翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ギリシャ
 Wikipediaギリシャ情報

ギリシャ
ギリシャ共和国 Ελληνική Δημοκρατία 国の標語:Ελευθερία ή θάνατος(ギリシャ語: 自由さもなくば死) 国歌:Ύμνος εις την Ελευθερίαν自由への賛歌ファイル:Greece national anthem.ogg ギリシャの位置 ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、東南ヨーロッパに位置する国である。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,080万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。 ギリシャの地理はヨーロッパ、アジア及びアフリカの交差点という戦略的立地にある。バルカン半島南端に位置し、国境は北西にアルバニア、北にマケドニア共和国及びブルガリア、北東にトルコと接する。同国は9つの地理的地域から成り、マケドニア、中央ギリシャ、ペロポネソス半島、テッサリア、イピロス、ドデカネス諸島及びキクラデス諸島を含むエーゲ海諸島、西トラキア、クレタ島、イオニア諸島がこれに該当する。
ギリシャ美術
『ギリシア美術』より : ギリシア美術(ギリシアびじゅつ)は、現在のギリシャ共和国を含むバルカン半島、アナトリア半島などの古代・中世のギリシア人居住地域を中心に発展した美術および、現在のギリシャ共和国の美術。単に「ギリシア美術」といった場合は、古代ギリシア時代の美術を指すことが多い。 古代ギリシア美術 古代ギリシアの哲学者達は、美術を「熟練した洞察力と直感を用いた美的な成り行き」として定義している。そこで、絶対的な美の基本は見るものをどれくらい感動させられるか、という点にある。その結果、ギリシアの芸術作品は、完璧な美を備えている神々の姿をとった彫刻が多い。 ギリシア彫刻の発展はアルカイック期、クラシック期、ヘレニズム期に分けられる。アルカイック初期の彫刻には、両手を腿に当てた直立したほぼ左右対称的な彫刻があり、エジプトの影響が見られる。これらの特徴は次第に消えていき、クラシック期、ヘレニズム期には、自然主義的で、動作に富む非対照的な彫刻が創られた。後期には顔の表情があまり表れなくなるが、これは当時の考えであった、「人間的感情を公で出すのは野蛮である」に基づくものである。
ギリシャ語
『ギリシア語』より : ギリシア語(ギリシアご、現代ギリシア語:ελληνικά または ελληνική γλώσσα)は、インド・ヨーロッパ語族ヘレニック語(ギリシア語)派に属する言語。ギリシャ語ともいい、単独でギリシア語派を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブルのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。 ギリシア語は、インド・ヨーロッパ語族の中で最も古くから記録されている言語であり、その歴史は3400年にわたる。ギリシア文字で記されるようになったのは、ギリシアでは紀元前9世紀、キプロスでは紀元前4世紀以後のことである。それ以前では、紀元前2千年紀半ばには線文字Bが、紀元前1千年紀前半にはキプロス文字が、それぞれ使われていた。 ギリシア語は今日においても、人類史上最も強い影響力を持った文明の言語、あるいは3千年間継承されてきた史上最も偉大な文学を生んだ言語のひとつとみなされ、広く尊敬の念を集めている。
ギリシャの首相
ギリシャの首相(ギリシャのしゅしょう)は、ギリシャ王国、ギリシャ共和国の首相。現在のギリシャ共和国での正式な官職名は「ギリシャ共和国首相」(ギリシア語: Πρωθυπουργός της Ελληνικής Δημοκρατίας)。 現在のギリシャでは大統領は基本的には儀礼上の国家元首であり、ギリシャ議会から選ばれた首相が行政府の長として実際の行政を担当する議院内閣制である。 歴代ギリシャ首相の一覧 ギリシャ王国 (ヴィッテルスバッハ家) ※ 就任・退任日の日付は、現在の暦に換算したもの。 ギリシャ王国 (グリュックスブルク家) ギリシャ共和国 (ギリシャ第二共和政) ギリシャ王国 (王政復古) ギリシャ王国 (ギリシャ軍事政権) ギリシャ共和国 (ギリシャ第三共和政) 非正統政権の首相 ギリシャ国 (枢軸国占領下の傀儡政権) 国民解放政治委員会 (レジスタンス組織による暫定政府) 暫定民主政府 (ギリシャ内戦時の共産党政府) 関連項目 ギリシャの大統領 ギリシャ王国#歴代君主 外部リンク ギリシャ共和国首相。
ギリシャ内戦
ギリシャ内戦(ギリシャないせん、ギリシア語: Ελληνικός Εμφύλιος Πόλεμος、英語: Greek Civil War)は、1946年から1949年の間にかけてギリシャにおいて争われた内戦である。一方の当事者は中道右派政府と右派民兵で、イギリスおよびアメリカの支援を受けていた。もう一方はナチス・ドイツ占領下のギリシャにおける最大のレジスタンス組織であった共産主義ゲリラギリシャ人民解放軍(ELAS)で、ギリシャ共産党(KKE) の指導下にあった。 広義の内戦は3つの段階に分けることができ、狭義には1946年から1949年の第三段階のみを指す。第一段階 (1942年 - 1944年) は右派レジスタンスに対する左派レジスタンスの攻撃である。第二段階(1944年)は右派レジスタンスによる政権奪取で、エジプトのカイロから帰還したギリシャ亡命政府、更にはイギリスによる支援を受けていた。第三段階(1946年 - 1949年、ギリシャ共産党では第三ラウンドと呼称した)は 騒然とした雰囲気下で行われた総選挙により樹立された中道右派政権とギリシャ共産党との争いである。
ギリシャ共和国
『ギリシャ』より : ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく、Ἑλληνικὴ Δημοκρατία)は、主に以下の時期を表す。 ギリシャ第一共和政 - 1822年から1833年まで。ただし、歴史学上、便宜的に使用されるものである。 ギリシャ第二共和政 - 1924年の希土戦争後から1935年のイオアニス・メタクサスのクーデターまで。 ギリシャ第三共和政 - 1974年のギリシャ王国時代の軍事独裁政権の崩壊以降、現在に至る。
ギリシャ神話
『ギリシア神話』より : ギリシア神話(ギリシア しんわ、ギリシア語: ΜΥΘΟΛΟΓΊΑ ΕΛΛΗΝΙΚΉ)は、古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語である。ギリシャ神話とも言う。 古代ギリシア市民の教養であり、さらに古代地中海世界の共通知識でもあったが、現代では、世界的に広く知られており、特に、ギリシャの小学校では、ギリシャ人にとって欠かせない教養として、歴史教科の一つになっている。 ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。プラトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世、近代の思想や芸術にとって、ギリシア神話はインスピレーションの源泉であった 。 口承 今日、ギリシア神話として知られる神々と英雄たちの物語の始まりは、およそ紀元前15世紀頃に遡ると考えられている。
ギリシャの地方行政区画
本項では、ギリシャの地方行政区画の詳細をしめす。あわせて、ギリシャの地方行政制度・地方自治制度についても触れる。 ギリシャでは2010年から「カリクラティス改革」と呼ばれる大規模な地方制度改革が行われ、行政区画は2011年1月1日付で大きく再編された。全土は13のペリフェリア(地方)、74のペリフェリアキ・エノティタ(県)、325のディモス(市)に区画されている。自治体は二層制で、ディモスが基礎自治体、ペリフェリアが広域自治体である。 ギリシャ共和国の主権の下に属する特殊な地域として、中央マケドニア南方のアトス自治修道士共和国(アトス山)がある。この地域はギリシャ正教修道士による特別な自治が認められており、一般の地方行政制度の外に置かれている。 地方行政階層 ペリフェリア ペリフェリア(περιφέρεια / periféria、複数形: ペリフェリエス περιφέρειες / periféries ; 英: region) は、ギリシャの広域自治体である。
ギリシャの県
『ギリシャの地方行政区画』より : 本項では、ギリシャの地方行政区画の詳細をしめす。あわせて、ギリシャの地方行政制度・地方自治制度についても触れる。 ギリシャでは2010年から「カリクラティス改革」と呼ばれる大規模な地方制度改革が行われ、行政区画は2011年1月1日付で大きく再編された。全土は13のペリフェリア(地方)、74のペリフェリアキ・エノティタ(県)、325のディモス(市)に区画されている。自治体は二層制で、ディモスが基礎自治体、ペリフェリアが広域自治体である。 ギリシャ共和国の主権の下に属する特殊な地域として、中央マケドニア南方のアトス自治修道士共和国(アトス山)がある。この地域はギリシャ正教修道士による特別な自治が認められており、一般の地方行政制度の外に置かれている。 地方行政階層 ペリフェリア ペリフェリア(περιφέρεια / periféria、複数形: ペリフェリエス περιφέρειες / periféries ; 英: region) は、ギリシャの広域自治体である。
ギリシャ文字
『ギリシア文字』より : ギリシア文字(ギリシアもじ)とは、ギリシア語を書き表すために用いられる文字である。現代ギリシア語では24文字からなる。ギリシャ文字とも表記される。 ギリシア文字は、古代ギリシア人がギリシア語を表記するため、フェニキア文字を元に作った文字である。ラテン文字は、このギリシア文字を元に、後に生まれたものでもある。今日でも現代ギリシア語の表記に用いられ、また非ギリシア語圏でも、自然科学(主に物理学や数学の分野)を始めとする様々の分野で使われている。 「アルファベット」という言葉は、この文字体系の伝統的配列の1番目(アルファ)と2番目(ベータ)の文字名称が、その語源である。各文字の日本語慣用名称は、主として英語式発音に由来する。例えば、Π は、古代ギリシア語では「ピー」と発音するが、日本では一般に「パイ」と読まれる。これは英語の pi [paɪ] に倣ったものである。 ギリシア文字以前には、線文字B、またはミュケナイ文字と呼ばれている文字体系の使用もみられるが、これは仮名 (文字)と同じく音節文字で、音節構造の複雑なギリシア語の表記には必ずしも適さないものであった。
ギリシャ建築
『ギリシア建築』より : ギリシア建築(ギリシアけんちく)は、古代ギリシア人によって創造された建築様式である。特に神殿建築は代表的であり、古典主義建築の直接的、間接的規範とされ続けた。 ギリシア建築は紀元前7世紀頃から様式の創造が開始されはじめ、紀元前5世紀から紀元前4世紀頃にその頂点を迎えるが、空間よりも細部の装飾や比例原理を洗練させて自己完結していく傾向にあり、現代の美術的な感覚からすれば、建築よりもむしろ彫刻に近い。その後のヘレニズム時代には建築の形態が再編成され、建物の関係性が意識されるようになり、やがてこれらがローマ建築に継承された。 古典主義建築の源泉でありながら、ヨーロッパでは18世紀に至るまで忘れ去られていた建築であったが、新古典主義運動において建築の起原であると考えられるようになり、ギリシア建築の復興運動(グリーク・リヴァイヴァル)を巻き起こした。19世紀に建築起原論は解体されてしまったが、古典(classic)の象徴という概念は現代においてもなお続いている。 歴史的、地理的関係性を考慮すると、古代ギリシアの建築活動は紀元前2000年頃のミノア文明中期に遡り、ギリシア本土では紀元前1400年頃のミケーネ文明を発祥とする。
ギリシャ人
ギリシャ人(ギリシャじん、ギリシャ語:Έλληνες [ˈelines])とはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語を母語とする民族。国民としてのギリシャ人(ギリシャ共和国の国籍を有するもの)にはアルーマニア人、アルバニア人、トルコ系、国外からの移住者も含まれる。 古代 古代ギリシャ時代におけるギリシャ人は、ギリシャ語を話し、特に自由民であるものをいう。ギリシャ本土だけでなく、小アジアやヨーロッパの各地にギリシャから移住した者の手によって建設された植民市の住民も含む。彼ら自身はヘレネス(ヘレーンの一族)と称し、他者をバルバロイ(意味のわからない言葉を話す者)と呼んで区別した。マケドニア人も、ギリシャ語を話し、ヘーラクレースの血筋であるとされたので、一部の反マケドニア勢力を除けばヘレネスとして広く認知されていた。 後に、マケドニア王国のアレクサンドロス大王の帝国建設などを経て、広く中央アジアから地中海世界の各地にまで広がったギリシャ語を常用するものをも指すように転じた。
ギリシャ文学
『ギリシア文学』より : ギリシア文学とはギリシア語で書かれた文学作品の総称。最も古くかつ最も知られた古代のホメーロスから現代の作家にいたるまで、その歴史と展開は幅広い。ヘレニズム文化のもとでギリシア語は古代東地中海世界の共通語となったため、非ギリシア人による著作も多い。古代から中世にかけての言語状況に関してはギリシア語の項を参照。 古代 紀元前8世紀のギリシア神話に取材した『イーリアス』や『オデュッセイア』などのホメーロスによる叙事詩群が現存する最も古いギリシア詩作品である。ギリシア文学の最古の作品はみな韻文であり、詩であった。古代ギリシアにおいてホメーロスもその素材であるギリシア神話もたんなる虚構ではなく、神について述べ、知や法律について文化のあらゆる面で規範を与えるものであった。『神統記』、『労働と日々』を残したヘーシオドスや、他の詩人もまたそのように尊ばれた。しかしかなりの詩人の作品は後世に引用された断片のみが伝わる。詩の守護神はアポロンとムーサたちである。古代ギリシアでは詩は音楽をつけて吟唱され、文芸を意味する語「ムーシケー」は同時に「音楽」を意味した。
ギリシャ独立戦争
ギリシャ独立戦争(ギリシャどくりつせんそう、ギリシャ語:Ελληνική Επανάσταση του 1821(1821年ギリシャ革命)、英語:Greek War of Independence)は、オスマン帝国からのギリシャの独立を巡り争われた戦争。 ギリシャは1821年に独立宣言をして戦闘を開始し、1822年に憲法を発布して暫定政府を設立。1827年のナヴァリノの海戦で優位を確定し、1829年のアドリアノープル条約によって自治国としての独立が承認され、1830年のロンドン議定書によって列強間でギリシャの完全な独立が合意され、最終的には1832年6月のコンスタンティノープル条約でギリシャの独立は正式に承認された。ギリシャでは1821年3月25日を独立記念日としている。 ギリシャ独立戦争の局面は大きく二つに分けられる。フィリキ・エテリアの蜂起からギリシャ軍が有利であった1821年から1825年までが第一期、オスマン帝国が有利になりギリシャ軍に壊滅の危機が迫った1825年から1827年が第二期であるが、1827年に列強三国(イギリス、フランス、ロシア)が介入したことによりギリシャの独立は現実味を帯びた。
ギリシャ空軍
ファイル:Hellenic Air Force Roundel.svg thumb 200px ギリシャ空軍の国籍マーク 国籍識別標
ファイル:Nieuport IVG.jpg 200px thumb ギリシャ最初の軍用機ニューポール IV.Gの同型機
ギリシャで最初の航空部隊は、フランスの支援のもと1911年に設立された。6 人のギリシャ軍人がフランスへ訓練に送られ、その後4 機のファルマン機が発注された。
ギリシャ空軍は、バルカン戦争、第一次世界大戦、希土戦争 (1919年-1922年) 希土戦争、第二次世界大戦に参加した。また、度重なる内戦やクーデターでも一定の影響力を持った。
当初は陸軍航空隊と海軍航空隊は別個に存在していたが、1930年に航空省が発足するとその管轄下におかれる空軍に統合され、陸・海軍に続くギリシャ第3の軍隊となった。1931年には、空軍アカデミーであるイカロン学校が開校した。

ギリシャの経済
ギリシャの経済(ギリシャのけいざい)では、ギリシャの経済に関する事項を扱う。 失業率 ギリシャの失業率は2000年から2009年の期間では最悪でも11%で推移していた。EUに金銭支援を要請した2010年には12.8%に上昇、その2年後には24.4%にまで悪化してしまう。2014年には約26.5%となっている。この長期間の高失業率によって未来の経済成長率が低下することが懸念されている。IMFは2010年にギリシャ失業率の予測値を公表したが、それは極めて楽観的なものであった。 ImageSize = width:400 height:250 PlotArea = left:45 right:20 top:20 bottom:20 TimeAxis = orientation:vertical AlignBars = justify DateFormat = x.y Colors = id:scaleprin value:gray(0.3) id:scalesec value:white id:fond value:white id:serie1 value:orange id:serie2 value:black id:serie3 value:green id:serie4 value:yelloworange id:serie5 value:purple id:serie6 value:magenta id:serie7 value:orange id:serie8 value:lavender id:serie9 value:powderblue id:serie10 value:brightgreen Period = from:5.00 till:30.0 ScaleMajor = increment:2 start:5.00 gridcolor:scaleprin ScaleMinor = increment:1 start:5.00 gridcolor:scalesec BackgroundColors = canvas:fond BarData= bar:data1 text:2008 bar:data2 text:2009 bar:data3 text:2010 bar:data4 text:2011 bar:data5 text:2012 bar:data6 text:2013 bar:data7 text:2014 bar:data8 text:year DEFINITION DES ABSCISSES La première est confondue avec l'axe donc le pas "1" correspond à la seconde valeur On fait des variables pour plus de lisibilitéDefine $x1 = 45 Define $x2 = 92 Define $x3 = 140 Define $x4 = 188 Define $x5 = 236 Define $x6 = 284 Define $x7 = 332 Define $x8 = 380 Define $x9 = 427 Define $x10 = 475 Define $x11 = 523 Define $x12 = 571 Define $x13 = 619 Define $x14 = 667 Define $x15 = 715 Define $x16 = 762 Define $x17 = 810 Define $x18 = 858 Define $x19 = 906 Define $x20 = 954 Define $x21 = 1002 Define $x22 = 1050 Define $x23 = 1097 Define $x24 = 1145 Define $x25 = 1193 Define $xp1d = 43 Define $xp2d = 90 Define $xp3d = 138 Define $xp4d = 186 Define $xp5d = 234 Define $xp6d = 282 Define $xp7d = 330 Define $xp8d = 378 Define $xp9d = 425 Define $xp10d = 473 Define $xp11d = 521 Define $xp12d = 569 Define $xp13d = 617 Define $xp14d = 665 Define $xp15d = 713 Define $xp16d = 760 Define $xp17d = 808 Define $xp18d = 856 Define $xp19d = 904 Define $xp20d = 952 Define $xp21d = 1000 Define $xp22d = 1048 Define $xp23d = 1095 Define $xp24d = 1143 Define $xp25d = 1191 Define $xp1f = 47 Define $xp2f = 94 Define $xp3f = 142 Define $xp4f = 190 Define $xp5f = 238 Define $xp6f = 286 Define $xp7f = 334 Define $xp8f = 382 Define $xp9f = 429 Define $xp10f = 477 Define $xp11f = 525 Define $xp12f = 573 Define $xp13f = 621 Define $xp14f = 669 Define $xp15f = 717 Define $xp16f = 764 Define $xp17f = 812 Define $xp18f = 860 Define $xp19f = 908 Define $xp20f = 956 Define $xp21f = 1004 Define $xp22f = 1052 Define $xp23f = 1099 Define $xp24f = 1147 Define $xp25f = 1195 Dimensionnement des curseurs d'abscisseDefine $ycurdeb = 17 Define $ycurfin = 22 Ordonnées series 1Define $yS01V01 = -22 Define $yS01V02 = 56 Define $yS01V03 = 77 Define $yS01V04 = 100 Define $yS01V05 = 102 Define $yS01V06 = 98 Define $yS01V07 = 96 Define $yS01V08 = -22 Define $yS01V09 = -22 Define $yS01V10 = -22 Define $yS01V11 = -22 Define $yS01V12 = -22 Define $yS01V13 = -22 Define $yS01V14 = -22 Define $yS01V15 = -22 Define $yS01V16 = -22 Define $yS01V17 = -22 Define $yS01V18 = -22 Define $yS01V19 = -22 Define $yS01V20 = -22 Define $yS01V21 = -22 Define $yS01V22 = -22 Define $yS01V23 = -22 Define $yS01V24 = -22 Define $yS01V25 = -22 Ordonnées series 2Define $yS02V01 = 43 Define $yS02V02 = 58 Define $yS02V03 = 85 Define $yS02V04 = 128 Define $yS02V05 = 183 Define $yS02V06 = 209 Define $yS02V07 = 200 Define $yS02V08 = -22 Define $yS02V09 = -22 Define $yS02V10 = -22 Define $yS02V11 = -22 Define $yS02V12 = -22 Define $yS02V13 = -22 Define $yS02V14 = -22 Define $yS02V15 = -22 Define $yS02V16 = -22 Define $yS02V17 = -22 Define $yS02V18 = -22 Define $yS02V19 = -22 Define $yS02V20 = -22 Define $yS02V21 = -22 Define $yS02V22 = -22 Define $yS02V23 = -22 Define $yS02V24 = -22 Define $yS02V25 = -22 Ordonnées series 3 Ordonnées series 4 Ordonnées series 5 Ordonnées series 6 Ordonnées series 7 Ordonnées series 8 Ordonnées series 9 Ordonnées series 10 Les curseurs d'axe x (EasyTimeline ne permettant pas de les intégrer)LineData = color:black layer:back width:0.1 points:($x2, $ycurdeb)($x2, $ycurfin) points:($x3, $ycurdeb)($x3, $ycurfin) points:($x4, $ycurdeb)($x4, $ycurfin) points:($x5, $ycurdeb)($x5, $ycurfin) points:($x6, $ycurdeb)($x6, $ycurfin) points:($x7, $ycurdeb)($x7, $ycurfin) points:($x8, $ycurdeb)($x8, $ycurfin) LineData = color:serie1 layer:front width:1.5 points:($x2,$yS01V02)($x3,$yS01V03) points:($x3,$yS01V03)($x4,$yS01V04) points:($x4,$yS01V04)($x5,$yS01V05) points:($x5,$yS01V05)($x6,$yS01V06) points:($x6,$yS01V06)($x7,$yS01V07) width:5 points:($xp2d,$yS01V02)($xp2f,$yS01V02) points:($xp3d,$yS01V03)($xp3f,$yS01V03) points:($xp4d,$yS01V04)($xp4f,$yS01V04) points:($xp5d,$yS01V05)($xp5f,$yS01V05) points:($xp6d,$yS01V06)($xp6f,$yS01V06) points:($xp7d,$yS01V07)($xp7f,$yS01V07) LineData = color:serie2 layer:front width:1.5 points:($x1,$yS02V01)($x2,$yS02V02) points:($x2,$yS02V02)($x3,$yS02V03) points:($x3,$yS02V03)($x4,$yS02V04) points:($x4,$yS02V04)($x5,$yS02V05) points:($x5,$yS02V05)($x6,$yS02V06) points:($x6,$yS02V06)($x7,$yS02V07) width:5 points:($xp1d,$yS02V01)($xp1f,$yS02V01) points:($xp2d,$yS02V02)($xp2f,$yS02V02) points:($xp3d,$yS02V03)($xp3f,$yS02V03) points:($xp4d,$yS02V04)($xp4f,$yS02V04) points:($xp5d,$yS02V05)($xp5f,$yS02V05) points:($xp6d,$yS02V06)($xp6f,$yS02V06) points:($xp7d,$yS02V07)($xp7f,$yS02V07)  IMFが予測したギリシャ失業率 (%)  現実のギリシャ失業率 (%) 国内総生産 2014年時のギリシャの実質国内総生産は2008年時の水準の約75%にまで低下している。
ギリシャ人の一覧
ギリシャ人の一覧(ギリシャじんのいちらん)は、古代から現代までの、ギリシャの出身者、在外のギリシア系、およびギリシャ語を母語とした人々の一覧。 伝説上の人物 アガメムノン アキレウス オルペウス ダイダロス デウカリオン ヘラクレス ヘレーン 実在の人物 王侯貴族・皇帝・国王 = 古代 = レオニダス(古代のスパルタ国王) フィリッポス1世(マケドニア王) アレクサンドロス3世(マケドニア王。アレキサンダー大王) セレウコス朝の諸王 プトレマイオス朝の諸王 = 中世 = 7世紀以降の東ローマ帝国皇帝の大半(東ローマ皇帝一覧参照) = 近現代 = ヴィッテルスバッハ家 オソン1世グリュックスブルク家 ゲオルギオス1世 コンスタンティノス1世 アレクサンドロス1世 ゲオルギオス2世 パウロス1世 コンスタンティノス2世 エディンバラ公フィリップ(イギリス女王エリザベス2世の夫) 教会 コンスタンディヌーポリ総主教 正教会の主教 エウセビオス ミカエル・コニアテス ヨハンネス・ベッサリオン マカリオス3世 アナスタシオス (アルバニア大主教) 政治家 ソロン(古代アテナイの政治家、思想家) ペイシストラトス(古代アテナイの政治家、僭主) テミストクレス(古代アテナイの政治家、軍人。
ギリシャ神話を題材とした文学作品一覧
『ギリシア神話を題材とした文学作品一覧』より : 以下の一覧はギリシア神話を題材とした文学作品のうち一部を列挙したものである。 現存する作品 古代ギリシア = 叙事詩 = ホメーロス『イーリアス』(紀元前8世紀中頃) ホメーロス『オデュッセイア』(紀元前8世紀中頃) 偽ホメーロス『ホメーロス風讃歌』 偽ホメーロス『蛙鼠合戦』 ヘーシオドス『神統記』(紀元前700年頃) ヘーシオドス『仕事と日(農と歴)』 ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』(紀元前3世紀) クイントゥス『トロイア戦記(ホメロスの続き)』(4世紀) トリピオドロス『トロイア落城』(5世紀) ノンノス『ディオニュソス譚』(5世紀) = 叙情詩 = ピンダロス 『オリュンピア祝勝歌』 = 悲劇 = アイスキュロス『テーバイ攻めの七将』(紀元前467年) アイスキュロス『縛られたプロメテウス』 アイスキュロス『救いを求める女たち』(紀元前463年頃) アイスキュロス『オレステイア』三部作(紀元前458年) - 『アガメムノン』『供養する女たち』『慈しみの女神たち』 ソポクレス『アイアース』 ソポクレス『アンティゴネ』(紀元前441年頃) ソポクレス『トラキスの女たち』  ソポクレス『オイディプス王』(紀元前429年 - 紀元前425年頃) ソポクレス『エレクトラ』  ソポクレス『フィロクテテス』(紀元前409年) ソポクレス『コロノスのオイディプス』(紀元前401年) エウリピデス『アルケスティス』(紀元前438年) エウリピデス『メディア』(紀元前431年) エウリピデス『ヒッポリュトス』(紀元前428年) エウリピデス『トロイアの女』(紀元前415年) エウリピデス『ヘレネ』(紀元前412年) エウリピデス『オレステス』(紀元前408年) エウリピデス『ヘラクレスの子ら』 エウリピデス『アンドロマケ』 エウリピデス『ヘカベ』 エウリピデス『救いを求める女たち』 エウリピデス『ヘラクレス』 エウリピデス『イオン』 エウリピデス『エレクトラ』 エウリピデス『タウリケのイフィゲネイア』 エウリピデス『バッコスの信女』 エウリピデス『アウリスのイフィゲネイア』 = 小説 = = 歴史書・専門書 = プルタルコス 『英雄伝(対比列伝)』(2世紀) 偽アポロドーロス『ビブリオテーケー(ギリシア神話)』(3世紀頃) 偽ディクテュス『トロイア戦争日誌』(3世紀以前) ダレス『トロイア滅亡の歴史物語』 古代ローマ = 叙事詩 = オウィディウス『変身物語(転身物語)』(8年以前) ウェルギリウス『アエネイス』(19年) スタティウス『テーバイス』(1世紀) = 悲劇 = セネカ『恋のパエドラ(パエドラ)』(1世紀) セネカ『狂えるヘルクレス』 セネカ『トロイアの女たち』 セネカ『フェニキアの女たち』 セネカ『メデイア』 セネカ『オイディプス』 セネカ『アガメムノン』 セネカ『テュエステス』 偽?セネカ『オエタのヘラクレス』 = 小説 = アプレイウス『黄金のロバ』(2世紀後半) 後代 = 詩 = ブノア・ド・サント=モール『トロイ物語』(1170年頃) ダンテ『神曲』(1321年頃) チョーサー『トロイラスとクリセイデ』(1385年頃) = 悲劇 = シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』(1600年頃) ラシーヌ『ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士』(1664年) ラシーヌ『アンドロマック』(1667年) ラシーヌ『イフィジェニー』(1674年) ラシーヌ『フェードル』(1677年1月初演) ホーフマンスタール『エレクトラ』(1903年) ホーフマンスタール『アルケスティス』(1916年) ジロドゥ『エレクトル』 ジロドゥ『トロイ戦争は起こらなかっただろう』 サルトル『トロイアの女たち』 サルトル『蝿』(1943年) コクトー『アンティゴネ』(1922年) コクトー『オルフェ』(1926年) コクトー『オイディプース王』(1937年) コクトー『バッカス』(1952年) アヌイ『メデエ』 アヌイ『アンチゴーヌ』 アヌイ『オレスト』 ミュラー『メディアマテリアル』 ブレヒト『ソポクレースのアンティゴネー』 リチャードソン『放蕩息子』 = 小説 = ジェイムズ・ジョイス 『ユリシーズ』( 1922年) 散逸、或いは断片のみの作品 古代ギリシア = 叙事詩 = 叙事詩環(叙事詩圏) - 『キュプリア』『アイティオピス』『小イーリアス』『イーリオスの陥落』『ノストイ』『テレゴネイア』 テーバイ圏 - 『オイディポデイア』『テーバイド』『エピゴノイ』『アルクメオーニス』 ヘーシオドス『女の歴史』 コルトス『ヘレネー誘拐』(紀元前5世紀末) = 詩 = カルリマコス『アイティア』『讃歌』『ヘカレー』 = 歴史書・専門書 = アクーシラーオス 『系統誌』 レロスのペレキュデース = 外部リンク = ギリシア叙事詩断片集[1]。
ギリシャ人の一覧 (時代順)
『ギリシア人の一覧 (時代順)』より : ギリシア人の一覧 (時代順)(ギリシア人のいちらん・じだいじゅん)は、古代から現代までのギリシャの出身者、および在外のギリシア系あるいはギリシア語を母語とした人々を、時代順に並べる。 紀元前8世紀 ホメロス 紀元前7世紀 ヘシオドス 紀元前6世紀 ピュタゴラス アナクシマンドロス 紀元前5世紀 タレス(小アジア、ミレトス) ヘラクレイトス アイソポス ソクラテス フィリッポス1世(マケドニア王。マケドニア人) ゼノン (エレア派) (紀元前495年頃 - 紀元前435年頃) - パルメニデスの弟子でエレア派の哲学者 ソポクレス アイスキュロス アリストパネス デモクリトス ヒッポダモス(小アジア、ミレトス) - 都市計画家 紀元前4世紀 プラトン アリストテレス アレクサンドロス3世(マケドニア人) エピクロス 紀元前3世紀 ゼノン (ストア派) (紀元前335年 - 紀元前263年) - ストア派の創始者。
ギリシャの大統領
ギリシャの大統領(ギリシャのだいとうりょう)はギリシャの国家元首。現在の正式名称はギリシャ共和国大統領(ギリシア語: Πρόεδρος της Ελληνικής Δημοκρατίας)。 議会による間接選挙で選出される。任期は5年で、1回まで再選が許されている。大統領には政府の要請に基づいて、宣戦布告、講和締結、同盟、国際機関に加盟する権限があたえられている。これらの協定、条約を批准するには議会の5分の3の賛成が必要である。大統領はまた、大臣の副署のもとで非常権限を行使することができる。1986年におこなわれた憲法改正によって権限は縮小され、議会の解散、首相の解任、憲法の一部停止、非常事態の発令ができなくなった。 ギリシャの国家元首一覧 第一共和政(1828年 - 1833年) ギリシャ王国(1833年 - 1924年) ギリシャ王国、ギリシャ国王の一覧を参照 第二共和政(1924年 - 1935年) ギリシャ第二共和政も参照 ギリシャ王国(1935年 - 1973年) ギリシャ王国、ギリシャ国王の一覧を参照 軍事政権(1967年 - 1974年) 第三共和政(1974年 - 現在) 関連項目 ギリシャの首相 外部リンク 公式サイト List of Greek heads of state and government。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ギリシャ
アテネ、 イラクリオ、 エロウンダ、 オリンピア、 カランバカ、 クレタ島、 サントリーニ、
  テサロニキ、 デルフィ、 ミコノス、 ロードス島

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)