翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

グアム
 Wikipediaグアム情報

グアム
座標: 北緯13度27分 東経144度47分 / 北緯13.450度 東経144.783度 / 13.450; 144.783 グアム Guam 地域の標語:Where America's Day Begins(アメリカの一日が始まる場所) 地域の歌:Fanohge Chamoru(グアムの国) グアムの位置 グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の領土になった。1941年から1944年までは日本軍が占領統治し、「大宮島(だいきゅうとう)」と呼ばれた。経済面では、アメリカ、韓国、日本、ヨーロッパなどからの観光客が重要な位置を占めている。 日本では、かつてはグァムまたはガムと呼ぶのが主流となっていた。 古代 グアム島に人類が住み着いたのは紀元前3000年~2000年頃で、東南アジア系民族チャモロ人がマレーシアやインドネシア、フィリピンから航海カヌーに乗って移住してきたことに始まると考えられる。
グアム島
『グアム』より : 座標: 北緯13度27分 東経144度47分 / 北緯13.450度 東経144.783度 / 13.450; 144.783 グアム Guam 地域の標語:Where America's Day Begins(アメリカの一日が始まる場所) 地域の歌:Fanohge Chamoru(グアムの国) グアムの位置 グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の領土になった。1941年から1944年までは日本軍が占領統治し、「大宮島(だいきゅうとう)」と呼ばれた。経済面では、アメリカ、韓国、日本、ヨーロッパなどからの観光客が重要な位置を占めている。 日本では、かつてはグァムまたはガムと呼ぶのが主流となっていた。 古代 グアム島に人類が住み着いたのは紀元前3000年~2000年頃で、東南アジア系民族チャモロ人がマレーシアやインドネシア、フィリピンから航海カヌーに乗って移住してきたことに始まると考えられる。
グアム国際空港
グアム国際空港(グアムこくさいくうこう、英語: Guam International Airport 、別名 英語: Antonio B. Won Pat International Airport)は、アメリカ合衆国グアムの国際空港である。 3,000メートル級の滑走路を2本持つ、グアムの観光中心地タムニンとバリガダにまたがる高台に位置するグアム唯一の国際空港である。24時間運用されており、特に日本等への早朝便や日本等からの深夜到着便も多い。旅客ターミナルの他に貨物専用ターミナルも完備されており、貨物専用便の発着も多い。 フリーダムエアーとフライ・ミクロネシアの本拠地であり、またユナイテッド航空の太平洋地域におけるハブ空港である。日本航空やデルタ航空、チャイナエアラインやフィリピン航空などがアジアやアメリカ各地から乗り入れている。 なお、2012年11月19日より、仙台空港と姉妹空港提携を締結した。 2013年より日本航空が副操縦士昇格訓練を当空港で実施している。[1] [2] [3] 第二次世界大戦下の1943年に、1941年の開戦後にアメリカ軍を放逐し、当時グアム島を占領していた日本海軍の飛行場として建設された。
グアムの戦い
1944年のグアムの戦い(グアムのたたかい、Battle of Guam)は、太平洋戦争(大東亜戦争)におけるマリアナ-パラオ戦役の戦いの一つ。サイパンの戦いに次ぐ死傷者を出した。 グアム島はマリアナ諸島中の島で、大戦開始前にはアメリカの統治下にあったが1941年12月10日に日本軍の攻撃によって奪われていた。 昭和18年2月にガダルカナルの戦いで日本軍を打ち破り、中部太平洋の日本勢力圏に圧力を強めるアメリカ軍を食い止める為、日本は1943年(昭和18年)9月30日の最高戦争指導会議で裁可された「今後採ルヘキ戦争指導ノ大綱」に「確保スヘキ要域」として絶対国防圏を定めたが、アメリカ軍は、ギルバート・マーシャル諸島の戦いで中部太平洋の日本勢力下の各島を飛び石作戦で攻略し、じりじりと日本本土に迫ってきていた。
グアム (大型巡洋艦)
グアム (USS Guam, CB-2) はアメリカ海軍の大型巡洋艦。アラスカ級大型巡洋艦の二番艦。艦名はグアム島に因む。その名を持つ艦としては2隻目。 艦歴 グアムはニュージャージー州カムデンのニューヨーク造船所で起工し、1943年11月12日にジョージ・マクミラン夫人(前グアム島知事夫人)によって進水、1944年9月17日にレランド・P・ラヴット艦長の指揮下就役した。 トリニダードでの整調後、グアムはフィラデルフィアを1945年1月17日出航し、パナマ運河経由で2月8日に真珠湾に到着、太平洋艦隊に合流する。間もなくグアムはフォレスタル海軍長官の訪問を受ける。3月3日に真珠湾を出航し、3月13日にウルシー環礁に到着、姉妹艦のアラスカ (USS Alaska, CB-1) と共にミッチャー提督率いる第58任務部隊に加わる。 その後ウルシー環礁で配置転換が行われ、グアムはアーサー・W・ラドフォード少将率いる第58.4任務群に配属される。部隊はアメリカ海軍史上最も強力な艦隊の一つであった。九州近海から四国に向けて展開し、3月18日に同水域に到着する。
グアム (戦艦)
『グアム (大型巡洋艦)』より : グアム (USS Guam, CB-2) はアメリカ海軍の大型巡洋艦。アラスカ級大型巡洋艦の二番艦。艦名はグアム島に因む。その名を持つ艦としては2隻目。 艦歴 グアムはニュージャージー州カムデンのニューヨーク造船所で起工し、1943年11月12日にジョージ・マクミラン夫人(前グアム島知事夫人)によって進水、1944年9月17日にレランド・P・ラヴット艦長の指揮下就役した。 トリニダードでの整調後、グアムはフィラデルフィアを1945年1月17日出航し、パナマ運河経由で2月8日に真珠湾に到着、太平洋艦隊に合流する。間もなくグアムはフォレスタル海軍長官の訪問を受ける。3月3日に真珠湾を出航し、3月13日にウルシー環礁に到着、姉妹艦のアラスカ (USS Alaska, CB-1) と共にミッチャー提督率いる第58任務部隊に加わる。 その後ウルシー環礁で配置転換が行われ、グアムはアーサー・W・ラドフォード少将率いる第58.4任務群に配属される。部隊はアメリカ海軍史上最も強力な艦隊の一つであった。九州近海から四国に向けて展開し、3月18日に同水域に到着する。
グアム (重巡洋艦)
『グアム (大型巡洋艦)』より : 起工 1941年
進水 1943年 11月12日
就役 1944年 9月17日
退役 1947年 2月17日
基準排水量 29,000トン
満載排水量 34,250トン
全長 246.43m
全幅 27.67m
吃水 9.38m
最大速 33ノット
乗員 士官・兵員:2,251名
50口径30.5cm砲
38口径12.7cm砲
56口径40mm対空砲
70口径20mm対空砲

グアムオオコウモリ
グアムオオコウモリ(Pteropus tokudae)は、翼手目 オオコウモリ亜目 オオコウモリ科に属するコウモリの一種。西太平洋のグアム島に生息していたが、すでに絶滅した。別名トクダオオコウモリ。 果実や花の蜜を食べていたとされる。 もともと先住民チャモロ族はオオコウモリを食べていたが、たいした量ではなく、自然の回復力の範囲内であった。ところが、グアム島が人気のリゾート地に発展すると、オオコウモリ料理はグアム島の名物料理とされ、乱獲によってみるみるうちにオオコウモリの数は減っていった。1968年に撃ち落とされたのが最後の一匹であったが、いまでもグアム島では、他の地域のオオコウモリを乱獲することによって「グアムオオコウモリ」料理が提供されている。 脚注 ==。
グアム時間
『チャモロ標準時』より : チャモロ標準時(チャモロひょうじゅんじ、Chamorro Standard Time: 略称ChST)は、協定世界時 (UTC) を10時間進ませた標準時である。(UTC+10) 主な該当地域 アメリカ合衆国 グアム島 北マリアナ諸島。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

グアム
グアム

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)