翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

エジプト
 Wikipediaエジプト情報

エジプト
エジプト・アラブ共和国 جمهورية مصر العربية 国の標語:なし 国歌:我が祖国 エジプトの位置 エジプト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、アラビア語: جمهورية مصر العربية‎)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。 国号 正式名称はアラビア語で جمهورية مصر العربية (ラテン翻字: Ǧumhūrīyah Miṣr al-ʿarabīyah)。通称は مصر (標準語: Miṣr ミスル、エジプト方言ほか、口語アラビア語: [mɑsˤɾ] マスル)。 アラビア語の名称ミスルは、古代からセム語でこの地を指した名称である。なお、セム語の一派であるヘブライ語では、双数形のミスライム (מצרים, ミツライム) となる。
エジプト第18王朝
エジプト第18王朝(紀元前1570年頃 - 紀元前1293年頃)は新王国時代最初の古代エジプト王朝。政権としては第2中間期のテーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)政権である第17王朝と完全に連続した政権であるが、エジプト統一を成し遂げたイアフメス1世以降は第18王朝とするのが慣例となっている。エジプトの再統一による国力増大によって数々の大規模建築が残され、ヌビア、シリア地方に勢力を拡大し、オリエント世界に覇を唱えた。 「古代エジプトのナポレオン」と称されたトトメス3世、世界初の一神教ともいわれるアテン神信仰を追求したアメンヘテプ4世(アクエンアテン)、黄金のマスクによって知られるトゥトアンクアメン(ツタンカーメン)、女性としては初めてエジプトに実質的な支配権を確立したハトシェプスト、など、古代エジプトの代表的な王が数多くこの王朝に属している。
エジプト新王国
イアフメス1世とその後継者達は上下エジプトのみならず近隣の歴史的シリア シリア、ヌビア地方へ大幅に領土を拡大し、エジプトはオリエント世界最大の国家の一つとして君臨するに至った。トトメス3世に代表される歴代王達の征服活動は目覚ましく、広大な征服地とともに膨大な戦利品がエジプトへ流れ込み、エジプトは空前の繁栄の時代を迎えた。
歴代の王達は遠征の後に、国家神であるアメンに戦勝を謝するため、テーベにあるアメン神殿に多数の寄進を行うのが慣例となっていた。やがてアメン神殿はエジプトにおいて比類無い有力勢力となり、アメン神官団の動向は時として王位すら左右するようになった。第18王朝半ば頃になるとこうした神殿勢力の強大化に懸念を抱いた王達は、人事面における介入や他の神殿とのバランスをとる政策を中心として、アメン神官団の勢力をそぎ落としにかかった。こうして比較的アメン神官団を統御することが可能となったアメンヘテプ3世の時代には、圧倒的な王権を背景に数多くの巨大建築が残された。

エジプト第26王朝
第26王朝の王家は、歴代の王名などから元来はリビア人 リビア系であり、かつてサイスを拠点に下エジプトを支配したエジプト第24王朝 第24王朝の王家に連なる一族であったと推定されている参考文献『考古学から見た古代オリエント史』注釈p108の記述による。。マネトの記録では、第26王朝の最初の王はエチオピア エチオピア人アンメリスであると記されているが、彼は第24王朝最後の王バクエンレネフ(ボッコリス)がエジプト第25王朝 第25王朝(クシュ)の王シャバカ(サバコン)に敗れ第24王朝が崩壊した後、シャバカによって任命された知事であろう。
同じくマネトの記録でアンメリスの次の王とされるのはステフィナテス(テフナクト2世)であり、前述の通り第24王朝の王家の一族であったと考えられている。ステフィナテスと、それに続くネケプソス(ネカウバ)の時代にはサイスの支配を取り戻していたが、第25王朝に何らかの形で従属していたものと考えられる。しかし、オリエントで勢力を拡張し続けるアッシリアがエジプトに侵攻してきたために大きなチャンスが到来した。

エジプト第25王朝
マネト紀元前3世紀のエジプトの歴史家。彼はエジプト人であったが、ギリシア系王朝プトレマイオス朝に仕えたためギリシア語で著作を行った。の記録によれば第25王朝は3人のエチオピア王から成っていたとされている。ただし、古代の著作で用いられるエチオピアと言う地名が指す地理的範囲は、エジプト人がクシュと呼んだヌビア南部(上ヌビア)とほぼ同じか、或いはその地域を含む南方の漠然とした領域であった。
ヌビア地方では、エジプト新王国 新王国時代のエジプト支配を経て、エジプト文化が広く普及するようになっていた。新王国の衰退に伴ってエジプトがヌビアから撤退した後、ヌビア人達はゲベル・バルカル ナパタを都として独自の王国を建設した(クシュ王国、ナパタ王国とも)。この都市はナイル川第4急湍よりやや下流、かつて「清純の山」と呼ばれていたゲベル・バルカルという岩山の麓にあり、ここに残存する遺物の数々から、ヌビア人が(少なくても支配階級は)高度にエジプト化されていたことが把握できる。彼らはエジプト風の記念物を建設し、アメン神を信奉、ヒエログリフを用いて碑文を残したヌビア人達はエジプトの様式の中でも、エジプト古王国 古王国やエジプト中王国 中王国風の古めかしい様式を好んだ。。さらにエジプトと同じようにアメン神官団が大きな力を持つようになり、しばしば政策にも影響を与えた。

エジプト語
nativename=”r n km.t”
r:Z1 n km m t:O49
states=エジプト
region=中東
speakers=死語 (言語学) 死語
コプト・エジプト語として母語話者数十名・限定的用途の第二言語として数百人~数千人
rank=死語 (言語学) 死語
family=アフロ・アジア語族
  エジプト語
nation=なし
agency=なし
iso1=なし
iso2=egy
iso3=egy
sil=なし
エジプト学の研究者はエジプト語に大きく以下の6つの時代区分を設けている。
原エジプト語 (Archaic Egyptian) (紀元前2600年頃以前)
古エジプト語 (Old Egyptian) (紀元前2600年 – 紀元前2000年頃)

エジプト第12王朝
エジプト第12王朝(紀元前1991年頃 - 紀元前1782年頃)は、エジプト中王国時代の古代エジプト王朝。第1中間期を終わらせた第11王朝に継続する政権であった。中王国時代には文章語としての中期エジプト語が確立され、この王朝に纏わる数多くの文学作品が今日にまで伝えられている。第12王朝時代は中王国時代の大部分を占め、崩壊を以てエジプト第2中間期の始まりとされる場合が多い。 成立 第12王朝の初代王はアメンエムハト1世である。第11王朝最後の王メンチュヘテプ4世の治世第2年に王のための石棺の材料を得るために派遣された遠征隊の司令官の名前が宰相のアメンエムハトであることから、このアメンエムハトとアメンエムハト1世が同一人物であり、クーデターによって王位を簒奪したのであろうと言われている。『ネフェルティの予言』と呼ばれる文書によればアメンエムハト1世は上エジプト第1県の出身であったとされる。エレファンティネを首都とするこの州の厳密な境界ははっきりしないが、南はヌビアであるためアメンエムハト1世にヌビア人の血が入っているという説も存在する。
エジプト第4王朝
エジプト第4王朝(えじぷとだいよんおうちょう 紀元前2613年頃 - 紀元前2494年頃)は、エジプト古王国時代の古代エジプト王朝。古代エジプト文明を代表する建造物であるギザの大ピラミッドを建設した王朝であり、そのピラミッドを建設した王としてクフ王、カフラー王、メンカウラー王の名は広く知られている。政治史的にも文化史的にも極めて重要な王朝であり、その文化遺産は近現代にまで影響を及ぼし続けている。 マネトは、エジプト第4王朝が「異なる家系に属する」8人のメンフィスの王によって統治されたと記録している。マネトによる記録は、古い時代については王統等が不正確な場合が多いが、第4王朝時代になると王名等においては明らかに同定可能なものも登場する。他にヘロドトスやディオドロスもこの王朝の王に言及した記録を残している。 同時代史料や古代エジプトの文献史料から知られる第4王朝最初の王はスネフェルである。彼は上エジプト第16県で生まれた。そのため、第16県は彼が王位についた後メナト・スネフェル(「スネフェルの乳母」の意)と呼ばれるようになった。
エジプト第20王朝
エジプト第19王朝 第19王朝では王位継承に関する王朝末期の混乱が起き、女王タウセルトの治世を最後に終焉を迎えた。数ヶ月程度の空位期間を経てセトナクトが王位を獲得し、第20王朝が始まった。この経緯やセトナクトの経歴など詳しいことはわかっていない。半世紀余り後に作られた記録では、第19王朝の後にアジア人の首長(イルス?)の支配によって混乱が齎された。そしてセトナクトはこれを倒して秩序を確立し、エジプト王になったという。しかし、現在に残る同時代の記録では第19王朝末期と第20王朝初頭にかけて宰相などの地位に人事異動が無かったことを示しており、この記録にある「混乱」が実際にあったのか疑わしい。王位獲得後間もなくセトナクトは死亡し、共同統治者だった王子のラムセス3世が即位した。

エジプト第22王朝
王位を得る以前のシェションク1世に関する記録は少ないが、彼はプスセンネス2世の娘マートカラーを妻として娶り、軍司令官の地位を得ていたことが分かっている。またアビュドス出土の碑文によれば、彼はエジプト第21王朝 第21王朝の王に対し、アビュドスのオシリス神殿に彼の父の像を建てる許可を仰いでいるが、その中で彼は「メシュウェシュの大首長」と呼ばれている。この記録によれば、シェションク1世の父は「メシュウェシュの大首長シェションクシェションク1世とは別人。彼の祖父にあたる。と妻メフテンウェスケトの子たるメシュウェシュの大首長ニムロト」であった。
メシュウェシュはリビア人の有力部族である。このことからシェションク1世はエジプトに居住したリビア人部族の首長の地位を世襲する家系の出身であったことが知られ、王女との結婚もこうしたシェションク1世の地位があって可能であったものと考えられる。

エジプト第19王朝
第19王朝の初代王ラムセス1世(前1293年 - 前1291年)は、下エジプト(ナイル川三角州地帯)東部出身の軍人で、エジプト第18王朝 第18王朝末期頃には宰相にまで昇り詰めていた。第18王朝末期には王位継承が混乱しており、最後の王ホルエムヘブは妻を介してわずかに王族と血縁を繋いでいるに過ぎなかった。彼には嗣子がいなかったため、宰相であり親しい友人でもあったラムセスがホルエムヘブの後継者に指名されたのであった。こうしてホルエムヘブが死去するとラムセス1世が大過なく王位を継承し、第19王朝が始まった。
ラムセス1世は即位した時既に老齢であり治世は短かったため、彼について残されている記録はあまり無い。ラムセス1世の死後、息子のセティ1世(前1291年 - 前1278年)が王位を継承した。エジプトにおいて久方ぶりに父子による王位の世襲が行われたのである。セティ1世は父親であるラムセス1世と似通った経歴 ―軍人として活躍し宰相へと登る― を持っていた人物であり、それに相応しくシリア・パレスチナ方面への遠征に熱心であった。とりわけ第18王朝のアメンヘテプ4世(アクエンアテン)時代以来の混乱で失われた北シリアに対する支配権回復が目指された。当時北シリアにはヒッタイトの勢力が伸張していたが、カルナック神殿に残された浮き彫りなどから、彼はヒッタイトに勝利して北シリア方面の支配を回復したらしいことがわかる。しかしこの成功は一時的なもので、ヒッタイトの反撃や現地人の反乱のために結局エジプトは北シリアから撤退した。西方のリビア、南方のヌビアに対する遠征も記録に残されており、セティ1世の時代が長年の政治混乱から脱したエジプトが再び対外膨張を目指した時代であったことがわかる。

エジプト中王国
エジプト中王国(エジプトちゅうおうこく 紀元前2040年頃 - 紀元前1782年頃)は、古代エジプト史の時代区分。第11王朝の王メンチュヘテプ2世(前2060年 - 前2010年)によるエジプト統一から、第12王朝の終了までの時代を指す場合が多い。ただし、第13王朝や第14王朝を中王国時代に分類する考え方も支持を受けている。第1中間期の長い混乱を脱して様々な文化芸術が花開いた時代であり、エジプト文学の古典といわれる作品群もこの時代に形成された。 概略 第6王朝末期の混乱でメンフィスを拠点とした古王国が崩壊した後、第1中間期と呼ばれる長い混乱を経て、ナイル三角州に接したメンフィスではなく、ずっと上流のテーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)に成立した第11王朝の王メンチュヘテプ2世が、ヘラクレオポリス(古代エジプト語:ネンネス)を拠点にしていた第10王朝を倒し、紀元前2040年頃にエジプトを再統一した。
エジプト・アラブ共和国
『エジプト』より : エジプト・アラブ共和国 جمهورية مصر العربية 国の標語:なし 国歌:我が祖国 エジプトの位置 エジプト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、アラビア語: جمهورية مصر العربية‎)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。 国号 正式名称はアラビア語で جمهورية مصر العربية (ラテン翻字: Ǧumhūrīyah Miṣr al-ʿarabīyah)。通称は مصر (標準語: Miṣr ミスル、エジプト方言ほか、口語アラビア語: [mɑsˤɾ] マスル)。 アラビア語の名称ミスルは、古代からセム語でこの地を指した名称である。なお、セム語の一派であるヘブライ語では、双数形のミスライム (מצרים, ミツライム) となる。
エジプト第5王朝
エジプト第5王朝(紀元前2494年頃 - 紀元前2345年頃)は、エジプト古王国時代の古代エジプト王朝。エジプト第4王朝時代に引き続いてピラミッドの建設が行われた。第5王朝のピラミッドは第4王朝に比べて遥かに小規模であるが、ピラミッド・テキストと呼ばれる碑文がはじめて残されるようになる時代であり、歴史的重要性は前王朝にひけを取らない。太陽神ラーへの信仰が非常に強まった時代でもあり、宗教的にも後代のエジプトに大きな影響を残した。 エジプト第5王朝の最初の王とされているのはウセルカフ(マネトの記録ではウセルケレス)である。ウセルカフは第4王朝の王ジェドエフラーの王女ネフェルヘテプ(またはネフェルヘテペス)の息子として生まれた。彼の父の名は知られていない。そして同じく第4王朝の王であるメンカウラー(ジェドエフラーの甥にあたる)の王女ケンタカウエス1世を妻として王座についた。このようにウセルカフは第4王朝の王族と極めて濃密な血縁関係を持っているが、少なくてもマネトはウセルカフの即位を持って王朝の交代と見なしており、現代の区分もそれに従っている。
エジプト第15王朝
第15王朝の起源はヒクソスの起源に関する問題でもあるが、ここではヒクソス自体の起源問題には触れず、ヒクソスの政権奪取に関する問題について記述する。
”ヒクソスの起源問題についてはヒクソスの項目を参照”
マネト紀元前3世紀のエジプトの歴史家。彼はエジプト人であったが、ギリシア系王朝プトレマイオス朝に仕えたためギリシア語で著作を行った。の記録によればヒクソスと呼ばれる人々はトゥティマイオスと呼ばれる王の時代にエジプトにやってきてメンフィス (エジプト) メンフィスを占領し、「暴力を持ってエジプトを奪った」とされている。このトゥティマイオスは恐らく他の史料に登場するドゥディメス1世の事であると考えられる参考文献『考古学から見た古代オリエント史』、及び「ヒュクソスのエジプト支配」『西洋古代史論集1』を参照。。ナイル川三角州地方東部を制圧したヒクソスの王サイテス(もしくはサリティス)はアヴァリス市(現在のテル・アル=ダバア遺跡アヴァリス市の位置については長く論争が行われていた。かつてはフランスのピエール・モンテらによって唱えられたタニス遺跡がアヴァリスであるという説が長く有力であった。何よりもタニスがナイル川三角州地方で最大の遺跡の1つであったためである。しかし1970年代のオーストラリアのマンフレド・ビータクらの発掘調査の結果、テル・アル=ダバアがアヴァリスの遺跡であることが確実なものとなった。詳細はアヴァリスを参照)を建設し、そこを拠点にエジプトを支配したと言う。

エジプト古王国
エジプト古王国(-こおうこく 紀元前2686年頃 - 紀元前2185年前後)は、古代エジプト史における時代区分。通常エジプト第3王朝からエジプト第6王朝までの時代を古王国と呼ぶ。 概略 サナケト王が、恐らくはエジプト第2王朝の王女を娶って紀元前2686年頃に王となり、エジプト第3王朝が開かれたことを以って古王国時代のはじまりとされる。この時代は古代エジプトを象徴する建造物であるピラミッドが盛んに建造された時代であることから、ピラミッド時代とも呼ばれ、古代エジプトにおける政治、社会、宗教等の基本形が完成された時代であった。大雑把にはエジプトにおける中央集権体制の完成から崩壊までの時代とも言える。 歴代のエジプト王による長期の王権強化努力が実り、古王国時代には強力な中央集権体制が成立した。これを背景に第3王朝第2代のジェセル王によってサッカラに初めてピラミッドが建設された(ジェセル王の階段ピラミッド)。以後、歴代のエジプト王達は巨大なピラミッドを次々と造営していく。特にその絶頂期を象徴するギザの三大ピラミッドを建てたエジプト第4王朝のクフ、カフラー、メンカウラーの三名はピラミッド建設者の代名詞的存在となっている。
エジプト第1中間期
エジプト第1中間期(紀元前2180年頃 - 紀元前2040年頃)は、古代エジプト史における時代区分。通常第6王朝の崩壊から第11王朝による再統一までの時代を指す。長期間にわたって安定した統治を続けていた古王国の崩壊とその後の戦乱によって社会的、思想的、政治的に大きな変化を齎した。 メンフィスを中心としたエジプト古王国の統一権力は第6王朝の王ペピ2世の治世末期に急速に弱体化し、各地の州(ノモス)を統治した州侯達の自立傾向が高まった。メンフィスの政権は第7、第8王朝の下でなお存続し、統一政権の王としての権威も一応は保たれたが、地方の強大化の傾向は更に続いた。メンフィス政権の歴代王名やその治績についてはっきり分かっている事は極めて少ない。若干の学者は第6王朝以前の王朝と第7、第8王朝の連続性を重視し、この両王朝を古王国に分類している。これらの王朝の崩壊とともにメンフィスの政権の命運は尽きた。  やがて上エジプト第20県のヘウト・ネンネス(古代エジプト語:Hwt-nen-nesu)に興った第9、第10王朝と、上エジプト第8県のテーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)を拠点とした第11王朝の南北対立の情勢となった。
エジプト第11王朝
エジプト第11王朝(紀元前2133年、又は2134年頃 - 紀元前1991年頃)は、古代エジプトの王朝。第1中間期と呼ばれる分裂の時代に、上エジプト(ナイル川上流)南部の都市テーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)の州侯が自立して建てた政権を指す。この王朝によってエジプト古王国時代の終焉以来分裂していたエジプトが再び統一されることになった。第11王朝による統一以後の時代はエジプト中王国時代と呼ばれる。 ヘラクレオポリス政権との戦い 上エジプト第4県にあるテーベは古王国時代には取るに足らない一村落に過ぎなかったが、従来の首都ヘルモンティス(古代エジプト語:イウニ)からテーベに上エジプト第4県の首都が移されたことから大発展を遂げていた。テーベ侯としてはメンチュヘテプ1世の存在が知られており、彼の時代に独立勢力となったとする場合もあるが、完全な自立勢力として登場するのは彼の息子アンテフ1世の時代である。
エジプト文明
『古代エジプト』より : 古代エジプト(こだいエジプト)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的には紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前332年にアレクサンドロス大王によって滅ぼされるまでの時代を指す。 古い時代から砂漠が広がっていたため、ナイル川流域分の面積だけが居住に適しており、主な活動はその中で行われた。ナイル川の上流は谷合でありナイル川1本だけが流れ、下流はデルタ地帯(ナイル川デルタ)が広がっている。最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)でそれぞれ違った文化が発展した後に統一されたため、ファラオ(王)の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。 ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量術、幾何学、天文学が発達した。
エジプト第6王朝
エジプト第6王朝(紀元前2345年頃 - 紀元前2185年頃)は、エジプト古王国時代の古代エジプト王朝。エジプト古王国時代最後の王朝であり、その初期には活発な対外遠征を繰り返して周辺諸国を征服した。やがて第6王朝の中央権力の弱体化とともにエジプトの各地で州の長官たちが自立勢力となり、第1中間期と呼ばれる分裂の時代が訪れた。この王朝の崩壊を以ってエジプト古王国の終焉とされる。 エジプト第6王朝の初代王はメンフィス出身のテティであった。第5王朝最後の王ウナスに男子がおらず後継者問題が生じた。この後継者問題の後、テティが王座を獲得した。マネトやトリノ王名表などの記録ではこれをもって王朝の交代としている。テティはメンフィス出身であると記録されているが、彼がどのような経緯で王座を獲得したのかはよくわかっていない。テティの妻イプト1世はウナス王の娘であったとする説が有力であるが、裏づけとなる証拠は乏しく以前の王達とテティの関係は不明瞭である。 当時エジプトでは州侯(各州の太守)や上級官吏の勢力が増大しており、テティは婚姻によって有力官吏家との関係を強化することを志向した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

エジプト
アスワン、 アブシンバル、 アレキサンドリア、 カイロ、 ルクソール

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島

 

 

お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)