翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

モロッコ
 Wikipediaモロッコ情報

モロッコ
モロッコ王国 المملكة المغربية‎ 国の標語:الله، الوطن، الملك‎(アラビア語:神、国、王)1 国歌:国王万歳 モロッコの位置 注1 : この標語は、憲法に明記された現国王の標語である。 モロッコ王国(モロッコおうこく)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南にサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)と、北にスペインの飛び地セウタ、メリリャに接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構加盟に反対して同機構を脱退して以来、現在もモロッコはアフリカ大陸唯一のアフリカ連合非加盟国になっている。
モロッコ王国
『モロッコ』より : モロッコ王国 المملكة المغربية‎ 国の標語:الله، الوطن، الملك‎(アラビア語:神、国、王)1 国歌:国王万歳 モロッコの位置 注1 : この標語は、憲法に明記された現国王の標語である。 モロッコ王国(モロッコおうこく)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南にサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)と、北にスペインの飛び地セウタ、メリリャに接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構加盟に反対して同機構を脱退して以来、現在もモロッコはアフリカ大陸唯一のアフリカ連合非加盟国になっている。
モロッコの国王
モロッコの君主一覧では、8世紀末のイドリース朝から17世紀に成立したアラウィー朝に至るまでのモロッコに成立した国家の君主を挙げる。 イドリース朝 イドリース・イブン・アブドゥッラー (イドリース1世)(789年 - 791年) イドリース・イブン・イドリース (イドリース2世)(808年 - 828年) ムハンマド・イブン・イドリース(828年 - 836年) アリー・イブン・イドリース(アリー1世)(836年 - 849年) ヤフヤー・イブン・ムハンマド(ヤフヤー1世)(849年 - 863年) ヤフヤー・イブン・ヤフヤー(ヤフヤー2世)(863年 - 866年) アリー・イブン・ウマル(アリー2世)(866年 - ) ヤフヤー・イブン・アル=カースィム(ヤフヤー3世)( - 905年) ヤフヤー・イブン・イドリース・イブン・ウマル(ヤフヤー4世)(905年 - 919年/920年) ファーティマ朝総督ムーサー・イブン・アビー・アル=アーフィヤによる統治 アル=ハサン・アル=ハッジャーム・イブン・ムハンマド・イブン・アル=カースィム(ハサン1世)(925年 - 927年) ファーティマ朝総督ムーサー・イブン・アビー・アル=アーフィヤによる統治 アル=カースィム・ガンヌーン・イブン・ムハンマド・イブン・アル=カースィム(937年/938年 - 948年/949年) アブー・アル=アイシュ・アフマド・イブン・アル=カースィム・ガンヌーン(アフマド1世)(948年/949年 - 954年/955年) アル=ハサン・イブン・アル=カースィム・ガンヌーン(ハサン2世)(954年/955年 - 974年および985年) ムラービト朝 アブー・バクル・イブン・ウマル(1060年 - 1072年) ユースフ・イブン・ターシュフィーン(1072年 - 1106年) アリー・イブン・ユースフ(1106年 - 1142年) ターシュフィーン・イブン・アリー(1142年 - 1146年あるいは1147年) イブラーヒーム・イブン・ターシュフィーン(1146年) イスハーク・イブン・アリー(1146年 - 1147年) ムワッヒド朝 アブドゥルムウミン(1145年 - 1163年) アブー=ヤアクーブ・ユースフ1世(1163年 - 1184年) アビー・ヤアクーブ・ユースフ・アル=マンスール(1184年 - 1199年) ムハンマド・アン=ナースィル(1199年 - 1213年) アブー・ヤアクーブ・ユースフ2世(1213年 - 1224年) アブドゥルワーヒド・マフルー(アブドゥルワーヒド1世)(1224年) アブドゥッラー・アーディル(1224年 - 1227年) ヤフヤー・ムゥタスィム(1227年 - 1235年) イドリース・マアムーン(イドリース1世)(1227年 - 1232年) アブドゥルワーヒド・ラシード(アブドゥルワーヒド2世)(1232年 - 1242年) アブールハサン・サイード(1242年 - 1248年) ウマル・ムルタダー(1248年 - 1266年) イドリース・ワーシク(イドリース2世)(1266年 - 1269年) マリーン朝 アブド・アル=ハック1世(1195年 - 1217年) ウスマーン1世(1217年 - 1240年) ムハンマド1世(1240年 - 1244年) アブー・ヤフヤー・アブー・バクル(1244年 - 1258年) ウマル(1258年 - 1259年) アブー・ユースフ・ヤアクーブ(1259年 - 1286年) アブー・ヤアクーブ・ユースフ(1286年 - 1306年) アブー・サービト・アミール(1307年 - 1308年) アブー・アル=ラビ・スライマーン(1308年 - 1310年) アブー・サイード・ウスマーン2世(1310年 - 1331年) アブー・アルハサン・アリー(1331年 - 1348年) アブー・イナーン・ファーリス(1348年 - 1358年) ムハンマド2世アズ=サイード(1359年) アブー・サリム・アリー2世(1359年 - 1361年) アブー・ウマル・タシュフィン(1361年) アブー・サイヤン・ムハンマド3世(1362年 - 1366年) アブル=ファリス・アブドゥル・アジズ1世(1366年 - 1372年) アブル=アッバス・アフマド(1372年 - 1374年) アブー・サイヤン・ムハンマド4世(1384年 - 1386年) ムハンマド5世(1386年 - 1387年) アブル=アッバス・アフマド(1387年 - 1393年) アブドゥル・アジズ2世(1393年 - 1398年) アブドゥラフ(1398年 - 1399年) アブー・サイード・ウスマーン3世(1399年 - 1420年) アブド・アル=ハック2世(1420年 - 1465年) イドリース朝 Muhammad ibn Ali Idrisi-Joutey (1465年 – 1471年) ワッタース朝 Abu Abd Allah al-Sheikh Muhammad ibn Yahya(1472年 - 1504年) Abu Abd Allah al-Burtuqali Muhammad ibn Muhammad(1504年 - 1526年) Abu al-Hasan Abu Hasan Ali ibn Muhammad(1526年) アブー・アル=アッバース・アフマド・イブン・ムハンマド(1526年 - 1545年) Nasir ad-Din al-Qasri Muhammad ibn Ahmad(1545年 - 1547年) アブー・アル=アッバース・アフマド・イブン・ムハンマド(1547年 - 1549年) アリー・アブー・ハサン(1554年) サアド朝 アブー・アブドゥッラー・アル=カーイム(1509年 - 1517年) アフマド・アル=アラジ(1517年 - 1544年) ムハンマド・アシュ=シェイク(1544年 - 1557年) アブドゥッラー・アル=ガリブ(1557年 - 1574年) アブー・アブドゥッラー・ムハンマド2世(1574年 - 1576年) アブー・マルワン・アブド・アル=マリク1世(1576年 - 1578年) アフマド・アル=マンスール(1578年 - 1603年) 1603年–1627年、内乱 1627年–1659年、統一政権 アブー・マルワン・アブド・アル=マリク2世(1627年 - 1631年) アル・ワーリド(1631年 - 1636年) ムハンマド・エッシェイク・エス・セギール(1636年 - 1655年) アフマド・エル・アッバース(1655年 - 1659年) ディラー団 ムハンマド・アル=ハッジ・イブン・アブー・バクル ・アル=ディラー(1659年 - 1663年) アラウィー朝 ==。
モロッコグランプリ
モロッコグランプリ(モロッコGP, Moroccan Grand Prix)は、モロッコで1958年に開催された、F1世界選手権レースのひとつである。 1958年に行われた、F1世界選手権レースのひとつ。F1世界選手権レースとしてはたった一度の開催でありながら、このレースは選手権王者を決定する大事なレースになった。また、その一度の開催で死亡事故が発生した悲劇のGPでもある。 開催されたサーキット レースが開催されたアイン・ディアブ (Ain-Diab) はカサブランカの海沿いに作られた1周7,618m、時計回りのロードコースである。起伏は大きいがスピードを大きく落とすコーナーが少なく高速サーキットに分類され、レース平均時速は187.033km/hに達した。 レース結果 最終戦で行われることになったこのレース開始前の時点で、選手権は有効得点でフェラーリのマイク・ホーソーンが40ポイント、ヴァンウォールのスターリング・モスが32ポイントという状況であった。
モロッコ・グランプリ
『モロッコグランプリ』より : モロッコグランプリ(モロッコGP, Moroccan Grand Prix)は、モロッコで1958年に開催された、F1世界選手権レースのひとつである。 1958年に行われた、F1世界選手権レースのひとつ。F1世界選手権レースとしてはたった一度の開催でありながら、このレースは選手権王者を決定する大事なレースになった。また、その一度の開催で死亡事故が発生した悲劇のGPでもある。 開催されたサーキット レースが開催されたアイン・ディアブ (Ain-Diab) はカサブランカの海沿いに作られた1周7,618m、時計回りのロードコースである。起伏は大きいがスピードを大きく落とすコーナーが少なく高速サーキットに分類され、レース平均時速は187.033km/hに達した。 レース結果 最終戦で行われることになったこのレース開始前の時点で、選手権は有効得点でフェラーリのマイク・ホーソーンが40ポイント、ヴァンウォールのスターリング・モスが32ポイントという状況であった。
モロッコ事件
モロッコ事件(モロッコじけん、Moroccan Crisis)は、20世紀初頭のモロッコを巡って生じたドイツ、フランスを主な当事者とする国際紛争である。1905年及び1911年の2度にわたって発生し、前者を第一次モロッコ事件(タンジール事件)、後者を第二次モロッコ事件(アガディール事件)と称する。英語表記は通常 "Moroccan Crisis"(「モロッコ危機」)であるが、日本では「モロッコ事件」と呼ぶことが多い。 この項では一連の流れを概観するに留める。詳細は各項目を参照。 第一次モロッコ事件 モロッコは、鉱物資源が豊富であるとともに戦略上の要衝であったことから、紀元前の時代から衝突の絶えない地であった。19世紀後半の世界分割の時代にはイギリス、フランス、スペインの競争の対象となったが、20世紀初頭には、フランスがほぼ全土で優越的地位を確立した。これに対して1905年3月31日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は突然モロッコ北端の港湾都市タンジール(Tangier)を自ら訪問。
モロッコ危機
『モロッコ事件』より : モロッコ事件(モロッコじけん、Moroccan Crisis)は、20世紀初頭のモロッコを巡って生じたドイツ、フランスを主な当事者とする国際紛争である。1905年及び1911年の2度にわたって発生し、前者を第一次モロッコ事件(タンジール事件)、後者を第二次モロッコ事件(アガディール事件)と称する。英語表記は通常 "Moroccan Crisis"(「モロッコ危機」)であるが、日本では「モロッコ事件」と呼ぶことが多い。 この項では一連の流れを概観するに留める。詳細は各項目を参照。 第一次モロッコ事件 モロッコは、鉱物資源が豊富であるとともに戦略上の要衝であったことから、紀元前の時代から衝突の絶えない地であった。19世紀後半の世界分割の時代にはイギリス、フランス、スペインの競争の対象となったが、20世紀初頭には、フランスがほぼ全土で優越的地位を確立した。これに対して1905年3月31日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は突然モロッコ北端の港湾都市タンジール(Tangier)を自ら訪問。
モロッコの国歌
モロッコの国歌。下記にモロッコ国歌の歌詞と曲を掲載する。 歌詞 外部リンク モロッコ国歌オーディオと歌詞 モロッコ国歌オーディオ(.mp3)。
モロッコ (映画)
作品名 モロッコMorocco
監督 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
製作総指揮
製作 ヘクター・ターンブル
脚本 ジュールス・ファースマン
出演者 マレーネ・ディートリッヒゲイリー・クーパー
音楽
撮影 リー・ガームス
編集
配給 パラマウント映画
上映時間 91分
製作国 アメリカ
言語 英語
制作費
興行収入
前作
次作
allcinema_id 23616

モロッコ料理
モロッコ料理(アラビア語:مطبخ المغرب)は、地中海料理とベルベル料理とアンダルシア料理が元となっている。写真は最も有名なモロッコ料理であるクスクス。 日本には存在しないが、サンフランシスコには、世界で唯一、ミシュランの星を保持するモロッコ料理店「aziza」が存在する。1つ星。 モロッコ料理では、クミン、パプリカ、サフランがよく用いられ、ハリッサはあまり使わないためチュニジア料理ほど辛くない。よく使われるハーブにイタリアンパセリやコリアンダーリーフがある。料理に干しぶどう、デーツ、アーモンド、レモンの塩漬け、オリーブをよく用いるのも特徴的である。東地中海地方(マシュリク)のアラブ料理とは異なり、ヨーグルトの消費は少ない。主食は主にパンである。 モロッコ料理では牛肉と羊肉が最もよく用いられる肉である。マグレブで育てられている羊の種類は、脂肪のほとんどを尻尾の近くに蓄える。そのため、羊肉特有の臭みはあまり強くない。鶏や鳩など家禽の肉もよく食べられる。ラクダを食用とする南地方もある。 ミントと砂糖を入れた緑茶(アッツァイ)はとても人気があり、茶葉は中国緑茶の珠茶や珍眉茶が好まれる。
モロッコの世界遺産
モロッコの世界遺産(モロッコのせかいいさん)は、ユネスコの世界遺産に登録されているモロッコ王国の文化遺産および自然遺産の一覧。 文化遺産 フェス旧市街 - (1981年) マラケシ旧市街 - (1985年) アイット=ベン=ハドゥの集落 - (1987年) 古都メクネス - (1996年) ヴォルビリスの古代遺跡 - (1997年) テトゥアン旧市街(旧名ティタウィン) - (1997年) エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) - (2001年) マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 - (2004年) 近代的首都と歴史的都市をあわせもつ遺産ラバト - (2012年) 自然遺産 なし 複合遺産 なし 関連項目 世界遺産の一覧 外部リンク 社団法人日本ユネスコ協会連盟 地域別リスト(アフリカ)。
モロッコの国旗
モロッコの国旗(モロッコのこっき、Flag of Morocco)は深紅の色で預言者ムハンマドを象徴しており、緑の五芒星「スレイマン(ソロモン)の印章」が表されている。 現王朝のアラウィー朝が始まった17世紀ころには赤旗が用いられていたが、1912年に「ほかの多くの赤旗と区別するため」緑の星が付け加えられた。 憲法第7条で「王国のしるしは、中央に5つの稜を持つ緑の星を伴った赤い旗である」と定められている。 関連項目 国旗の一覧。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

モロッコ
エルフード、 カサブランカ、 サハラ砂漠、 フェズ、 マラケシュ、 ワルザザード

 

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)