翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ハンガリー
 Wikipediaハンガリー情報

ハンガリー
ハンガリー Magyarország 国の標語:なし 国歌:賛称(神よマジャル人を祝福し賜え) ハンガリーの位置 ハンガリー(ハンガリー語: Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家である。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国であり、首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都ブダペスト(ブダペシュト)にはロンドン、イスタンブルに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。 国名 正式名称はハンガリー語で Magyarország [ˈmɒɟɒrorsaːɡ] (13px 聞く)。公式の英語表記は Hungary。 日本語の表記はハンガリーだが、20世紀中盤まではハンガリアとも表記する事が多かった。漢字表記では洪牙利で、洪と略される。中国語では、ハンガリーのフン族語源説が伝えられて以降、フン族と同族といわれる匈奴から、匈牙利と表記するようになった。
ハンガリー人の一覧
ここでは、現在のハンガリー領および第一次世界大戦以前のハンガリー領の出身者や、ハンガリー国外で活躍するハンガリー系の有名人を出自別に一覧する。出身別に一覧されるため、民族的にハンガリー人(マジャル人)ではない者も多く含まれる。 活躍分野別の一覧は、分野別ハンガリー人の一覧を参照。 ハンガリー人の人名は通常姓-名の順に表記するが、英語などの文献では名-姓の順に倒置して表記する場合が多く、日本語においても表記にゆらぎがある。 現在のハンガリー領 ア行 アグテレキ・ベーラ - 軍人 アッポニ・アルベルト - 政治家 アンヌシュ・アドリアーン(アドリアン・アヌシュ) - ハンマー投げ選手 アーブラーニ・コルネール - 作曲家・ピアニスト・音楽史家 アラニ・ヤーノシュ - 作家 アルベルト・フローリアーン(フロリアン・アルベルト) - サッカー選手 アンダ・ゲーザ - ピアニスト アンタッル・ヨージェフ - 政治家 アンドラーッシ・ジュラ(アンドラーシ・ジュラ) - 政治家 アンドラーッシ・ジュラ2世 - 政治家 イシュトヴァーン1世 - キリスト教を導入したハンガリー王国国王。
ハンガリー人一覧
『ハンガリー人の一覧』より : ここでは、現在のハンガリー領および第一次世界大戦以前のハンガリー領の出身者や、ハンガリー国外で活躍するハンガリー系の有名人を出自別に一覧する。出身別に一覧されるため、民族的にハンガリー人(マジャル人)ではない者も多く含まれる。 活躍分野別の一覧は、分野別ハンガリー人の一覧を参照。 ハンガリー人の人名は通常姓-名の順に表記するが、英語などの文献では名-姓の順に倒置して表記する場合が多く、日本語においても表記にゆらぎがある。 現在のハンガリー領 ア行 アグテレキ・ベーラ - 軍人 アッポニ・アルベルト - 政治家 アンヌシュ・アドリアーン(アドリアン・アヌシュ) - ハンマー投げ選手 アーブラーニ・コルネール - 作曲家・ピアニスト・音楽史家 アラニ・ヤーノシュ - 作家 アルベルト・フローリアーン(フロリアン・アルベルト) - サッカー選手 アンダ・ゲーザ - ピアニスト アンタッル・ヨージェフ - 政治家 アンドラーッシ・ジュラ(アンドラーシ・ジュラ) - 政治家 アンドラーッシ・ジュラ2世 - 政治家 イシュトヴァーン1世 - キリスト教を導入したハンガリー王国国王。
ハンガリー語の聖名祝日
ハンガリー語のキリスト教徒の聖名祝日: 関連項目 アルファベット順のハンガリー語の聖名祝日 hu:magyar névnapok betűrendben hu:Kategória:Keresztnevek 聖名祝日 聖書の登場人物の一覧 聖人 ローマ教皇 ハンガリー国王一覧 ハンガリー人の姓名。
ハンガリー共和国
『ハンガリー』より : ハンガリー Magyarország 国の標語:なし 国歌:賛称(神よマジャル人を祝福し賜え) ハンガリーの位置 ハンガリー(ハンガリー語: Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家である。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国であり、首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都ブダペスト(ブダペシュト)にはロンドン、イスタンブルに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。 国名 正式名称はハンガリー語で Magyarország [ˈmɒɟɒrorsaːɡ] (13px 聞く)。公式の英語表記は Hungary。 日本語の表記はハンガリーだが、20世紀中盤まではハンガリアとも表記する事が多かった。漢字表記では洪牙利で、洪と略される。中国語では、ハンガリーのフン族語源説が伝えられて以降、フン族と同族といわれる匈奴から、匈牙利と表記するようになった。
ハンガリーの大学
『ハンガリーの大学の一覧』より : ハンガリーの大学 年表 1367年 ペーチにラヨシュ1世により大学が設置される(ペーチ大学の前身) 15世紀初頭 神聖ローマ帝国に属していた時代、オーブダに大学設置 15世紀半ば マーチャーシュ1世時代、ヴィテーズ・ヤーノシュによりポジョニに大学設置(ブラチスラヴァ大学の前身) 1635年 エステルゴム大司教であり、反宗教改革派であったパーズマーニ・ペーテルがナジソンバト(トルナヴァ)にイエズス会系の大学を設置 1662年 ザグレブにイエズス会が神学院設置 1735年 シェルメツバーニャにヨーロッパ初の鉱山学校設立(トリアノン条約でショプロンに移転、1952年から59年にかけてミシュコルツ大学に統合)。
ハンガリーの大学の一覧
ハンガリーの大学 年表 1367年 ペーチにラヨシュ1世により大学が設置される(ペーチ大学の前身) 15世紀初頭 神聖ローマ帝国に属していた時代、オーブダに大学設置 15世紀半ば マーチャーシュ1世時代、ヴィテーズ・ヤーノシュによりポジョニに大学設置(ブラチスラヴァ大学の前身) 1635年 エステルゴム大司教であり、反宗教改革派であったパーズマーニ・ペーテルがナジソンバト(トルナヴァ)にイエズス会系の大学を設置 1662年 ザグレブにイエズス会が神学院設置 1735年 シェルメツバーニャにヨーロッパ初の鉱山学校設立(トリアノン条約でショプロンに移転、1952年から59年にかけてミシュコルツ大学に統合)。
ハンガリー動乱
ハンガリー動乱(ハンガリーどうらん、ハンガリー語: 1956-os forradalom「1956年革命」)は、1956年にハンガリーで起きたソビエト連邦の権威と支配に対する民衆による全国規模の蜂起を差す。ハンガリー事件、ハンガリー暴動、ハンガリー革命とも。 1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起した。彼らは多くの政府関係施設や区域を占拠し、自分たちで決めた政策や方針を実施しはじめた。ソ連軍は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、このような反乱に対して介入した。1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人による改革を止めようとした。 蜂起は直ちにソ連軍により鎮圧されたが、その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ逃亡した。ハンガリーでは、この事件について公に議論することは、その後30年間禁止されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。
ハンガリー事件
『ハンガリー動乱』より : ハンガリー動乱(ハンガリーどうらん、ハンガリー語: 1956-os forradalom「1956年革命」)は、1956年にハンガリーで起きたソビエト連邦の権威と支配に対する民衆による全国規模の蜂起を差す。ハンガリー事件、ハンガリー暴動、ハンガリー革命とも。 1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起した。彼らは多くの政府関係施設や区域を占拠し、自分たちで決めた政策や方針を実施しはじめた。ソ連軍は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、このような反乱に対して介入した。1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人による改革を止めようとした。 蜂起は直ちにソ連軍により鎮圧されたが、その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ逃亡した。ハンガリーでは、この事件について公に議論することは、その後30年間禁止されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。
ハンガリー革命
『ハンガリー動乱』より : ハンガリー革命(en:Hungarian Revolution) ラーコーツィの独立戦争 (1703年 - 1711年) ハンガリー革命 (1848年)。自由戦争、独立戦争とも呼ばれる。一時は独立した政府を樹立したが、後にロシアの介入により鎮圧された。 アスター革命 (1918年10月)。ハンガリー民主共和国が誕生。 ハンガリー革命 (1919年)。クン・ベーラにより共産主義政権「ハンガリー評議会共和国」が誕生するが、短命に終わる。 ハンガリー革命 (1956年)。ハンガリー動乱、ハンガリー事件などの呼称でも知られる。 ハンガリー民主化運動 (1985年 - 1990年)。
ハンガリー語
ハンガリー語/マジャル語(ハンガリーご/マジャルご、magyar nyelv)は、主にハンガリーで話されている言語。現在はハンガリーのみで公用語となっている。ハンガリーでは住民の93.6%(2002年)がハンガリー語を話し、国語化している。原語呼称である「マジャル語」の転訛からマジャール語と呼ばれることもある。旧来は洪語と略した(オーストリア=ハンガリー帝国は墺洪帝国と記載されることもあった)。 ハンガリーを中心とした周辺の国々(スロバキア、ルーマニア、セルビア、オーストリア、スロベニア北東部など)にも使用者がおり、話者人口はおよそ1450万人で、うちハンガリーに住む人々は1000万人ほどである。アメリカ合衆国などのハンガリー系移民共同体の内部でも話される。 ウラル語族のフィン・ウゴル語派に分類され、フィンランド語やエストニア語と同系統の言語であるが、意思の疎通がまったくできないほどの大きな隔たりがある。歴史的経緯からスラヴ諸語やドイツ語の影響をある程度受けているが、インド・ヨーロッパ語族(ヨーロッパで話される諸言語の多くが属する)とは系統が異なり、姓名や日付などの語順もインド・ヨーロッパ語族の言語とは異なる。
ハンガリーの歴史
ハンガリーの歴史を記述する。ハンガリーはヨーロッパのほぼ中央、東ヨーロッパの山岳地帯の中でドナウ川中流に盆地状に開けた平原を国土とする。この盆地は冷涼で乾燥した草原が広がり、遊牧に適した地理的条件を有するため、中央ユーラシアのステップ地帯から繰り返しヨーロッパに侵入した多くのアジア系遊牧民集団の多くは、ここに根拠地を置いた。彼らはやがてキリスト教世界の一員になり、スラブ人などの周辺民族や、オーストリア・オスマン帝国などの周辺諸国の影響を受けつつ盛衰を経た。冷戦の時代には、社会主義圏にあっていち早く民主化を進め、東欧革命の芽を蒔いた。 概史 建国まで この地域は、1世紀にはローマ帝国が属州パンノニアを置いた。4世紀にローマ帝国が衰退し、ゲルマン人の移動が始まると、この地にゴート族が到来した。その後、ドナウ川中流の良質の平原に着目して、5世紀にフン族、6世紀にアヴァール人などテュルク系と見られる遊牧民の勢力がそれぞれ到来し定着した。
ハンガリー王国
ハンガリー王国 Magyar Királyság ハンガリー王国の位置15世紀終わり頃のハンガリー王国の版図 ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、洪:Magyar Királyság)は、現在のハンガリーを中心とする地域をかつて統治した王国。 1000年頃、イシュトヴァーン1世の即位によって王国が成立した。その一族であるアールパード朝による統治が300年続いたが1301年に断絶し、以降は選挙王政によって王位が継承されるようになった。1526年にオスマン帝国の攻撃を受けて領土を失陥した。前後してハプスブルク家による王位の世襲が固まり、ハンガリーはオーストリア(ハプスブルク君主国)の支配下となった。1867年のアウスグライヒにより、オーストリア=ハンガリー帝国の一翼を担う王国に位置づけられた。1919年に帝国が崩壊し、ハンガリー民主共和国の成立により王国は消滅した。 地理 現在のハンガリー共和国とは異なる。現在の共和国領全域に加え スロバキア共和国全域(北部ハンガリー) クロアチア共和国 クロアチア地方 スラヴォニア地方 セルビア共和国 ヴォイヴォディナ ルーマニア トランシルヴァニア オーストリア共和国 ブルゲンラント州がハンガリー王国の最大領域であった。
ハンガリー国王一覧
ハンガリー国王一覧(ハンガリーこくおういちらん)では、ハンガリー王国の成立から消滅に至るまでの国王、および王国成立以前の君主である大公、第一次世界大戦後の状況を一覧で示す。 中世ハンガリーを支配したアールパード朝は、10世紀後半から11世紀前半のゲーザ、イシュトヴァーン1世の頃に統一された。その後、王位を巡る内紛が起こって一時衰えたが、11世紀後半のラースロー1世やカールマーン1世、さらに12世紀後半のベーラ3世の代に対外進出して勢力を拡大し、最盛期を迎えた。 しかしベーラ3世の死後、王位を巡って争いが起こり、国力が衰退し始める。そして王位争いに勝利したアンドラーシュ2世が支持者に所領を分与したことで王権が著しく衰退し、大貴族の台頭を招くことにもなった。ベーラ4世の代にはモンゴル軍の侵攻によって国内が荒廃した。 その後、ラースロー4世が王権強化を図ったが失敗して暗殺された。そして1301年、アンドラーシュ3世の死によりアールパード朝は断絶し、選挙王制へと移行した。その選挙王制のもとでハンガリー王とポーランド王を兼ねたラヨシュ1世は、ハンガリーの「大王」として有名である。
ハンガリー王
『ハンガリー国王一覧』より : ハンガリー国王一覧(ハンガリーこくおういちらん)では、ハンガリー王国の成立から消滅に至るまでの国王、および王国成立以前の君主である大公、第一次世界大戦後の状況を一覧で示す。 中世ハンガリーを支配したアールパード朝は、10世紀後半から11世紀前半のゲーザ、イシュトヴァーン1世の頃に統一された。その後、王位を巡る内紛が起こって一時衰えたが、11世紀後半のラースロー1世やカールマーン1世、さらに12世紀後半のベーラ3世の代に対外進出して勢力を拡大し、最盛期を迎えた。 しかしベーラ3世の死後、王位を巡って争いが起こり、国力が衰退し始める。そして王位争いに勝利したアンドラーシュ2世が支持者に所領を分与したことで王権が著しく衰退し、大貴族の台頭を招くことにもなった。ベーラ4世の代にはモンゴル軍の侵攻によって国内が荒廃した。 その後、ラースロー4世が王権強化を図ったが失敗して暗殺された。そして1301年、アンドラーシュ3世の死によりアールパード朝は断絶し、選挙王制へと移行した。その選挙王制のもとでハンガリー王とポーランド王を兼ねたラヨシュ1世は、ハンガリーの「大王」として有名である。
ハンガリーの首相一覧
ハンガリーの首相一覧(ハンガリーの しゅしょう いちらん)では、ハンガリーの政府首班である首相、および政府の代表を列挙する。
バッチャーニ・ラヨシュ伯爵、1848年3月17日 - 1848年10月2日
コシュート・ラヨシュ、1848年10月2日 - 1849年5月1日
セメレ・ベルタラン、1849年5月2日 - 1849年8月11日
アンドラーシ・ジュラ (父) アンドラーシ・ジュラ伯爵、1867年2月20日 - 1871年11月14日
ローニャイ・メニヘールト伯爵、1871年11月14日 - 1872年12月5日
スラーヴィ・ヨージェフ、1872年12月5日 - 1874年3月21日
ビットー・イシュトヴァーン、1874年3月21日 - 1875年3月2日
ヴェンクハイム・ベーラ(Wenckheim Béla)男爵、1875年3月2日 - 1875年10月20日
ティサ・カールマーン、1875年10月20日 - 1890年3月15日

ハンガリーの国歌
賛称 (Himnusz) は、ハンガリーの国歌。「神よ、マジャール人を祝福し給え (Isten, áldd meg a magyart)」で始まる歌で、この名称でも知られている(Hu-Isten áldd meg a magyart.ogg 参照)。8番まであるが、通常は1番のみが公式に歌われる。作詞はキョルチェイ・フェレンツ (Ferenc Kölcsey)、作曲はエルケル・フェレンツ (Ferenc Erkel)。この曲は1903年に正式に国歌として認められた。 また、第二の国歌として「訓辞 (Szózat)」と呼ばれ、「汝マジャール人よ、故国に揺るがず誠実たれ (Hazádnak rendületlenül légy híve óh magyar)」で始まる歌もある。この歌は憲法によって「賛称」とほぼ等しい法的、社会的地位を得ている。 「ラコッツィ行進曲」という曲も知られており、これは作曲者が不明の短い歌詞のない曲である。この曲は軍の行事にしばしば用いられる。 国歌としては珍しく、国民の誇りを宣言するのではなく、神への直接の抗弁を表現している。
ハンガリーの国家元首一覧
ハンガリーの国家元首一覧では、1918年以降のハンガリーの国家元首、及びそれ以前のハンガリー王国 王国時代の摂政を一覧で示す。
アンドラーシュ公(のちのアンドラーシュ2世) 1204年 - 1205年
フニャディ・ヤーノシュ(知事:kormányzó) 1446年 - 1452年
シラージ・ミハーイ(知事) 1458年
グリッティ・アラヨシュ ルドヴィコ・グリッティ(ismert: Gritti Alajosként is)(知事) 1530年 - 1534年
アンプリンゲン・ヤーノシュ・ガーシュパール(Ampringen János Gáspár) gubernátor (知事) 1673年2月27日 - 1681年 (tavasza (ténylegesen 1679 óta nem élt gubernátori hatalmával) )
コシュート・ラヨシュ (kormányzó-elnök) 1849年4月14日 - 1849年8月11日.
実質的、暫定的なものも含む。
政党
元首
在任期間

ハンガリー王国の歴史的地域
ハンガリー王国の歴史的地域(ハンガリーおうこくのれきしてきちいき)では、ハンガリー王国(1000年 - 1918年)において、聖イシュトヴァーンの王冠の名の下に統合されていた東ヨーロッパの地域について記述する。その領域は現在のハンガリーのほか、オーストリア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニアにまたがっていた。 これらの地域にはハンガリー人(マジャール人)が広く居住し、特に1867年以降のオーストリア=ハンガリー帝国の下ではハンガリー政府の統治下に属したが、1920年のトリアノン条約で解体されてハンガリー王国領は面積にしておよそ3分の1、現在のハンガリー共和国と同じ範囲に縮小した。そこで、これらの地域を大ハンガリー、聖イシュトヴァーンの王冠の地と言うこともある。戦間期のハンガリー王国はこの地域を奪回するために右傾化し、ナチス・ドイツとともに第二次世界大戦に突入していった。 特に、現在ルーマニア領となっているトランシルヴァニア地方はもともとハンガリー王国領であった地で、ハンガリー人が非常に多く住み、ハンガリーとルーマニアの間で領土を巡る問題が1989年の東欧革命以後しばしば生じており、また民族問題がルーマニア革命の発端の一つにもなった。
ハンガリー民主化運動
ハンガリー民主化運動(ハンガリーみんしゅかうんどう)は、1985年頃から1990年までのハンガリー(ハンガリー人民共和国)における民主化運動のこと。 この民主化の過程で後の汎ヨーロッパ・ピクニックからベルリンの壁崩壊に連なるハンガリーとオーストリア間の国境の開放が行われた。 民主化の背景 マジャル人には、元来ハンガリーはオーストリアと連邦しオーストリア=ハンガリー二重帝国(1867年 - 1918年)としてヨーロッパ史の重要な地位を占めていたという、歴史的な自負があった。他方、ロシア人が主導する共産主義体制支配下のハンガリーは「ヨーロッパ的」ではなく、したがって民主的なヨーロッパの枠組み中に復帰したい、という思い入れがあった。 1956年の、民主化を求めるハンガリー動乱はソ連の軍事介入で圧殺されるが、動乱を収拾してハンガリー社会主義労働者党の書記長となったカーダール・ヤーノシュはナジ・イムレを死刑にし、一党独裁制を敷きながらも、「我々の敵でない者は味方である」と述べて政治犯の釈放やローマ教皇庁との和解を進め、東側の社会主義国の中では比較的穏健な統治を行った。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)
ハンガリー
ドナウ、 ブダペスト

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)