翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

マカオ
 Wikipediaマカオ情報

マカオ
座標: 北緯22度10分00秒 東経113度33分00秒 / 北緯22.16667度 東経113.55000度 / 22.16667; 113.55000 (マカオ) 中華人民共和国マカオ特別行政区 中華人民共和國澳門特別行政區中华人民共和国澳门特别行政区Região Administrativa Especial de Macau da República Popular da China 地域の標語:無し 地域の歌:義勇軍進行曲・Marcha dos Voluntáriosファイル:March of the Volunteers instrumental.ogg※中華人民共和国としての国歌。
マカオ特別行政区
『マカオ』より : 座標: 北緯22度10分00秒 東経113度33分00秒 / 北緯22.16667度 東経113.55000度 / 22.16667; 113.55000 (マカオ) 中華人民共和国マカオ特別行政区 中華人民共和國澳門特別行政區中华人民共和国澳门特别行政区Região Administrativa Especial de Macau da República Popular da China 地域の標語:無し 地域の歌:義勇軍進行曲・Marcha dos Voluntáriosファイル:March of the Volunteers instrumental.ogg※中華人民共和国としての国歌。
マカオの歴史
マカオの歴史(マカオのれきし)では、マカオの歴史について述べる。 政治史 マカオにポルトガル人が到来し、中国の明王朝との交易に乗り出すのは16世紀初めの1513年のことである。当初は東南アジアの植民地から中国近海に来航していたポルトガル人は、マカオに居留地を確保し、中国や日本に対する貿易拠点とした。マカオはまた日本や中国に対するカトリック教会の布教の拠点でもあり、日本の禁教後はマテオ・リッチなどのイエズス会宣教師を北京に送り込んでいた。 しばしば「1557年ポルトガル領マカオ植民地成立」と書かれるが、実際には、ポルトガルはこの年に明王朝から後期倭寇の討伐で明に協力した代償として、マカオの永久居留権を認められたにすぎない。明および続く清の時代を通じてマカオは中国が領土主権を有し、中国の海関が設置され、中国の官吏がマカオ内に自由に出入りしていた。 ポルトガル側の行政機構としては、インド副王が治めるポルトガル領インドに属し、カピタン・モール(Capitão Mor)が責任者であった。
マカオの教育
マカオの教育はマカオ教育曁青年局 教育曁青年局(DSEJ)により運営されている。現在マカオにある大部分の学校は私立であり、政府系の学校では三文四語(中文:広東語および普通話、英語、葡語)教育を協調している。学校の主流は文法学校と称されるものであり、言語、数学、自然科学および人文科学を教育の内容としているが、一部の職業学校では電子工学や機械工学を教育する学校も存在している。学制に関しては統一したシステムが未だ確立されていない。
その初期はイエズス会によるカトリック教育と、後に導入されたマカオ政庁がフランス公立教育の影響を受けて開始した公立中学の両系統が存在していた。19世紀になると華人により近代的な教育が実施されるようになった。

マカオグランプリ
マカオグランプリ(Grande Prémio de Macau、澳門格蘭披治大賽車、Macau Grand Prix)は、1954年よりマカオの中心地の公道を使用して開催されている世界的に有名な市街地レースで、毎年11月中旬に開催される。 草レース ポルトガルの植民地であった1954年に、地元に住むポルトガル人やイギリス人、アメリカ人や華僑のモータースポーツ愛好家の手によって始められた。 なお当時は、アジアで唯一の自動車生産国である日本以外に、アジアにパーマネントサーキット(常設サーキット)は存在しておらず(アジア初のパーマネントサーキットである多摩川スピードウェイがオープンしたのが1936年。初の舗装されたパーマネントサーキットである鈴鹿サーキットがオープンするのは1962年のことである)、当然領土が狭いマカオにもパーマネントサーキットは存在しないため、マカオ政庁の許可を取って公道を閉鎖しいわゆる「市街地レース」として開催された。
マカオ・パタカ
iso_code MOP
inflation_rate 4.9%
pegged_with 香港ドル MOP$1.03
subunit_ratio_1 1/100
subunit_name_1 パタカ avo
symbol MOP$
plural patacas (ポルトガル語のみ)
plural_subunit_1 avos (ポルトガル語のみ)
frequently_used_coins 10, 50 avos, MOP$1, MOP$5
rarely_used_coins 20 avos, MOP$2, MOP$10
used_banknotes MOP$10, MOP$20, MOP$50, MOP$100, MOP$500, MOP$1000
issuing_authority_title 金融管理局
issuing_authority 澳門金融管理局
issuing_authority_website www.amcm.gov.mo
パタカ(ポルトガル語:pataca、中国語:澳門幣)は、中華人民共和国マカオ マカオ特別行政区の法定通貨。補助貨幣はアヴォス (avos) で、1/100パタカ。通貨コードはMOP。中国語における通貨単位の呼称は「元」、補助単位が「毫」である。2006年5月現在、およそ1アメリカ合衆国ドル 米ドル=8パタカ、1香港ドル=1.0326パタカ、1パタカ=13.8日本円。

マカオ国際空港
マカオ国際空港(マカオこくさいくうこう、Macau International Airport、澳門國際機場)は、中華人民共和国マカオ特別行政区にある国際空港。 ポルトガルの植民地であったマカオでは、ポルトガルが中立国として参戦しなかった第二次世界大戦中に極めて小規模な滑走路が存在していたほか、戦後の一時期にキャセイパシフィック航空によって飛行艇によるマカオ-香港線が就航していた。ほかにも、以前よりフェリーターミナルの屋上から、マカオ-香港間を結ぶヘリコプター便が就航している。 しかしマカオの経済発展に伴い、近代的なジェット旅客機の離着陸可能な空港としてポルトガル植民地時代の最終期に当たる1995年11月に、マカオ唯一の国際空港としてタイパ島の東側埋立地に当空港が開港した。 開港から数年の間は、宗主国ポルトガルのTAP ポルトガル航空が、ポルトガルの首都リスボンとの間に、エアバスA340による直行便を国内線として運航していた。
マカオ空港
『マカオ国際空港』より : マカオ国際空港(マカオこくさいくうこう、Macau International Airport、澳門國際機場)は、中華人民共和国マカオ特別行政区にある国際空港。 ポルトガルの植民地であったマカオでは、ポルトガルが中立国として参戦しなかった第二次世界大戦中に極めて小規模な滑走路が存在していたほか、戦後の一時期にキャセイパシフィック航空によって飛行艇によるマカオ-香港線が就航していた。ほかにも、以前よりフェリーターミナルの屋上から、マカオ-香港間を結ぶヘリコプター便が就航している。 しかしマカオの経済発展に伴い、近代的なジェット旅客機の離着陸可能な空港としてポルトガル植民地時代の最終期に当たる1995年11月に、マカオ唯一の国際空港としてタイパ島の東側埋立地に当空港が開港した。 開港から数年の間は、宗主国ポルトガルのTAP ポルトガル航空が、ポルトガルの首都リスボンとの間に、エアバスA340による直行便を国内線として運航していた。
マカオ航空
マカオ航空(マカオこうくう)は、マカオの航空会社である。 マカオ国際空港が1995年に開港するのを見越して、中航興業とTAP ポルトガル航空、マカオ総督府(マカオの中華人民共和国返還後は特別行政区政府)が出資して1994年9月13日設立。1995年11月9日から就航開始した。 長らくマカオのフラッグ・キャリアとして運航を続けてきたが、格安航空会社のビバ・マカオが新規参入すると、これに対抗する目的でマカオ航空が51%を出資してマカオ・アジア・エクスプレスを設立した(後に清算)。また、大阪/関西線開設を機に日本人客室乗務員の採用も開始。2010年3月、東京/成田への定期便が就航した。2016年3月28日から福岡へ新規就航させる予定。アライアンスには加盟していないものの、同年7月1日には、中国国際航空もTAPポルトガル航空も加盟しているスターアライアンス加盟航空会社である全日本空輸が運航する関西国際空港発着の日本国内線に自社便名を付与するコードシェア提携を開始、同時に自社便も全日本空輸便名が付与されるコードシェア便となることとなった。
マカオの旗
縦横比=2:3
制定日 1999年12月20日
使用色=
緑、白、黄色 黄
マカオの旗は、中華人民共和国マカオ マカオ特別行政区の旗。明るい緑地に白いハス 蓮の花とタイパ橋がデザインされ、その上に五つの黄色の五芒星が描かれている。
蓮の花はマカオの象徴である。タイパ橋はマカオ半島と対岸のタイパ島を接続する橋で、中国本土とのつながりを示している。五つの星は中華人民共和国の中華人民共和国の国旗 五星紅旗からとられており、マカオが中国の領域 (国家) 領土だと言うことの象徴である。
1999年のマカオの中国返還前は、ポルトガルの国旗を使用していた。
旗の一覧
香港の旗
旗 まかお
マカオ *はた
ar:علم ماكاو
bpy:মাকাউর ফিরালহান
bs:Zastava Makaoa
cs:Vlajka Macaa

マカオの域旗
マカオの旗、現在の中華人民共和国マカオ特別行政区の区旗は、緑地に蓮の花が白く描かれたデザインで、区章と大部分のデザイン要素を共有する。1999年のマカオ返還以前は、ポルトガルの国旗が使用されたが、独自の旗も作られ、特にマカオ半島を管轄したマカオ市政庁(中: 澳門市政廳, 葡: Leal Senado, 英: Municipal Council of Macau)の旗が知られた。 マカオ特別行政区の区旗と区章 明るい緑地に白い蓮の花と橋、海がデザインされ、その上に五つの黄色の五芒星が描かれている。蓮の花はマカオの象徴である。タイパ橋はマカオ半島と対岸のタイパ島を接続する橋で、中国本土とのつながりを示している。五つの星は中華人民共和国の五星紅旗からとられており、マカオが中国の領土であるということを象徴する。 マカオ特別行政区の区章 ポルトガル統治時代の旗 ポルトガル統治時代は、ポルトガルの国旗が掲げられた。
マカオ特別行政区行政長官
マカオ特別行政区行政長官(マカオとくべつぎょうせいくぎょうせいちょうかん)は、中華人民共和国の特別行政区である澳門(マカオ)政府の代表。略称してマカオ行政長官とも。 現在の長官は崔世安。 選出 行政長官は、400人からなる選挙委員会による投票選挙で選出され、中国中央人民政府によって任命される。なお選挙委員会の委員は委員選出選挙により選ばれ、行政長官立候補者は委員から推薦を得る必要がある。任期は5年。 行政長官一覧 ==。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

マカオ
 

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)