翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ハワイ
 Wikipediaハワイ情報

ハワイ
『ハワイ州』より : ハワイ州 State of HawaiiMokuʻāina ʻo Hawaiʻi 州の愛称: アロハ・ステートThe Aloha Stateハワイ州の位置 ハワイ州(英: State of Hawaii、ハワイ語: Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。
ハワイ州
ハワイ州 State of HawaiiMokuʻāina ʻo Hawaiʻi 州の愛称: アロハ・ステートThe Aloha Stateハワイ州の位置 ハワイ州(英: State of Hawaii、ハワイ語: Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。
ハワイイ
『ハワイ州』より : ハワイ州 State of HawaiiMokuʻāina ʻo Hawaiʻi 州の愛称: アロハ・ステートThe Aloha Stateハワイ州の位置 ハワイ州(英: State of Hawaii、ハワイ語: Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。
ハワイの野鳥一覧
ハワイの野鳥一覧では、ハワイで観察された野鳥のチェックリストを示す。 ハワイはオセアニア区 (動物地理区)に位置する。 孤島のためにハワイミツスイ類など固有種が多いが、米領土後の人による固有種の絶滅や、移入種の増加も多い。 キジ目 キジ科 Alectoris chukar, w:Chukar, イワシャコ Francolinus francolinus, w:Black Francolin, ムナグロシャコ, 移入種 Francolinus pondicerianus, w:Grey Francolin, シマシャコ Pternistis erckelii, w:Erckel's Francolin, クロガオシャコ, 移入種 Bambusicola thoracica, w:Chinese Bamboo-Partridge, コジュケイ, 移入種 Lophura leucomelanos, w:Kalij Pheasant, ミヤマハッカン, 移入種 Phasianus colchicus, w:Common Pheasant, キジ, 移入種 Pavo cristatus, w:Indian Peafowl, インドクジャク, 移入種 Meleagris gallopavo, w:Wild Turkey, シチメンチョウ ホロホロチョウ科 Numida meleagris, w:Helmeted Guineafowl, ホロホロチョウ, 移入種 ナンベイウズラ科 Callipepla squamata, w:Scaled Quail, ウロコウズラ Callipepla californica, w:California Quail, カンムリウズラ Callipepla gambelii, w:Gambel's Quail, ズアカカンムリウズラ Colinus virginianus, w:Northern Bobwhite, コリンウズラ カモ目 リュウキュウガモ科 Dendrocygna bicolor, w:Fulvous Whistling-Duck, アカリュウキュウガモ カモ科 Oxyura jamaicensis, w:Ruddy Duck, アカオタテガモ Cygnus columbianus, w:Tundra Swan, コハクチョウ Anser albifrons, w:Greater White-fronted Goose, マガン Anser caerulescens, w:Snow Goose, ハクガン Anser rossii, w:Ross's Goose, ヒメハクガン Anser canagica, w:Emperor Goose, ミカドガン, Near threatened Branta sandvicensis, w:Nene, ハワイガン, 固有種 Vulnerable Branta canadensis, w:Canada Goose, カナダガン Branta hutchinsii, w:Tundra Goose, シジュウカラガン Branta bernicla, w:Brent Goose, コクガン Anas strepera, w:Gadwall, オカヨシガモ Anas penelope, w:Eurasian Wigeon, ヒドリガモ Anas americana, w:American Wigeon, アメリカヒドリ Anas platyrhynchos, w:Mallard, マガモ Anas wyvilliana, w:Hawaiian Duck, ハワイマガモ, 固有種 Endangered Anas laysanensis, w:Laysan Duck, レイサンマガモ, 固有種 Vulnerable Anas discors, w:Blue-winged Teal, ミカヅキシマアジ Anas cyanoptera, w:Cinnamon Teal, アカシマアジ Anas clypeata, w:Northern Shoveler, ハシビロガモ Anas acuta, w:Northern Pintail, オナガガモ Anas querquedula, w:Garganey, シマアジ, 迷鳥 Anas crecca, w:Common Teal, コガモ Aythya ferina, w:Common Pochard, ホシハジロ, 迷鳥 Aythya valisineria, w:Canvasback, オオホシハジロ Aythya americana, w:Redhead, アメリカホシハジロ Aythya collaris, w:Ring-necked Duck, クビワキンクロ Aythya fuligula, w:Tufted Duck, キンクロハジロ, 迷鳥 Aythya marila, w:Greater Scaup, スズガモ Aythya affinis, w:Lesser Scaup, コスズガモ Histrionicus histrionicus, w:Harlequin Duck, シノリガモ Clangula hyemalis, w:Long-tailed Duck, コオリガモ Melanitta nigra, w:Black Scoter, クロガモ Melanitta perspicillata, w:Surf Scoter, アラナミキンクロ Bucephala clangula, w:Common Goldeneye, ホオジロガモ Bucephala albeola, w:Bufflehead, ヒメハジロ Lophodytes cucullatus, w:Hooded Merganser, オウギアイサ Mergus serrator, w:Red-breasted Merganser, ウミアイサ Mergus merganser, w:Common Merganser, カワアイサ ブッポウソウ目 ヤマセミ科 Megaceryle alcyon, w:Belted Kingfisher, アメリカヤマセミ オウム目 オウム科 Psittacula krameri, w:Rose-ringed Parakeet, ホンセイインコ, 移入種 Amazona viridigenalis, w:Red-crowned Parrot, メキシコアカボウシインコ, 移入種 Endangered アマツバメ目 アマツバメ科 Aerodramus bartschi, w:Guam Swiflet, グァムムジアナツバメ, 移入種 Endangered フクロウ目 メンフクロウ科 Tyto alba, w:Barn Owl, メンフクロウ フクロウ科 Asio flammeus, w:Short-eared Owl, コミミズク ヨタカ科 Chordeiles minor, w:Common Nighthawk, アメリカヨタカ ハト目 ハト科 Columba livia, w:Rock Pigeon, カワラバト, 移入種 Streptopelia chinensis, w:Spotted Dove, カノコバト Geopelia striata, w:Zebra Dove, チョウショウバト, 移入種 Zenaida macroura, w:Mourning Dove, ナゲキバト ツル目 ツル科 Grus canadensis, w:Sandhill Crane, カナダヅル クイナ科 Porzana palmeri, Laysan Crake, レイサンクイナ, 固有種 Extinc Porzana sandwichensis, Hawaiian Crake, ハワイクイナ, 固有種 Extinc Gallinula chloropus, Common Moorhen, バン Fulica alai, Hawaiian Coot, ハワイオオバン, 固有種 Vulnerable Fulica americana, American Coot, アメリカオオバン コウノトリ目 サケイ科 Pterocles exustus, w:Chestnut-bellied Sandgrouse, チャバラサケイ, 移入種 シギ科 Gallinago stenura, w:Pintail Snipe, ハリオシギ Gallinago gallinago, w:Common Snipe, タシギ Limosa haemastica, w:Hudsonian Godwit, アメリカオグロシギ Limosa lapponica, w:Bar-tailed Godwit, オオソリハシシギ, 迷鳥 Limosa fedoa, w:Marbled Godwit, アメリカオオソリハシシギ Numenius phaeopus, w:Whimbrel, チュウシャクシギ, 迷鳥 Numenius hudsonicus, w:Hudsonian Curlew, ハドソンチュウシャクシギ, 迷鳥 Numenius tahitiensis, w:Bristle-thighed Curlew, ハリモモチュウシャクシギ, Vulnerable Tringa melanoleuca, w:Greater Yellowlegs, オオキアシシギ Tringa flavipes, w:Lesser Yellowlegs, コキアシシギ Tringa solitaria, w:Solitary Sandpiper, コシグロクサシギ Tringa glareola, w:Wood Sandpiper, タカブシギ, 迷鳥 Tringa macularia, w:Spotted Sandpiper, アメリカイソシギ Tringa brevipes, w:Grey-tailed Tattler, キアシシギ Tringa incana, w:Wandering Tattler, メリケンキアシシギ Catoptrophorus semipalmatus, w:Willet, ハジロオオシギ Arenaria interpres, w:Ruddy Turnstone, キョウジョシギ Limnodromus griseus, w:Short-billed Dowitcher, アメリカオオハシシギ Limnodromus scolopaceus, w:Long-billed Dowitcher, オオハシシギ Calidris canutus, w:Red Knot, コオバシギ Calidris alba, w:Sanderling, ミユビシギ Calidris pusilla, w:Semipalmated Sandpiper, ヒレアシトウネン Calidris mauri, w:Western Sandpiper, ヒメハマシギ Calidris minuta, w:Little Stint, ヨーロッパトウネン, 迷鳥 Calidris ruficollis, w:Red-necked Stint, トウネン Calidris subminuta, w:Long-toed Stint, ヒバリシギ Calidris minutilla, w:Least Sandpiper, アメリカヒバリシギ Calidris bairdii, w:Baird's Sandpiper, ヒメウズラシギ Calidris melanotos, w:Pectoral Sandpiper, アメリカウズラシギ Calidris acuminata, w:Sharp-tailed Sandpiper, ウズラシギ Calidris alpina, w:Dunlin, ハマシギ Calidris ferruginea, w:Curlew Sandpiper, サルハマシギ, 迷鳥 Tryngites subruficollis, w:Buff-breasted Sandpiper, コモンシギ, Near threatened Philomachus pugnax, w:Ruff, エリマキシギ Phalaropus tricolor, w:Wilson's Phalarope, アメリカヒレアシシギ Phalaropus lobatus, w:Red-necked Phalarope, アカエリヒレアシシギ Phalaropus fulicaria, w:Red Phalarope, ハイイロヒレアシシギ チドリ科 Himantopus mexicanus, w:Black-necked Stilt, クロエリセイタカシギ Pluvialis fulva, w:Pacific Golden-Plover, ムナグロ Pluvialis dominica, w:American Golden-Plover, アメリカムナグロ Pluvialis squatarola, w:Grey Plover, ダイゼン Charadrius semipalmatus, w:Semipalmated Plover, ミズカキチドリ Charadrius vociferus, w:Killdeer, フタオビチドリ Charadrius mongolus, w:Mongolian Plover, メダイチドリ, 迷鳥 Eudromias morinellus, w:Eurasian Dotterel, コバシチドリ カモメ科 Stercorarius longicaudus, w:Long-tailed Jaeger, シロハラトウゾクカモメ Stercorarius parasiticus, w:Parasitic Jaeger, クロトウゾクカモメ Stercorarius pomarinus, w:Pomarine Jaeger, トウゾクカモメ Stercorarius maccormicki, w:South Polar Skua, ナンキョクオオトウゾクカモメ Larus brachyrhynchus, w:Short-billed Gull, アメリカカモメ Larus delawarensis, w:Ring-billed Gull, クロワカモメ Larus californicus, w:California Gull, カリフォルニアカモメ Larus glaucescens, w:Glaucous-winged Gull, ワシカモメ Larus occidentalis, w:Western Gull, アメリカオオセグロカモメ Larus hyperboreus, w:Glaucous Gull, シロカモメ Larus argentatus, w:Herring Gull, セグロカモメ Larus schistisagus, w:Slaty-backed Gull, オオセグロカモメ, 迷鳥 Larus ridibundus, w:Black-headed Gull, ユリカモメ Larus philadelphia, w:Bonaparte's Gull, ボナパルトカモメ Larus atricilla, w:Laughing Gull, ワライカモメ Larus pipixcan, w:Franklin's Gull, アメリカズグロカモメ Rissa tridactyla, w:Black-legged Kittiwake, ミツユビカモメ Sterna nilotica, w:Gull-billed Tern, ハシブトアジサシ Sterna caspia, w:Caspian Tern, オニアジサシ Sterna bergii, w:Great Crested-Tern, オオアジサシ Sterna sandvicensis, w:Sandwich Tern, サンドイッチアジサシ Sterna hirundo, w:Common Tern, アジサシ Sterna paradisaea, w:Arctic Tern, キョクアジサシ Sterna antillarum, w:Least Tern, アメリカコアジサシ Sterna lunata, w:Grey-backed Tern, ナンヨウマミジロアジサシ Sterna fuscata, w:Sooty Tern, セグロアジサシ Chlidonias niger, w:Black Tern, ハシグロクロハラアジサシ Anous stolidus, w:Brown Noddy, クロアジサシ Anous minutus, w:Black Noddy, ヒメクロアジサシ Procelsterna cerulea, w:Blue Noddy, ハイイロアジサシ Gygis alba, w:Common White-Tern, シロアジサシ Ptychoramphus aleuticus, w:Cassin's Auklet, アメリカウミスズメ Cyclorrhynchus psittacula, w:Parakeet Auklet, ウミオウム Fratercula corniculata, w:Horned Puffin, ツノメドリ Fratercula cirrhata, w:Tufted Puffin, エトピリカ タカ科 Pandion haliaetus, w:Osprey, ミサゴ Milvus migrans, w:Black Kite, ニシトビ Haliaeetus pelagicus, w:Steller's Sea-Eagle, オオワシ, 迷鳥 Vulnerable Circus hudsonius, w:American Harrier, アメリカチュウヒ Accipiter soloensis, w:Chinese Goshawk, アカハラダカ, 迷鳥 Buteo solitarius, w:Hawaiian Hawk, ハワイノスリ, 固有種 Near threatened Buteo lagopus, w:Rough-legged Hawk, ケアシノスリ Aquila chrysaetos, w:Golden Eagle, イヌワシ ハヤブサ科 Falco columbarius, w:Merlin, コチョウゲンボウ Falco peregrinus, w:Peregrine Falcon, ハヤブサ カイツブリ科 Podilymbus podiceps, w:Pied-billed Grebe, オビハシカイツブリ Podiceps grisegena, w:Red-necked Grebe, アカエリカイツブリ Podiceps auritus, w:Horned Grebe, ミミカイツブリ Podiceps nigricollis, w:Black-necked Grebe, ハジロカイツブリ ネッタイチョウ科 Phaethon aethereus, w:Red-billed Tropicbird, アカハシネッタイチョウ, 迷鳥 Phaethon rubricauda, w:Red-tailed Tropicbird, アカオネッタイチョウ Phaethon lepturus, w:White-tailed Tropicbird, シラオネッタイチョウ カツオドリ科 Sula dactylatra, w:Masked Booby, アオツラカツオドリ Sula sula, w:Red-footed Booby, アカアシカツオドリ Sula leucogaster, w:Brown Booby, カツオドリ ウ科 Phalacrocorax pelagicus, w:Pelagic Cormorant, ヒメウ サギ科 Nycticorax nycticorax, w:Black-crowned Night-Heron, ゴイサギ Egretta caerulea, w:Little Blue Heron, ヒメアカクロサギ Egretta thula, w:Snowy Egret, ユキコサギ Ardea herodias, w:Great Blue Heron, オオアオサギ Ardea alba, w:Great Egret, ダイサギ Bubulcus ibis, w:Cattle Egret, アマサギ Butorides virescens, w:Green Heron, アメリカササゴイ トキ科 Plegadis chihi, w:White-faced Ibis, カオジロブロンズトキ グンカンドリ科 Fregata minor, w:Great Frigatebird, オオグンカンドリ Fregata ariel, w:Lesser Frigatebird, コグンカンドリ ミズナギドリ科 Fulmarus glacialis, w:Northern Fulmar, フルマカモメ, 迷鳥 Pterodroma nigripennis, w:Black-winged Petrel, ハグロシロハラミズナギドリ Pterodroma cervicalis, w:White-necked Petrel, クビワオオシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma inexpectata, w:Mottled Petrel, マダラシロハラミズナギドリ, Near threatened Pterodroma hypoleuca, w:Bonin Petrel, シロハラミズナギドリ Pterodroma cookii, w:Cook's Petrel, ハジロシロハラミズナギドリ, Endangered Pterodroma longirostris, w:Stejneger's Petrel, ヒメシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma alba, w:Phoenix Petrel, ムナオビシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma arminjoniana, w:Trinidade Petrel, ムナフシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma heraldica, w:Herald Petrel, ヘラルドシロハラミズナギドリ Pterodroma sandwichensis, w:Hawaiian Petrel, ハワイシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma neglecta, w:Kermadec Petrel, カワリシロハラミズナギドリ Pterodroma externa, w:Juan Fernandez Petrel, オオシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma ultima, w:Murphy's Petrel, ウスハジロミズナギドリ, Near threatened Pterodroma solandri, w:Providence Petrel, ハジロミズナギドリ, Vulnerable Bulweria bulwerii, w:Bulwer's Petrel, アナドリ Bulweria fallax, w:Jouanin's Petrel, アラビアアナドリ, Near threatened Calonectris leucomelas, w:Streaked Shearwater, オオミズナギドリ Puffinus pacificus, w:Wedge-tailed Shearwater, オナガミズナギドリ Puffinus bryani,w:Bryan's shearwater,オガサワラヒメミズナギドリ Puffinus bulleri, w:Buller's Shearwater, ミナミオナガミズナギドリ, Vulnerable Puffinus carneipes, w:Flesh-footed Shearwater, アカアシミズナギドリ Puffinus creatopus, w:Pink-footed Shearwater, シロハラアカアシミズナギドリ, Vulnerable Puffinus griseus, w:Sooty Shearwater, ハイイロミズナギドリ Puffinus tenuirostris, w:Short-tailed Shearwater, ハシボソミズナギドリ Puffinus nativitatis, w:Christmas Island Shearwater, コミズナギドリ Puffinus auricularis, w:Townsend's Shearwater, オオセグロミズナギドリ Puffinus newelli, w:Newell's Shearwater, ハワイマンクスミズナギドリ, 域内のみ繁殖 Vulnerable Puffinus assimilis, w:Little Shearwater, ヒメミズナギドリ Diomedea albatrus, w:Short-tailed Albatross, アホウドリ, Vulnerable Diomedea nigripes, w:Black-footed Albatross, クロアシアホウドリ, Vulnerable Diomedea immutabilis, w:Laysan Albatross, コアホウドリ Oceanites oceanicus, w:Wilson's Storm-Petrel, アシナガウミツバメ Oceanodroma castro, w:Band-rumped Storm-Petrel, クロコシジロウミツバメ Oceanodroma leucorhoa, w:Leach's Storm-Petrel, コシジロウミツバメ Oceanodroma tristrami, w:Tristram's Storm-Petrel, オーストンウミツバメ, Near threatened Oceanodroma furcata, w:Fork-tailed Storm-Petrel, ハイイロウミツバメ スズメ目 キミミミツスイ科 Moho braccatus, w:Kauai Oo, キモモミツスイ, 固有種 Extinc Moho apicalis, w:Oahu Oo, ワキフサミツスイ, 固有種 Extinc Moho bishopi, w:Bishop's Oo, ミミフサミツスイ, 固有種 Extinc Moho nobilis, w:Hawaii Oo, ムネフサミツスイ, 固有種 Extinc Chaetoptila angustipluma, w:Kioea, ハワイカオグロミツスイ, 固有種 Extinc カラス科 Corvus hawaiiensis, w:Hawaiian Crow, ハワイガラス, 固有種 Critically endangered Chasiempis sandwichensis, w:Elepaio, ハワイヒタキ, 固有種 Vulnerable ヒタキ科 Myadestes myadestinus, w:Kamao, カウアイヒトリツグミ, 固有種 Critically endangered Myadestes oahensis, w:Amaui, オアフヒトリツグミ, 固有種 Extinc Myadestes lanaiensis, w:Olomao, ラナイヒトリツグミ, 固有種 Critically endangered Myadestes obscurus, w:Omao, ハワイツグミ, 固有種 Vulnerable Myadestes palmeri, w:Puaiohi, カウアイツグミ, 固有種 Critically endangered Myadestes occidentalis, w:Brown-backed Solitaire, クリセヒトリツグミ Copsychus malabaricus, w:White-rumped Shama, アカハラシキチョウ ムクドリ科 Sturnus vulgaris, w:Common Starling, ホシムクドリ, 移入種 Acridotheres tristis, w:Common Myna, インドハッカ Gracula religiosa, w:Hill Myna, キュウカンチョウ, 移入種 Mimus polyglottos, w:Northern Mockingbird, マネシツグミ ツバメ科 Hirundo rustica, w:Barn Swallow, ツバメ シロガシラ科 Pycnonotus jocosus, w:Red-whiskered Bulbul, コウラウン, 移入種 Pycnonotus cafer, w:Red-vented Bulbul, シリアカヒヨドリ, 移入種 メジロ科 Zosterops japonicus, w:Japanese White-eye, メジロ, 移入種 ウグイス科 Cettia diphone, w:Japanese Bush-Warbler, ウグイス Acrocephalus familiaris, w:Millerbird, レイサンヨシキリ, 固有種 Critically endangered Garrulax pectoralis, w:Greater Necklaced Laughingthrush, クビワガビチョウ Garrulax caerulatus, w:Grey-sided Laughingthrush, ミミジロガビチョウ Garrulax canorus, w:Hwamei, ガビチョウ Leiothrix lutea, w:Red-billed Leiothrix, ソウシチョウ ヒバリ科 Alauda arvensis, w:Sky Lark, ニシヒバリ スズメ科 Passer domesticus, w:House Sparrow, イエスズメ, 移入種 Anthus hodgsoni, w:Olive-backed Pipit, ビンズイ Anthus cervinus, w:Red-throated Pipit, ムネアカタヒバリ Anthus rubescens, w:American Pipit, アメリカタヒバリ Uraeginthus bengalus, w:Red-cheeked Cordonbleu, セイキチョウ, 移入種 Estrilda caerulescens, w:Lavender Waxbill, アサギリチョウ, 移入種 Estrilda melpoda, w:Orange-cheeked Waxbill, ホウコウチョウ, 移入種 Estrilda troglodytes, w:Black-rumped Waxbill, カエデチョウ, 移入種 Estrilda astrild, w:Common Waxbill, オナガカエデチョウ, 移入種 Amandava amandava, w:Red Avadavat, ベニスズメ, 移入種 Lonchura cantans, w:African Silverbill, アフリカギンバシ, 移入種 Lonchura malabarica, w:White-throated Munia, ギンバシ, 移入種 Lonchura punctulata, w:Scaly-breasted Munia, シマキンパラ, 移入種 Lonchura atricapilla, w:Southern Black-headed Munia, キンパラ, 移入種 Lonchura oryzivora, w:Java Sparrow, ブンチョウ, 移入種 Vulnerable アトリ科 Serinus serinus, w:European Serin, セリン Serinus canaria, w:Island Canary, カナリア Serinus mozambicus, w:Yellow-fronted Canary, キマユカナリア Carduelis flammea, w:Common Redpoll, ベニヒワ Carpodacus mexicanus, w:House Finch, メキシコマシコ Telespiza ultima, w:Nihoa Finch, ニホアハワイマシコ, 固有種 Critically endangered Telespiza cantans, w:Laysan Finch, レイサンハワイマシコ, 固有種 Vulnerable Psittirostra psittacea, w:ʻŌʻū, キガシラハワイマシコ, 固有種 Critically endangered Dysmorodrepanis munroi, w:Lanai Hookbill, ラナイマシコ, 固有種 Endangered Dysmorodrepanis munroi, w:Lanai Hookbill, ラナイマシコ, 固有種 Extinc Loxioides bailleui, w:Palila, キムネハワイマシコ, 固有種 Endangered Rhodacanthis flaviceps, w:Lesser Koa-Finch, ヒメコアハワイマシコ, 固有種 Extinc Rhodacanthis palmeri, w:Greater Koa-Finch, コアハワイマシコ, 固有種 Extinc Chloridops kona, w:Grosbeak Finch, ハワイマシコ, 固有種 Extinc Pseudonestor xanthophrys, w:Maui Parrotbill, オウムハシハワイマシコ, 固有種 Vulnerable Hemignathus kauaiensis, w:Kauai Amakihi, カウアイミツスイ, 固有種 Hemignathus virens, w:Common Amakihi, ハワイミツスイ, 固有種 Hemignathus chloris, w:Oahu Amakihi, オアフミツスイ, 固有種 Vulnerable Hemignathus parvus, w:Anianiau, コハワイミツスイ, 固有種 Vulnerable Hemignathus sagittirostris, w:Greater Amakihi, オオハワイミツスイ, 固有種 Extinc Hemignathus obscurus, w:Hawaiian Akialoa, ユミハシハワイミツスイ, 固有種 Extinc Hemignathus lucidus, w:Nukupuu, マウイカワリハシハワイミツスイ, 固有種 Critically endangered Hemignathus munroi, w:Akiapolaau, カワリハシハワイミツスイ, 固有種 Oreomystis bairdi, w:Kauai Creeper, カウアイキバシリ, 固有種 Critically endangered Oreomystis mana, w:Hawaii Creeper, ハワイキバシリ, 固有種 Endangered Paroreomyza montana, w:Maui Creeper, マウイキバシリ, 固有種 Vulnerable Paroreomyza flammea, w:Molokai Creeper, モロカイキバシリ, 固有種 Extinc Paroreomyza maculata, w:Oahu Creeper, キバシリハワイミツスイ, 固有種 Critically endangered Loxops caeruleirostris, w:Akekee, アケキ, 固有種 Endangered Loxops coccineus, w:Akepa, コバシハワイミツスイ, 固有種 Endangered Ciridops anna, w:Ula-ai-hawane, ウラアイハワネ, 固有種 Extinc Vestiaria coccinea, w:Iiwi, ベニハワイミツスイ, 固有種 Near threatened Drepanis pacifica, w:Hawaii Mamo, キゴシクロハワイミツスイ, 固有種 Extinc Drepanis funerea, w:Black Mamo, クロハワイミツスイ, 固有種 Extinc Palmeria dolei, w:Akohekohe, カンムリハワイミツスイ, 固有種 Vulnerable Himatione sanguinea, w:Apapane, アカハワイミツスイ, 固有種 Melamprosops phaeosoma, w:Poo-uli, カオグロハワイミツスイ, 固有種 Critically endangered Plectrophenax nivalis, w:Snow Bunting, ユキホオジロ Passerculus sandwichensis, w:Savannah Sparrow, クサチヒメドリ Paroaria coronata, w:Red-crested Cardinal, コウカンチョウ Paroaria capitata, w:Yellow-billed Cardinal, キバシコウカンチョウ Sicalis flaveola, w:Saffron Finch, キンノジコ Tiaris olivacea, w:Yellow-faced Grassquit, キマユクビワスズメ Cardinalis cardinalis, w:Northern Cardinal, ショウジョウコウカンチョウ Sturnella neglecta, w:Western Meadowlark, ニシマキバドリ, 移入種 Quiscalus mexicanus, w:Great-tailed Grackle, オナガクロムクドリモドキ 関連項目 地域別野鳥一覧 8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。
ハワイ沖海戦
『真珠湾攻撃』より : 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき、英: Attack on Pearl Harbor、日本時間1941年12月8日未明、ハワイ時間12月7日)は、休日である日曜日を狙ってアメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃である。 当時の日本側呼称はハワイ海戦(布哇海戦)。太平洋戦争(大東亜戦争)緒戦の南方作戦の一環として計画された作戦であり、マレー半島のイギリス軍に対するマレー作戦に次いで開始された作戦である。一方的な戦闘の結果、アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を一時的に喪失した。 背景 作戦構想 オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地は1908年(明治41年)に設置され、以来日本海軍にとって脅威となっていた。真珠湾の海軍基地はオアフ島要塞と呼ばれた要塞群で守られており、中には戦艦と撃ち合える40cm砲も設置されていた。上陸可能な死角も存在しなかったため、艦砲射撃や上陸作戦には成功の見込みはなかった。
ハワイ海戦
『真珠湾攻撃』より : 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき、英: Attack on Pearl Harbor、日本時間1941年12月8日未明、ハワイ時間12月7日)は、休日である日曜日を狙ってアメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃である。 当時の日本側呼称はハワイ海戦(布哇海戦)。太平洋戦争(大東亜戦争)緒戦の南方作戦の一環として計画された作戦であり、マレー半島のイギリス軍に対するマレー作戦に次いで開始された作戦である。一方的な戦闘の結果、アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を一時的に喪失した。 背景 作戦構想 オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地は1908年(明治41年)に設置され、以来日本海軍にとって脅威となっていた。真珠湾の海軍基地はオアフ島要塞と呼ばれた要塞群で守られており、中には戦艦と撃ち合える40cm砲も設置されていた。上陸可能な死角も存在しなかったため、艦砲射撃や上陸作戦には成功の見込みはなかった。
ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐
『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(ハワイ・ミッドウェイだいかいくうせん たいへいようのあらし)は、日本の戦争映画で1960年(昭和35年)4月26日公開の東宝作品。 併映は森繁久彌主演の『新・三等重役 当たるも八卦の巻』(監督:杉江敏男)。 作品解説 第二航空戦隊空母「飛龍」搭乗員(九七式艦上攻撃機)の視点から見た、太平洋戦争前期(真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦まで)を描いた超大作特撮戦争映画である。東宝の俳優陣が総出演し、当時の新人俳優や中堅俳優などがメインキャストを務め、看板俳優ともいえる俳優が特別出演として登場する。 戦争の悲惨さを訴える部分もあるが、松林宗恵監督独特の戦争観が伝わる。特に飛龍が沈没した後、山口司令官と加来艦長が、海底に沈んだ飛龍の艦橋内で幽霊のように出てくるシーンがある。 製作 太平洋戦争前半を比較的忠実に描いている作品として評価は高い。魚雷を装着する際に一旦投下試験を行うことなど、ミッドウェイへの出撃が機密保持も何もなく、漁船等の見送りを受けながら白昼堂々と行われるなど、目立たない点においても史実に従っている。
ハワイ王国
ハワイ王国 Aupuni Mōʻī o HawaiʻiKingdom of Hawaiʻi 国の標語: Ua Mau ke Ea o ka ʻĀina i ka Pono(ハワイ語 : 大地の生命は正義によって保持される)国歌: ハワイ・ポノイハワイの位置 ハワイ王国(ハワイおうこく、ハワイ語: Aupuni Mōʻī o Hawaiʻi、英語: Kingdom of Hawaiʻi)は、1795年から1893年までハワイ諸島に存在した王国である。1893年の革命で共和制のハワイ共和国となり、1898年にはハワイ準州としてアメリカ合衆国に併合されて消滅した。 カメハメハ王朝 ハワイ王国は初め、初代国王カメハメハ1世(カメハメハ大王)とその子孫によって統治された。カメハメハ2世とカメハメハ3世はカメハメハ1世の息子である。 カメハメハ1世は白人から入手した武器を利用して領土を広げ、1795年にハワイ王国の建国を宣言した後、1810年に全ハワイ諸島を統一した。
ハワイ王朝
『ハワイ王国』より : ハワイ王国 Aupuni Mōʻī o HawaiʻiKingdom of Hawaiʻi 国の標語: Ua Mau ke Ea o ka ʻĀina i ka Pono(ハワイ語 : 大地の生命は正義によって保持される)国歌: ハワイ・ポノイハワイの位置 ハワイ王国(ハワイおうこく、ハワイ語: Aupuni Mōʻī o Hawaiʻi、英語: Kingdom of Hawaiʻi)は、1795年から1893年までハワイ諸島に存在した王国である。1893年の革命で共和制のハワイ共和国となり、1898年にはハワイ準州としてアメリカ合衆国に併合されて消滅した。 カメハメハ王朝 ハワイ王国は初め、初代国王カメハメハ1世(カメハメハ大王)とその子孫によって統治された。カメハメハ2世とカメハメハ3世はカメハメハ1世の息子である。 カメハメハ1世は白人から入手した武器を利用して領土を広げ、1795年にハワイ王国の建国を宣言した後、1810年に全ハワイ諸島を統一した。
ハワイ5-0
「ハワイ5-0」(ハワイファイブオー、 "”Hawaii Five-O”" )は、アメリカCBS系で1968年から1980年まで12シーズン (テレビ) シーズンに渡り、284話が放送されたテレビドラマ。日本(関東地区)では、フジテレビジョン フジテレビから1970年に26話が放映された。
ハワイ5-0とは、元海兵隊所属、朝鮮戦争の参加経験のあるスティーブ・マクギャレット率いる、ハワイ州知事直属の特別捜査班である。本部はホノルルのダウンタウンにあるハワイ州庁舎にあり、ハワイ州内のさまざまな犯罪事件の捜査を行う他、ときには防諜活動にも従事する。
シリーズは人気を博して長寿番組となったため、その間メンバーも入れ替わっている。まず、ズールーが第4シーズンで降板し、第5シーズンからはベン・コクア(アル・ハリントン)に交替。そのハリントンも、第7シーズンで降板した。第5シーズンから登場したホノルル警察の巡査部長デューク・ラケラ(ハーマン・ウェデメイヤー)は、後に5-0に正式加入した。第10シーズンでは、チン・ホーの殉職という形でカム・フォンが降板。第11シーズンでダニー役のマッカーサーも降板し、当初からのメンバーはマクギャレットのみになってしまった。第12シーズンには、ダニーの後任のジェームズ・"キモ"・キャルー(ウィリアム・スミス)、初の女性メンバーであるロリ・ウィルソン(シャロン・ファレル)、トラック・ケアロハ(モエ・ケアレ)が加入したが、シリーズはこのシーズンで終了した。この間には、マクギャレットの秘書も、メイからジェニー(ペギー・ライアン)、ルアナ(ローラ・ソード・マッテスン)と交代している。

ハワイ (競走馬)
ハワイ(Hawaii、1964年 - 1990年)とは、1960年代に南アフリカと北アメリカで活躍した南アフリカの競走馬である。後にアメリカで種牡馬となり、エプソムダービー優勝馬ヘンビット等を輩出した。半兄に南アフリカの名馬、ウィリアムペンがいる。 父ユトリロはイタリア産でフェデリコ・テシオの生産、母エタンはエチル産駒で13頭の仔のうち11頭が勝ち上がるという優秀な繁殖牝馬だった。ハワイはこの両親の間に1964年プラットベルク牧場で生まれた。幼い頃から素晴らしい馬体を持っていたと言われ、1歳時のランドショウの品評会では優勝し、直後に調教師ジョージ・アッツィーによって9030ランドという高額で買われ、チャールズ・W・エンゲルハードの持ち馬となった。 戦歴 南アフリカ アッツィーの元ヨハネスブルグで調教され、デビュー戦を7馬身差をつけて勝ち、続いて8馬身、8馬身と大きな着差とともに勝ち進んだ。
ハワイ語
ハワイ語(ハワイ語: ʻŌlelo Hawaiʻi)は、オーストロネシア語族に属し、ハワイ諸島先住民のポリネシア人であるハワイ人の先祖代々の言語である。英語とともにハワイ州の公用語に指定されている。特徴として、例えばWIKIPEDIAがWIKIPEKIAとなる等、本来「t」と「k」を区別しない点などが挙げられる。近縁のポリネシア語と同様に、用いられる音素が非常に少ないことである(後述する#ハワイ語のアルファベットの章を参照のこと)。ISO言語コードは haw 。 ハワイ語は、サモア語、マオリ語などのポリネシア語とごく近い関係にあり、マレー諸島やマダガスカルの言語ともやや遠いが、「親類関係」にあたる。 ハワイアン・クレオールとも呼ばれるハワイの混成語は英語を元にした地域言語であり、ハワイ語や、製糖・パイナップル栽培等の為に雇われた日本人や中国人を主とする移住民が持ち込んだ、アジアの言語からも一部の語彙を借用している。
ハワイ島
ハワイ島(ハワイとう、英語: Island of Hawai‘i、Hawaiʻi Island)は、ハワイ諸島を形成する、太平洋上の島の一つ。ハワイ諸島のみで構成されるアメリカ合衆国ハワイ州に属する。ハワイ諸島で最大の島であることから、英語では "Big Island" の愛称でも呼ばれる。面積は10,432.5 km²(日本の四国の約半分程度、岐阜県ほどの大きさである)。 なお、島の名は日本語では「ハワイ(島)」で通っているが、丁寧に発音した英語では [həˈwaɪ.i:] 「ハワイイー」であり、最後の ʻi も明確に発音している。 人口は148,677人(2000年国勢調査)と、ハワイ州の島としてはオアフ島に次ぐ。また、同島東岸の都市・ヒロは、日系移民によって開発された都市である。ヒロは、歴史的に津波によって数度壊滅的被害を受けた経験から、太平洋津波博物館が設置されており、津波に関する研究が行われている。 ハワイ島内の南西にある町キャプテン・クックは、キャプテン・クックことジェームズ・クックがハワイの原住民に殺害された場所であり、ケアラケクア湾にはその記念碑がある。
ハワイ州のラジオ放送局の一覧
ハワイ州のラジオ放送局の一覧(はわいしゅうのらじおほうそうきょくのいちらん、List of radio stations in Hawaii) 以下はコールサインよるアルファベット順の ハワイ州のラジオ放送局の一覧 である。 ハワイ郡(ビッグアイランド) AM 620 KIPA-AM アダルト・スタンダート - ヒロ 670 KPUA-AM ニュース/トーク - ヒロ 790 KKON-AM スポーツ - コナ 850 KHLO-AM スポーツ - ヒロ 1060 KHBC-AM ハワイアン、スタンダート、ジャズ - ヒロFM 89.3 KLVN-FM キリスト教系 - ヒロ 90.3 KCIF-FM 宗教 - ヒロ 91.1 KANO-FM クラシック、ファインアーツ - ヒロ 92.7 KHWI-FM アダルト・コンテンポラリー 93.9 KLUA-FM リズミック・トップ 40 - コナ 94.7 KWXX-FM リズミック・トップ 40、ハワイアンコンテンポラリー - ヒロ 95.9 KPVS-FM リズミック・トップ 40 - ヒロ 97.1 KNWB-FM クラシックロック - ヒロ 97.9 KKBG-FM トップ 40 - ヒロ 99.1 KAGB-FM ハワイアンコンテンポラリー - コナ 100.3 KAPA-FM ハワイアンコンテンポラリー - ヒロ 101.5 KAOY-FM リズミック・トップ 40、ハワイアンコンテンポラリー - コナ 103.7 KNUQ-FM ハワイアンコンテンポラリー - Paauilo 105.3 KBGX-FM オールディーズ - Keeau 106.1 KLEO-FM トップ 40 - コナ 106.9 KWYI-FM アダルトトップ 40 - Kawaihae 107.7 KKOA-FM カントリー - Volcano ホノルル市及びホノルル郡 AM 590 KSSK-AM アダルトコンテンポラリー 650 KRTR-AM イージーリスニング 760 KGU キリスト教系トーク 830 KHVH-AM ニュース/トーク 870 KAIM-AM クラシックカントリー 940 KHBZ-AM ニュース/トーク 990 KKNE-AM 伝統的なハワイアン 1040 KLHT-AM 宗教 1080 KWAI-AM トーク 1130 KRUD-AM 開局準備中 1170 KHCM-AM カントリー 1180 KORL-AM 日本語(2007年2月にFM(101FM)へ移行し閉局)  1210 KZOO-AM 日本語 1270 KNDI-AM アジア 1310 KIPU-AM 開局準備中 1370 KUPA-AM ハワイアン・アダルトコンテンポラリー 1420 KKEA-AM スポーツ 1460 KHRA-AM 韓国語 1500 KUMU-AM リベラル、革新的トーク 1540 KREA-AM 韓国語FM 88.1 KHPR クラシック、ファインアーツ 89.3 KIPO ニュース/トーク 90.3 KTUH モダン/プログレッシブ 91.5 新局 92.3 KSSK アダルトコンテンポラリー 93.1 KQMO トップ 40 93.9 KIKI リズミック・トップ 40。
ハワイ・マレー沖海戦
『ハワイ・マレー沖海戦』(ハワイ・マレーおきかいせん)は、1942年に海軍省の至上命令によって東宝映画が製作、社団法人映画配給社配給で公開された戦争映画・国策映画である。情報局国民映画参加作品。 1941年(昭和16年)12月8日の真珠湾攻撃および12月10日のマレー沖海戦の大勝利を描き、国威称揚させることを目的として、開戦の翌年に開戦一周年記念映画として1942年(昭和17年)12月3日に公開された。戦後も東宝の配給で再公開されている。戦時下に作成された戦争映画の白眉である。 あらすじ 物語の主軸となるのは海軍のパイロットを目指す予科練の生活が詳細に描き出すことに費やされる。平凡な少年友田義一が海軍精神を注入され、また厳しい訓練を耐え抜いて、晴れてパイロットとして搭乗するまでに物語の大半が費やされている。 後半は真珠湾攻撃に至るまでの航空母艦内の生活が詳細に描かれ、特撮を用いた攻撃シーンが場面を盛り上げる。最後は、仏印基地から発進した攻撃機がプリンス・オブ・ウェールズを撃沈し、大本営が米英軍との戦闘状態突入を発表するまでを描く。
ハワイ・パシフィック大学
ハワイ・パシフィック大学 (Hawai‘i Pacific University (HPU)) は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市に1965年に創立された私立総合大学である。 ハワイ州のみならず広く太平洋諸国、アジア各国、アメリカ本土、そしてヨーロッパ各地から学生が集まって来ている。幅広い専攻分野があり、国際色も豊かである。海洋科学(海洋生物学、海洋学)が著名。 メインキャンパスはホノルルのオフィス街の一角にある。メインキャンパスから約13キロ離れた郊外に、第二キャンパスのウィンドワード・キャンパスがある。 一部のクラスはオンラインで受講が可能なため、スケジュールの厳しい生徒や海外にいる生徒も単位の取得ができる。 駿河台大学と単位の提携校である。 2008年秋学期以降、一般教養のクラスのシステムが変わった。 学部 会計学 - Accounting 広告学 - Advertising 人間学 - Anthropology 応用数学 - Applied Mathematics 応用社会学 - Applied Sociology 生物学 - Biology ビジネス経済 - Business Economics コミュニケーション(スピーチ集中・ビジュアル集中) - Communications (Speech/Visual) コンピュータ情報システム - Computer Information Systems コンピュータ・サイエンス - Computer Science 企業コミュニケーション - Corporate Communications 経済学 - Marketing 環境科学 - Environmental Science 環境研究 - Environmental Studies 財政学 - Finance 総合ビジネス - General Business 歴史学 - History 人事 - Human Resource 国際ビジネス - International Business ジャーナリズム - Journalism 海洋学 - Oceanography 海洋生物学 - Marine Biology 看護 - Nursing 政治学 - Political Science 法律学(進学課程) - Pre-Law 医学(進学課程) - Pre-Medical Studies 精神科 - Pyschology PR - Public Relations 英語教授法 - Teaching English as a Second Language 観光科 - Travel Industry Management マルチメディア-Multi-media 大学院 Master of Business Administration (MBA) Master of Science in Information Systems Master of Science in Marine Science Master of Science in Nursing Master of Arts in Communication Master of Arts in Diplomacy and Military Studies Master of Arts in Human Resource Management Master of Arts in Global Leadership and Sustainable Development Master of Arts in Organizational Change Master of Arts in Teaching English as a Second Language Master of Education in Secondary Education Master of Social Work 習得可能な言語 言語学は(学部によって)必需科目だが免除できる場合もある。
ハワイアン航空
ハワイアン航空(ハワイアンこうくう、Hawaiian Airlines)は、アメリカのハワイ州を拠点とする航空会社である。 ハワイ州ホノルルにあるホノルル国際空港をハブ空港とし、ハワイ州内のハワイ島(ケアホレ・コナ国際空港、ヒロ国際空港)、マウイ島(カフルイ空港)、カウアイ島(リフエ空港)を結ぶ島間路線(インターアイランド路線)、ホノルル・カフルイとアメリカ本土を結ぶ国内線、ホノルルと太平洋地域を中心とした国際線を運航している。 航空券の座席予約システム(CRS)はSABREを利用している。 機内誌は「Hana Hou!」がある。 アメリカ運輸省の調査でアメリカの航空会社として2003年より6年連続定時出発率1位となっている。2011年には、過去最高となる約867万人の旅客数を記録した。 1929年1月30日 - インターアイランド航空(Inter-Island Airways Ltd.)として設立。 1941年 - ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)に社名改称。
ハワイ観測所
『国立天文台ハワイ観測所』より : 国立天文台ハワイ観測所 (こくりつてんもんだいハワイかんそくじょ、NAOJ Hawaii Observatory) は、日本の国立天文台が初めて海外に設置した大学研究利用共同施設である。アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島ヒロに設置した事務所を本拠地に、マウナケア山頂に設置された観測機械「すばる望遠鏡」(愛称)を使い天体観測を行っている。 公開種別 本研究施設は、国立天文台の研究施設であるが、ハワイ州立ハワイ大学との共同研究施設であるため、以下は日本国内向けの公開情報である。 一般公開:施設見学(要:予約制、理由は以下の通り) 特別公開:無し(ただし、三鷹キャンパス特別公開や岡山天体物理観測所の特別公開では、ハワイ観測所の研究業務成果等を公開。) 研究利用:全国研究共同利用施設、全国大学研究共同利用施設、国際共同研究利用施設 公式記録に基づく歴史 1991年4月1日 前年度国会での承認を経て大型望遠鏡計画開始 1992年4月1日 望遠鏡の製作を開始 1997年4月10日 アメリカ合衆国ハワイ州ヒロ市に国立天文台ハワイ観測所開所 1998年10月10日 望遠鏡本体の組み立てが完成 1999年1月29日 ファーストライト(試験観測) 2004年10月1日 望遠鏡ドーム内への一般見学者受け入れを開始(予約制、16歳以上対象) 2006年4月1日 一般展示をハワイ州立イロミア天文学センター(天文博物館)へ移管 2006年10月 強い地震の影響で正常に動作しなくなる。
ハワイミツスイ族 (Sibley)
ハワイミツスイ族 Drepanidini は、鳥類の分類名のひとつ。
ハワイ諸島にのみ生息する固有種のグループ。
分類は学説により異なるが13から18属、20数種からなる。
体長は10から20cmと幅広く、またクチバシの形も様々に変化に富んでいることが特徴のグループである。
これらは絶海の孤島に過去に侵入した祖先種が、生態系のニッチにそれぞれ適応した進化(適応放散)を遂げた例として、ダーウィンフィンチ類と並んで有名である。
従来の分類ではスズメ目の下のハワイミツスイ科と独立の科をたてていたが、新しい分類ではアトリ科の下のグループとなる。
スズメ目 (Sibley) スズメ目>
スズメ亜目 (Sibley) スズメ亜目>

ハワイミツスイ科
『ハワイミツスイ族 (Sibley)』より : ハワイミツスイ類(はわいみつすいるい)は、鳥類スズメ目アトリ科ヒワ亜科の系統である。分類によってはハワイミツスイ科 Drepanididae・ハワイミツスイ亜科 Drepanidinae・ハワイミツスイ族 Drepanidini の分類階級が与えられる(あるいは与えられた)。 ハワイミツスイと総称される。 ハワイ諸島にのみ生息する固有群である。 32種が記録されているが、すでに12種が絶滅している。 体長は10から20cmと幅広く、またクチバシの形も様々に変化に富んでいる。これらは絶海の孤島に過去に侵入した祖先種が、生態系のニッチにそれぞれ適応した進化(適応放散)を遂げた例として、ダーウィンフィンチ類と並んで有名である。 系統と分類 系統樹は Weir et al. (2009)より。ハワイミツスイ族との多分岐として描かれている枝は増減する可能性がある。 ハワイミツスイ類は伝統的にはハワイミツスイ科 Drepanididae とされていた。Drepanidinae と Psittirostrinae の2亜科に分けることもあった (Amadon 1950)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ハワイ
 カウアイ島、 カハラ、 ハワイ島、 ヒロ、 ホノルル、 マウイ島、 ラハイナ、 リフエ、
  ワイキキ

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)