翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ルクセンブルク
 Wikipediaルクセンブルク情報

ルクセンブルク
ルクセンブルク大公国 Grand-Duché de Luxembourg(フランス語)Großherzogtum Luxemburg(ドイツ語)Groussherzogtum Lëtzebuerg(ルクセンブルク語) 国の標語:Mir wëlle bleiwe wat mir sinn(ルクセンブルク語:我々は今ある状態を保ちたい(我々は独立していたい)) 国歌:我が母国 ルクセンブルクの位置 ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。
ルクセンブルク大公国
『ルクセンブルク』より : ルクセンブルク大公国 Grand-Duché de Luxembourg(フランス語)Großherzogtum Luxemburg(ドイツ語)Groussherzogtum Lëtzebuerg(ルクセンブルク語) 国の標語:Mir wëlle bleiwe wat mir sinn(ルクセンブルク語:我々は今ある状態を保ちたい(我々は独立していたい)) 国歌:我が母国 ルクセンブルクの位置 ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。
ルクセンブルク家
ルクセンブルク家(ルクセンブルクけ、独:Haus Luxemburg, 仏:Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkové)は、現在のルクセンブルクを発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。現在のルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ルクセンブルク家ともいう)と直接のつながりはないが、婚姻関係を通じてはつながりはある(後述)。 ルクセンブルク家と言っても同じ男系が続いたわけではなく、ルクセンブルク=アルデンヌ家(ザルム家とも)、ナミュール=ルクセンブルク家、リンブルク=ルクセンブルク家の3家に分けられる。ルクセンブルク家は3家の総称でもあるが、特に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出した最後の家系を指す場合が多い。 963年にアルデンヌ伯ジークフリート (en) がこの地にあったルクセンブルク城を本拠地に定め、その子孫が11世紀にルクセンブルク伯の位を神聖ローマ皇帝から与えられた。
ルクセンブルク朝
『ルクセンブルク家』より : ルクセンブルク家(ルクセンブルクけ、独:Haus Luxemburg, 仏:Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkové)は、現在のルクセンブルクを発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。現在のルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ルクセンブルク家ともいう)と直接のつながりはないが、婚姻関係を通じてはつながりはある(後述)。 ルクセンブルク家と言っても同じ男系が続いたわけではなく、ルクセンブルク=アルデンヌ家(ザルム家とも)、ナミュール=ルクセンブルク家、リンブルク=ルクセンブルク家の3家に分けられる。ルクセンブルク家は3家の総称でもあるが、特に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出した最後の家系を指す場合が多い。 963年にアルデンヌ伯ジークフリート (en) がこの地にあったルクセンブルク城を本拠地に定め、その子孫が11世紀にルクセンブルク伯の位を神聖ローマ皇帝から与えられた。
ルクセンブルク公
『ルクセンブルク家』より : ルクセンブルク君主一覧では、ルクセンブルクをかつて統治したルクセンブルク伯、ルクセンブルク公、および現在のルクセンブルク大公国の歴代大公を挙げる。 ルクセンブルク伯 ルクセンブルク=アルデンヌ家(リュッツェルブルク家) ジークフロイト(ジークフリート1世)(963年 - 998年) - アルデンヌ伯 ハインリヒ1世(998年 - 1026年) - (バイエルン公ハインリヒ5世1004年 - 1009年,1017年 - 1026年) ハインリヒ2世(1026年 - 1047年) - (バイエルン公ハインリヒ7世1042年 - 1047年) ギゼルベルト(1047年 - 1059年) コンラート1世(1059年 - 1086年) ハインリヒ3世(1086年 - 1096年) ヴィルヘルム(1096年 - 1129年) コンラート2世(1129年 - 1136年) ナミュール=ルクセンブルク家 ハインリヒ4世(1136年 - 1196年) - (ナミュール伯) オットー(1196年 - 1197年) - ホーエンシュタウフェン家(ブルゴーニュ伯) エルメジンデ女伯(1197年 - 1247年) テオバルト(1197年 - 1214年) - (バル伯) エルメジンデ女伯と結婚 リンブルク=ルクセンブルク家 ヴァルラム(1214年 - 1226年) ハインリヒ5世(1247年 - 1281年) ハインリヒ6世(1281年 - 1288年) ハインリヒ7世(1288年 - 1310年) - (ドイツ王1308年 - 1313年、神聖ローマ皇帝1312年 - 1313年) ヨーハン(1310年 - 1346年) - (ボヘミア王1310年 - 1346年) カール(1346年 - 1353年) - (ドイツ王1346年 - 1378年、神聖ローマ皇帝1354年 - 1378年、ボヘミア王1346年 - 1378年) ヴェンツェル1世(1353年 - 1354年) - (ブラバント公1355年 - 1383年) ルクセンブルク公 リンブルク=ルクセンブルク家 ヴェンツェル1世(1354年 - 1383年) ヴェンツェル2世(1383年 - 1419年) - (ブランデンブルク選帝侯1373年 - 1378年、ドイツ王1376年 - 1400年、ボヘミア王1378年 - 1400年) ジギスムント(1378年 - 1388年) - (ブランデンブルク選帝侯1378年 - 1388年・1411年 - 1415年、ハンガリー王1387年 - 1437年、ドイツ王1410年 - 1437年、神聖ローマ皇帝1433年 - 1437年、ボヘミア王1419年 - 1437年) ヨープスト(1388年 - 1402年、1407年 - 1411年) - (モラヴィア辺境伯1375年 - 1411年、ブランデンブルク選帝侯1388年 - 1411年、ドイツ共同統治王1410年 - 1411年) ルイ・ドルレアン(1402年 - 1407年) エリーザベト・フォン・ゲルリッツ(1411年 - 1443年) ブルゴーニュ領 1443年にルクセンブルク伯領はブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)に制圧され、以後はブルゴーニュ領ネーデルラントの一部として統治される。
ルクセンブルク (都市)
正式名称 ルクセンブルク市
公用語名称 Lëtzebuerg
File:Coat_of_arms_Luxembourg_City.png 150px
位置図 Map Luxembourg.PNG
位置図サイズ指定
位置図の見出し
規模 市
最高行政執行者称号 市長
最高行政執行者名 Paul Helminger
最高行政執行者所属党派
総面積(平方キロ) 51.46
総面積(平方マイル) 19.87
標高(メートル) 402
標高(フィート) 1,319
人口の時点 2009年
人口に関する備考
総人口 88,586
人口密度(平方キロ当たり) 1,721

ルクセンブルク語
ルクセンブルク語(標準ドイツ語: Luxemburgisch, ルクセンブルク語: Lëtzebuergesch, フランス語: Luxembourgeois)は、ルクセンブルクの国語、公用語のひとつ。 ルクセンブルク語は、もともと西ゲルマン語群に分類されるドイツ語(高地ドイツ語)のうち、中部ドイツ語に属するモーゼル・フランケン語の方言である。 ルクセンブルクではドイツ語系の言語が話される一方でフランス語の使用地域にも近く、法令などの公文書には主にフランス語が使われ、日常語としてはドイツ語が一般に使われる。このルクセンブルクで使用される「ドイツ語方言」を、「国語」として整備したのが「ルクセンブルク語」である。1984年にルクセンブルクの公用語として採用された。 ベルギー、フランス、ドイツで部分的に使用され、米国やルーマニアのトランシルバニア地方の、この地域からの移民によっても使用される。話者は全世界で30万人である。なお、日本語の文献では、(日本で一般的な「ルクセンブルク」と語形がやや異なるが)原音に近いレッツェブルグ語あるいは単にレッツェブルギッシュなどとして紹介されることもある。
ルクセンブルク-フィンデル空港
ルクセンブルク-フィンデル空港(仏: Fluchhafe Lëtzebuerg-Findel、英: Luxembourg-Findel International Airport)は、ルクセンブルクにある国際空港。同国唯一の空港であるため、運航は国際線のみである。 就航路線 国際線 貨物便 カーゴルックス航空 チャイナ・エアライン Jett8 Airlines Cargo 脚注 外部リンク 公式ウェブサイト (英語)。
ルクセンブルクのユーロ硬貨
ユーロ (EUR , €) は、欧州連合に加盟しているルクセンブルクを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 ルクセンブルクのユーロ硬貨は、いずれもアンリ大公がモチーフになっており、3種類のデザインが採用されている。また、国名がルクセンブルク語で "LËTZEBUERG" と記されている。 外部リンク 欧州中央銀行 ルクセンブルク中央銀行。
ルクセンブルク大公
ルクセンブルク大公(フランス語: grand-duc de Luxembourg, ルクセンブルク語: Groussherzog vu Lëtzebuerg, ドイツ語: Großherzog von Luxemburg)は、ルクセンブルク大公国の君主で国家元首である。 1815年の成立当初、ルクセンブルク大公国はオラニエ=ナッサウ家のオランダ国王が大公を兼ねる同君連合下にあり、事実上ネーデルラント連合王国(現在のベルギーを含む)の州の一つだった。しかし、1839年にベルギーが独立した際、オランダ本土と分断された上に大公国の西半分がベルギー領(リュクサンブール州)として分割された。以後、独立国家としてのルクセンブルクの体制作りが始まった。 1890年に第3代のオランダ国王兼ルクセンブルク大公ウィレム3世(ギヨーム3世)が没した際、オランダ王位はウィルヘルミナ女王が継いだが、ルクセンブルクには女子の相続権に関する規定がなかったため、サリカ法を採るナッサウ家の家法に基づいてナッサウ=ヴァイルブルク家のアドルフ(オランダ総督・オラニエ公ウィレム4世の玄孫、元はナッサウ公)が大公に即位することとなり、オランダとの同君連合が解消された。
ルクセンブルク大公一覧
『ルクセンブルク大公』より : ルクセンブルク君主一覧では、ルクセンブルクをかつて統治したルクセンブルク伯、ルクセンブルク公、および現在のルクセンブルク大公国の歴代大公を挙げる。 ルクセンブルク伯 ルクセンブルク=アルデンヌ家(リュッツェルブルク家) ジークフロイト(ジークフリート1世)(963年 - 998年) - アルデンヌ伯 ハインリヒ1世(998年 - 1026年) - (バイエルン公ハインリヒ5世1004年 - 1009年,1017年 - 1026年) ハインリヒ2世(1026年 - 1047年) - (バイエルン公ハインリヒ7世1042年 - 1047年) ギゼルベルト(1047年 - 1059年) コンラート1世(1059年 - 1086年) ハインリヒ3世(1086年 - 1096年) ヴィルヘルム(1096年 - 1129年) コンラート2世(1129年 - 1136年) ナミュール=ルクセンブルク家 ハインリヒ4世(1136年 - 1196年) - (ナミュール伯) オットー(1196年 - 1197年) - ホーエンシュタウフェン家(ブルゴーニュ伯) エルメジンデ女伯(1197年 - 1247年) テオバルト(1197年 - 1214年) - (バル伯) エルメジンデ女伯と結婚 リンブルク=ルクセンブルク家 ヴァルラム(1214年 - 1226年) ハインリヒ5世(1247年 - 1281年) ハインリヒ6世(1281年 - 1288年) ハインリヒ7世(1288年 - 1310年) - (ドイツ王1308年 - 1313年、神聖ローマ皇帝1312年 - 1313年) ヨーハン(1310年 - 1346年) - (ボヘミア王1310年 - 1346年) カール(1346年 - 1353年) - (ドイツ王1346年 - 1378年、神聖ローマ皇帝1354年 - 1378年、ボヘミア王1346年 - 1378年) ヴェンツェル1世(1353年 - 1354年) - (ブラバント公1355年 - 1383年) ルクセンブルク公 リンブルク=ルクセンブルク家 ヴェンツェル1世(1354年 - 1383年) ヴェンツェル2世(1383年 - 1419年) - (ブランデンブルク選帝侯1373年 - 1378年、ドイツ王1376年 - 1400年、ボヘミア王1378年 - 1400年) ジギスムント(1378年 - 1388年) - (ブランデンブルク選帝侯1378年 - 1388年・1411年 - 1415年、ハンガリー王1387年 - 1437年、ドイツ王1410年 - 1437年、神聖ローマ皇帝1433年 - 1437年、ボヘミア王1419年 - 1437年) ヨープスト(1388年 - 1402年、1407年 - 1411年) - (モラヴィア辺境伯1375年 - 1411年、ブランデンブルク選帝侯1388年 - 1411年、ドイツ共同統治王1410年 - 1411年) ルイ・ドルレアン(1402年 - 1407年) エリーザベト・フォン・ゲルリッツ(1411年 - 1443年) ブルゴーニュ領 1443年にルクセンブルク伯領はブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)に制圧され、以後はブルゴーニュ領ネーデルラントの一部として統治される。
ルクセンブルク (市)
ルクセンブルク市(フランス語: Ville de Luxembourg、ドイツ語: Stadt Luxemburg、ルクセンブルク語: Stad Lëtzebuerg)は、ルクセンブルク大公国の首都である。人口は90,000人(2009年)。周囲のコミューンを含めた都市圏人口は、103,973人。同名である国名と区別するために「市」を付けて呼ばれることが多い。 アルデンヌの高地にあり、標高はおよそ500m。ペトリュス川がモーゼル川の支流のアルゼット川に合流する所に位置する。ブリュッセルから188km、ケルンからは190km。 世界でも最も富裕な都市の1つであり、市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。副都心のキルヒベルクには欧州司法裁判所、欧州投資銀行等の欧州連合の機関、ルクセンブルク大学、ラジオ・ルクセンブルクなどが存在する。 ローマ帝国時代、2つのローマ街道がこの地で交差する要衝点だった。963年、トリーアのサン・マクシマン修道院と交わした交換条約で、アルデンヌのジークフリートがこの地を手に入れた。
ルクセンブルク広域行政区
広域行政区庁所在地: ルクセンブルク (都市) ルクセンブルク
面積: 904.84 平方キロメートル km²
- 順位: 第2位
人口:
323,300 (2002年1月1日現在)
- 順位 1位
人口密度: 357.3 人/km²
ISO 3166-2:LU: LU-L
ルクセンブルク広域行政区(ルクセンブルク語:Distrikt Lëtzebuerg、ドイツ語:Distrikt Luxemburg、フランス語:District de Luxembourg )は、ルクセンブルクに所在する広域行政区のひとつである。4つの郡と47の基礎自治体からなる。
カペレン郡 - Bascharage - Clemency - Dippach - Garnich - Hobscheid - Kehlen - Koerich - Kopstal - Mamer - Septfontaines - Steinfort
エシュ=シュル=アルゼット郡 - Bettembourg - Differdange - Dudelange - エシュ=シュル=アルゼット - Frisange - Kayl - Leudelange - Mondercange - Pétange - Reckange-sur-Mess - Roeser - Rumelange - Sanem - Schifflange

ルクセンブルクの国歌
ルクセンブルクの国歌の名は『我が母国』(オンス・ヘーメシト、Ons Hemecht もしくは Uelzecht)。 この歌は、ミッシェル・レンツが「我が祖国」の最初と最後の詩節をもとに作詞し、ジャン=アントワーヌ・ツィネンが作曲したものである。 ルクセンブルクは国家の象徴を決めるため、1972年6月23日に、紋章と国旗を正式に採用する法律を制定したが、その時国歌だけは認定されなかった。この歌が国歌として採用されたのは、それから遅れて1993年6月17日の法改正の時である(注:これは「国家の象徴」の中に「わが祖国」が入れられていなかっただけで、1895年から国歌とされてきたとするのが一般的)。国歌に準ずるものとして、ルクセンブルクには1919年に定められた「国王賛歌、De Wilhelmus」(ニコラウス・ヴェルター作詞。作曲者不詳)もある。 歌詞 外部リンク 在日ルクセンブルク大使館(国歌のページ、日本語)。
ルクセンブルクの軍事
このページでは、ルクセンブルクの軍事について記載する。 ルクセンブルクは、ドイツとフランスに挟まれた位置にあり、そのため両国間の戦争の影響を何度も受けてきた。第一次世界大戦および第二次世界大戦中においてはドイツに占領された経験を持つ。 第二次世界大戦後の1948年にはブリュッセル条約、1949年には北大西洋条約を締結し、北大西洋条約機構 (NATO)に原加盟国として参加するなど、集団安全保障政策を取った。ルクセンブルク自体は、小国であり、独自の軍としては小規模な陸軍を持つのみであり、内陸国であるため海軍は保有していない。空軍も保有していないが、NATOが保有する17機のE-3セントリー早期警戒管制機について、人員を提供しておらず、ルクセンブルク軍の指揮下ではないものの、書類上ルクセンブルクの航空機として登録されている。なお、機体そのものはドイツのガイレンキルヒェン航空基地に配備されている。 ルクセンブルク陸軍の最高司令官はルクセンブルク大公。文民統制下で、大臣の責任下にあり、約350名の軍人と約100名の文官で構成されている。
ルクセンブルク (曖昧さ回避)
ルクセンブルク(独:Luxemburg)、リュクサンブール(仏:Luxembourg)、ラクセンバーグ(英語:Luxembourg / Luxemburg) 国名、地名 ルクセンブルク大公国 - ヨーロッパ北西部に位置する国。ベネルクス3国のひとつ。 ルクセンブルク (都市) - ルクセンブルク大公国の首都。 ルクセンブルク広域行政区 - ルクセンブルク大公国の地方行政区。 リュクサンブール州 - ベルギーの州。元はルクセンブルク大公国の一部。 ラクセンバーグ町 - アメリカ合衆国アイオワ州の町(人口240、en)。 ラクセンバーグ村 - アメリカ合衆国ウィスコンシン州の村(人口1500、en)。人名、家名 ルクセンブルク大公 - ルクセンブルク大公国の君主(国家元首)。 ルクセンブルク家 - 現在のルクセンブルク大公の家系であるナッサウ=ヴァイルブルク家の別名。 ルクセンブルク家 - 中世に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出したヨーロッパの貴族の家系。現在のルクセンブルク家とは異なる。 ローザ・ルクセンブルク - 19世紀末から20世紀初めにかけて活躍したポーランド・ドイツのマルクス主義革命家。
ルクセンブルクの国旗
ルクセンブルクの国旗(Flag of Luxembourg)は、赤・白・水色の三色旗。1845年から1848年の間に初めて使用され、公式には1972年6月23日に制定された。 1830年のベルギー独立革命の際、初めてこれらの三色が使用され、1845年6月12日に水平三色旗のデザインが定着した。但し法律で国旗が規定されるのは前述の通り1972年になってからである。同じくベネルクスに属するオランダの国旗と似たデザインだが、オランダは濃い青を使用するのに比べ、ルクセンブルクは明るい水色と法律で規定された。また、オランダの国旗と比べ縦横の比率も異なっている。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 ルクセンブルクの国章 オランダの国旗。
ルクセンブルク関係記事の一覧
ルクセンブルク関係記事の一覧(ルクセンブルクかんけいきじのいちらん)は、ルクセンブルクに関係する記事を50音順に並べたものである。 ア アンリ大公 EU エッシュ Esch エヒテルナハ Echternach カ カーゴルックス航空 Cargolux ヒューゴー・ガーンズバック(ゲアンスバハ) グレーヴェンマハ Grevenmach サ ロベール・シューマン Robert Schuman エドワード・スタイケン Edward Steichen タ ディーキルヒ Diekirch ディフェルダンジュ Differdange デュドランジュ Dudelange ナ ナッサウ家 ハ エーミール・ヒルシュ Emil Hirsch ビレロイ&ボッホ マ モーゼル川 ヤ ジャン=クロード・ユンケル Jean-Claude Juncker ラ ガブリエル・リップマン Gabriel Lippmann リュクサンブール宮殿Category:ルクセンブルク ルクセンブルク (曖昧さ回避) ルクセンブルク家 ルクセンブルク語 ルクセンブルク (都市) ルクセンブルク-フィンデル空港。
ルクセンブルク (市)
ルクセンブルク市(フランス語: Ville de Luxembourg、ドイツ語: Stadt Luxemburg、ルクセンブルク語: Stad Lëtzebuerg)は、ルクセンブルク大公国の首都である。人口は90,000人(2009年)。周囲のコミューンを含めた都市圏人口は、103,973人。同名である国名と区別するために「市」を付けて呼ばれることが多い。 アルデンヌの高地にあり、標高はおよそ500m。ペトリュス川がモーゼル川の支流のアルゼット川に合流する所に位置する。ブリュッセルから188km、ケルンからは190km。 世界でも最も富裕な都市の1つであり、市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。副都心のキルヒベルクには欧州司法裁判所、欧州投資銀行等の欧州連合の機関、ルクセンブルク大学、ラジオ・ルクセンブルクなどが存在する。 ローマ帝国時代、2つのローマ街道がこの地で交差する要衝点だった。963年、トリーアのサン・マクシマン修道院と交わした交換条約で、アルデンヌのジークフリートがこの地を手に入れた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

リクセンブルク
ルクセンブルク

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)