翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

モンゴル
 Wikipediaモンゴル情報

モンゴル
モンゴル (モンゴル語: Монгол, ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ) 民族 モンゴル系民族 - 中央ユーラシアに分布するモンゴル諸語を母語とする民族。 モンゴル族(蒙古族) - 中華人民共和国内で識別されている55の少数民族の一つ。 モンゴル部 - 主にチンギス・カンを出したボルジギン氏を中心とした部族。国家または地域 モンゴル国 - 現代の国。 モンゴル人民共和国 - 社会主義国家。モンゴル国の前身。 内モンゴル自治区(内蒙古自治区) - 中華人民共和国の自治区。 モンゴル帝国 - 13~17世紀。 モンゴル高原 - 地形。言語 モンゴル語 モンゴル語 (パプアニューギニア) (Mongol language (Papua New Guinea)) - パプアニューギニアの(モンゴル民族とは無関係な)言語。その他 モンゴル (映画) - 2007年公開の映画。
モンゴル帝国
大モンゴル・ウルス ᠶᠡᠺᠡᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯᠣᠯᠣᠰYeke Monγγol Ulus (ラテン文字転写) モンゴル帝国の位置モンゴル帝国の版図の変遷 テムジンがチンギス・ハンを名乗った1206年から1294年のモンゴル帝国(赤)の領域に続き、4つの領域国家のゆるやかな連邦体制に移行した帝国の版図を示した(1294年時点)。ジョチ・ウルス(黄)、チャガタイ・ウルス(濃緑)、イルハン朝(緑)、大元ウルス(紫)である。 モンゴル帝国(モンゴルていこく)は、モンゴル高原の遊牧民を統合したチンギス・カンが1206年に創設した遊牧国家。中世モンゴル語ではイェケ・モンゴル・ウルス (70px Yeke Monγγol Ulus)すなわち「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」と称した。 モンゴル帝国の創始者チンギス・ハンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。
モンゴルの野鳥一覧
モンゴルの野鳥一覧は、モンゴルで観察された野鳥のリストを示す。 モンゴルは旧北区(動物地理区)に属する。 種数は約400種。 キジ目 キジ科 Tetraogallus altaicus, w:Altai Snowcock, アルタイセッケイ Alectoris chukar, w:Chukar, イワシャコ Perdix perdix, w:Grey Partridge, ヨーロッパヤマウズラ Perdix dauurica, w:Daurian Partridge, ヤマウズラ Coturnix coturnix, w:Common Quail, ヨーロッパウズラ Coturnix japonica, w:Japanese Quail, ウズラ Pucrasia macrolopha, w:Koklass Pheasant, ミノキジ Crossoptilon mantchuricum, w:Brown Eared-Pheasant, ミミキジ, Extirpated Vulnerable Crossoptilon auritum, w:Blue Eared-Pheasant, アオミミキジ Syrmaticus reevesii, w:Reeves's Pheasant, オナガキジ, Vulnerable Phasianus colchicus, w:Common Pheasant, キジ Lagopus lagopus, w:Willow Ptarmigan, カラフトライチョウ Lagopus mutus, w:Rock Ptarmigan, ライチョウ Tetrao tetrix, w:Black Grouse, クロライチョウ Tetrao urogallus, w:Western Capercaillie, ヨーロッパオオライチョウ Tetrao parvirostris, w:Black-billed Capercaillie, オオライチョウ Bonasa bonasia, w:Hazel Grouse, エゾライチョウ カモ目 カモ科 Oxyura leucocephala, w:White-headed Duck, カオジロオタテガモ, Endangered Cygnus olor, w:Mute Swan, コブハクチョウ Cygnus cygnus, w:Whooper Swan, オオハクチョウ Cygnus columbianus, w:Tundra Swan, コハクチョウ Anser cygnoides, w:Swan Goose, サカツラガン, Endangered Anser fabalis, w:Bean Goose, ヒシクイ Anser anser, w:Greylag Goose, ハイイロガン Anser indicus, w:Bar-headed Goose, インドガン Tadorna ferruginea, w:Ruddy Shelduck, アカツクシガモ Tadorna tadorna, w:Common Shelduck, ツクシガモ Anas strepera, w:Gadwall, オカヨシガモ Anas falcata, w:Falcated Duck, ヨシガモ Anas penelope, w:Eurasian Wigeon, ヒドリガモ Anas platyrhynchos, w:Mallard, マガモ Anas poecilorhyncha, w:Spot-billed Duck, カルガモ Anas clypeata, w:Northern Shoveler, ハシビロガモ Anas acuta, w:Northern Pintail, オナガガモ Anas querquedula, w:Garganey, シマアジ Anas formosa, w:Baikal Teal, トモエガモ, Vulnerable Anas crecca, w:Common Teal, コガモ Netta rufina, w:Red-crested Pochard, アカハシハジロ Aythya ferina, w:Common Pochard, ホシハジロ Aythya nyroca, w:Ferruginous Pochard, メジロガモ, Near threatened Aythya fuligula, w:Tufted Duck, キンクロハジロ Aythya marila, w:Greater Scaup, スズガモ Histrionicus histrionicus, w:Harlequin Duck, シノリガモ Melanitta fusca, w:White-winged Scoter, ビロードキンクロ Bucephala clangula, w:Common Goldeneye, ホオジロガモ Mergellus albellus, w:Smew, ミコアイサ Mergus serrator, w:Red-breasted Merganser, ウミアイサ Mergus merganser, w:Common Merganser, カワアイサ キツツキ目 キツツキ科 Jynx torquilla, w:Eurasian Wryneck, アリスイ Dendrocopos minor, w:Lesser Spotted Woodpecker, コアカゲラ Dendrocopos leucotos, w:White-backed Woodpecker, オオアカゲラ Dendrocopos major, w:Great Spotted Woodpecker, アカゲラ Picoides tridactylus, w:Three-toed Woodpecker, ミユビゲラ Dryocopus martius, w:Black Woodpecker, クマゲラ Picus canus, w:Grey-faced Woodpecker, ヤマゲラ ヤツガシラ目 ヤツガシラ科 Upupa epops, w:Eurasian Hoopoe, ヤツガシラ ブッポウソウ目 カワセミ科 Alcedo atthis, w:Common Kingfisher, カワセミ カッコウ目 カッコウ科 Cuculus canorus, w:Common Cuckoo, カッコウ Cuculus saturatus, w:Oriental Cuckoo, ツツドリ アマツバメ目 アマツバメ科 Hirundapus caudacutus, w:White-throated Needletail, ハリオアマツバメ Apus apus, w:Common Swift, ヨーロッパアマツバメ Apus pacificus, w:Fork-tailed Swift, アマツバメ フクロウ目 フクロウ科 Otus scops, w:Eurasian Scops-Owl, ヨーロッパコノハズク Otus sunia, w:Common Scops-Owl, コノハズク Bubo bubo, w:Eurasian Eagle-Owl, ワシミミズク Nyctea scandiaca, w:Snowy Owl, シロフクロウ Strix uralensis, w:Ural Owl, フクロウ Strix nebulosa, w:Great Grey Owl, カラフトフクロウ Surnia ulula, w:Northern Hawk Owl, オナガフクロウ Glaucidium passerinum, w:Eurasian Pygmy-Owl, スズメフクロウ Athene noctua, w:Little Owl, コキンメフクロウ Aegolius funereus, w:Boreal Owl, キンメフクロウ Asio otus, w:Long-eared Owl, トラフズク Asio flammeus, w:Short-eared Owl, コミミズク ヨタカ科 Caprimulgus indicus, w:Grey Nightjar, ヨタカ Caprimulgus europaeus, w:Eurasian Nightjar, ヨーロッパヨタカ ハト目 ハト科 Columba livia, w:Rock Pigeon, カワラバト Columba rupestris, w:Hill Pigeon, コウライバト Columba palumbus, w:Common Wood-Pigeon, モリバト Streptopelia turtur, w:European Turtle-Dove, コキジバト Streptopelia orientalis, w:Oriental Turtle-Dove, キジバト Streptopelia tranquebarica, w:Red Collared-Dove, ベニバト Streptopelia decaocto, w:Eurasian Collared-Dove, シラコバト ツル目 ノガン科 Tetrax tetrax, w:Little Bustard, ヒメノガン, Near threatened Otis tarda, w:Great Bustard, ノガン, Vulnerable Chlamydotis undulata, w:Houbara Bustard, フサエリショウノガン Chlamydotis macqueenii, w:Macqueen's Bustard, サバクフサエリショウノガン ツル科 Grus leucogeranus, w:Siberian Crane, ソデグロヅル, Critically endangered Grus vipio, w:White-naped Crane, マナヅル, Vulnerable Grus virgo, w:Demoiselle Crane, アネハヅル Grus grus, w:Common Crane, クロヅル Grus monacha, w:Hooded Crane, ナベヅル, Vulnerable Grus japonensis, w:Red-crowned Crane, タンチョウ, Endangered クイナ科 Rallus aquaticus, w:Water Rail, クイナ Crex crex, w:Corn Crake, ウズラクイナ, Vulnerable Porzana pusilla, w:Baillon's Crake, ヒメクイナ Gallinula chloropus, w:Common Moorhen, バン (鳥類) Fulica atra, w:Common Coot, オオバン コウノトリ目 サケイ科 Syrrhaptes paradoxus, w:Pallas's Sandgrouse, サケイ シギ科 Scolopax rusticola, w:Eurasian Woodcock, ヤマシギ Gallinago solitaria, w:Solitary Snipe, アオシギ Gallinago stenura, w:Pintail Snipe, ハリオシギ Gallinago megala, w:Swinhoe's Snipe, チュウジシギ Gallinago gallinago, w:Common Snipe, タシギ Lymnocryptes minimus, w:Jack Snipe, コシギ Limosa limosa, w:Black-tailed Godwit, オグロシギ Limosa lapponica, w:Bar-tailed Godwit, オオソリハシシギ Numenius minutus, w:Little Curlew, コシャクシギ Numenius arquata, w:Eurasian Curlew, ダイシャクシギ Numenius madagascariensis, w:Far Eastern Curlew, ホウロクシギ, Near threatened Tringa erythropus, w:Spotted Redshank, ツルシギ Tringa totanus, w:Common Redshank, アカアシシギ Tringa stagnatilis, w:Marsh Sandpiper, コアオアシシギ Tringa nebularia, w:Common Greenshank, アオアシシギ Tringa ochropus, w:Green Sandpiper, クサシギ Tringa glareola, w:Wood Sandpiper, タカブシギ Tringa cinerea, w:Terek Sandpiper, ソリハシシギ Tringa hypoleucos, w:Common Sandpiper, イソシギ Tringa brevipes, w:Grey-tailed Tattler, キアシシギ Arenaria interpres, w:Ruddy Turnstone, キョウジョシギ Limnodromus semipalmatus, w:Asian Dowitcher, シベリアオオハシシギ, Near threatened Calidris canutus, w:Red Knot, コオバシギ Calidris alba, w:Sanderling, ミユビシギ Calidris minuta, w:Little Stint, ヨーロッパトウネン Calidris ruficollis, w:Red-necked Stint, トウネン Calidris temminckii, w:Temminck's Stint, オジロトウネン Calidris subminuta, w:Long-toed Stint, ヒバリシギ Calidris acuminata, w:Sharp-tailed Sandpiper, ウズラシギ Calidris alpina, w:Dunlin, ハマシギ Calidris ferruginea, w:Curlew Sandpiper, サルハマシギ Limicola falcinellus, w:Broad-billed Sandpiper, キリアイ Philomachus pugnax, w:Ruff, エリマキシギ Phalaropus lobatus, w:Red-necked Phalarope, アカエリヒレアシシギ チドリ科 Ibidorhyncha struthersii, w:Ibisbill, トキハシゲリ Himantopus himantopus, w:Black-winged Stilt, セイタカシギ Recurvirostra avosetta, w:Pied Avocet, ソリハシセイタカシギ Pluvialis apricaria, w:European Golden-Plover, ヨーロッパムナグロ Pluvialis fulva, w:Pacific Golden-Plover, ムナグロ Pluvialis squatarola, w:Grey Plover, ダイゼン Charadrius hiaticula, w:Common Ringed Plover, ハジロコチドリ Charadrius dubius, w:Little Ringed Plover, コチドリ Charadrius alexandrinus, w:Kentish Plover, シロチドリ Charadrius mongolus, w:Mongolian Plover, メダイチドリ Charadrius leschenaultii, w:Greater Sand Plover, オオメダイチドリ Charadrius veredus, w:Oriental Plover, オオチドリ Eudromias morinellus, w:Eurasian Dotterel, コバシチドリ Vanellus vanellus, w:Northern Lapwing, タゲリ Vanellus cinereus, w:Grey-headed Lapwing, ケリ ツバメチドリ科 Glareola maldivarum, w:Oriental Pratincole, ツバメチドリ カモメ科 Larus canus, w:Mew Gull, カモメ Larus hyperboreus, w:Glaucous Gull, シロカモメ Larus argentatus, w:Herring Gull, セグロカモメ Larus cachinnans, w:Yellow-legged Gull, キアシセグロカモメ Larus ichthyaetus, w:Great Black-headed Gull, オオズグロカモメ Larus brunnicephalus, w:Brown-headed Gull, チャガシラカモメ Larus ridibundus, w:Black-headed Gull, ユリカモメ Larus saundersi, w:Saunders's Gull, ズグロカモメ, Vulnerable Larus relictus, w:Relict Gull, ゴビズキンカモメ, Vulnerable Larus minutus, w:Little Gull, ヒメカモメ Rissa tridactyla, w:Black-legged Kittiwake, ミツユビカモメ Sterna nilotica, w:Gull-billed Tern, ハシブトアジサシ Sterna caspia, w:Caspian Tern, オニアジサシ Sterna hirundo, w:Common Tern, アジサシ Sterna albifrons, w:Little Tern, コアジサシ Chlidonias hybridus, w:Whiskered Tern, クロハラアジサシ Chlidonias leucopterus, w:White-winged Tern, ハジロクロハラアジサシ Chlidonias niger, w:Black Tern, ハシグロクロハラアジサシ タカ科 Pandion haliaetus, w:Osprey, ミサゴ Pernis apivorus, w:European Honey-buzzard, ヨーロッパハチクマ Pernis ptilorhyncus, w:Oriental Honey-buzzard, ハチクマ Milvus migrans, w:Black Kite, ニシトビ Haliaeetus leucoryphus, w:Pallas's Sea-Eagle, キガシラウミワシ, Vulnerable Haliaeetus albicilla, w:White-tailed Eagle, オジロワシ, Near threatened Gypaetus barbatus, w:Lammergeier, ヒゲワシ Neophron percnopterus, w:Egyptian Vulture, エジプトハゲワシ Gyps himalayensis, w:Himalayan Griffon, ヒマラヤハゲワシ Gyps fulvus, w:Eurasian Griffon, シロエリハゲワシ Aegypius monachus, w:Cinereous Vulture, クロハゲワシ, Near threatened Circaetus gallicus, w:Short-toed Snake-Eagle, チュウヒワシ Circus aeruginosus, w:Western Marsh-Harrier, ヨーロッパチュウヒ Circus spilonotus, w:Eastern Marsh-Harrier, チュウヒ Circus cyaneus, w:Northern Harrier, ハイイロチュウヒ Circus macrourus, w:Pallid Harrier, ウスハイイロチュウヒ, Near threatened Circus melanoleucos, w:Pied Harrier, マダラチュウヒ Accipiter badius, w:Shikra, タカサゴダカ Accipiter gularis, w:Japanese Sparrowhawk, ツミ Accipiter nisus, w:Eurasian Sparrowhawk, ハイタカ Accipiter gentilis, w:Northern Goshawk, オオタカ Buteo buteo, w:Common Buzzard, ノスリ Buteo rufinus, w:Long-legged Buzzard, ニシオオノスリ Buteo hemilasius, w:Upland Buzzard, オオノスリ Buteo lagopus, w:Rough-legged Hawk, ケアシノスリ Aquila clanga, w:Greater Spotted Eagle, カラフトワシ, Vulnerable Aquila nipalensis, w:Steppe Eagle, ソウゲンワシ Aquila heliaca, w:Imperial Eagle, カタジロワシ, Vulnerable Aquila chrysaetos, w:Golden Eagle, イヌワシ Hieraaetus pennatus, w:Booted Eagle, ヒメクマタカ ハヤブサ科 Falco naumanni, w:Lesser Kestrel, ヒメチョウゲンボウ, Vulnerable Falco tinnunculus, w:Common Kestrel, チョウゲンボウ Falco vespertinus, w:Red-footed Falcon, ニシアカアシチョウゲンボウ Falco amurensis, w:Amur Falcon, アカアシチョウゲンボウ Falco columbarius, w:Merlin, コチョウゲンボウ Falco subbuteo, w:Eurasian Hobby, チゴハヤブサ Falco cherrug, w:Saker Falcon, セーカーハヤブサ Falco peregrinus, w:Peregrine Falcon, ハヤブサ Falco pelegrinoides, w:Barbary Falcon, バーバリーハヤブサ カイツブリ科 Podiceps cristatus, w:Great Crested Grebe, カンムリカイツブリ Podiceps auritus, w:Horned Grebe, ミミカイツブリ Podiceps nigricollis, w:Black-necked Grebe, ハジロカイツブリ ウ科 Phalacrocorax carbo, w:Great Cormorant, カワウ サギ科 Ixobrychus minutus, w:Little Bittern, ヒメヨシゴイ Botaurus stellaris, w:Great Bittern, サンカノゴイ Ardea cinerea, w:Grey Heron, アオサギ Ardea alba, w:Great Egret, ダイサギ Ardeola bacchus, w:Chinese Pond-Heron, アカガシラサギ トキ科 Plegadis falcinellus, w:Glossy Ibis, ブロンズトキ Platalea leucorodia, w:Eurasian Spoonbill, ヘラサギ ペリカン科 Pelecanus crispus, w:Dalmatian Pelican, ニシハイイロペリカン, Conservation dependen コウノトリ科 Ciconia nigra, w:Black Stork, ナベコウ Ciconia boyciana, w:Oriental Stork, コウノトリ, Endangered アビ科 Gavia arctica, w:Arctic Loon, オオハム スズメ目 モズ科 Lanius collurio, w:Red-backed Shrike, セアカモズ Lanius isabellinus, w:Rufous-tailed Shrike, アカオモズ Lanius cristatus, w:Brown Shrike, アカモズ Lanius excubitor, w:Northern Shrike, オオモズ Lanius sphenocercus, w:Chinese Grey Shrike, オオカラモズ カラス科 Garrulus glandarius, w:Eurasian Jay, カケス Perisoreus infaustus, w:Siberian Jay, アカオカケス Cyanopica cyana, w:Azure-winged Magpie, オナガ Pica pica, w:Common Magpie, カササギ Podoces hendersoni, w:Mongolian Ground-Jay, ハシナガサバクガラス Nucifraga caryocatactes, w:Spotted Nutcracker, ホシガラス Pyrrhocorax pyrrhocorax, w:Red-billed Chough, ベニハシガラス Corvus monedula, w:Eurasian Jackdaw, ニシコクマルガラス Corvus dauuricus, w:Daurian Jackdaw, コクマルガラス Corvus frugilegus, w:Rook, ミヤマガラス Corvus corone, w:Carrion Crow, ハシボソガラス Corvus corax, w:Common Raven, ワタリガラス Oriolus oriolus, w:Eurasian Golden-Oriole, ニシコウライウグイス レンジャク科 Bombycilla garrulus, w:Bohemian Waxwing, キレンジャク カワガラス科 Cinclus cinclus, w:White-throated Dipper, ムナジロカワガラス ヒタキ科 Monticola saxatilis, w:Rufous-tailed Rock-Thrush, コシジロイソヒヨドリ Zoothera sibirica, w:Siberian Thrush, マミジロ Zoothera dauma, w:Scaly Thrush, トラツグミ Turdus obscurus, w:Eyebrowed Thrush, マミチャジナイ Turdus ruficollis, w:Dark-throated Thrush, ノドグロツグミ Turdus naumanni, w:Naumann's Thrush, ツグミ Turdus pilaris, w:Fieldfare, ノハラツグミ Turdus viscivorus, w:Mistle Thrush, ヤドリギツグミ Muscicapa striata, w:Spotted Flycatcher, ムナフヒタキ Muscicapa dauurica, w:Asian Brown Flycatcher, コサメビタキ Ficedula zanthopygia, w:Yellow-rumped Flycatcher, マミジロキビタキ Ficedula parva, w:Red-breasted Flycatcher, オジロビタキ Luscinia megarhynchos, w:Common Nightingale, サヨナキドリ Luscinia calliope, w:Siberian Rubythroat, ノゴマ Luscinia svecica, w:Bluethroat, オガワコマドリ Luscinia cyane, w:Siberian Blue Robin, コルリ Tarsiger cyanurus, w:Orange-flanked Bush-Robin, ルリビタキ Phoenicurus erythronota, w:Rufous-backed Redstart, セアカジョウビタキ Phoenicurus ochruros, w:Black Redstart, クロジョウビタキ Phoenicurus phoenicurus, w:Common Redstart, シロビタイジョウビタキ Phoenicurus auroreus, w:Daurian Redstart, ジョウビタキ Phoenicurus erythrogaster, w:White-winged Redstart, シロガシラジョウビタキ Saxicola insignis, w:White-throated Bushchat, オオノビタキ, Vulnerable Saxicola maura, w:Siberian Stonechat, ノビタキ Oenanthe oenanthe, w:Northern Wheatear, ハシグロヒタキ Oenanthe pleschanka, w:Pied Wheatear, セグロサバクヒタキ Oenanthe deserti, w:Desert Wheatear, サバクヒタキ Oenanthe isabellina, w:Isabelline Wheatear, イナバヒタキ ムクドリ科 Sturnus sturninus, w:Purple-backed Starling, シベリアムクドリ Sturnus roseus, w:Rosy Starling, バライロムクドリ Sturnus vulgaris, w:Common Starling, ホシムクドリ Sturnus cineraceus, w:White-cheeked Starling, ムクドリ ゴジュウカラ科 Sitta europaea, w:Wood Nuthatch, ゴジュウカラ Tichodroma muraria, w:Wallcreeper, カベバシリ キバシリ科 Certhia familiaris, w:Eurasian Tree-Creeper, キバシリ Troglodytes troglodytes, w:Winter Wren, ミソサザイ シジュウカラ科 Remiz coronatus, w:White-crowned Penduline-Tit, シラガツリスガラ Remiz consobrinus, w:Chinese Penduline-Tit, ツリスガラ Parus palustris, w:Marsh Tit, ハシブトガラ Parus montanus, w:Willow Tit, コガラ Parus cinctus, w:Siberian Tit, シベリアコガラ Parus ater, w:Coal Tit, ヒガラ Parus major, w:Great Tit, シジュウカラ Parus bokharensis, w:Turkestan Tit, ボハラシジュウカラ Parus cyanus, w:Azure Tit, ルリガラ エナガ科 Aegithalos caudatus, w:Long-tailed Tit, エナガ ツバメ科 Riparia riparia, w:Sand Martin, ショウドウツバメ Hirundo rupestris, w:Eurasian Crag-Martin, チャイロツバメ Hirundo rustica, w:Barn Swallow, ツバメ Hirundo daurica, w:Red-rumped Swallow, コシアカツバメ Delichon urbica, w:Northern House-Martin, ニシイワツバメ キクイタダキ科 Regulus regulus, w:Goldcrest, キクイタダキ ウグイス科 Bradypterus tacsanowskius, w:Chinese Bush-Warbler, シベリアオウギセッカ Locustella lanceolata, w:Lanceolated Warbler, マキノセンニュウ Locustella naevia, w:Common Grasshopper-Warbler, ヤチセンニュウ Locustella certhiola, w:Pallas's Grasshopper-Warbler, シベリアセンニュウ Locustella luscinioides, w:Savi's Warbler, ヌマセンニュウ Locustella fasciolata, w:Gray's Grasshopper-Warbler, エゾセンニュウ Locustella pryeri, w:Marsh Grassbird, オオセッカ, Vulnerable Acrocephalus bistrigiceps, w:Black-browed Reed-Warbler, コヨシキリ Acrocephalus agricola, w:Paddyfield Warbler, イナダヨシキリ Acrocephalus dumetorum, w:Blyth's Reed-Warbler, シベリアヨシキリ Acrocephalus arundinaceus, w:Great Reed-Warbler, ニシオオヨシキリ Acrocephalus stentoreus, w:Clamorous Reed-Warbler, チュウヨシキリ Acrocephalus aedon, w:Thick-billed Warbler, ハシブトオオヨシキリ Hippolais caligata, w:Booted Warbler, ヒメウタムシクイ Hippolais rama, w:Sykes's Warbler, アラビアウタムシクイ Phylloscopus collybita, w:Common Chiffchaff, チフチャフ Phylloscopus fuscatus, w:Dusky Warbler, ムジセッカ Phylloscopus griseolus, w:Sulphur-bellied Warbler, オリーブムシクイ Phylloscopus schwarzi, w:Radde's Warbler, カラフトムジセッカ Phylloscopus proregulus, w:Lemon-rumped Warbler, カラフトムシクイ Phylloscopus inornatus, w:Inornate Warbler, キマユムシクイ Phylloscopus borealis, w:Arctic Warbler, メボソムシクイ Phylloscopus trochiloides, w:Greenish Warbler, ヤナギムシクイ Megalurus albolimbatus, w:Fly River Grassbird, パプアオオセッカ, Vulnerable Garrulax davidi, w:Plain Laughingthrush, キタガビチョウ Panurus biarmicus, w:Bearded Parrotbill, ヒゲガラ Paradoxornis webbianus, w:Vinous-throated Parrotbill, ダルマエナガ Paradoxornis heudei, w:Reed Parrotbill, カオジロダルマエナガ, Near threatened Sylvia communis, w:Common Whitethroat, ノドジロムシクイ Sylvia curruca, w:Lesser Whitethroat, コノドジロムシクイ Sylvia minula, w:Small Whitethroat, コハッコウチョウ Sylvia nana, w:Desert Warbler, サバクムシクイ Sylvia nisoria, w:Barred Warbler, シマムシクイ ヒバリ科 Melanocorypha mongolica, w:Mongolian Lark, コウテンシ Melanocorypha leucoptera, w:White-winged Lark, ハジロコウテンシ Melanocorypha yeltoniensis, w:Black Lark, クロコウテンシ Calandrella brachydactyla, w:Greater Short-toed Lark, ヒメコウテンシ Calandrella cheleensis, w:Asian Short-toed Lark, アジアコヒバリ Galerida cristata, w:Crested Lark, カンムリヒバリ Alauda arvensis, w:Sky Lark, ニシヒバリ Eremophila alpestris, w:Horned Lark, ハマヒバリ スズメ科 Passer ammodendri, w:Saxaul Sparrow, ノウメンスズメ Passer domesticus, w:House Sparrow, イエスズメ Passer montanus, w:Eurasian Tree Sparrow, スズメ Petronia petronia, w:Rock Sparrow, イワスズメ Montifringilla nivalis, w:White-winged Snowfinch, ユキスズメ Montifringilla davidiana, w:Small Snowfinch, モウコユキスズメ Motacilla alba, w:White Wagtail, タイリクハクセキレイ Motacilla lugens, w:Black-backed Wagtail, ハクセキレイ Motacilla citreola, w:Citrine Wagtail, キガシラセキレイ Motacilla flava, w:Yellow Wagtail, ツメナガセキレイ Motacilla cinerea, w:Grey Wagtail, キセキレイ Anthus richardi, w:Richard's Pipit, マミジロタヒバリ Anthus campestris, w:Tawny Pipit, ムジタヒバリ Anthus godlewskii, w:Blyth's Pipit, コマミジロタヒバリ Anthus trivialis, w:Tree Pipit, ヨーロッパビンズイ Anthus hodgsoni, w:Olive-backed Pipit, ビンズイ Anthus gustavi, w:Pechora Pipit, セジロタヒバリ Anthus cervinus, w:Red-throated Pipit, ムネアカタヒバリ Anthus spinoletta, w:Water Pipit, タヒバリ Prunella collaris, w:Alpine Accentor, イワヒバリ Prunella himalayana, w:Rufous-streaked Accentor, ヒマラヤイワヒバリ Prunella montanella, w:Siberian Accentor, ヤマヒバリ Prunella fulvescens, w:Brown Accentor, ウスヤマヒバリ Prunella atrogularis, w:Black-throated Accentor, ノドグロイワヒバリ Prunella koslowi, w:Mongolian Accentor, シロハライワヒバリ アトリ科 Fringilla coelebs, w:Chaffinch, ズアオアトリ Fringilla montifringilla, w:Brambling, アトリ Carduelis sinica, w:Grey-capped Greenfinch, カワラヒワ Carduelis spinus, w:Eurasian Siskin, マヒワ Carduelis carduelis, w:European Goldfinch, ゴシキヒワ Carduelis hornemanni, w:Hoary Redpoll, コベニヒワ Carduelis flammea, w:Common Redpoll, ベニヒワ Carduelis flavirostris, w:Twite, キバシヒワ Carduelis cannabina, w:Eurasian Linnet, ムネアカヒワ Leucosticte brandti, w:Black-headed Mountain-Finch, シンジュマシコ Leucosticte arctoa, w:Asian Rosy-Finch, ハギマシコ Rhodopechys mongolica, w:Mongolian Finch, モウコナキマシコ Rhodopechys obsoleta, w:Desert Finch, ハシグロナキマシコ Uragus sibiricus, w:Long-tailed Rosefinch, ベニマシコ Carpodacus erythrinus, w:Common Rosefinch, アカマシコ Carpodacus pulcherrimus, w:Beautiful Rosefinch, コウザンマシコ Carpodacus roseus, w:Pallas's Rosefinch, オオマシコ Carpodacus rhodochlamys, w:Red-mantled Rosefinch, ヒゴロモマシコ Carpodacus rubicilla, w:Great Rosefinch, シロボシマシコ Pinicola enucleator, w:Pine Grosbeak, ギンザンマシコ Loxia curvirostra, w:Red Crossbill, イスカ Loxia leucoptera, w:White-winged Crossbill, ナキイスカ Pyrrhula pyrrhula, w:Eurasian Bullfinch, ウソ Coccothraustes coccothraustes, w:Hawfinch, シメ Eophona migratoria, w:Yellow-billed Grosbeak, コイカル Emberiza citrinella, w:Yellowhammer, キアオジ Emberiza leucocephalos, w:Pine Bunting, シラガホオジロ Emberiza cia, w:Rock Bunting, ヒゲホオジロ Emberiza godlewskii, w:Godlewski's Bunting, ミヤマヒゲホオジロ Emberiza cioides, w:Meadow Bunting, ホオジロ Emberiza buchanani, w:Grey-necked Bunting, イワバホオジロ Emberiza hortulana, w:Ortolan Bunting, ズアオホオジロ Emberiza fucata, w:Chestnut-eared Bunting, ホオアカ Emberiza pusilla, w:Little Bunting, コホオアカ Emberiza chrysophrys, w:Yellow-browed Bunting, キマユホオジロ Emberiza rustica, w:Rustic Bunting, カシラダカ Emberiza aureola, w:Yellow-breasted Bunting, シマアオジ Emberiza rutila, w:Chestnut Bunting, シマノジコ Emberiza bruniceps, w:Red-headed Bunting, チャキンチョウ Emberiza spodocephala, w:Black-faced Bunting, アオジ Emberiza pallasi, w:Pallas's Bunting, シベリアジュリン Emberiza schoeniclus, w:Reed Bunting, オオジュリン Calcarius lapponicus, w:Lapland Longspur, ツメナガホオジロ Plectrophenax nivalis, w:Snow Bunting, ユキホオジロ 関連項目 地域別野鳥一覧 8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。
モンゴル国
モンゴル国 Монгол Улс50px 国の標語:なし 国歌:Монгол Улсын Төрийн Дуулал モンゴルの位置 PREFIXは JT JU JV モンゴル国(モンゴルこく、モンゴル語: Монгол Улс)、通称モンゴルは、東アジア北部に位置する国家。東と南を中華人民共和国(中国)・内モンゴル自治区と、西を中国・新疆ウイグル自治区と、北をロシア連邦とそれぞれ接する内陸国。首都はウランバートル。 モンゴル民族の居住地域であるモンゴル高原のうち、清国支配下において中国語で外蒙古(がいもうこ、そともうこ)と呼ばれたゴビ砂漠以北の一帯にほぼ該当する領域を国土とする。これに対し、南部の一帯が内蒙古で、現在は中国領とされており、「蒙古族」(中国国籍のモンゴル人)のための「民族区域自治」単位として内モンゴル自治区等が置かれる事で実効支配されている。 国名 正式名称は、モンゴル語キリル文字表記で Монгол Улс(モンゴル・オルス)、ラテン文字転写は Mongol Uls。
モンゴル語
モンゴル語(モンゴルご、Монгол хэл、Mongol hel、ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯᠬᠡᠯᠡ、mongGul kele)は、モンゴル諸語に属する言語であり、モンゴル国の国家公用語である。モンゴル語を含むモンゴル語族は、テュルク語族及びツングース語族とともにアルタイ諸語と呼ばれる。 モンゴル国の憲法第8条はモンゴル語をモンゴル国の国家公用語に規定している。モンゴル国では、行政・教育・放送のほとんどがモンゴル語でなされるが、バヤン・ウルギー県では学校教育をカザフ語で行うことが認められている。こうした地域の人々の中にはモンゴル語を全く解さない者もいる。モンゴル国外には10万人以上のモンゴル国民が居住(日本国内にも合法・不法合わせ数千人が滞在しているものと推定されている)しており、かれらの母語でもある。 モンゴル諸語のうち、どこまでを「モンゴル語」と呼ぶのか明確な定義はないが、一般的にはモンゴル国や中国の内モンゴル自治区でも話されているものがモンゴル語とされる。
モンゴル人
『モンゴル』より : モンゴル人(モンゴルじん) モンゴル系民族 -広義のモンゴル人。モンゴル諸語を話す民族の総称。 モンゴル民族 -狭義のモンゴル人。モンゴル語を話す。 ハルハ -モンゴル国に住む。同国の8割を占める多数派民族。 チャハル -中華人民共和国内モンゴル自治区に住む。モンゴル族 (中国)も参照。  モンゴル国の国民を指す。モンゴル国#国民を参照。
モンゴル民族
『モンゴル』より : モンゴル人(モンゴルじん) モンゴル系民族 -広義のモンゴル人。モンゴル諸語を話す民族の総称。 モンゴル民族 -狭義のモンゴル人。モンゴル語を話す。 ハルハ -モンゴル国に住む。同国の8割を占める多数派民族。 チャハル -中華人民共和国内モンゴル自治区に住む。モンゴル族 (中国)も参照。  モンゴル国の国民を指す。モンゴル国#国民を参照。
モンゴル系
『モンゴル』より : モンゴル系民族(Mongols、モンゴル文字:ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ Mongɣul、キリル文字:Монгол)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国と中華人民共和国の内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖~興安嶺の一帯とバイカル湖~アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。 大雑把な人口の内訳は、モンゴル国に200万、中国・内モンゴル自治区に400万、ロシア・ブリヤート共和国に20万である。詳細に見るとモンゴル国では人口約253万3100人のうち95%(約241万人)がモンゴル族(2004年統計年鑑)であり、中国には約1000万人(内モンゴル自治区に約400〜500万、それ以外の中国内に約500〜600万)のモンゴル族がいる。 「モンゴル」という名称は初め、中国の史書に「蒙兀室韋」や「蒙瓦部」、「萌古国」、「蒙古」などと記され、ペルシア語史料に「مغول Mughūl」と記された。
モンゴル国の教育
モンゴル国の教育(モンゴルこくのきょういく)では、モンゴルの教育について述べる。 中世以前 中世以前のモンゴルでは、地域の有力者やチベット仏教寺院に子どもを預け、チベットの古典を学習させた。チベット語の知識は、知識人のステータス・シンボルとされた。本・筆・教師を「3つの宝」と呼び、知識過程の象徴として尊重した。 社会主義時代 1921年、いわゆる人民革命が成功し、チベット仏教は社会主義政権から無知蒙昧の象徴として目の敵にされた。 ソ連の学校教育制度が模倣され、10年制の普通教育学校(日本の小学校1年生から高等学校1年生までが同居したもの)が導入された。10年制とは言っても、1年生から5年生、6年生から10年生に分類され、前者は教科担当制を実施しながらも学級担任による手取り足取り、後者は学級担任制を実施しながらも教科指導中心の授業を実施した。クラブ活動が行われるのも、後者であった。хичээлийн эрхлэгч(ヒチェーリーン・エフレクチ=授業のディレクター)と呼ばれる教頭も、前者と後者別々に置かれた。
モンゴル諸語
モンゴル語族(モンゴルごぞく)/蒙古語族(もうこごぞく)は、モンゴル高原(モンゴル国と中国の内モンゴル自治区)を中心に、中央ユーラシアの各地で話される語族である。 モンゴル語族諸言語は、母音調和を行うこと、目的語となる名詞や述語の動詞語幹に接尾辞が付着して文法上の意味をつくる膠着語であることなど、文法の類型上、チュルク語族やツングース語族とよく似ており、これらを総称してアルタイ諸語という。アルタイ諸語をひとつの語族とみて「アルタイ語族」とする説も有力だが、同一の祖語に遡りうる語彙と音韻の対応は証明されていると広く認められる段階にはない。もしアルタイ語族説が成り立つとすれば、モンゴル語族はモンゴル語派と呼ばれることになる。 このような経緯から、単にモンゴル諸語と呼ばれることが多い。 分布 モンゴル諸語を話す人々の一般的な民族分類に従い、東から順にあげる。 ダウール語(達斡爾語、ダフール語、ダグル語) 中国の内モンゴル自治区東部と、新疆ウイグル自治区塔城県に住むダウール族(達斡爾族)。
モンゴル相撲
『ブフ』より : ブフ(蒙古文語:ᠪᠦᠺᠡ Böke、現代モンゴル語:бөх)とはモンゴルに古来より伝わる伝統的な立技組技系格闘技である。その起源は紀元前3世紀頃とされ馬を早く走らせること、力強く組み合うこと、弓を射ることが人々の間に広まりこの3種目を力で競い合うことから派生してきたとされる。また宗教的な奉納儀式として、さらに軍事訓練的な要素も持っていたといわれる。 日本では相撲と似ているということでモンゴル相撲といわれている。 モンゴル国では年に一度の民族の祭典である国家ナーダムが1921年からあり、その催し物の一つとしてブフが行われている。 内モンゴルでは1948年から始まり、1978年から近代スポーツ化を図るためにルールの改革が進み、1999年には賞金制度が導入された。一方、モンゴル国でも1997年には「ブフ・リーグ」が発足、有力企業によるクラブが急増、商業化が進みつつある。。神技的な儀式を残しつつもプロスポーツ化され、この点は日本の大相撲に類似している。また、日本で言う力士の事をモンゴルでは「フテチ」と呼ぶ。 ブフの2大潮流 ブフは大きく2つに分類できる。
モンゴル航空
『MIATモンゴル航空』より : MIATモンゴル航空(MIATモンゴルこうくう、モンゴル語: Монголын Иргэний Агаарын Тээвэр、英語: MIAT Mongolian Airlines)は、首都ウランバートルを本拠地としている、モンゴル国の国営航空会社かつナショナル・フラッグ・キャリアであり、「MIATモンゴル国営航空」という名称であったが、1993年に民営化している。 モンゴル語による正式名称 Монголын Иргэний Агаарын Тээвэр を日本語に直訳すると、『モンゴル(の) 民間(の) 航空(の) 運送 株式会社』となる。 しかしながら、1993年8月12日より現在まで100%国出資の株式会社であり、またモンゴル証券取引所非上場企業であり、国有企業である。 2014年1月には、全株式の49%を公開し、香港証券取引所へ上場するというIPOの計画を提示していたが、先行きは不透明である。 拠点としているチンギスハーン国際空港から国際線定期便、国際線不定期便サービスを運航している。 MIATモンゴル航空は、アエロフロート・ロシア航空からの支援を受けて設立され、1956年7月7日に運航を始めた。
モンゴル国の国際関係
モンゴル国の国際関係(モンゴルこくのこくさいかんけい)は、近代以降に限っても、 「中国」への組み込みを目指す清朝、中華民国歴代政権との対峙(1908年〜1946年) 中国と対峙するのに必要な軍事・経済支援をあおぐ代償としての帝政ロシア、ソビエト連邦への従属(1908年〜1990年) モンゴル南部との統合をめぐる試行錯誤(ボグド・ハーン政権の模索・人民革命党の綱領・ヤルタ協定) 全方位外交への道(建国初期の模索/ソビエト連邦一辺倒の時代/冷戦終結により訪れた春) チベット仏教を背景としたチベットとの連帯と断絶、交流の再開などの要素がある。
モンゴル800
『MONGOL800』より : MONGOL800(モンゴルはっぴゃく)は、1998年に沖縄県で結成された、日本のスリーピースロックバンドである。ハイ・ウェーブに所属。略称は「モンパチ」。 メンバー 上江洌清作(うえず きよさく、1981年2月15日 - ) ベース、ボーカル担当。沖縄国際大学文学部英文学科卒業。 儀間崇(ぎま たかし、1980年10月9日 - ) ギター、ボーカル担当。 髙里悟(たかざと さとし、1980年8月17日 - ) ドラムス、ボーカル担当。四国大学卒業。趣味は釣り。釣り番組大ちゃんの釣りに行こう!にゲスト出演したことがある。2016年より 四国大学短期大学部音楽科 特任教授。 バンド名に深い意味はなく、ギターの儀間が、思いつきで考えた「モンゴル800」と言うフレーズをそのままグループ名にしただけで、実際のモンゴル国やモンゴル人とは関係ない。2001年9月にリリースされたアルバム『MESSAGE』が、発売から7か月後のオリコンチャートで首位を獲得してインディーズとしては初の280万枚以上を売り上げ、日本のスリーピースバンドのアルバムとしては最高のセールスになった。
モンゴル国の軍事
モンゴル国の軍事は、モンゴル国の軍事について解説する。 モンゴル国の正式国軍であるモンゴル国軍(モンゴル語:Монголын Улсын Арми)は、モンゴル革命の力となった社会主義時代のモンゴル人民軍(モンゴル語:Монголын Ардын Арми)から、社会主義政権崩壊後、モンゴル国の国軍として引き継がれた軍隊である。 モンゴル国軍 20世紀前半は対満州国国境、冷戦時代からは対中国国境との緩衝地帯としての役割を期待されていたモンゴルは、ソ連より潤沢な兵器の供与を受けたが、近年はロシアと中国の緊張緩和とともに地政学的価値が低下し、援助が滞る中で航空戦力を失うなど、急速な老朽化が進んでいる。 モンゴルの総兵力は1万5千人で予備役は14万人。徴兵制を実施しており、男性の18歳から1年間兵役に付く。軍事予算は181億9,890万トゥグルグ(2003年時点)。ただし、徴兵制度は厳格ではなく、兵役代替金と呼ばれる納付金(約1,500ドル)を納付するか、海外に留学するなど26歳までやり過ごせば兵役義務は消滅する。
モンゴル文字
モンゴル文字(モンゴルもじ、蒙古文字〔もうこもじ〕/モンゴル語キリル文字表記:Монгол бичиг、モンゴル文字:‎ᠮᠣᠩᠭᠣᠯᠪᠢᠴᠢᠭ᠌‎、モンゴル文字ローマ字(ラテン文字)転写:Mongγol bičig、中国語:蒙古字母)は、13世紀ごろウイグル文字から派生した文字で、主にモンゴル語を表記する。フドゥム、胡都木とも。専ら縦書きされ、行は左から右へ綴られる(左縦書き)。 現在は主に中華人民共和国内モンゴル自治区で使われているが、モンゴル国では 1994 年以降義務教育化され、歴史と伝統・文化の象徴として書道やクラフトアートをはじめとした芸術作品に活用されている。 モンゴル文字は、ウイグル文字そのものでモンゴル語を筆写していた時期の古典的な「ウイグル式モンゴル文字」と、子音や母音の文字の整備がより進んだ「現代モンゴル文字」の 2 種類に大別される。 モンゴル帝国時代の「モンゴル文字」 モンゴル部がオノン川で発祥した時には元来文字を持たなかった。
モンゴルフィエ兄弟
モンゴルフィエ兄弟(モンゴルフィエきょうだい)は、兄ジョゼフ=ミシェル・モンゴルフィエ(フランス語: Joseph-Michel Montgolfier 、1740年8月26日 - 1810年6月26日)と弟ジャック=エティエンヌ・モンゴルフィエ(フランス語: Jacques-Étienne Montgolfier 、1745年1月6日 - 1799年8月2日)の2人で熱気球を発明し、世界で初の有人飛行を行なったフランスの兄弟。その功績から1783年12月、兄弟の父ピエールがルイ16世により貴族に叙せられ「ド・モンゴルフィエ」(de Montgolfier)を名乗るようになった。 生い立ち 兄弟は、フランスのリヨンの南方アルデシュ県の町アノネー(en)で製紙業者の息子に生まれた。父ピエール・モンゴルフィエ (1700–1793年) と母アンヌ・デュレ (1701–1760年) は全部で16人の子をもうけた。ピエールは長男レーモン(後のレーモン・ド・モンゴルフィエ、1730–1772年)を後継者とした。
モンゴルの国歌
モンゴルの国歌。モンゴル語:Монгол Улсын Төрийн Дуулал (Mongol ulsyn tôriīn duulal)"。ビレギーン・ダムディンスレン (Б. Дамдинсүрэн;1919年 - 1992年) 及びロブサンジャムツィーン・ムルドルジ (Л. Мөрдорж;1919年 - 1996年) 作曲。ツェンディーン・ダムディンスレン (Ц. Дамдинсүрэн;1908年 - 1986年) 作詞。 国歌は幾度か変更されており、1911年成立のボグド・ハーン政権下のモンゴル国では、ロシアの作曲家でありマリイーンスキー劇場でヴァイオリン奏者も務めていたカドレツ・サンがペテルブルク大学東洋学部に所蔵されていたモンゴル民謡の旋律を元に作曲した国歌が1914年に制定されていた。
モンゴル国歌
『モンゴルの国歌』より : モンゴルの国歌。モンゴル語:Монгол Улсын Төрийн Дуулал (Mongol ulsyn tôriīn duulal)"。ビレギーン・ダムディンスレン (Б. Дамдинсүрэн;1919年 - 1992年) 及びロブサンジャムツィーン・ムルドルジ (Л. Мөрдорж;1919年 - 1996年) 作曲。ツェンディーン・ダムディンスレン (Ц. Дамдинсүрэн;1908年 - 1986年) 作詞。 国歌は幾度か変更されており、1911年成立のボグド・ハーン政権下のモンゴル国では、ロシアの作曲家でありマリイーンスキー劇場でヴァイオリン奏者も務めていたカドレツ・サンがペテルブルク大学東洋学部に所蔵されていたモンゴル民謡の旋律を元に作曲した国歌が1914年に制定されていた。
モンゴル人民共和国
モンゴル人民共和国 Бүгд Найрамдах Монгол Ард Улс 国歌: モンゴル人民共和国国歌(1950年 - 1992年)モンゴル・インターナショナル(1924年 - 1950年)モンゴルの位置 モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく、モンゴル語: Бүгд Найрамдах Монгол Ард Улс)は、モンゴルが1924年から1992年まで使用した国号である。略称はBNMAU(БНМАУ)である。 1921年、ボドー、ダンザン、ドクソムらの指導、ダムディン・スフバートルの軍事的活躍とソビエト連邦(ソ連)の赤軍の支援でボグド・ハーン(活仏・化身ラマ)を推戴し中華民国から独立したモンゴルは、1924年にボグド・ハーンの死に際して、コミンテルンの指導もあり、モンゴル人民革命党による一党独裁の社会主義国を宣言。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

モンゴル
ウランバートル、 テレルジ

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)