翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

モーリシャス
 Wikipediaモーリシャス情報

モーリシャス
モーリシャス共和国 Republic of Mauritius(英語)République de Maurice(フランス語)Republik Moris (モーリシャス・クレオール語) 国の標語:Stella Clavisque Maris Indici (ラテン語: インド洋の星と鍵であれ) 国歌:母国 モーリシャスの位置 a 公的には英語とフランス語が用いられ、モーリシャス・クレオール語が通常話される。 モーリシャス共和国(モーリシャスきょうわこく)、通称モーリシャスは、アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はポートルイス。インド洋のマスカレン諸島に位置する共和国である。インド商人の貿易中継地になっていたためインド系住民が過半数を占める。 国名 正式名称は英語で Republic of Mauritius (リパブリック・オブ・モーリシャス)。通称 Mauritius [mɔːˈrɪʃɪəs, məˈrɪʃəs] (13px 聞く)。
モーリシャス共和国
『モーリシャス』より : モーリシャス共和国 Republic of Mauritius(英語)République de Maurice(フランス語)Republik Moris (モーリシャス・クレオール語) 国の標語:Stella Clavisque Maris Indici (ラテン語: インド洋の星と鍵であれ) 国歌:母国 モーリシャスの位置 a 公的には英語とフランス語が用いられ、モーリシャス・クレオール語が通常話される。 モーリシャス共和国(モーリシャスきょうわこく)、通称モーリシャスは、アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はポートルイス。インド洋のマスカレン諸島に位置する共和国である。インド商人の貿易中継地になっていたためインド系住民が過半数を占める。 国名 正式名称は英語で Republic of Mauritius (リパブリック・オブ・モーリシャス)。通称 Mauritius [mɔːˈrɪʃɪəs, məˈrɪʃəs] (13px 聞く)。
モーリシャスルリバト
目 ハト目
科 ハト科
属 ルリバト属 ”:en:Alectroenas Alectroenas”
種 モーリシャスルリバト”:en:Mauritius Blue Pigeon A. mitidissima”
学名 ”Alectroenas mitidissima”
英名 Mauritius Blue Pigeon
モーリシャスルリバト (学名:”Alectroenas mitidissima”) は、ハト目ハト科に属する鳥類の一種。
インド洋西部のモーリシャス島に生息していたが、すでに絶滅した。別名ブルーピジョン。なお、近縁の種にセーシェルルリバト (”Alectroenas pulcherrima”)、ロドリゲスルリバト (”Alectroenas rodericana”) の2種があったが、こちらもすでに絶滅している。
体色は目の周りと尾が赤、頭・首・胸は白、残りの部分は青。ただし青色の度合いについては、いわゆる青色から黒に近いものまで色々な資料がある。食物は、果実と貝という奇妙な取り合わせであったと伝えられる。

モーリシャス島
モーリシャス島(モーリシャスとう)は、マダガスカルの東約900kmに位置する島。モーリシャス共和国がある。マスカリン諸島に属する。 この島は、火山島である。面積は2040平方km(沖縄本島の1.5倍)。年平均気温は24~29度である。「インド洋の貴婦人」と呼ばれ、比較的平らな島である。最高峰はビトン・ド・ラ・プティト・リビエール・ノアールで標高826メートル。 1505年にポルトガル人が発見。1638年にオランダ人が植民を開始するまでは無人島で、原住民はいない。島名は、オラニエ公マウリッツ・ファン・ナッサウに因む。 フランスからイギリスに統治国が変わった。それに伴って、フランス島からモーリシャス島に名前も変わった。詳細についてはモーリシャス共和国の歴史を参照。 モーリシャス共和国独立直前の1965年11月に、チャゴス諸島の住人約1800人がモーリシャス島へ強制移住させられたことがある。 自然 元々、ゴンドワナ大陸の一部だったので、特殊化した動物が目立つ。
モーリシャスクイナ
モーリシャスクイナ(学名:Aphanapteryx bonasia)は、ツル目クイナ科に属する鳥類の1種である。 インド洋西部のモーリシャス島だけに生息していたが、すでに絶滅した。体色は茶色で、太っていて飛べない。体はニワトリより大きく体長50cm前後。標本は残っておらず、いくつか骨と、スケッチ、記述を見ることができる。 羽毛は全体的にやや赤みを帯びた茶色をしており、羽は髪のようにふわふわとしていた。尾は羽毛で隠れていて、生きている状態では観察されていない。長く、少し曲がったくちばしと、体に比較して長い足を持つ。全体的にキーウィに似た格好をしている。 1602年頃のモーリシャス島に関する記述のほとんどすべてにモーリシャスクイナについての言及がある。しかし記述は同じ内容の繰り返しばかりであり、生態に関する記述はあまりない。狩りの教本によると、モーリシャスクイナを捕まえるのは非常に容易く、焼いて食用にすると豚肉の代わりにできると記述されている。 この鳥に残されている絵の多くは、ルドルフ2世が1600年前後に行っていた動物ショーで公開されていたものを、ヨリス・ヘフナゲル(en:Joris Hoefnagel)がイラストにしたものである。
モーリシャスの国旗
モーリシャスの国旗(モーリシャスのこっき)は、1968年の独立時に採用された横四色旗。 フランス語でLes Quatre Bandes、「四本の線」という別称もある。 赤は自由と独立の為の戦い、青はインド洋、黄は独立による新たな光、緑はモーリシャスの一年を通した農業の色を表す。これらの色は国章から採ったものである。 市民用と政府用の海上旗は、赤或は青を背景とし、陸上旗をカントンに、フライに国章を置いたものである。 軍隊用海上旗は、左右に赤・白・青の縦縞を、中央に錨と鍵の紋章を配したものである。 参考文献 苅安望『二訂版 世界の国旗と国章大図鑑』、2006年 (ISBN 4-582-40728-5)、73頁。 関連項目 国旗の一覧。
モーリシャス時間
モーリシャス時間(モーリシャスじかん、Mauritius Time - MUT)は、協定世界時 (UTC) を4時間進ませた標準時である。(UTC+4)
モーリシャス モーリシャス共和国で使用されており、夏時間は採用していない。
標準時 もりしやすしかん
Mauritius Time
Mauritius Standard Time

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

モーリシャス
モーリシャス

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)