翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

オランダ
 Wikipediaオランダ情報

オランダ
オランダ Nederland 国の標語:Je Maintiendrai(フランス語: 我、守り続けん) 国歌:ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ オランダの位置 オランダ(オランダ語: Nederland [ˈneːdə(r)lɑnt]、[ˈneɪ̯də(r)lɑnt] (13px 聞く); 西フリジア語: Nederlân; パピアメント語: Hulanda)は、オランダ王国の構成国の一つである。国土の大半は西ヨーロッパに位置し、カリブ海にも特別自治体の島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、王宮、国会、中央官庁、各国の大使館などはデン・ハーグにあり、事実上の首都となっている。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。 ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。カリブ海に海外特別自治体としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。
オランダ王国
『オランダ』より : オランダ王国(オランダおうこく、オランダ語: Koninkrijk der Nederlanden〔コーニンクレイク・デル・ネーデルランデン〕、フリジア語: Keninkryk fan de Nederlannen、パピアメント語: Reino Hulandes)は、西ヨーロッパおよびカリブに領土を有する主権国家・立憲君主国である。王国の4つの地域であるアルバ、オランダ、キュラソー、シント・マールテンはそれぞれ国(蘭: landen)と呼ばれ、王国内のパートナーとして互いに対等な立場で王国を構成している。オランダは、カリブの3つの特別自治体を除いてヨーロッパに位置しており本土部分のみを指す場合は「ヨーロッパ・オランダ」と呼ばれる。 オランダ王国は1813年のナポレオン帝国の崩壊にその起源がある。この年、オランダは再び自由を得て、オラニエおよびナッサウ公ウィレムを君主としたネーデルラント公国が宣言された。南ネーデルラント(おおよそ現在のベルギーおよびルクセンブルク)との再統一は1814年に決定された。
オランダ国
『オランダ』より : オランダ Nederland 国の標語:Je Maintiendrai(フランス語: 我、守り続けん) 国歌:ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ オランダの位置 オランダ(オランダ語: Nederland [ˈneːdə(r)lɑnt]、[ˈneɪ̯də(r)lɑnt] (13px 聞く); 西フリジア語: Nederlân; パピアメント語: Hulanda)は、オランダ王国の構成国の一つである。国土の大半は西ヨーロッパに位置し、カリブ海にも特別自治体の島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、王宮、国会、中央官庁、各国の大使館などはデン・ハーグにあり、事実上の首都となっている。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。 ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。カリブ海に海外特別自治体としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。
オランダ鉄道
オランダ鉄道(オランダ語:NS, Nederlandse Spoorwegen)は、オランダの鉄道を運営する鉄道事業者で、旧オランダ国鉄を継承した、全国組織の鉄道事業者である。
旧オランダ国鉄(NS)は、欧州連合(EU)の施策により上下分離方式 上下分離が行われ、現在は以下の組織に再編されている。
プロレール(”ProRail”)
:線路 (鉄道) 線路や鉄道駅 駅などの鉄道施設(インフラストラクチャー インフラ)を保有・管理する
オランダ鉄道(”N.V. Nederlandse Spoorwegen”)
:旅客列車の運営を行う
レイリオン・ネーデルランド(”Railion Nederland BV”)
:貨物列車の運営を行う、1999年にドイツ鉄道の貨物輸送部門ドイツ鉄道 レイリオン社に売却された
本社はいずれも、首都アムステルダムではなく、オランダ第4の都市で、鉄道網の中心と言われるユトレヒトにある。

オランダの薬物政策
オランダの薬物政策(-やくぶつせいさく)とは、厳しい政策で薬物を完全に追放することは不可能だという前提に立った、オランダ政府の薬物(麻薬)に対する国内政策の2つの原則を指す。 薬物使用は公衆衛生の問題であり、犯罪ではない。 薬物による害を減らす。このため、ハードドラッグ(コカインなど)とソフトドラッグ(マリファナなど)を政策上明確に区別する。 これらは現実に即した実用主義的な政策だ、とオランダ政府は主張する。 大麻などのソフトドラッグ使用者が多いオランダでは、ソフトドラッグを完全追放できないと考える。これを禁止法で抑えつければ、ソフトドラッグがハードドラッグと同じ闇市場に出回る結果、ソフトドラッグ使用者がハードドラッグ使用に走る機会を増し、薬物による害を増やすことになる。 これよりは、行政がしっかり管理できる施設にのみ一定条件下でソフトドラッグ販売を許可し、ソフトドラッグ市場とハードドラッグ市場を完全に分離し、ハードドラッグが入ってこないようにソフトドラッグ市場を限定して厳格に管理したほうが薬物による害は少なくなる(ハーム・リダクション)、との考えである。
オランダ語
オランダ語(蘭: Nederlands [ˈneːdərlɑnts] (13px 聞く))は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では江戸時代にはオランダ語を蘭語(らんご)と称していたが、現在は専らオランダ語と言う。 現代のオランダ地方では、古くは西ゲルマン語群の一言語古フランク語を話していた。後にこれが古低フランク語諸方言となる。ブルゴーニュ公国の下で政治的に統一されたのは中世後期に入ってからで、フランドル(北海沿岸)とブラバント(オランダ南部からベルギー北部)の方言が最も優勢であった。1600年ごろになって、オランダ語訳聖書を作成するためオランダ語をひとつにする必要性が生じた際、いくつかの方言のうちホラント地方の方言を中心に組み立てられた。これが現在のオランダ語の基礎になった。 分類 オランダ語は、言語学の分類上は広義のドイツ語(狭義のドイツ語を包含するゲルマン語の一派の総称)の一方言とされる。
オランダ領東インド
オランダ領東インド(オランダりょうひがしインド)は、かつてオランダが宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、あるいはその領域をさす名称である。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシア(2005年現在)の版図にあたる。 オランダによる、現在のジャカルタ占領から始まった東インド支配については「300年(または350年)におよぶ植民地支配」という呼び方があるが、今日のインドネシアの版図をあらわす「サバン(スマトラ島最西北部にある町)からムラウケ(ニューギニア島最東端の町)まで」の領域をオランダがほぼ完全に掌握したのは20世紀初頭のことである。 オランダ語では「Nederlands-Indië」、英語では「Dutch East Indies」と表記する。戦前の日本では漢語表記の「蘭領東印度(らんりょうとういんど)」から「蘭印」の略字がよく用いられた。 略史 交易の時代の東インド オランダ人がこの海域に到来するようになったのは16世紀末のことである。
オランダの行政区分
オランダの行政区分は広域自治体と基礎自治体の2階層で成り立っている。 本土は12の広域自治体である州(”Provincie”)に分かれており、カリブ海には、海外領土(旧植民地)として、オランダ領アンティル アンティルとアルバがある。 また、州はさらに441の基礎自治体であるヘメーンテ(”Gemeente”)に分割2009年1月1日よりヘメーンテ数は441に減少した。 されている。 なお、日本のように市町村のような区分は存在せず、基礎自治体は大都市も田舎も同じヘメーンテである。
これとは別に、治安・防災に関しては本土を25の区域に分割した治安・防災広域行政区域 (オランダ) 治安・防災広域行政区域を採用している。
ファイル:Province-NL.png 350px thumb right オランダ本土の州 州名は数字を、州都は丸印を参照せよ。なお、星印は首都アムステルダム。

オランダの歴史
オランダの歴史(オランダのれきし)では、北ヨーロッパのネーデルラント(オランダ)王国の域内で展開した歴史について解説する。なお、「オランダ」はネーデルラント連邦共和国・ネーデルラント王国の日本における通称なので、以下の本文ではこの地域をネーデルラントと呼ぶ。 前史 古代のネーデルラント(低地地方)はライン川下流以南がローマ帝国領、以北はフランク人やフリース人などが住むゲルマン系諸族の土地であった。森林が多い低地帯で、バタウィ族やフリース族などが共存していた。 ローマ帝国 ネーデルラント(低地地方)は紀元前58年、ガイウス・ユリウス・カエサルが率いるローマ帝国軍の侵攻を受け、ローマ帝国領最北端の地域に編入された(ガリア戦争)。ただし、帝国軍はネーデルラント北部のフリースラント地方の大部分は平定することが出来なかった。帝国はライン川を帝国領北端の国境線として、低地ゲルマニア属州の辺境を守る砦や町を造った。これらの中で重要だった町は、現在のユトレヒト、ナイメーヘン、マーストリヒトである。
オランダ王室
『オラニエ=ナッサウ家』より : オラニエ=ナッサウ家(蘭: Huis Oranje-Nassau)は、現在のオランダ王家。元はドイツ西部のライン地方を発祥とする諸侯の家系であるナッサウ家の支流である。ネーデルラント連邦共和国時代には、総督の地位をほとんど独占した。 オラニエ=ナッサウ家の成立まで ナッサウ家のうちナッサウ=ディレンブルク伯オットー1世 (en) の家系は、14世紀から15世紀にかけてネーデルラントに勢力を伸ばし、随一の名門となっていた。16世紀初めにはブレダ領主ヘンドリック3世・ファン・ナッサウ=ブレダ (en) がブルゴーニュ公シャルル(後の神聖ローマ皇帝カール5世)からホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州の総督に任命されている。ヘンドリック3世と弟のナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルム (en) はそれぞれ、ネーデルラントを含むライン左岸の領地と、ナッサウ家伝来のライン右岸の領地とを相続していた。
オランダの国歌
ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ(オランダ語: Wilhelmus van Nassouwe)あるいはヴィルヘルムス(Wilhelmus)は、オランダの国歌。旋律は世界の国歌のうちで最も古いといわれる。 成立 題名になっているヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエとは、八十年戦争の指導者で現オランダ王家オラニエ=ナッサウ家の始祖でもあるオラニエ公ウィレム1世のことである。スペインが派遣したアルバ公の追及を逃れ、ドイツに亡命していたウィレムは、1568年に弟たちと連携してネーデルラント(今日のベネルクス諸国)へ侵攻した。ウィレムらの軍勢は緒戦では勝利したものの、結局はアルバ公に撃退されて再度亡命した。 『ヴィルヘルムス』はこのウィレムの2度目の亡命の時期に、ウィレムの腹心シント・アルデホンデ領主フィリップス・ファン・マルニクスが作詞したと伝えられていたが、異説もある。ウィレムが一人称で語る形を取っており、スペインへの反乱の同志を鼓舞し、またドイツの諸侯へのプロパガンダともなっている内容である。
オランダ東インド会社
オランダ東インド会社(オランダひがしインドがいしゃ、正式には連合東インド会社、オランダ語 : Vereenigde Oostindische Compagnie、略称VOC)は、1602年3月20日にオランダで設立され、世界初の株式会社といわれる。会社といっても商業活動のみでなく、条約の締結権・軍隊の交戦権・植民地経営権など喜望峰以東における諸種の特権を与えられた勅許会社である。アジアでの交易や植民に従事し、一大海上帝国を築いた。 資本金約650万ギルダー、重役会は17人会(Heeren XVII)と呼ばれた。これには同国の銀行のホープ商会も参加した。本社はアムステルダムに設置され、支店の位置づけとなるオランダ商館は、ジャワや長崎出島などに置かれた。18世紀末の1799年12月31日にオランダ政府により解散させられた。 設立までの背景 16世紀後半、スペインと対立し、同国と八十年戦争を行っていたオランダは、スペインによる貿易制限、船舶拿捕など、経済的に打撃を受けていた。
オランダ領アンティル
オランダ領アンティル Nederlandse AntillenAntias HulandesNetherlands Antilles 国の標語: Libertate unanimus (ラテン語: 自由によって結束される)国歌: 題名のない賛歌オランダ領アンティルの位置 オランダ領アンティル(オランダ語: Nederlandse Antillen、パピアメント語: Antias Hulandes、英語: Netherlands Antilles)は、かつてカリブ海の小アンティル諸島にあってオランダ王国を構成していた自治領である。
オランダ領アンチル
『オランダ領アンティル』より : オランダ領アンティル Nederlandse AntillenAntias HulandesNetherlands Antilles 国の標語: Libertate unanimus (ラテン語: 自由によって結束される)国歌: 題名のない賛歌オランダ領アンティルの位置 オランダ領アンティル(オランダ語: Nederlandse Antillen、パピアメント語: Antias Hulandes、英語: Netherlands Antilles)は、かつてカリブ海の小アンティル諸島にあってオランダ王国を構成していた自治領である。
オランダ君主一覧
オランダ君主一覧(オランダくんしゅいちらん)はオランダが独立して以来の君主の一覧である。ネーデルラント連邦共和国の総督(統領)は厳密には君主とは言えないがここで扱う。 オランダは代々オラニエ=ナッサウ家が統治してきたと言える。連邦共和国の時代には総督職をほぼ世襲し(ウィレム4世からは全州の総督の世襲が正式に認められた)、フランス革命とナポレオン戦争を挟んで、オランダ王国(ネーデルラント王国)の成立後は、国王として現在まで君臨している。 王位継承は、1983年の憲法改正より最長子相続制をとっている。 ネーデルラント連邦共和国総督(統領) ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州、オーファーアイセル州総督 ヘルダーラント州総督 フローニンゲン州総督 フリースラント州総督 全州総督 1795年、ネーデルラント連邦共和国は崩壊しフランスの衛星国であるバタヴィア共和国が成立した。
オランダ戦争
『ネーデルラント継承戦争』より : ネーデルラント継承戦争(ネーデルラントけいしょうせんそう。英語: The War of Devolution, 1667年 - 1668年)は、フランス王国とスペインとの戦争。フランス王ルイ14世が南ネーデルラントの継承権を主張して起こした。フランドル戦争とも言う。 経過 現在のベルギー・ルクセンブルクに当たる南ネーデルラントは当時スペイン領であったが、1665年にスペイン王フェリペ4世の死後、ルイ14世は王妃マリー・テレーズがフェリペ4世の王女だったことから継承権を主張し、1667年5月に南ネーデルラントに侵攻した。主張の根拠は、1659年にフランスとスペインの講和条約であるピレネー条約締結でマリー・テレーズとルイ14世の結婚とスペインの持参金支払いを取り決め、マリー・テレーズがスペイン王位継承権を放棄したが、持参金が支払われていないためルイ14世はマリー・テレーズの放棄は無効と宣言、ネーデルラントの法律でフェリペ4世と先妻の子であるマリー・テレーズが後妻の子カルロス2世より継承順位が高いとする条文を見つけ相続を主張、スペインが取り合わなかったため戦争に踏み切った。
オランダ侵略戦争
『ネーデルラント継承戦争』より : オランダ侵略戦争(オランダしんりゃくせんそう、英語:Franco-Dutch War, 1672年 - 1678年)は、17世紀に発生したフランス王国とオランダ(ネーデルラント連邦共和国)・神聖ローマ帝国・スペインとの戦争である。初めはフランス・イングランドとオランダの戦いだったが、途中からイングランドが中立、神聖ローマ帝国諸侯とスペインがオランダと同盟を結び参戦、フランスもスウェーデンを戦争に引き入れ規模が拡大していった。 戦闘前 ネーデルラント継承戦争でフランス王ルイ14世はスペイン領ネーデルラントに侵攻したが、オランダがイングランド・スウェーデンと三国同盟を締結、フランスに圧力をかけたため領有に失敗した。ルイ14世はこの時のオランダの行為を不快視し、オランダ侵略の意志を露わにした。そのために三国同盟の切り崩しを図り、イングランドに接近した。 1670年にイングランド王チャールズ2世とルイ14世との間でドーヴァーの密約が成立、同年にロレーヌ公国を占拠してシャルル4世を追放、1671年までに神聖ローマ帝国諸侯のほとんどと同盟・中立関係を結び、スウェーデンとも1672年に仏瑞同盟を締結してオランダを包囲した。
オランダの戦艦建造計画
オランダの戦艦建造計画(おらんだのせんかんけんぞうけいかく)として、オランダが建造を企画したものの実現に至らなかった戦艦について本項に記述する。 背景 近代から第二次世界大戦までのオランダ海軍の基本方針は以下のようなものであった。 本国:機雷と水雷艇で要港の防御を固める 植民地:国家の資金源であるため、優先的に主力艦や潜水艦を配備し、きな臭いアジア情勢に備えるオランダは国力の問題から本国と植民地の両方に充分な兵力を配備することは不可能であるため、資源の少ない本国より実入りの良い植民地の防衛に戦力を割くという、欧州の国としては珍しい選択肢を取っていた。海防戦艦等の大型艦や軽巡洋艦、駆逐艦の大部分は植民地防護に回され、またオランダ領東インド(蘭印)向けに小国としては有力な艦が計画されていた。 7,600t海防戦艦案 1912年に海防戦艦デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン(De Zeven Provincien)の発展形として排水量 7,600t の海防戦艦を4隻整備する提案が議会に提出された。
オランダ村特急 (列車)
『ハウステンボス (列車)』より : ハウステンボスとは、九州旅客鉄道 JR九州が博多駅~ハウステンボス駅間を鹿児島本線・長崎本線・佐世保線・大村線経由で運行するエル特急。本項においては、前身にあたるオランダ村特急についても述べる。
通常は1日4往復の運転(他にほぼ毎日運転の臨時列車が1往復ある)。土曜・休日には8往復、年末年始・GW・お盆や三連休などのピーク期には9往復に増発される。
上りの82号(ピーク期に増発)を除いて博多駅~早岐駅間は特急「みどり (列車) みどり」に併結。そのため、82号を除いて「みどり」と同じ号数を名乗る。このことから、欠番が生じている。
JR九州783系電車 783系電車(CM21~25編成)

オランダ村特急
『ハウステンボス (列車)』より : ハウステンボス (HUIS TEN BOSCH) は、九州旅客鉄道(JR九州)が博多駅 - ハウステンボス駅間を、鹿児島本線・長崎本線・佐世保線・大村線経由で運行する特急列車である。 本項では「ハウステンボス」の前身にあたる、JR九州が門司港駅 - 佐世保駅間を鹿児島本線・長崎本線・佐世保線経由で運行していた臨時特急「オランダ村特急」(オランダむらとっきゅう)についても記述する。 特急「ハウステンボス」は、長崎県佐世保市針尾島に所在するテーマパーク・ハウステンボスの開業に合わせ、アクセス列車として1992年3月25日に運転を開始した。運転開始に先立つ同年3月10日にハウステンボスの最寄り駅としてハウステンボス駅が開設され、同時に「ハウステンボス」を運行する目的で早岐駅 - ハウステンボス駅間の1区間のみ電化された。大村線に乗り入れる優等列車としては初の特急列車である。 運転区間の線路容量の都合上、運転開始以来臨時列車の一部を除き、博多駅 - 早岐駅間は佐世保駅発着の特急「みどり」に併結して運行されている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

オランダ
アムステルダム、 マーストリヒト、 レーワールデン

 

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)