翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

マレーシア
 Wikipediaマレーシア情報

マレーシア
マレーシア مليسياMalaysia 国の標語:Bersekutu Bertambah MutuUnity Is Strength(マレー語: 団結は力なり) 国歌:ナガラク(我が国) マレーシアの位置 注1: 2007年よりマレー語 (Bahasa Melayu) からマレーシア語 (Bahasa Malaysia) に変更された。 注2: 連邦政府各庁舎および連邦裁判所はプトラジャヤへ移転。連邦議会議事堂は移転せず、法律上の首都はクアラルンプールのままである。 マレーシア(マレー語: مليسيا、英語: Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。 国名 正式名称は、ジャウィ文字: ڤرسكوتوان مليسيا、ラテン文字: Malaysia。
マレーシア連邦国
『マレーシア』より : マレーシア مليسياMalaysia 国の標語:Bersekutu Bertambah MutuUnity Is Strength(マレー語: 団結は力なり) 国歌:ナガラク(我が国) マレーシアの位置 注1: 2007年よりマレー語 (Bahasa Melayu) からマレーシア語 (Bahasa Malaysia) に変更された。 注2: 連邦政府各庁舎および連邦裁判所はプトラジャヤへ移転。連邦議会議事堂は移転せず、法律上の首都はクアラルンプールのままである。 マレーシア(マレー語: مليسيا、英語: Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。 国名 正式名称は、ジャウィ文字: ڤرسكوتوان مليسيا、ラテン文字: Malaysia。
マレーシア連邦
『マレーシア』より : マレーシア مليسياMalaysia 国の標語:Bersekutu Bertambah MutuUnity Is Strength(マレー語: 団結は力なり) 国歌:ナガラク(我が国) マレーシアの位置 注1: 2007年よりマレー語 (Bahasa Melayu) からマレーシア語 (Bahasa Malaysia) に変更された。 注2: 連邦政府各庁舎および連邦裁判所はプトラジャヤへ移転。連邦議会議事堂は移転せず、法律上の首都はクアラルンプールのままである。 マレーシア(マレー語: مليسيا、英語: Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。 国名 正式名称は、ジャウィ文字: ڤرسكوتوان مليسيا、ラテン文字: Malaysia。
マレーシアの歴史
マレーシアの歴史では、マレーシアの歴史について概説する。 中世 13世紀 アラブ商人やインド商人と共にイスラム教が伝来し、仏教とヒンドゥー教の時代が終わった。 1400年 マラッカ王国成立。1408年 マラッカ王国の独立を当時の明が承認。 近世 15世紀、日本と交易関係があり、日本から銀、刀、漆器、屏風を、東南アジアの象牙、スズ、砂糖、鉄、を、取引していた。歴代宝案には東南アジアの王国と琉球王国間の公式な船の行き来は、1424年から1630年の間で、全部で150回にのぼり、そのうち61回はシャム行きのもの、10回はマラッカ行のもの、10回はパタニ行きのもの、8回はジャワ行きのものだったという記録が残っている。 1511年 ポルトガル、マラッカを占領 1542年 マラッカからポルトガルの鉄砲が日本に伝来した。(鉄砲伝来) 1549年 イエズス会のフランシスコ・ザビエルがマラッカを出発し、日本到着。 1641年 オランダ、マラッカを占領 1777年 隣国シャム (現在のタイ) のソンクラー国主に福建省漳州府海澄県出身の華僑・呉譲が就任。
マレーシア航空
マレーシア航空(マレーシアこうくう、英語: Malaysia Airlines/Malaysian Airlines Berhad、略称:MAS & MAB、マレー語: Penerbangan Malaysia MYX: 3786)は、マレーシアのフラッグ・キャリア。 英スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定をかつては受けていた。 沿革 1947年 前身のマラヤ航空(Malayan Airways Limited)が設立。 1957年 マラヤ連邦がイギリスから独立。 1963年 マラヤ連邦、シンガポールおよびボルネオ島のサバ州・サラワク州が統合し、マレーシアを結成。マレーシア航空(Malaysian Airways Limited)に改称。 1965年 シンガポール、マレーシアから離脱し、独立。 1965年 マレーシア航空はマレーシア・シンガポール両国政府の共同保有に。
マレーシア語
『マレー語』より : 英語読みでマレー語(マレーご、Malay)また原語読みならばムラユ語(ムラユご、バハサ・ムラユ bahasa Melayu, ジャウィ文字:بهاس ملايو)は、東南アジアのマレー半島周辺地域で話されるオーストロネシア語族の主要な言語である。広義にはマレーシア語、インドネシア語等を含む(詳細は後述)。 概略 マレー語(原語Melayuは「ムラユ」に近い音)は、オーストロネシア語族・西オーストロネシア語派に属する言語である。マレーシアの国語(2007年よりマレーシア語、bahasa Malaysiaと呼ばれる)、シンガポールとブルネイの公用語(マレー語、Bahasa Melayu)、インドネシアの国語や東ティモールの作業語(インドネシア語、bahasa Indonesia)は、言語学的には同一言語の方言として位置づけられ、タイ南部のマレー系イスラム教徒の話すジャウィ(ヤーウィー)語(ภาษายาวี、بهاس جاوي )ほか、文法・語彙に共通点のある30以上の諸言語もそれに含まれる。
マレーシアの鉄道
マレーシアの鉄道(マレーシアのてつどう)では、マレーシアにおける鉄道について記す。 マレーシアの鉄道は、マレー半島を走るマレー鉄道 (KTM) 、マレー半島東海岸の貨物鉄道であるクアンタン・ケルテ鉄道システム、ペナン島のケーブルカーであるペナン・ヒル鉄道、首都クアラ・ルンプール近郊の都市交通、そしてボルネオ島サバ州を走るサバ州立鉄道に分類できる。 マレー鉄道 詳しくは、マレー鉄道を参照。1885年に当時ここを植民地にしていたイギリスが軌間1000mm(狭軌・メーターゲージ)の線路を敷設したのが始まりとされ、隣国タイ王国の国有鉄道と合わせてマレー半島横断鉄道を形成し、国際列車も運行されている。またシンガポールにも足を延ばしているが、こちらの方はもともとシンガポールがマレーシアから独立した経緯もあり、シンガポール領内の鉄道もマレー鉄道の管轄となっている。また、1997年にマレーシア鉄道公社 (KTMB) として民営化されたが、2002年に政府が経営権を再取得した。
マレーシア国有鉄道
『マレーシアの鉄道』より : マレーシア鉄道公社(マレーシアてつどうこうしゃ、マレー語:Keretapi Tanah Melayu Berhad, 略称:KTMB, 英語:Malayan Railways Limited)は、マレーシアとシンガポールでマレー鉄道の運行・管理および関連事業を経営している政府系の会社である。 沿革 設立:1992年10月1日 本社 クアラルンプール駅の正面にある。 本社ビルは、海峡植民地時代にイギリスの建築家アーサー・B・ハボックによって設計され、1917年11月に完成したムーア式建築の建物である。1983年に歴史記念物に指定され、法律により保護されている。 地下でクアラルンプール駅とつながっている。 主要事業 鉄道事業 マレー鉄道路線網を使用して、以下の輸送サービスを提供している。KTMインターシティ KTMコミューター 貨物輸送クアンタン・ケルテ鉄道システムの運営・管理を行っている。 関連事業 管理している土地の有効活用として、マンション、オフィス・ビル、ショッピング・センターなどの開発・維持管理を行っている。
マレーシア国鉄
『マレーシアの鉄道』より : マレーシア鉄道公社(マレーシアてつどうこうしゃ、マレー語:Keretapi Tanah Melayu Berhad, 略称:KTMB, 英語:Malayan Railways Limited)は、マレーシアとシンガポールでマレー鉄道の運行・管理および関連事業を経営している政府系の会社である。 沿革 設立:1992年10月1日 本社 クアラルンプール駅の正面にある。 本社ビルは、海峡植民地時代にイギリスの建築家アーサー・B・ハボックによって設計され、1917年11月に完成したムーア式建築の建物である。1983年に歴史記念物に指定され、法律により保護されている。 地下でクアラルンプール駅とつながっている。 主要事業 鉄道事業 マレー鉄道路線網を使用して、以下の輸送サービスを提供している。KTMインターシティ KTMコミューター 貨物輸送クアンタン・ケルテ鉄道システムの運営・管理を行っている。 関連事業 管理している土地の有効活用として、マンション、オフィス・ビル、ショッピング・センターなどの開発・維持管理を行っている。
マレーシアグランプリ
マレーシアグランプリ(Malaysia Grand Prix)は1999年からマレーシアのクアラルンプール近郊のセランゴール州セパン(Sepang)にあるセパン・サーキットで行われているF1のグランプリである。 マレーシアの観光振興策のひとつとして、アジア地域では日本(日本GPとパシフィックGP)に続き2国目のF1誘致に成功し、1999年に初開催された。ヘルマン・ティルケが設計した新設サーキットでは初開催であった。1999年は第15戦、2000年は最終戦と終盤での開催であったが、2001年以降は開幕戦オーストラリアGPに続くシーズン第2戦としての開催が定着している。2006年からチケットの大幅な値下げが行われた。 高温・多湿というドライバーには過酷な条件に加えて、午後には毎日のように通り雨(スコール)が降ることがレース結果の予想を難しくしている。スコールが降り出すとコースは水浸しになり、止むとすぐに路面が乾き始めるため、ドライ用/レイン用タイヤを履き替えるタイミングが重要になる。
マレーシア・グランプリ
『マレーシアグランプリ』より : マレーシアグランプリ(Malaysia Grand Prix)は1999年からマレーシアのクアラルンプール近郊のセランゴール州セパン(Sepang)にあるセパン・サーキットで行われているF1のグランプリである。 マレーシアの観光振興策のひとつとして、アジア地域では日本(日本GPとパシフィックGP)に続き2国目のF1誘致に成功し、1999年に初開催された。ヘルマン・ティルケが設計した新設サーキットでは初開催であった。1999年は第15戦、2000年は最終戦と終盤での開催であったが、2001年以降は開幕戦オーストラリアGPに続くシーズン第2戦としての開催が定着している。2006年からチケットの大幅な値下げが行われた。 高温・多湿というドライバーには過酷な条件に加えて、午後には毎日のように通り雨(スコール)が降ることがレース結果の予想を難しくしている。スコールが降り出すとコースは水浸しになり、止むとすぐに路面が乾き始めるため、ドライ用/レイン用タイヤを履き替えるタイミングが重要になる。
マレーシアの国王
マレーシアの国王はマレーシアの立憲君主である。アゴン (Agong, 「Yang di-Pertuan Agong」) の称号を持つ。 選出 マレーシアは選挙王制であり、州の君主であるスルターン (Sultan)の互選により任期5年の国王が選ばれる。 この制度は、現在のマレーシアが過去の小王国(首長国)の集合体によって構成された経緯による。マレーシアを構成する13の州のうち、スルターンが存在しないペナン州・ムラカ州(マラッカ州)・サバ州・サラワク州を除いた、9州(ジョホール州・クダ州・クランタン州・ヌグリ・スンビラン州・パハン州・ペラ州・プルリス州・スランゴール州・トレンガヌ州)のスルターンが国王を選出する。 選挙制であるが、実際には各州のスルターンが輪番で国王に選出されることが慣習化している。 なおアラブ首長国連邦の制度とも類似するが、アラブ首長国連邦のアミールは連邦構成首長国における絶対君主であり連邦もアミールの合議で運営されること、アミールの互選で選ばれる連邦のポストは大統領や首相といった役職名であるといった違いがある。
マレーシアサッカーリーグ
マレーシア・スーパーリーグ (マレー語: Liga Super Malaysia、英: Malaysian Super League)とは、2004年に創設された、マレーシアにおける国内最高峰のサッカーリーグである。 マレーシア・スーパーリーグは、タイ・プレミアリーグと並んで東南アジアでトップクラスの地位と歴史を誇っている。 スーパーリーグ優勝チーム、及びマレーシアカップ優勝チームには、AFCカップ(アジアにおけるUEFAヨーロッパリーグ)の出場権が与えられる。 1921年から「マレーシアカップ」の名称でスタート。当初はカップ戦のみであったが、1979年にリーグ戦がスタート。 以前はシンガポールFAも参加した例もあるが、八百長疑惑が持たれた影響で1994年を最後に撤退(追放)している。その後シンガポールでは国内リーグ「Sリーグ」を立ち上げるが、2012年からマレーシアとシンガポールのサッカー協会の相互の若手育成策の一環で、「シンガポール・ライオンズXII」がSリーグではなく、マレーリーグに招待加盟。
マレーシアの首相
マレーシアの首相はマレーシアの行政府の長。選挙によって下院(Dewan Rakyat)の最大政党の党首が選ばれ、マレーシアの国王(アゴン)により任命される。任期は5年。1957年の独立以来、与党連合の国民戦線(Barisan Nasional)の統一マレー国民組織(UMNO)党首が首相に就いている。 歴代マレーシアの首相 マレーシア連邦の事実上の前身であるマラヤ連邦時代から記載する。イタリック体の日付は、職務として事実上継続していることを示している。 外部リンク マレーシア首相公式サイト rulers.org - malaysia。
マレーシア関係記事の一覧
マレーシア関係記事の一覧(マレーシアかんけいきじのいちらん)では、マレーシアに関係する記事の一覧を50音順にまとめた。 英数字 ASEAN あ行 か行 華僑 華人 クアラルンプール クダ州 クランタン州 元老院 (マレーシア) - マレーシア議会上院 さ行 サバ州 サラワク州 サルタン ジャウィ語 ジャウィ文字 サイドシラジュディン・サイドプトラ・ジャマルライル ジョブストリート ジョホール州 ジョホールバル セパンサーキット た行 東南アジア 東南アジア諸国連合 トレンガヌ州 代議院 (マレーシア) - マレーシア議会下院 な行 ヌグリ・スンビラン州 は行 バハン州 東アジア ブトラヤジャ ブミプトラ政策 ペナン ペナン州 ベラ州 ボルネオ島 ま行 マハティール・ビン・モハマド マラッカ王国 マレーカレッジ マレー語 マレーシア マレーシアグランプリ マレーシア標準時 マレー人 マレー半島 ムスリム ムラカ州 や行 ら行 ラブアン ルックイースト政策 その他 マレーシア海軍艦艇一覧 マレーシアの国王 マレーシアの国章 マレーシアの国歌 マレーシアの国旗 マレーシアの政党 マレーシアの世界遺産。
マレーシア航空370便墜落事故
マレーシア航空370便墜落事故(マレーシアこうくう370びんついらくじこ)とは、マレーシアのクアラルンプールから中華人民共和国の北京市に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便であるマレーシア航空370便が2014年3月8日頃、海上で墜落した事故。事故後1年以上にわたって行方が分からなくなっていたが2015年7月29日、フランス領レユニオンにて、同機の一部とみられる航空機の残骸が発見され、同年8月5日370便の一部であることが判明した。なお、機体が発見されるのに先行する形で2015年1月29日、マレーシア政府はマレーシア航空370便は消息を絶った後に墜落して搭乗者は全員死亡したと正式発表していた。また、この年にはマレーシア航空17便撃墜事件やインドネシア・エアアジア8501便墜落事故が発生している。 消息不明 マレーシア航空370便は中国南方航空とのコードシェア便(中国南方航空748便)でもあり、2014年3月8日午前0時41分(現地時間)、12人の乗員を含む239人を乗せてクアラルンプール国際空港を出発した。
マレーシア航空370便
マレーシア航空370便墜落事故(マレーシアこうくう370びんついらくじこ)とは、マレーシアのクアラルンプールから中華人民共和国の北京市に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便であるマレーシア航空370便が2014年3月8日頃、海上で墜落した事故。事故後1年以上にわたって行方が分からなくなっていたが2015年7月29日、フランス領レユニオンにて、同機の一部とみられる航空機の残骸が発見され、同年8月5日370便の一部であることが判明した。なお、機体が発見されるのに先行する形で2015年1月29日、マレーシア政府はマレーシア航空370便は消息を絶った後に墜落して搭乗者は全員死亡したと正式発表していた。また、この年にはマレーシア航空17便撃墜事件やインドネシア・エアアジア8501便墜落事故が発生している。 消息不明 マレーシア航空370便は中国南方航空とのコードシェア便(中国南方航空748便)でもあり、2014年3月8日午前0時41分(現地時間)、12人の乗員を含む239人を乗せてクアラルンプール国際空港を出発した。
マレーシアの国旗
マレーシアの国旗は1963年9月16日に制定された。 左上のカントン部の図柄はイスラム教の象徴である月と星を、赤と白の線はマレーシアの13の州と、首都のクアラルンプールを表している。 現在のデザインに近い旗は、元々マラヤ連邦の旗として募集されたもので、1950年5月19日に制定された。現在の旗は、1963年9月16日にシンガポール、北ボルネオ、イギリス領サラワクがマラヤ連邦へ合邦し、マレーシアが成立したのに伴い、州の数に合わせて、赤・白の横縞の数および星の光の数を3つ増やし、14にしている。1965年にシンガポールが分離独立したが、デザインは変更されず、1974年にクアラルンプールが連邦直轄地域になるに伴い、13州+クアラルンプールを表するようになった。 マレーシアの国旗には、Jalur Gemilang (マレーシア語で「栄光の縞模様」といった意味)という正式名称がつけられている。これは、1997年8月31日、マレーシア独立40周年の記念日に当時のマハティール首相によって名付けられた 。
マレーシアの国歌
マレーシアの国歌(マレーシアのこっか)の名は我が国(マレー語:Negaraku)。 歌詞 モデル この曲は、元はフランスのシャンソン「La Rosalie」で、19世紀後半頃に東南アジアへ渡ったとされている。 1920年から1930年ごろにかけては、「Terang Boelan(トラン・ブーラン、月明かり)」という名前で大ヒットし、1937年にはインドネシアで同じ名前の映画が公開され、主題歌として歌われた。なお戦時中にインドネシア、マレーシアに従軍した日本軍の兵士の間でもよく歌われたという。1954年には松林宗恵監督の映画『トラン・ブーラン 月の光』の主題歌として雪村いづみが歌った(作詞:佐伯孝夫)。 1957年に「Negaraku」がマレーシアの国歌とされてからは、この「Terang Boelan」の歌詞は禁止された。 外部サイト マレーシア国歌(2つの「Negaraku」のうち上段が演奏、下段が合唱) マレーシア国歌。
マレーシアの世界遺産
マレーシアの世界遺産 (マレーシアのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているマレーシア国内の文化・自然遺産。 文化遺産 マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン - (2008年) レンゴン渓谷の考古遺産 - (2012年) 自然遺産 キナバル自然公園 - (2000年) グヌン・ムル国立公園 - (2000年) 複合遺産 なし 地域別 関連項目 世界遺産の一覧en:List of World Heritage Sites in Malaysia。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

マレーシア
イポー、 キャメロンハイランド、 クアラトレンガヌー、 クアラルンプール、 クチン、  コタキナバル、 ジョホールバール、 デサルービーチ、 パンコールラウ島、 ペナン島、  ポートディクソン、 マラッカ、 ミリ、 ムル、 ランカウイ

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)