翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

リビア
 Wikipediaリビア情報

リビア
リビア国 دولة ليبيا 国の標語:なし 国歌:リビア、リビア、リビア リビアの位置 リビア国(リビアこく)、通称リビア(アラビア語: ليبيا‎ リービヤー、英語: Libya)は、北アフリカに位置する共和制国家。東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドとニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在する。首都はトリポリである。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟している。アラブ・マグレブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。 国名 1951年 - 1963年:リビア連合王国 1963年 - 1969年:リビア王国 1969年 - 1977年:リビア・アラブ共和国 1977年 - 2004年:社会主義人民リビア・アラブ国 2004年 - 2011年:大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年 - 2013年:リビア(公式国名無し) 2013年 -     :リビア国(英語表記はState of Libya)各言語の国名に共通する Libya は、ギリシャ神話の登場人物リビュエーに由来し、古代ギリシアで北アフリカの地中海沿岸地域(エジプトより西)をまとめて Libya と呼んでいたことに由来する。
リビア爆撃 (1986年)
battle_name=リビア爆撃 (1986年)
campaign=
colour_scheme=background:#ffccaa
caption=
conflict=
date=1986年4月15日
place=リビア
result=作戦は成功するも国際的非難を浴びる
commander1=
commander2=
strength1=第6艦隊 (アメリカ軍) 第6艦隊
アメリカ空軍第48戦術戦闘航空団
第20戦術戦闘航空団
strength2=リビア軍
casualties1=戦死2
撃墜F-111×1機
casualties2=破壊Il-76 (航空機) Il-76×3ないし5機
MiG-23 (航空機) MiG-23×14機

リビア航空機撃墜事件
リビア航空機撃墜事件(リビアこうくうきげきついじけん)とは、イスラエル占領下のシナイ半島上空で、航路を逸脱して飛行していたリビア航空のボーイング727がイスラエル空軍機によって撃墜された事件である。 事件の概要 1973年2月21日、ベンガジに寄港していたリビアのトリポリ発ベンガジ経由エジプト・カイロ行きのリビアン・アラブ航空(現在のリビア航空)114便(ボーイング727、登録記号5A-DAH, 1968年製造)は、カイロに向けて離陸した。114便はシディバッラニを経てアレクサンドリアのカルム(Quorum)を通過する予定であったが、シディバッラニを通過したあたりから114便の航路は次第に計画ルートからずれ始めた。 逸脱 当日の114便は、全行程にわたって厚い雲の上空を飛行しており、自機の位置を目視で確認することができなかった。副操縦士がカリムを通過したと管制官に報告した時には、114便はすでにカイロを通り過ぎ、カルムの東南東約100マイル(約150km)の位置を飛行していた。
リビア航空114便
『リビア航空機撃墜事件』より : リビア航空機撃墜事件(リビアこうくうきげきついじけん)とは、イスラエル占領下のシナイ半島上空で、航路を逸脱して飛行していたリビア航空のボーイング727がイスラエル空軍機によって撃墜された事件である。 事件の概要 1973年2月21日、ベンガジに寄港していたリビアのトリポリ発ベンガジ経由エジプト・カイロ行きのリビアン・アラブ航空(現在のリビア航空)114便(ボーイング727、登録記号5A-DAH, 1968年製造)は、カイロに向けて離陸した。114便はシディバッラニを経てアレクサンドリアのカルム(Quorum)を通過する予定であったが、シディバッラニを通過したあたりから114便の航路は次第に計画ルートからずれ始めた。 逸脱 当日の114便は、全行程にわたって厚い雲の上空を飛行しており、自機の位置を目視で確認することができなかった。副操縦士がカリムを通過したと管制官に報告した時には、114便はすでにカイロを通り過ぎ、カルムの東南東約100マイル(約150km)の位置を飛行していた。
リビアの国旗
リビアの国旗は、かつて1951年から1969年まで、王政期時代に国旗として使用されていたものを、2011年に復活させたものである。 国旗制定の経緯 2011年2月27日、リビアにおける内戦のさなか、反政府勢力によるリビア国民評議会がリビア唯一の代表政府であることを宣言し、ベンガジを中心とした暫定政権が発足。「リビア共和国」の国旗として、王政時代の国旗を復活させると発表した。 国民評議会をリビアの正統な政権として認める国が増えるにつれ、この旗も国旗としての認識が広まった。赤、黒、緑、白の配色はそれぞれ力、イスラムの戦い、緑地へのあこがれ、国民の行為を表している。 リビア内戦は一進一退の戦いが続いたが、8月下旬に首都トリポリを暫定政権が制圧しカダフィ政権は事実上崩壊した。日本のリビア大使館は同年8月22日より国民評議会の国旗を掲げた。理由について大使館関係者は「(カダフィ政権が)終わりつつあると判断したので、国旗を付け替えた」や「(旗を替える)適切な時であると判断した」と述べている。
リビアのエイズ感染事件
リビアのエイズ感染事件(リビアのエイズかんせんじけん)はブルガリア人の看護婦5人とパレスチナ人の医師1人がリビア人の子供たちに後天性免疫不全症候群 エイズウィルスを感染させた事件。ブルガリアとリビア両国で大きな問題となっている。
6人が働いていたベンガジの病院では、426人の子供がHIVに感染したとされる。2004年5月、6人に死刑判決が言い渡され、上告されていた。欧州連合は被告らの釈放を呼び掛けていたが、2006年12月19日、トリポリ (リビア) トリポリの裁判所は再度死刑を下し、リビアと西側諸国との関係が悪化している。
2007年7月17日、リビアの高等司法評議会は被告人6名を終身刑に減刑する決定を下した。決定は、被害者の家族に欧州連合の一部の国から保証金が支払われることに和解し、被害者側が死刑要求を取り下げたため。

リビア爆撃 (1986年)
リビア爆撃(リビアばくげき)は、1986年4月15日にアメリカ空軍及び海軍によって行われたリビアに対する空襲を指す。リビア最高指導者のムアンマル・アル=カッザーフィーに対する攻撃であった。 背景 アメリカ合衆国は、リビアがアブ・ニダルなどのテログループを支援しており、またシドラ湾における200海里の領海主張は国際法に反しているとして非難を行っていた。 1985年10月には地中海でイタリア客船のハイジャック事件(アキレ・ラウロ号事件)が、同年12月にはウィーンとローマの空港で爆破事件(ローマ空港・ウィーン空港同時テロ事件)が起こり、翌1月にアメリカはリビアが事件の背後にあるとして、リビアに対する経済制裁を行った。3月にはアメリカの空母戦闘群(現・空母打撃群)がシドラ湾に入り、3月24日にはリビアのミサイル艇とレーダー基地を爆撃している。 その後4月5日、西ベルリンのディスコで爆破事件が起こり、アメリカ人に死者が出るに至った。これらの事件にリビアが関与していると判断したアメリカは、報復としてリビア指導者のムアンマル・アル=カッザーフィーに対する暗殺を決意し、トリポリなどに対する爆撃を行うこととした。
リビアの国歌
リビア、リビア、リビア(アラビア語: ليبيا ليبيا ليبيا‎)又は我が祖国よ (يا بلادي) は、リビアの国歌。アル=バシール・アル=イレービー (البشير العريبي) 作詞、ムハンマド・アブドゥルワッハーブ (محمد عبد الوهاب) 作曲。 最初に国歌として採用されたのは1951年、リビア連合王国が成立した時より、ムアンマル・アル=カッザーフィー等によるクーデターでイドリース1世が退位する1969年迄の間であった。カッザーフィー率いるリビア・アラブ共和国以降は「アッラーフは偉大なり」が採用されていたが、2011年リビア内戦が起きた際、リビア国民評議会によって再び国歌に採用された。 出典 ==。
リビアヤマネコ
リビアヤマネコ(African Wildcat または Desert Cat、学名:Felis silvestris lybica)は、ヤマネコの一亜種。体長約50-70センチメートル、今日では愛玩用として世界で広く飼育されているイエネコの先祖であると考えられる。アフリカヤマネコとも。 リビアヤマネコは131,000年前に、他の亜種から分化されたとされ、アフリカ北部、中近東、アラル海までの西アジアに生息し、げっ歯類などの小型の哺乳類のほか鳥類、爬虫類、昆虫、果実などを捕食対象とする。 脚注 関連項目 ヤマネコ (種) ハイイロネコ イエネコ アビシニアン。
リビア関係記事の一覧
リビア関係記事の一覧(リビアかんけいきじのいちらん)は、リビアに関係する記事の一覧である。 リビア関係記事 50音順に配列されている。 記号 .ly 英数字 2011年リビア騒乱 あ行 アッラーフは偉大なり アフリカネイションズカップ1982 アフリカ連合 アル・サーディ・カダフィ か行 北アフリカ戦線 さ行 サッカーリビア代表 シドラ湾 シドラ湾事件 (1981年) シドラ湾事件 (1989年) た行 トブルク トブルク戦車隊(映画) トリポリ トリポリ大学 な行 は行 パンアメリカン航空103便爆破事件 ま行 ムアンマル・アル=カッザーフィー や・ら・わ行 リビア リビア海軍艦艇一覧 リビア航空 リビア大人工河川 リビアのエイズ感染事件 リビアの行政区画 リビアの元首一覧 リビアの国章 リビアの首相 リビアの歴史 関連項目 リビアで始まる記事の一覧。
リビア爆撃
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

リビア
トリポリ

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)