翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

フランス
 Wikipediaフランス情報

フランス
フランス共和国 République française 国の標語:Liberté, Égalité, Fraternité(フランス語: 自由、平等、友愛) 国歌:ラ・マルセイエーズ フランスの位置 この表のデータは本土のみで、海外県・属領を含まない(人口と面積は海外4県を含む)。 フランス共和国(フランスきょうわこく、仏: République française)、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌは地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がり、総面積は640,679km2、人口は6,660万人である。首都および最大都市のパリは主要な文化および商業の中心地である。同国は半大統領制の共和制であり、フランスの憲法制定により、人民主権を基に政教分離および民主制の国として建国された。 鉄器時代、現在のフランスに相当するガリアにはガリア人およびケルト人が居住していた。
フランス・ルネサンスの文学
フランス・ルネサンスの文学では、フランスにおけるルネサンス期、すなわちイタリア戦争開始(1494年)頃からユグノー戦争終結(1598年)頃までのフランス文学について扱う。時期区分から明らかなように、本記事は実質的に16世紀フランス文学を対象とするに等しい。 なお、「フランス文学」は、「フランス語で書かれた文学」と、「フランス人によって書かれた(ラテン語作品なども含む)文学」の2通りの意味があるが、ここでは前者を基軸としつつ、ラテン語作品などにも一定の配慮をするものとする(ちなみに前者は、スイスや現ベネルクス領内で刊行されたものも含む)。 16世紀初頭までのフランス文学は、詩であれ、物語であれ、中世までの伝統の継承という特色を強く示していた。しかし、人文主義やネオプラトニズムに特徴付けられるイタリア・ルネサンスの影響が、イタリア戦争やカトリーヌ・ド・メディシスのフランス王家への嫁入りなどによって、フランス国内に持ち込まれるようになると、文学の傾向にも根底からの変化が促されるようになった。
フランス75
『パリ』より : パリ(仏: Paris、巴里)は、フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ニューヨーク、ロンドン、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。 市域はティエールの城壁跡に造られた環状高速道路の内側の市街地(面積は86.99km2。参考:東京都・山手線の内側は63km2、ニューヨーク市・マンハッタンは59km2)、および、その外側西部のブローニュの森と外側東部のヴァンセンヌの森を併せた形となっており、面積は105.40km2。ケスタ地形を呈するパリ盆地のほぼ中央に位置し、市内をセーヌ川が貫く。この川の中州であるシテ島を中心に発達した。市内の地形は比較的平坦であるが、標高は最低でセーヌ川沿いの35メートル、最高でモンマルトルの丘の130メートルである。
フランス共和国
『フランス』より : フランス共和国 République française 国の標語:Liberté, Égalité, Fraternité(フランス語: 自由、平等、友愛) 国歌:ラ・マルセイエーズ フランスの位置 この表のデータは本土のみで、海外県・属領を含まない(人口と面積は海外4県を含む)。 フランス共和国(フランスきょうわこく、仏: République française)、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌは地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がり、総面積は640,679km2、人口は6,660万人である。首都および最大都市のパリは主要な文化および商業の中心地である。同国は半大統領制の共和制であり、フランスの憲法制定により、人民主権を基に政教分離および民主制の国として建国された。 鉄器時代、現在のフランスに相当するガリアにはガリア人およびケルト人が居住していた。
フランスの文化
『フランス』より : フランス文化(-ぶんか)は、フランス文化圏における全ての精神活動を指称する。 フランス文化とは、社会科学と自然科学と人文科学のフランスで築かれ世界的基準となったメートル法をはじめとする論理と形式と量的基準の全てを指称する。基本となったのは、ギリシアとローマの文化であり、それを花開かせたカトリック(ローマ・カトリック)教会である。フランス文化は、ローマ・カトリックの神学と、理神論の両者の人道的な「自己の尊厳の尊重と他者の尊厳の尊重」を重んずる「個人主義」の永い伝統と、神のもとにおける人間の平等と共存と博愛思想が基礎にあり、「人間の意志の自由」を打ち立てた「実存主義哲学」の伝統である。「フランス文化」とは、ローマ以来の伝統であるラテン語文化を受け継ぎ、アカデミーフランセーズによる規範フランス標準語構築し、その国際語となったフランス標準語による文学と芸術と人文科学・神学(カトリック神学)・社会科学・自然科学の著作とその伝統を継承して現代に至った先に記述した文化全般を指称する(もちろんミストラル(Frédéric Mistral (1830年-1914年))のような方言文学も含まれる)。
フランスの政治
『フランス』より : フランス第五共和政(フランスだいごきょうわせい、フランス語: Cinquième République)は、1958年にシャルル・ド=ゴール将軍がアルジェリア戦争を背景に第四共和政を事実上打倒し、新たに作られた現在のフランスの共和政体。第四共和政に比べて立法権(国民議会)の権限が著しく低下し、大統領の執行権が強化され、行政・官僚機構が強力なのが特徴。 第四共和政同様、憲法には基本的人権に関する条文がないが、前文において「1946年憲法で確認され補充された1789年宣言によって定められたような、人権および国民主権の原則に対する愛着を厳粛に宣言する」と定め、憲法第7章に基づいて設置された憲法評議会が「人間と市民の権利の宣言」(1789年宣言)と第四共和政憲法前文に基づいて違憲立法審査権を行使している。
フランス革命関連人物一覧
フランス革命に関連する人物の一覧
以下、革命前後において活躍した主要な人物を政治的立場などを参考にして分類してある。
生没年!!異名!!主な活躍
1754年 - 1793年
革命期のフランス国王(在位1774年 - 1792年)
ヴァレンヌ事件以降、急速に擁護派を失う
1755年 - 1824年
後の国王ルイ18世
1757年 - 1836年
後の国王シャルル10世
革命期における王党派の首領
1755年 - 1793年
オーストリア女
ルイ16世の王妃
贅沢な宮廷生活を送り、フランス財政悪化の一因を作った
1764年 - 1794年
国王一家と終始行動を共にし、刑死した
生没年!!異名!!主な活躍

フランスの歴史
フランスの歴史(Histoire de France)では、現在のフランス共和国の領土を構成する西ヨーロッパの領域の歴史を取り扱う。有史以前、古代ローマ支配、中世のフランク王国の建国と分裂、そしてフランス王国の成立と発展からフランス革命以降から現在の第5共和政に至る歴史である。 ガリア 古代ローマにおいて、ほぼ現在のフランスにあたる地域はガリアと呼ばれており、ケルト人が居住していたと考えられる。このことは、紀元前58年から紀元前51年にかけてガリア遠征を行ったガイウス・ユリウス・カエサルによる「ガリア戦記」などからもうかがえる。こうしてローマの遠征を受けた後は、いくつかのローマ風都市も建てられ、ローマ化が進んでいった。 フランク王国 メロヴィング朝 4世紀後半より始まる本格的なゲルマン人の移動にともない、ゲルマン人の一派であるフランク人がガリアに定住した。481年にクローヴィスがフランク諸族を統一してメロヴィング朝フランク王国を建国すると、旧ローマ帝国領であるガリアの現住民がカトリックを信仰していたため、統治を円滑に行うことも狙ってカトリックを受容した。
フランス史
『フランスの歴史』より : フランスの歴史(Histoire de France)では、現在のフランス共和国の領土を構成する西ヨーロッパの領域の歴史を取り扱う。有史以前、古代ローマ支配、中世のフランク王国の建国と分裂、そしてフランス王国の成立と発展からフランス革命以降から現在の第5共和政に至る歴史である。 ガリア 古代ローマにおいて、ほぼ現在のフランスにあたる地域はガリアと呼ばれており、ケルト人が居住していたと考えられる。このことは、紀元前58年から紀元前51年にかけてガリア遠征を行ったガイウス・ユリウス・カエサルによる「ガリア戦記」などからもうかがえる。こうしてローマの遠征を受けた後は、いくつかのローマ風都市も建てられ、ローマ化が進んでいった。 フランク王国 メロヴィング朝 4世紀後半より始まる本格的なゲルマン人の移動にともない、ゲルマン人の一派であるフランク人がガリアに定住した。481年にクローヴィスがフランク諸族を統一してメロヴィング朝フランク王国を建国すると、旧ローマ帝国領であるガリアの現住民がカトリックを信仰していたため、統治を円滑に行うことも狙ってカトリックを受容した。
フランス人
フランス人(フランスじん、仏: peuple français)とは、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々をさし、2004年時点で約6200万人を数える。 「フランス人」の定義 フランス人(les Français)とは、フランスの主権保持者であり、民族的出自や宗教的信念を問わず、フランス市民社会を構成する全ての人を指す。したがって、フランス人には、フランスの海外県及び植民地に居住する人々も含まれ、「フランス民族」というものはない。また、今後も、フランス国内で出生するか(出生地主義である)、帰化することによってフランス国籍を取得すれば、いかなる民族に属そうとも、「フランス人」となりうる。(なお、フランス人という名称は、語源学的に言えば、ローマ帝国末期にガリア地方を侵略したゲルマン系のフランク族に由来する。) 米国国務省発行資料を含む多くの英語文献では、「フランス人」を「ケルト人、ラテン人及びチュートン人の混血」が多数を占め、その他の少数民族としてスラヴ人、北アフリカ人、サブサハラ人、インドシナ人、バスク人を含む、と定義するが、この定義には下記のような問題があり、現状を反映していない。
フランス革命戦争
フランス革命戦争(フランスかくめいせんそう、仏: Guerres de la Révolution française, 英: French Revolutionary Wars)は、1792年4月20日から1802年3月25日までの、革命後のフランスと、反革命を標榜する対仏大同盟(イギリスおよびオーストリアを中心としたヨーロッパ列強)との一連の戦争である。当初は革命への外国の干渉戦争であったが、1794年前後を境に形勢は逆転し、フランスによる侵略戦争に変貌した。 フランス革命戦争は、オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として、1792年4月20日にフランス革命政府(ジロンド派内閣)のオーストリアへの宣戦布告によって開始された。フランス北部および東部、オランダ、ベルギー、ドイツ、北イタリア、エジプト、一部の植民地などが主要な戦場となった。1793年にはイギリスを中心として第一次対仏大同盟が結成され、国内での反乱も相まってフランスは危機に陥った。だが革命の熱気によってもたらされた国民的な戦争への参画と、国家総動員体制の整備や師団編成の導入をはじめとする軍事的革新をばねとして反撃に転じた。
フランス大革命
『フランス革命』より : フランス革命(フランスかくめい、仏: Révolution française, 英: French Revolution)は、18世紀にフランスで起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。 1787年にフランスの王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 経済史においても重要な出来事である。フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐる大混乱にも発展した。
フランス革命
フランス革命(フランスかくめい、仏: Révolution française, 英: French Revolution)は、18世紀にフランスで起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。 1787年にフランスの王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 経済史においても重要な出来事である。フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐる大混乱にも発展した。
フランス書院コミック文庫
フランス書院コミック文庫 はフランス書院の出版する成人向け漫画文庫レーベル。
全387冊(1冊欠番)。
フランス書院文庫シリーズの人気官能小説家と実力派劇画家や新進の美少女漫画家とのコラボレーションとしてスタート。その為、初期は劇画調の作品もあるが、出版社による成人向け漫画自粛による抑圧の反動からか、途中から全ていわゆる美少女コミックばかりになる。
シリーズ発足当時の時代背景として、青少年に与える成人向け漫画の悪影響を考慮した法律の見直しが叫ばれ、出版社による成人向け漫画一斉自粛の真っ只中であり、殆ど全ての書店から美少女コミックが姿を消していた。
そんな逆風の中、何故か、本シリーズは、自粛によって廃刊になった他社のコミックスを吸収しつつ、毎月順調にリリースされていた。

フランス語
フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギーの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で12,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。 方言 ヨーロッパ(フランスとその周辺) アルピタン語(フランス・イタリア・スイス国境付近) アオスタ方言(アオスタ語) アンジュー方言 シャンパーニュ方言(シャンパーニュ語) スイス方言(スイス・フランス語) ノルマンディー方言(ノルマン語) ジャージー島方言(Jèrriais、ジャージー島) ガーンジー島方言(Guernésiais、ガーンジー島) パリ方言(フランシアン語) ピカルディー方言(ピカルディ語) フランシュ・コンテ方言 ブルゴーニュ方言 ブルボン方言 ベリション方言 ポワトゥー=シャラント方言(Saintongeais、ポワトゥー=シャラント地域圏) ロレーヌ方言 ワロン方言(主にベルギー(ベルギー・フランス語)で話され、ワロン語とも称する) ガロ語(ブルターニュ東部) 北アメリカ カナダ方言(français canadien)・アメリカ方言(French language in the United States) ケベック方言(ケベック・フランス語) アカディア方言(français acadien) シャック(ニューブランズウィック州南東部のアカディア方言、Chiac、フラングレの一種) セント・メアリーズ・ベイ方言(St. Mary's Bay French) オンタリオ方言(Franco-Ontarien、オンタリオ州) ケイジャン方言(français cadien又はcajun) アフリカ マグレブ方言 西アフリカ方言 中央アフリカ方言 マダガスカル方言 フランス語系クレオール語 ハイチ語 ルイジアナ・クレオール語 セーシェル・クレオール語 レユニオン・クレオール語 タヨ語など(French-based creole languagesを参照)。
フランス語の文法
フランス語の文法では現代標準フランス語の文法について記述する。 文法範疇 名詞に関わる文法範疇には、他の印欧諸語と同じく性・数・定性・格などがある。性は男性・女性の 2 つ。数は単数・複数の 2 つで、当然ながら可算・非可算の別がある。性・数の表示は、冠詞や指示詞・所有形容詞などの限定詞やその他の形容詞、および過去分詞の先行詞との一致などに現れる。定性は冠詞で示される。格変化はなく、名詞の格機能は語順および前置詞で表される。また人間と非人間は、疑問詞 (qui / quoi) や一部の不定代名詞 (personne / rien) では区別されるが、関係代名詞では区別されない。 人称代名詞 フランス語の人称代名詞は、強勢形を除く全てが接語である点が特徴的である。 限定詞 フランス語の限定詞には、冠詞、所有限定詞、指示限定詞、否定限定詞、疑問限定詞がある。フランス語では、名詞ではなくもっぱら限定詞が性、数を示す。 動詞 法・時制・相 伝統的な文法では、フランス語は直説法、条件法、接続法、命令法の 4 種類の法を持つとされる。
フランス領カメルーン
『カメルーン』より : カメルーン共和国 République du Cameroun(フランス語)Republic of Cameroon(英語) 国の標語:Paix, Travail, Patrie(フランス語: 平和、労働、祖国) 国歌:カメルーンの国歌 カメルーンの位置 カメルーン共和国(カメルーンきょうわこく)、通称カメルーンは、中部アフリカに位置する共和制国家。西にナイジェリア、北東にチャド、東に中央アフリカ共和国、南東にコンゴ共和国、南にガボン、南西に赤道ギニアに隣接し、南西部が大西洋のギニア湾に面する。首都はヤウンデ。 旧ドイツ植民地から、イギリスとフランスの植民地に分かれた経緯がある。非同盟路線を歩むが、経済、文化、軍事面でフランスとの関係が深い。1995年にイギリス連邦に加盟した。また、フランコフォニー国際機関にも加盟している。 国名 正式名称は英語で、Republic of Cameroon(リパブリック・オブ・キャメルーン)。
フランス共産党
党名 フランス共産党
党首職名 書記長
党首氏名 マリー・ジョルジュ・ビュフェ
上院代表職名
上院代表氏名
下院代表職名
下院代表氏名
成立年月日 1921年
上院 元老院 (フランス) 元老院
上院議員数 22
上院議員定数  343
上院議員集計年月日 ●年●月●日現在
下院 国民議会 (フランス) 国民議会
下院議員数 17
下院議員定数 577
下院議員集計年月日 2007年6月
党員・党友数
党員・党友数集計年月日

フランス法
フランス法(ふらんすほう、フランス語 仏:Droit français)は、フランスで発展し、適用されてきた法の総体を指す言葉である。
「フランス法」という概念が文献に最初に登場したのは16世紀のことであった。1679年4月に発布されたサン=ジェルマン=アン=レーの勅令は、フランス王国内の大学では、フランス法を教える学部と「フランス法教授」を必ず置くものとした。当時のフランス法の概念は、教会法やローマ法を含まず、国王命令、慣習法、パリ高等法院の判例を指していた。
フランス革命とともにナショナリズムが勃興し、フランス法の概念の定義を地理的あるいは観念的に特徴づける実益が失われた。地理的観点からみると、フランス法とは原則としてフランスの領土内で適用される法ということになるが、これでは植民地に住むフランス国民に対してはフランス法の適用ができないということになる。観念的観点からみると、フランス法とはフランス第一帝政期に法典化され、整理して発布された法ということになるが、これでは慣習法や、特にフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの影響によりドイツ法を特徴づけたローマ法を定義に取り込めない。

フランス第一帝政
フランス帝国 Empire Français 国歌: 門出の歌フランス帝国の位置1812年のヨーロッパ。濃い青 … フランス帝国の最大領土。薄い青 … フランスの衛星国。 フランス第一帝政(フランスだいいちていせい)は、1804年から1814年および1815年まで存続した、皇帝ナポレオン1世による、強力な軍事力を後ろ盾とした軍事独裁政権。 フランス帝国の成立 『1804年5月18日元老院決議』によって、軍人ナポレオン・ボナパルト終身第1統領は皇帝に即位し、「フランス共和国第1帝政」が生じていた。国民投票が11月におこなわれ、その国民投票の過半数の賛成の結果、ナポレオン・ボナパルト終身第1統領がフランス共和国の皇帝に即位したことが追認された。12月には皇帝ナポレオン一世の戴冠式がおこなわれた(フランス皇帝)。 ナポレオン政権は統領政府時代から一貫して、ナポレオンの天才的な軍事的才能を後ろ盾とした軍事国家であり、ナポレオン・ボナパルトの存在と、彼が戦争に勝ち続ける事が、政権存続の絶対条件であった。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

フランス
アビニヨン、 アルザス、 アルビ、 アルル、 エクサンプロバンス、 オンフルール、  カオール、カルカソンヌ、 カンヌ、 カンペール、 キブロン、 コートダジュール、  コルマール、 サンマロ、シャモニー、 シャンパーニュ、 ストラスブール、 ツール、  ディジョン、 ディナール、トゥールーズ、 トゥルービル、 トロワ、 ドービル、 ナンシー、  ナント、 ニース、 ニーム、パリ、 バル・ディゼール、 バル・トランス、 オルリー、  フォンテーヌブロー、 ブルージュ、ブルゴーニュ、 プロバンス、 ベルサイユ、 ボーヌ、  ボルドー、 マルセイユ、 メリベル、モナコ、 モンサンミッシェル、 ランス、 リヨン、  ルーアン、 ロワール地方

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島

 

 

 

お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)