翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

フィンランド
 Wikipediaフィンランド情報

フィンランド
フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。
フィンランド共和国
『フィンランド』より : フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。
フィンランドの歴史
フィンランドの歴史(フィンランドのれきし)では、フィンランドの歴史について記述する。 先史時代 石器時代 現在の北欧の全域は1万3000年前までの間は氷床が広がっていたが、ヴュルム氷期が終わって気温が上昇すると、氷が解けて海面が上昇すると共に氷河の重さに抑えられていた陸が隆起した。約9000年前、後にバルト海になるアンキュルス湖の東側へ南方や東方から人々が移動するようになり、狩猟や漁業を行った。 紀元前3300年頃にヴォルガ川周辺の文化が持ち込まれ、櫛目文土器を使い始めた。ウラル語族のフィン人の祖先はフィンランド湾の南に広がり、サーミ人の祖先は北へ分かれた。この頃から北ゲルマン語群の文化と交流が始まり、言語や文化に影響を受けた。 紀元前1500年頃に青銅器時代が始まるまでに南部や西部では農業が始まったが東部や北部では狩猟と漁業が中心のままだった。青銅器が伝わった頃のフィンランドの遺跡は少なく、サーミ人はアスベスト土器を用いた。 民族移動時代 5世紀から6世紀のフィンランドを前期民族移動時代と呼び、8世紀末までを後期民族移動時代として区分する。
フィンランド語
フィンランド語(フィンランドご、suomi, suomen kieli)は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語フィン・ラップ諸語に属すバルト・フィン諸語の一言語。主にフィン人が使用する。 原語名称からスオミ語(Suomi)、またフィン語ともいう。この言語は膠着語であり、15格を有する。また同じバルト・フィン諸語にはエストニア語、サーミ語、カレリア語などが挙げられる。 約600万人の人々が同言語を話し、その内の93%がフィンランド国内の人々である。フィンランドのうちオーランド諸島と一部の地域ではスウェーデン語を用いているか、もしくはフィンランド語とスウェーデン語を併用している。フィンランド国外の使用者は、冬戦争・継続戦争で失った現ロシア連邦カレリア共和国に多く話者はおよそ7万人とされる。表記にはラテン文字を採用している。 フィンランド語はウラル語族であるため、話者グループの居住地が地理的に近いスウェーデン語やデンマーク語など他の北ヨーロッパの言語や、英語・ドイツ語などのインド・ヨーロッパ語族とは大きく異なる。
フィンランド神話
フィンランド神話(フィンランドしんわ)はフィンランドの神話であり、18世紀まで口伝によって継承されてきた。 フィン族は精霊信仰をベースに、世俗化はしたものの原始宗教的な伝説を守ってきた。狩り(ペイヤイネン Peijainen)や収穫、種蒔きといった儀式は、社会的イベントとして開催されたが、根底にある宗教的部分は全く欠落しなかったのである。 周囲の文化の緩やかな影響によって、単一神教的な考え方から空神を主神格に上げたけれども、彼らにとっては空神も元来は他と同じ「自然界の存在の1つ」でしかなかった。 最も神聖視された動物の熊は、フィン族の祖先の化身と見なされていたため、具体的な名前を声に出して呼んだりせず、"mesikämmen"(草地の足), "otso"(広い額), "kontio"(陸に棲むもの)といった婉曲表現で呼んでいた。 フィンランドの古代の神々が「マイナーな異教神」になってしまっても、その精神は長年の伝統となって大多数のフィン族の生活に浸透しており、習慣としてその神々を大切にしている。
フィンランド航空
フィンエアー(英語: Finnair、フィンランド語: Finnair Oyj フィンナイル・オーウーイィー)もしくはフィンランド航空は、フィンランドの航空会社である。 フィンランドのフラッグ・キャリアである。フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブ空港にしてフィンランド国内、ヨーロッパ、アジア・北アメリカ・中東方面などへ路線を展開している。航空連合のワンワールドに加盟しており、路線網は国内線約20都市、国際線約79都市の合計で約100都市にわたる。 航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 1923年〜 1923年11月1日 第一次世界大戦後、フィンランド航空の前身『アエロ・オイ(Aero O/Y)』が、民間航空会社として設立。創業者社長のブルーノ・オットー・ルキャンダーにより、水上フロートも付けられるドイツ製ユンカース F.13(第1号機・製造番号:700、機体記号:D-335/K-SALA)の導入を決定。
フィンランド・フェスティヴァルズ
フィンランド・フェスティヴァルズは、フィンランド国内で行われる様々な文化的催しを支援するために、1968年首都ヘルシンキに設立された協力組織である。観光業の一環として、ロビー活動やマーケティング、パブリック・リレーションズ PR、フィンランドの文化に関する教育などを担っている。
組織には、2008年現在80ものイベントが登録されており、毎年多くの聴衆を獲得している。主に音楽の部門のフェスティヴァルが多いが、演劇や映画、視覚芸術など、その分野は多岐に渡る。
マルチアート・フェスティヴァル部門
フェイシズ・エトノフェスティヴァル(Faces EtnoFestival)
労働者音楽祭(Festival of Workers” Music)
ヘルシンキ・フェスティヴァル(Helsinki Festival)
ホーリーヒル音楽祭(Holy Hill Music Festival)

フィンランド内戦
フィンランド内戦(フィンランドないせん、フィンランド語: Suomen sisällissota)はフィンランドで1918年に発生した、右派白衛軍と左派赤衛軍による内戦。 背景 開戦前の情勢 第一次世界大戦の煽りを受けて1917年ロシア革命が起こると、フィンランド議会はこれを好機として1917年12月6日に独立を宣言した。ロシア革命により誕生したばかりのソビエト政府は民族自決の方針からフィンランドの独立を認めた。独立後のフィンランド情勢は不安定であった。内政的には食糧不足による飢饉、高い失業率、不況といった問題を抱えていた。 対立勢力 自作農や資産家階級の人々は自らの財産を守るべく白衛軍を組織した。小作農や労働者達は革命を目指して赤衛軍を組織した。両者の対立が高まる中、1917年10月に左派勢力は議会における絶対多数を失い、政府は赤軍の国外追放を決議。1917年11月にはゼネラル・ストライキが発生し、両派の対立は決定的なものとなった。白衛軍はドイツ帝国とスウェーデン義勇軍の支援を受けた。
フィンランドの銃規制
フィンランドの銃規制( - じゅうきせい)と銃政策(じゅうせいさく)について解説する。フィンランドには200万丁の銃火器が登録されており、(これは単位あたりでアメリカ合衆国 米国よりも多い)さらに25万丁の未登録銃器も存在しているといわれている。フィンランド内務省によると、フィンランド家庭の25%が銃火器を所有しており、その殆どがロングガンと呼ばれるライフル銃や散弾銃である。これはフィンランドの国民皆兵制度に基づいている。上記の銃火器には信号弾発射銃も含まれており、これはフィンランドでボートやヨットが人気スポーツであることに由来している。
フィンランドの銃規制の施策は銃による犯罪を減らし、またその一方で軍隊の予備役の兵隊に銃を所持させて射撃訓練をさせることを目的として制定されている。フィンランドでは徴兵制度があり、予備役の射撃技術の維持は施策の柱となっている。フィンランドでは銃火器の全長が長ければ長いほど免許の所持が容易である(これは長ければ長いほど犯罪に使用しにくいという理由に基づいている)。

フィンランド大公国
フィンランド大公国 Storfurstendömet Finland (瑞語)Suomen suuriruhtinaskunta (芬語)Великое княжество Финляндское (露語) フィンランド大公国の位置フィンランド大公国の位置 フィンランド大公国(フィンランドたいこうこく、フィンランド語: Suomen suuriruhtinaskunta、露: Великое княжество Финляндское)は、1809年から1917年まで現在のフィンランドにあった国家である。
フィンランドのユーロ硬貨
ユーロ (EUR, €) は、欧州連合に加盟しているフィンランドを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 フィンランドのユーロ硬貨は、フィンランド銀行によって発行されている。 第一次 (2002 - 2006) 第一次フィンランドのユーロ硬貨は、デザインが3種類あり、その1つは、フィンランドの国章に描かれている剣をふるうライオンで、ユーロ導入以前の通貨であったマルッカ硬貨のデザインを引き継ぐ。 第二次 (2007 - 現在) 2007以降に鋳造された硬貨には、発行国の識別記号として、フィンランド(Finland)の頭文字である「FI」の文字が追加されている。
フィンランド人の一覧
フィンランド人の一覧(フィンランドじんのいちらん)は、フィンランド出身者、フィンランド国籍を持つ人物についての姓名を50音順に配列したものである。 あ行 アルヴァ・アールト - 建築家 ヴァイノ・アールトネン (Wäinö Aaltonen) - 画家、彫刻家 アクセル・アイロ - 軍人 アイノ・アクテ (Aino Ackté) - ソプラノ歌手 ミカエル・アグリコラ - 聖職者 マルッティ・アハティサーリ - 大統領、ノーベル平和賞受賞者(2008) カレヴィ・アホ - 作曲家 ユハニ・アホ (Juhani Aho) - ジャーナリスト、作家 オラヴィ・アホネン (Olavi Ahonen) - 俳優 ヤンネ・アホネン - スキージャンプ選手 カッレ・アホラ (Kalle Ahola) - 歌手、俳優、ギタリスト、作詞家、作曲家、編曲者 ペテル・アホラ (Peter Ahola) - アイスホッケー選手 ミカ・アホラ (Mika Ahola) - エンデューロライダー ヤルッコ・アホラ (Jarkko Ahola) - アーティスト、作曲家、歌手 ヨウコ・アホラ (Jouko Ahola) - 俳優 パトリック・アントニウス (Patrik Antonius) - ファッションモデル、ポーカー選手、テニスコーチ アドルフ・イーヴァル・アルヴィドソン - 詩人、歴史家。
フィンランド語版ウィキペディア
フィンランド語版ウィキペディア(”Suomenkielinen Wikipedia”)は、ウィキペディアのフィンランド語版である。
ウィキペディア全言語版中で13番目に記事数が多く、2008年4月現在、約16万項目の記事をもつ。フィンランド語版ウィキペディアは2002年に開始したが、しばらくはほとんど記事が執筆されていない状態であった。2003年初めには記事数は僅か6項目だけであったが、その1年間で3000項目を越すまでに急増した。また、同年11月にはウィキペディアのシステムがMediaWiki(当時の呼称は「Phase III」)に移行し、フィンランド国内においてメディアに取り上げられたり、記事の質が向上したことなどにより、さらに発展を遂げて今に至る。2007年2月11日、10万項目以上の記事をもつ13番目のウィキペディアとなった。

フィンランドの国歌
我等の地(われらのち、フィンランド語: Maamme、スウェーデン語: Vårt land)はフィンランドの国歌。楽曲がエストニアの国歌と同じである。 また、フィンランドにおいては第二の国歌としてジャン・シベリウス作曲のフィンランディアが知られている。 作曲はフレドリク・パーシウス。作詞はユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの手によってスウェーデン語で書かれ、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に訳した。 歌詞 後半四行は繰り返す。 外部リンク フィンランド国歌。
フィンランド化
フィンランド化(フィンランドか、独: Finnlandisierung 英: Finlandization)とは、議会民主制と資本主義経済を維持しつつも共産主義国の勢力下におかれる状態を、フィンランドとソビエト連邦の関係になぞらえた語である。 旧西ドイツの保守勢力が、諸悪の根源とされる共産主義諸国との対話を重視した首相ブラントを批判する際に用いた造語に由来する。 沿革 1939年の独ソ不可侵条約によって、ソ連はフィンランドを勢力範囲とすることをドイツから認められる。スターリンはフィンランドの併合を目論んでフィンランドへの侵攻を開始したが(ソ芬戦争)、頑強な抵抗に遭いフィンランド国土の十分の一のソ連への割譲を条件に講和し(冬戦争)、1941年の独ソ戦開戦によりフィンランドも失地回復のため参戦した(継続戦争)。枢軸国の敗勢によりフィンランドはソ連と休戦し、国内駐留ドイツ軍と開戦した(ラップランド戦争)。 敗戦国の立場に立たされ地理的にも西側の支援の望めないフィンランドは、1948年にフィンランド・ソ連友好協力相互援助条約(Agreement of Friendship, Cooperation, and Mutual Assistance)を締結し、独立および議会民主制と資本主義の維持と引き換えに、有事の際にはソ連に協力して戦うことを明言し、国際的には事実上の東側の一員として行動することとなった。
フィンランド中央党
『中央党 (スオミ)』より : フィンランド中央党(フィンランドちゅうおうとう、フィンランド語: Suomen Keskusta; Kesk.、スウェーデン語: Centern i Finland; C)は、フィンランドの中道・リベラル政党。フィンランド社会民主党、国民連合党と並ぶフィンランド三大政党の一つである。この場合の「中央」とは中道の意味である。 自由主義インターナショナルに加盟している。 沿革 1906年、前身組織が形成され、1908年に農民党 (Maalaisliitto) として結成された。結成の中心となったのは、サンテリ・アルキオ (Santeri Alkio) である。それ以来、農村地帯と地方小都市が中央党の最大基盤となっている。一方では、南部の都市域への浸透も図っている。中央党への党名変更も、地方から中央への支持浸透を目的とした面もあった。 1956年から1982年まで大統領を務めたウルホ・ケッコネンという卓越した指導者を得て、フィンランド最大の政党として発展してきた。
フィンランド湾
フィンランド湾(露: Финский залив、芬: Suomenlahti、エストニア語: Soome laht、スウェーデン語: Finska viken, 英語: Gulf of Finland)は、バルト海東部の湾。フィンランド、ロシア、エストニアに囲まれた東西約400kmの細長い湾である。(右、[地図上] 参照) この湾に面する主要都市は、北岸にフィンランドの首都ヘルシンキ、南岸にエストニアの首都タリン、湾の東奥にロシアのサンクトペテルブルクがある。(右、[地図下] 参照) 西方向に開けた湾で、面積約3万平方km、平均水深40mほどで、冬には結氷する。ヴォルガ・バルト水路によりラドガ湖、ボルガ川などと結ばれている。コトリン島をはじめ、大小多くの島がある多島海である。 フィンランド湾は約4,000年前にリットリナ海の一部として、原型が形成されたとされている 。 近世には、ロシア帝国、スウェーデンの制海権の争奪戦が行われた。主な海戦は、ハンゲの海戦、スヴェンスクスンドの海戦などである。 脚注 外部リンク Kymenlaakso in a nutshell - Kymenlaakson liitto Southern coast of the Gulf of Finland, Baltic Sea | Ramsar。
フィンランド国営放送
フィンランド国営放送/フィンランド放送協会(フィンランド語:Yleisradio 略称:YLE)は、フィンランド全域をカバーする公共放送 公共テレビ・ラジオ局。日本放送協会 NHKや英国放送協会 BBC同様、収入の大部分を受信料で賄えている。
YLEはフィンランド政府がその株式の99.98%を所有している公社であり、4つのテレビチャンネルと13のラジオチャンネル、25の地方局がある。1926年にヘルシンキで創業。フィンランドは公式的に2つの公用語を持つ国であり(スウェーデン語を母語とする人口は約5.5%)、スウェーデン語のテレビとラジオ放送を「Svenska YLE」と言う局名で実施していた。
欧州放送連合(EBU)の設立時からの加盟局である。
1926年 ヘルシンキにて設立。1928年には全国放送(ラジオ)開始。

フィンランド民主共和国
フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。
フィンランド人民民主共和国
『フィンランド民主共和国』より : フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

フィンランド
キッティラ、 サーリセルカ、 ナーンタリ、 バルト海、 ヘルシンキ、 ユッラス、 ルオスト、  ロバニエミ

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島

 

 

 


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)