ナショナル航空(英語) - ミャンマー運輸省。
ミャンマーの国歌
「ガバ・マ・チェ」(Gaba Ma Kyae Myanma)は、ミャンマーの国歌である。また、ビルマ連邦国民連合政府も国歌として制定している。 作詞・作曲はサヤ・ティン(Saya Tin。後のThakin Tin)。1947年に国歌に制定された。 歌詞 Unicodeのテキストはミャンマー語版を参照。 完全版 短縮版 英語訳 1番 Where prevail justice and independence, It's our country ... our land. Where prevail equal rights and correct policies, For people to lead a peaceful life, It's our country ... our land. We solemnly pledge to preserve, The Union, and the heritage, for perpetuity. 2番 和訳大意 我、ミャンマーを永久に愛さん 我が祖先の土地なるミャンマーを。
ミャンマー関係記事の一覧
ミャンマー関係記事の一覧(ミャンマーかんれんきじのいちらん)は、ミャンマーに関係する記事の一覧を50音順にまとめたものである。 あ行 アヴァ王朝 アウン・サン アウンサンスーチー アジア太平洋経済協力 アドニラム・ジャドソン アラウンパヤー アラカン山脈 イギリス統治下のビルマ インセイン刑務所 インパール作戦 インヤー湖 上ビルマ ウ・タント ウッパタサンティ・パゴダ 英緬戦争 エーヤワディー川 援蒋ルート 黄金の三角地帯 横断山脈 オリンピックミャンマー選手団 か行 ガバ・マ・チェ キン・ニュン ゴールデン・ミャンマー航空 国民民主連盟 国家平和発展評議会 コック川 コンバウン王朝 さ行 サイクロン・ナルギス 在日ミャンマー人 サウン・ガウ サッカーミャンマー代表 サルウィン川 シッタン川 下ビルマ シュエダゴン・パゴダ シリアム スリー・パゴダ・パス スレー・パゴダ ソー・ウィン た行 泰緬戦争 泰緬鉄道 タウングー王朝 タロン族 タン・シュエ チェーモン チェドバ島 チャイティーヨー・パゴダ チョウ・ディン チンドウィン川 チンロン ティラワ港 トゥウンナ・スタジアム 東南アジア 東南アジア諸国連合 な行 長井健司 ナッ信仰 ナムカム ニューライト・オブ・ミャンマー ネ・ウィン ネピドー は行 バーマ・オイル パガン王朝 バー・モウ バレーボールミャンマー男子代表 ビルマ国 ビルマ国民軍 ビルマ式社会主義 ビルマ社会主義計画党 ビルマの戦い ビルマの竪琴 ビルマ百科事典 ビルマ文字 ビルマ料理 ビルマ連邦国民連合政府 ピンマナ ピンヤ朝 フーコン渓谷 ペグー王朝 ボージョーアウンサン・スタジアム ポッパ山 ま行 マルタバン湾 マンダレー 南機関 ミャンマー ミャンマー・アリン ミャンマー海軍艦艇一覧 ミャンマー軍 ミャンマー言語委員会 ミャンマーサッカーリーグ ミャンマーサッカー連盟 ミャンマー地震 ミャンマー地震 (2011年) ミャンマーにおける売春 ミャンマーの行政区画 ミャンマーの国章 ミャンマーの国旗 ミャンマーの新聞一覧 ミャンマーの政党 ミャンマーの大学の一覧 ミャンマーの茶 ミャンマーの鉄道 ミャンマーの都市の一覧 ミャンマーの民族一覧 ミャンマー連邦の大量破壊兵器 ミョウザー ミンガラドン工業団地 メコン川 モエイ川 や・ら・わ 野球ミャンマー代表 ヤンゴン ヤンゴン川 ヤンゴン港 ヤンゴン国際空港 ヤンゴン総合病院 ヤンゴン日本人会 ヤンゴン日本人学校 ヤンゴン日本人商工会議所 ヤンゴン・ユナイテッドFC ラウェイ ラペソー ラムリー島 ラングーン事件 レイチュンセッチャー大仏 ロンジー 英数字 2007年ミャンマー反政府デモ 2010年ミャンマー総選挙 2011年ミャンマー洪水 8888民主化運動。
ミャンマーの政党
ミャンマーの政党(ミャンマーのせいとう)では、ミャンマー(ビルマ)における政党の歴史と現状について述べる。 ミャンマーでは建国当初、初代憲法によって議会制民主主義による複数政党制が定められ、反ファシスト人民自由連盟(AFPFL)を始め複数の政党が存在していた。しかし、国内が混乱したことから1962年のネ・ウィンによるクーデターが発生し、その際に既存の政党は全て解散させられた。 その後、1974年から1988年までは、第二代憲法でビルマ社会主義計画党(BSPP)の一党独裁が定められ、BSPP以外の政党を結成することは違法であった。だが、1988年に国民が行った全国規模の民主化要求運動(8888蜂起)の結果、BSPPの解散で一党支配体制は崩壊し、政党の結成が自由(結社の自由)化された。 8888蜂起の際にクーデターで成立した軍事政権(後の国家平和発展評議会・SPDC)は、複数政党制による選挙を公約としていた。そのため、ミャンマーでは1990年の総選挙までに200以上にのぼる政党が結成され、選挙の結果国民民主連盟(NLD)が議席の過半数を確保した(英語版Wikipedia参照)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

ミャンマー
マンダレー、 ヤンゴン

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)