翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

チリ
 Wikipediaチリ情報

チリ
チリ共和国 República de Chile 国の標語:Por la razón o la fuerza(スペイン語:理性によって、または力によって) 国歌:チリの国歌 チリの位置 チリ共和国(チリきょうわこく、スペイン語: República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。 1818年にスペインより独立した。アルゼンチンと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島及びポリネシアのサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している。
チリの野鳥一覧
チリの野鳥一覧では、チリ Chile で観察された野鳥のチェックリストを示す。 チリは新熱帯区 (生物地理区)に位置する。 約500種。 ダチョウ目 レア科 Rhea pennata, w:Lesser Rhea, ダーウィンレア, Near threatened シギダチョウ目 シギダチョウ科 Nothoprocta ornata, w:Ornate Tinamou, ゴマダラシギダチョウ Nothoprocta pentlandii, w:Andean Tinamou, アンデスシギダチョウ Nothoprocta perdicaria, w:Chilean Tinamou, チリーシギダチョウ, 固有種 Eudromia elegans, w:Elegant Crested-Tinamou, カンムリシギダチョウ Tinamotis pentlandii, w:Puna Tinamou, ミツユビシギダチョウ Tinamotis ingoufi, w:Patagonian Tinamou, パタゴニアシギダチョウ キジ目 キジ科 Phasianus colchicus, w:Common Pheasant, キジ, 移入種 ナンベイウズラ科 Callipepla californica, w:California Quail, カンムリウズラ, 移入種 カモ目 リュウキュウガモ科 Dendrocygna bicolor, w:Fulvous Whistling-Duck, アカリュウキュウガモ, 迷鳥 Dendrocygna viduata, w:White-faced Whistling-Duck, シロガオリュウキュウガモ, 迷鳥 Dendrocygna autumnalis, w:Black-bellied Whistling-Duck, アカハシリュウキュウガモ, 迷鳥 カモ科 Oxyura ferruginea, w:Andean Duck, ズグロアカオタテガモ Oxyura vittata, w:Lake Duck, コバシオタテガモ Heteronetta atricapilla, w:Black-headed Duck, ズグロガモ Cygnus melanocorypha, w:Black-necked Swan, クロエリハクチョウ Coscoroba coscoroba, w:Coscoroba Swan, カモハクチョウ Chloephaga melanoptera, w:Andean Goose, アンデスガン Chloephaga picta, w:Upland Goose, マゼランガン Chloephaga hybrida, w:Kelp Goose, シロコバシガン Chloephaga poliocephala, w:Ashy-headed Goose, コバシガン Chloephaga rubidiceps, w:Ruddy-headed Goose, チャガシラコバシガン Merganetta armata, w:Torrent Duck, ヤマガモ Tachyeres pteneres, w:Flightless Steamerduck, オオフナガモ Tachyeres patachonicus, w:Flying Steamerduck, トビフナガモ Cairina moschata, w:Muscovy Duck, ノバリケン, 移入種 Lophonetta specularioides, w:Crested Duck, カンムリガモ Anas specularis, w:Spectacled Duck, ノドジロガモ, Near threatened Anas sibilatrix, w:Chiloe Wigeon, ワキアカヒドリ Anas discors, w:Blue-winged Teal, ミカヅキシマアジ, 迷鳥 Anas cyanoptera, w:Cinnamon Teal, アカシマアジ Anas platalea, w:Red Shoveler, アカハシビロガモ Anas bahamensis, w:White-cheeked Pintail, ホオジロオナガガモ Anas flavirostris, w:Speckled Teal, キバシコガモ Anas georgica, w:Yellow-billed Pintail, キバシオナガガモ Anas puna, w:Puna Teal, プナシマアジ Anas versicolor, w:Silver Teal, ギンイロシマアジ Netta peposaca, w:Rosy-billed Pochard, ベニバシガモ Netta erythrophthalma, w:Southern Pochard, ネッタイハジロ, 迷鳥 キツツキ目 キツツキ科 Picoides lignarius, w:Striped Woodpecker, スジコゲラ Colaptes pitius, w:Chilean Flicker, チリーアレチゲラ Colaptes rupicola, w:Andean Flicker, アンデスアレチゲラ Campephilus magellanicus, w:Magellanic Woodpecker, マゼランキツツキ ブッポウソウ目 ヤマセミ科 Megaceryle torquata, w:Ringed Kingfisher, クビワヤマセミ Chloroceryle americana, w:Green Kingfisher, ミドリヤマセミ カッコウ目 アメリカカッコウ科 Coccyzus melacoryphus, w:Dark-billed Cuckoo, コミミグロカッコウ オオハシカッコウ科 Crotophaga sulcirostris, w:Groove-billed Ani, ミゾハシカッコウ オウム目 オウム科 Cyanoliseus patagonus, w:Burrowing Parakeet, イワインコ Enicognathus ferrugineus, w:Austral Parakeet, コイミドリインコ Enicognathus leptorhynchus, w:Slender-billed Parakeet, ハシナガインコ, 固有種 Myiopsitta monachus, w:Monk Parakeet, オキナインコ, 迷鳥 Bolborhynchus aurifrons, w:Mountain Parakeet, シトロンインコ アマツバメ目 アマツバメ科 Chaetura pelagica, w:Chimney Swift, エントツアマツバメ Aeronautes andecolus, w:Andean Swift, アンデスアマツバメ ハチドリ目 ハチドリ科 Colibri coruscans, w:Sparkling Violet-ear, アオミミハチドリ, 迷鳥 Oreotrochilus estella, w:Andean Hillstar, アンデスヤマハチドリ Oreotrochilus leucopleurus, w:White-sided Hillstar, ワキジロヤマハチドリ Patagona gigas, w:Giant Hummingbird, オオハチドリ Lafresnaya lafresnayi, w:Mountain Velvetbreast, ビロードハチドリ, 迷鳥 Sephanoides sephaniodes, w:Green-backed Firecrown, ベニイタダキハチドリ Sephanoides fernandensis, w:Juan Fernandez Firecrown, フェルナンデスベニイタダキハチドリ, 固有種 Critically endangered Sappho sparganura, w:Red-tailed Comet, アカフタオハチドリ Rhodopis vesper, w:Oasis Hummingbird, オアシスハチドリ Thaumastura cora, w:Peruvian Sheartail, ホソフタオハチドリ, 迷鳥 Eulidia yarrellii, w:Chilean Woodstar, カワリオハチドリ, Endangered フクロウ目 メンフクロウ科 Tyto alba, w:Barn Owl, メンフクロウ フクロウ科 Bubo virginianus, w:Great Horned Owl, アメリカワシミミズク Strix rufipes, w:Rufous-legged Owl, アカアシモリフクロウ Glaucidium brasilianum, w:Ferruginous Pygmy-Owl, アカスズメフクロウ Glaucidium nanum, w:Austral Pygmy-Owl, ミナミスズメフクロウ Speotyto cunicularia, w:Burrowing Owl, アナホリフクロウ Asio flammeus, w:Short-eared Owl, コミミズク ヨタカ科 Chordeiles acutipennis, w:Lesser Nighthawk, コアメリカヨタカ, 迷鳥 Caprimulgus longirostris, w:Band-winged Nightjar, ハシナガヨタカ ハト目 ハト科 Columba livia, w:Rock Pigeon, カワラバト, 移入種 Columba araucana, w:Chilean Pigeon, チリーバト Zenaida auriculata, w:Eared Dove, ミミグロバト Zenaida meloda, w:Pacific Dove, ミナミハジロバト Columbina talpacoti, w:Ruddy Ground-Dove, ケアシスズメバト, 迷鳥 Columbina picui, w:Picui Ground-Dove, イチモンジバト Columbina cruziana, w:Croaking Ground-Dove, キバシヒメバト Metriopelia ceciliae, w:Bare-faced Ground-Dove, アカガオハシリバト Metriopelia melanoptera, w:Black-winged Ground-Dove, ハグロハシリバト Metriopelia aymara, w:Golden-spotted Ground-Dove, キンボシハシリバト ツル目 クイナ科 Laterallus jamaicensis, Black Rail, クロコビトクイナ Rallus antarcticus, Austral Rail, ミナミクイナ, Vulnerable Pardirallus maculatus, Spotted Rail, マダラクイナ Pardirallus sanguinolentus, Plumbeous Rail, ハイイロクイナ Porphyrio martinicus, Purple Gallinule, アメリカムラサキバン, 迷鳥 Gallinula chloropus, Common Moorhen, バン Gallinula melanops, Spot-flanked Gallinule, ワキジロバン Fulica leucoptera, White-winged Coot, ハジロオオバン Fulica ardesiaca, Slate-colored Coot, ハイイロオオバン Fulica armillata, Red-gartered Coot, ナンベイオオバン Fulica rufifrons, Red-fronted Coot, アカビタイオオバン Fulica gigantea, Giant Coot, オニオオバン Fulica cornuta, Horned Coot, ツノオオバン, Near threatened コウノトリ目 ヒバリチドリ科 Attagis gayi, w:Rufous-bellied Seedsnipe, オオヒバリチドリ Attagis malouinus, w:White-bellied Seedsnipe, シロハラオオヒバリチドリ Thinocorus orbignyianus, w:Grey-breasted Seedsnipe, ノドジロヒバリチドリ Thinocorus rumicivorus, w:Least Seedsnipe, コヒバリチドリ シギ科 Gallinago paraguaiae, w:South American Snipe, ナンベイタシギ Gallinago andina, w:Puna Snipe, プナタシギ Gallinago stricklandii, w:Fuegian Snipe, ハシブトタシギ, Near threatened Limosa haemastica, w:Hudsonian Godwit, アメリカオグロシギ Limosa fedoa, w:Marbled Godwit, アメリカオオソリハシシギ, 迷鳥 Numenius borealis, w:Eskimo Curlew, エスキモーコシャクシギ, 迷鳥 Critically endangered (possibly extinct) Numenius hudsonicus, w:Hudsonian Curlew, ハドソンチュウシャクシギ Numenius tahitiensis, w:Bristle-thighed Curlew, ハリモモチュウシャクシギ, Outlying islands only Vulnerable Bartramia longicauda, w:Upland Sandpiper, マキバシギ, 迷鳥 Tringa melanoleuca, w:Greater Yellowlegs, オオキアシシギ Tringa flavipes, w:Lesser Yellowlegs, コキアシシギ Tringa solitaria, w:Solitary Sandpiper, コシグロクサシギ, 迷鳥 Tringa macularia, w:Spotted Sandpiper, アメリカイソシギ Tringa incana, w:Wandering Tattler, メリケンキアシシギ, 迷鳥 Catoptrophorus semipalmatus, w:Willet, ハジロオオシギ Arenaria interpres, w:Ruddy Turnstone, キョウジョシギ Limnodromus griseus, w:Short-billed Dowitcher, アメリカオオハシシギ, 迷鳥 Aphriza virgata, w:Surfbird, アライソシギ Calidris canutus, w:Red Knot, コオバシギ Calidris alba, w:Sanderling, ミユビシギ Calidris pusilla, w:Semipalmated Sandpiper, ヒレアシトウネン, 迷鳥 Calidris mauri, w:Western Sandpiper, ヒメハマシギ, 迷鳥 Calidris minutilla, w:Least Sandpiper, アメリカヒバリシギ, 迷鳥 Calidris fuscicollis, w:White-rumped Sandpiper, コシジロウズラシギ Calidris bairdii, w:Baird's Sandpiper, ヒメウズラシギ Calidris melanotos, w:Pectoral Sandpiper, アメリカウズラシギ Micropalama himantopus, w:Stilt Sandpiper, アシナガシギ, 迷鳥 Phalaropus tricolor, w:Wilson's Phalarope, アメリカヒレアシシギ Phalaropus lobatus, w:Red-necked Phalarope, アカエリヒレアシシギ Phalaropus fulicaria, w:Red Phalarope, ハイイロヒレアシシギ タマシギ科 Rostratula semicollaris, w:American Painted-snipe, ナンベイタマシギ レンカク科 Jacana jacana, w:Wattled Jacana, ナンベイレンカク, 迷鳥 サヤハシチドリ属 Chionis alba, w:Snowy Sheathbill, サヤハシチドリ マゼランチドリ科 Pluvianellus socialis, w:Magellanic Plover, マゼランチドリ, Near threatened イシチドリ科 Burhinus superciliaris, w:Peruvian Thick-knee, ペルーイシチドリ, 迷鳥 チドリ科 Haematopus palliatus, w:American Oystercatcher, アメリカミヤコドリ Haematopus ater, w:Blackish Oystercatcher, ミナミクロミヤコドリ Haematopus leucopodus, w:Magellanic Oystercatcher, マゼランミヤコドリ Himantopus mexicanus, w:Black-necked Stilt, クロエリセイタカシギ Himantopus melanurus, w:White-backed Stilt, ナンベイセイタカシギ Recurvirostra andina, w:Andean Avocet, アンデスソリハシセイタカシギ Pluvialis fulva, w:Pacific Golden-Plover, ムナグロ, 迷鳥 Pluvialis dominica, w:American Golden-Plover, アメリカムナグロ Pluvialis squatarola, w:Grey Plover, ダイゼン Charadrius semipalmatus, w:Semipalmated Plover, ミズカキチドリ Charadrius wilsonia, w:Wilson's Plover, ウィルソンチドリ, 迷鳥 Charadrius vociferus, w:Killdeer, フタオビチドリ Charadrius alexandrinus, w:Kentish Plover, シロチドリ Charadrius collaris, w:Collared Plover, クロオビチドリ Charadrius falklandicus, w:Two-banded Plover, コフタオビチドリ Charadrius alticola, w:Puna Plover, プナフタオビチドリ Charadrius modestus, w:Rufous-chested Plover, ムネアカチドリ Oreopholus ruficollis, w:Tawny-throated Dotterel, ノドアカコバシチドリ Phegornis mitchellii, w:Diademed Sandpiper-Plover, ハシナガチドリ, Near threatened Vanellus chilensis, w:Southern Lapwing, ナンベイタゲリ Vanellus resplendens, w:Andean Lapwing, アンデスツメバゲリ カモメ科 Stercorarius longicaudus, w:Long-tailed Jaeger, シロハラトウゾクカモメ, 迷鳥 Stercorarius parasiticus, w:Parasitic Jaeger, クロトウゾクカモメ Stercorarius pomarinus, w:Pomarine Jaeger, トウゾクカモメ, 迷鳥 Stercorarius maccormicki, w:South Polar Skua, ナンキョクオオトウゾクカモメ Stercorarius chilensis, w:Chilean Skua, チリオオトウゾクカモメ Stercorarius lonnbergi, w:Brown Skua, チャイロオオトウゾクカモメ, 迷鳥 Rynchops niger, w:Black Skimmer, クロハサミアジサシ Larus scoresbii, w:Dolphin Gull, マゼランカモメ Larus belcheri, w:Band-tailed Gull, ペルーカモメ Larus modestus, w:Grey Gull, ハイイロカモメ Larus dominicanus, w:Kelp Gull, ミナミオオセグロカモメ Larus cirrocephalus, w:Grey-headed Gull, ズアオカモメ, 迷鳥 Larus maculipennis, w:Brown-hooded Gull, ミナミユリカモメ Larus serranus, w:Andean Gull, アンデスカモメ Larus atricilla, w:Laughing Gull, ワライカモメ, 迷鳥 Larus pipixcan, w:Franklin's Gull, アメリカズグロカモメ Xema sabini, w:Sabine's Gull, クビワカモメ Creagrus furcatus, w:Swallow-tailed Gull, アカメカモメ Sterna maxima, w:Royal Tern, アメリカオオアジサシ Sterna elegans, w:Elegant Tern, ユウガアジサシ, Near threatened Sterna sandvicensis, w:Sandwich Tern, サンドイッチアジサシ, 迷鳥 Sterna hirundinacea, w:South American Tern, ナンベイアジサシ Sterna hirundo, w:Common Tern, アジサシ Sterna paradisaea, w:Arctic Tern, キョクアジサシ Sterna vittata, w:Antarctic Tern, ナンキョクアジサシ Sterna trudeaui, w:Snowy-crowned Tern, シロガシラアジサシ Sterna lorata, w:Peruvian Tern, ペルーアジサシ, Near threatened Sterna lunata, w:Grey-backed Tern, ナンヨウマミジロアジサシ Sterna anaethetus, w:Bridled Tern, マミジロアジサシ, 迷鳥 Sterna fuscata, w:Sooty Tern, セグロアジサシ Chlidonias niger, w:Black Tern, ハシグロクロハラアジサシ, 迷鳥 Anous stolidus, w:Brown Noddy, クロアジサシ Anous minutus, w:Black Noddy, ヒメクロアジサシ, Outlying islands only Anous tenuirostris, w:Lesser Noddy, インドヒメクロアジサシ, Outlying islands only Procelsterna cerulea, w:Blue Noddy, ハイイロアジサシ Gygis alba, w:Common White-Tern, シロアジサシ Larosterna inca, w:Inca Tern, インカアジサシ タカ科 Pandion haliaetus, w:Osprey, ミサゴ Elanus leucurus, w:White-tailed Kite, オジロトビ Circus buffoni, w:Long-winged Harrier, ハネナガチュウヒ, 迷鳥 Circus cinereus, w:Cinereous Harrier, アンデスチュウヒ Accipiter chilensis, w:Chilean Hawk, チリーハイタカ Parabuteo unicinctus, w:Harris's Hawk, モモアカノスリ Geranoaetus melanoleucus, w:Black-chested Buzzard-Eagle, ワシノスリ Buteo magnirostris, w:Roadside Hawk, オオハシノスリ, 迷鳥 Buteo albigula, w:White-throated Hawk, アンデスミジカオノスリ, 迷鳥 Buteo swainsoni, w:Swainson's Hawk, アレチノスリ, 迷鳥 Buteo polyosoma, w:Red-backed Hawk, セアカノスリ Buteo poecilochrous, w:Puna Hawk, アンデスノスリ, 迷鳥 Buteo ventralis, w:Rufous-tailed Hawk, ナンベイアカオノスリ ハヤブサ科 Herpetotheres cachinnans, w:Laughing Falcon, ワライハヤブサ, 迷鳥 Phalcoboenus megalopterus, w:Mountain Caracara, アンデスカラカラ Phalcoboenus albogularis, w:White-throated Caracara, シロハラカラカラ Phalcoboenus australis, w:Striated Caracara, フォークランドカラカラ, Near threatened Caracara plancus, w:Southern Caracara, ミナミカラカラ Milvago chimango, w:Chimango Caracara, チマンゴカラカラ Falco sparverius, w:American Kestrel, アメリカチョウゲンボウ Falco femoralis, w:Aplomado Falcon, オナガハヤブサ Falco peregrinus, w:Peregrine Falcon, ハヤブサ カイツブリ科 Rollandia rolland, w:White-tufted Grebe, ミミジロカイツブリ Podilymbus podiceps, w:Pied-billed Grebe, オビハシカイツブリ Podiceps major, w:Great Grebe, オオカイツブリ Podiceps occipitalis, w:Silvery Grebe, ギンカイツブリ Podiceps gallardoi, w:Hooded Grebe, パタゴニアカイツブリ, 迷鳥 Near threatened ネッタイチョウ科 Phaethon aethereus, w:Red-billed Tropicbird, アカハシネッタイチョウ Phaethon rubricauda, w:Red-tailed Tropicbird, アカオネッタイチョウ Phaethon lepturus, w:White-tailed Tropicbird, シラオネッタイチョウ カツオドリ科 Sula nebouxii, w:Blue-footed Booby, アオアシカツオドリ, 迷鳥 Sula variegata, w:Peruvian Booby, ペルーカツオドリ Sula dactylatra, w:Masked Booby, アオツラカツオドリ Sula sula, w:Red-footed Booby, アカアシカツオドリ Sula leucogaster, w:Brown Booby, カツオドリ ウ科 Phalacrocorax brasilianus, w:Neotropic Cormorant, ナンベイヒメウ Phalacrocorax bougainvillii, w:Guanay Cormorant, グアナイムナジロヒメウ Phalacrocorax atriceps, w:Imperial Shag, ズグロムナジロヒメウ Phalacrocorax bransfieldensis, w:Antarctic Shag, ナンキョクムナジロヒメウ, 迷鳥 Phalacrocorax magellanicus, w:Rock Shag, クロクビムナジロヒメウ Phalacrocorax gaimardi, w:Red-legged Cormorant, サカツラウ, Near threatened サギ科 Ixobrychus involucris, w:Stripe-backed Bittern, ナンベイヨシゴイ Nycticorax nycticorax, w:Black-crowned Night-Heron, ゴイサギ Egretta tricolor, w:Tricolored Heron, サンショクサギ, 迷鳥 Egretta caerulea, w:Little Blue Heron, ヒメアカクロサギ Egretta thula, w:Snowy Egret, ユキコサギ Egretta sacra, w:Pacific Reef-Egret, クロサギ, Outlying islands only Ardea cocoi, w:Cocoi Heron, ナンベイアオサギ Ardea alba, w:Great Egret, ダイサギ Bubulcus ibis, w:Cattle Egret, アマサギ Butorides striatus, w:Striated Heron, ササゴイ, 迷鳥 フラミンゴ科 Phoenicopterus chilensis, w:Chilean Flamingo, チリーフラミンゴ, Near threatened Phoenicopterus andinus, w:Andean Flamingo, アンデスフラミンゴ, Vulnerable Phoenicopterus jamesi, w:Puna Flamingo, コバシフラミンゴ, Near threatened トキ科 Plegadis chihi, w:White-faced Ibis, カオジロブロンズトキ Plegadis ridgwayi, w:Puna Ibis, アンデスブロンズトキ Theristicus caerulescens, w:Plumbeous Ibis, ハイイロトキ, 迷鳥 Theristicus caudatus, w:Buff-necked Ibis, クロハラトキ Theristicus branickii, w:Andean Ibis, アンデスカオグロトキ Theristicus melanopis, w:Black-faced Ibis, カオグロトキ Ajaia ajaja, w:Roseate Spoonbill, ベニヘラサギ ペリカン科 Pelecanus occidentalis, w:Brown Pelican, カッショクペリカン Pelecanus thagus, w:Peruvian Pelican, ペルーペリカン コウノトリ科 Coragyps atratus, w:Black Vulture, クロコンドル Cathartes aura, w:Turkey Vulture, ヒメコンドル Cathartes burrovianus, w:Lesser Yellow-headed Vulture, キガシラコンドル, 迷鳥 Vultur gryphus, w:Andean Condor, コンドル, Near threatened Mycteria americana, w:Wood Stork, アメリカトキコウ, 迷鳥 Ciconia maguari, w:Maguari Stork, シロエンビコウ, 迷鳥 グンカンドリ科 Fregata magnificens, w:Magnificent Frigatebird, アメリカグンカンドリ, 迷鳥 Fregata minor, w:Great Frigatebird, オオグンカンドリ ペンギン科 Aptenodytes patagonicus, w:King Penguin, オウサマペンギン Aptenodytes forsteri, w:Emperor Penguin, コウテイペンギン Pygoscelis papua, w:Gentoo Penguin, ジェンツーペンギン, Near threatened Pygoscelis adeliae, w:Adelie Penguin, アデリーペンギン Pygoscelis antarctica, w:Chinstrap Penguin, ヒゲペンギン Eudyptes chrysocome, w:Rockhopper Penguin, イワトビペンギン, Vulnerable Eudyptes chrysolophus, w:Macaroni Penguin, マカロニペンギン, Vulnerable Eudyptula minor, w:Little Penguin, コビトペンギン, 迷鳥 Spheniscus humboldti, w:Humboldt Penguin, フンボルトペンギン, Vulnerable Spheniscus magellanicus, w:Magellanic Penguin, マゼランペンギン, Near threatened ミズナギドリ科 Macronectes giganteus, w:Antarctic Giant-Petrel, オオフルマカモメ, Vulnerable Macronectes halli, w:Hall's Giant-Petrel, キタオオフルマカモメ, Near threatened Fulmarus glacialoides, w:Southern Fulmar, ギンフルマカモメ Thalassoica antarctica, w:Antarctic Petrel, ナンキョクフルマカモメ, 迷鳥 Daption capense, w:Cape Petrel, マダラフルマカモメ Pagodroma nivea, w:Snow Petrel, ユキドリ Lugensa brevirostris, w:Kerguelen Petrel, ケルゲレンミズナギドリ Pterodroma inexpectata, w:Mottled Petrel, マダラシロハラミズナギドリ, 迷鳥 Near threatened Pterodroma leucoptera, w:Gould's Petrel, ミナミシロハラミズナギドリ, Outlying islands only Pterodroma cookii, w:Cook's Petrel, ハジロシロハラミズナギドリ, Endangered Pterodroma defilippiana, w:Defilippe's Petrel, フェルナンデスミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma longirostris, w:Stejneger's Petrel, ヒメシロハラミズナギドリ, 域内のみ繁殖 Vulnerable Pterodroma alba, w:Phoenix Petrel, ムナオビシロハラミズナギドリ, Vulnerable Pterodroma arminjoniana, w:Trinidade Petrel, ムナフシロハラミズナギドリ, Outlying islands only Vulnerable Pterodroma heraldica, w:Herald Petrel, ヘラルドシロハラミズナギドリ, Outlying islands only Pterodroma phaeopygia, w:Galapagos Petrel, ガラパゴスシロハラミズナギドリ Pterodroma neglecta, w:Kermadec Petrel, カワリシロハラミズナギドリ Pterodroma externa, w:Juan Fernandez Petrel, オオシロハラミズナギドリ, 域内のみ繁殖 Vulnerable Pterodroma macroptera, w:Great-winged Petrel, ハネナガミズナギドリ Pterodroma lessonii, w:White-headed Petrel, メグロシロハラミズナギドリ Halobaena caerulea, w:Blue Petrel, アオミズナギドリ Pachyptila vittata, w:Broad-billed Prion, ヒロハシクジラドリ, 迷鳥 Pachyptila salvini, w:Medium-billed Prion, チュウヒロハシクジラドリ Pachyptila desolata, w:Antarctic Prion, ナンキョククジラドリ Pachyptila belcheri, w:Slender-billed Prion, ハシボソクジラドリ Pachyptila turtur, w:Fairy Prion, ヒメクジラドリ Procellaria aequinoctialis, w:White-chinned Petrel, ノドジロクロミズナギドリ Procellaria westlandica, w:Westland Petrel, ウエストランドクロミズナギドリ, 迷鳥 Vulnerable Procellaria cinerea, w:Grey Petrel, オオハイイロミズナギドリ, Near threatened Puffinus bulleri, w:Buller's Shearwater, ミナミオナガミズナギドリ, Vulnerable Puffinus carneipes, w:Flesh-footed Shearwater, アカアシミズナギドリ, 迷鳥 Puffinus creatopus, w:Pink-footed Shearwater, シロハラアカアシミズナギドリ, Vulnerable Puffinus gravis, w:Great Shearwater, ズグロミズナギドリ Puffinus griseus, w:Sooty Shearwater, ハイイロミズナギドリ Puffinus nativitatis, w:Christmas Island Shearwater, コミズナギドリ Puffinus puffinus, w:Manx Shearwater, マンクスミズナギドリ, 迷鳥 Puffinus assimilis, w:Little Shearwater, ヒメミズナギドリ Pelecanoides garnotii, w:Peruvian Diving-Petrel, ペルーモグリウミツバメ, Endangered Pelecanoides magellani, w:Magellanic Diving-Petrel, マゼランモグリウミツバメ Pelecanoides urinatrix, w:Common Diving-Petrel, モグリウミツバメ Diomedea exulans, w:Wandering Albatross, ワタリアホウドリ Diomedea epomophora, w:Royal Albatross, シロアホウドリ Diomedea melanophris, w:Black-browed Albatross, マユグロアホウドリ Diomedea cauta, w:Shy Albatross, ハジロアホウドリ, Near threatened Diomedea chrysostoma, w:Grey-headed Albatross, ハイガシラアホウドリ, Vulnerable Diomedea bulleri, w:Buller's Albatross, ニュージーランドアホウドリ, Vulnerable Phoebetria fusca, w:Sooty Albatross, ススイロアホウドリ, 迷鳥 Vulnerable Phoebetria palpebrata, w:Light-mantled Albatross, ハイイロアホウドリ, Near threatened Oceanites oceanicus, w:Wilson's Storm-Petrel, アシナガウミツバメ Oceanites gracilis, w:White-vented Storm-Petrel, コアシナガウミツバメ, Data deficien Garrodia nereis, w:Grey-backed Storm-Petrel, ヒメアシナガウミツバメ Pelagodroma marina, w:White-faced Storm-Petrel, カオジロウミツバメ Fregetta tropica, w:Black-bellied Storm-Petrel, クロハラウミツバメ Fregetta grallaria, w:White-bellied Storm-Petrel, シロハラウミツバメ Nesofregetta fuliginosa, w:Polynesian Storm-Petrel, ノドジロウミツバメ, Outlying islands only Vulnerable Oceanodroma tethys, w:Wedge-rumped Storm-Petrel, ガラパゴスウミツバメ Oceanodroma markhami, w:Markham's Storm-Petrel, ペルーウミツバメ, Data deficien Oceanodroma hornbyi, w:Ringed Storm-Petrel, チリーウミツバメ, Data deficien スズメ目 タイランチョウ科 Elaenia flavogaster, w:Yellow-bellied Elaenia, キバラシラギクタイランチョウ, 迷鳥 Elaenia albiceps, w:White-crested Elaenia, シラギクタイランチョウ Anairetes reguloides, w:Pied-crested Tit-Tyrant, カンムリカラタイランチョウ Anairetes flavirostris, w:Yellow-billed Tit-Tyrant, キバシカラタイランチョウ Anairetes fernandezianus, w:Juan Fernandez Tit-Tyrant, フェルナンデスカラタイランチョウ, 固有種 Near threatened Anairetes parulus, w:Tufted Tit-Tyrant, エボシカラタイランチョウ Tachuris rubrigastra, w:Many-colored Rush-Tyrant, ゴシキタイランチョウ Pseudocolopteryx flaviventris, w:Warbling Doradito, キバラムシクイタイランチョウ Myiophobus fasciatus, w:Bran-colored Flycatcher, フタスジハエトリ Pyrocephalus rubinus, w:Vermilion Flycatcher, ベニタイランチョウ Ochthoeca oenanthoides, w:D'Orbigny's Chat-Tyrant, ヒタキタイランチョウ Ochthoeca leucophrys, w:White-browed Chat-Tyrant, マミジロヒタキタイランチョウ Colorhamphus parvirostris, w:Patagonian Tyrant, パタゴニアヒタキタイランチョウ Xolmis pyrope, w:Fire-eyed Diucon, アカメタイランチョウ Xolmis rufiventris, w:Chocolate-vented Tyrant, アカハラタイランチョウ Agriornis montana, w:Black-billed Shrike-Tyrant, ミヤマモズタイランチョウ Agriornis andicola, w:White-tailed Shrike-Tyrant, オジロモズタイランチョウ, Vulnerable Agriornis livida, w:Great Shrike-Tyrant, オオモズタイランチョウ Agriornis microptera, w:Grey-bellied Shrike-Tyrant, モズタイランチョウ Muscisaxicola maculirostris, w:Spot-billed Ground-Tyrant, コバシイワタイランチョウ Muscisaxicola macloviana, w:Dark-faced Ground-Tyrant, カオグロイワタイランチョウ Muscisaxicola capistrata, w:Cinnamon-bellied Ground-Tyrant, チャバライワタイランチョウ Muscisaxicola rufivertex, w:Rufous-naped Ground-Tyrant, イワタイランチョウ Muscisaxicola juninensis, w:Puna Ground-Tyrant, コウゲンイワタイランチョウ Muscisaxicola albilora, w:White-browed Ground-Tyrant, マミジロイワタイランチョウ Muscisaxicola cinerea, w:Cinereous Ground-Tyrant, ハイイロイワタイランチョウ Muscisaxicola albifrons, w:White-fronted Ground-Tyrant, オオイワタイランチョウ Muscisaxicola flavinucha, w:Ochre-naped Ground-Tyrant, シロビタイイワタイランチョウ Muscisaxicola frontalis, w:Black-fronted Ground-Tyrant, クロビタイイワタイランチョウ Muscigralla brevicauda, w:Short-tailed Field-Tyrant, アシナガタイランチョウ Lessonia oreas, w:Andean Negrito, オオセアカタイランチョウ Lessonia rufa, w:Patagonian Negrito, セアカタイランチョウ Hymenops perspicillatus, w:Spectacled Tyrant, メガネタイランチョウ Tyrannus melancholicus, w:Tropical Kingbird, オリーブタイランチョウ, 迷鳥 Tyrannus savana, w:Fork-tailed Flycatcher, ズグロエンビタイランチョウ, 迷鳥 Tyrannus tyrannus, w:Eastern Kingbird, オウサマタイランチョウ, 迷鳥 Myiodynastes maculatus, w:Streaked Flycatcher, ブチタイランチョウ, 迷鳥 Pitangus sulphuratus, w:Great Kiskadee, キバラオオタイランチョウ, 迷鳥 Phytotoma rara, w:Rufous-tailed Plantcutter, チリークサカリドリ カマドドリ科 Geositta cunicularia, w:Common Miner, ジカマドドリ Geositta maritima, w:Greyish Miner, ハイイロジカマドドリ Geositta punensis, w:Puna Miner, コウゲンジカマドドリ Geositta isabellina, w:Creamy-rumped Miner, コシジロジカマドドリ Geositta antarctica, w:Short-billed Miner, コバシジカマドドリ Geositta rufipennis, w:Rufous-banded Miner, アカバネジカマドドリ Geositta tenuirostris, w:Slender-billed Miner, ハシボソジカマドドリ Upucerthia ruficauda, w:Straight-billed Earthcreeper, アカオイワカマドドリ Upucerthia andaecola, w:Rock Earthcreeper, カマハシイワカマドドリ Upucerthia dumetaria, w:Scale-throated Earthcreeper, ウロコカマハシカマドドリ Upucerthia albigula, w:White-throated Earthcreeper, ノドジロカマハシカマドドリ Upucerthia jelskii, w:Plain-breasted Earthcreeper, ムジカマハシカマドドリ Cinclodes fuscus, w:Bar-winged Cinclodes, オビバネカワカマドドリ Cinclodes oustaleti, w:Grey-flanked Cinclodes, ヒメカワカマドドリ Cinclodes patagonicus, w:Dark-bellied Cinclodes, パタゴニアカワカマドドリ Cinclodes nigrofumosus, w:Seaside Cinclodes, ウミベカマドドリ, 固有種 Cinclodes antarcticus, w:Blackish Cinclodes, クロイソカマドドリ Cinclodes atacamensis, w:White-winged Cinclodes, ハジロカワカマドドリ Chilia melanura, w:Crag Chilia, チリーカマドドリ, 固有種 Sylviorthorhynchus desmursii, w:Des Murs's Wiretail, フタオカマドドリ Aphrastura spinicauda, w:Thorn-tailed Rayadito, ハリオカマドドリ Aphrastura masafuerae, w:Mas Afuera Rayadito, マサフエラハリオカマドドリ, 固有種 Vulnerable Leptasthenura aegithaloides, w:Plain-mantled Tit-Spinetail, エナガカマドドリ Leptasthenura striata, w:Streaked Tit-Spinetail, シロハラエナガカマドドリ Leptasthenura andicola, w:Andean Tit-Spinetail, アンデスエナガカマドドリ, 迷鳥 Asthenes pyrrholeuca, w:Lesser Canastero, アカアゴカマドドリ Asthenes pudibunda, w:Canyon Canastero, タニサボテンカマドドリ, 迷鳥 Asthenes modesta, w:Cordilleran Canastero, ミヤマカマドドリ Asthenes dorbignyi, w:Creamy-breasted Canastero, キムネカマドドリ Asthenes arequipae, w:Dark-winged Canastero, チャバネカマドドリ Asthenes humicola, w:Dusky-tailed Canastero, オグロカマドドリ, 固有種 Asthenes anthoides, w:Austral Canastero, シロアゴカマドドリ Phleocryptes melanops, w:Wren-like Rushbird, セッカカマドドリ Eremobius phoenicurus, w:Band-tailed Earthcreeper, ヒトリカマドドリ, 迷鳥 Pygarrhichas albogularis, w:White-throated Treerunner, キノボリカマドドリ オタテドリ科 Pteroptochos tarnii, w:Black-throated Huet-huet, クロアカオタテドリ Pteroptochos castaneus, w:Chesnut-throated Huet-huet, クリノドオタテドリ, 固有種 Pteroptochos megapodius, w:Moustached Turca, シラヒゲオタテドリ, 固有種 Scelorchilus albicollis, w:White-throated Tapaculo, アカバネオタテドリ, 固有種 Scelorchilus rubecula, w:Chucao Tapaculo, ムナフオタテドリ Eugralla paradoxa, w:Ochre-flanked Tapaculo, ワキアカオタテドリ Scytalopus magellanicus, w:Magellanic Tapaculo, タンビオタテドリ Scytalopus fuscus, w:Dusky Tapaculo, コゲチャタンビオタテドリ モズモドキ科 Vireo olivaceus, w:Red-eyed Vireo, アカメモズモドキ, 迷鳥 ヒタキ科 Catharus fuscescens, w:Veery, ビリーチャツグミ, 迷鳥 Turdus chiguanco, w:Chiguanco Thrush, ナンベイツグミ Turdus falcklandii, w:Austral Thrush, フォークランドツグミ Turdus amaurochalinus, w:Creamy-bellied Thrush, キバラツグミ, 迷鳥 ムクドリ科 Mimus saturninus, w:Chalk-browed Mockingbird, マミジロマネシツグミ, 迷鳥 Mimus patagonicus, w:Patagonian Mockingbird, パタゴニアマネシツグミ Mimus dorsalis, w:Brown-backed Mockingbird, チャイロマネシツグミ, 迷鳥 Mimus triurus, w:White-banded Mockingbird, ハジロマネシツグミ Mimus thenca, w:Chilean Mockingbird, チリーマネシツグミ, 固有種 キバシリ科 Cistothorus platensis, w:Sedge Wren, コバシヌマミソサザイ Troglodytes aedon, w:House Wren, イエミソサザイ ツバメ科 Tachycineta meyeni, w:Chilean Swallow, チリールリツバメ Progne modesta, w:Galapagos Martin, ミナミムラサキツバメ Notiochelidon cyanoleuca, w:Blue-and-white Swallow, アイイロツバメ Stelgidopteryx andecola, w:Andean Swallow, アンデスガケツバメ Riparia riparia, w:Sand Martin, ショウドウツバメ, 迷鳥 Hirundo rustica, w:Barn Swallow, ツバメ Hirundo pyrrhonota, w:Cliff Swallow, サンショクツバメ, 迷鳥 スズメ科 Passer domesticus, w:House Sparrow, イエスズメ, 移入種 Anthus correndera, w:Correndera Pipit, セジマタヒバリ Anthus hellmayri, w:Hellmayr's Pipit, ウスイロタヒバリ, 迷鳥 Anthus lutescens, w:Yellowish Pipit, キイロタヒバリ アトリ科 Carduelis crassirostris, w:Thick-billed Siskin, ハシブトヒワ Carduelis magellanica, w:Hooded Siskin, ズグロヒワ Carduelis barbata, w:Black-chinned Siskin, ヤッコヒワ Carduelis atrata, w:Black Siskin, クロヒワ Carduelis uropygialis, w:Yellow-rumped Siskin, キゴシクロヒワ Zonotrichia capensis, w:Rufous-collared Sparrow, アカエリシトド Paroaria coronata, w:Red-crested Cardinal, コウカンチョウ, 迷鳥 Dendroica striata, w:Blackpoll Warbler, ズグロアメリカムシクイ, 迷鳥 Setophaga ruticilla, w:American Redstart, ハゴロモムシクイ Conirostrum cinereum, w:Cinereous Conebill, マルハシミツドリ Conirostrum tamarugense, w:Tamarugo Conebill, タマルゴマルハシミツドリ, Vulnerable Oreomanes fraseri, w:Giant Conebill, オオミツドリ, 迷鳥 Near threatened Piranga rubra, w:Summer Tanager, ナツフウキンチョウ, 迷鳥 Thraupis bonariensis, w:Blue-and-yellow Tanager, ミナミズアオフウキンチョウ Phrygilus atriceps, w:Black-hooded Sierra-Finch, クロズキンヤマシトド Phrygilus gayi, w:Grey-hooded Sierra-Finch, ハイズキンヤマシトド Phrygilus patagonicus, w:Patagonian Sierra-Finch, パタゴニアヤマシトド Phrygilus fruticeti, w:Mourning Sierra-Finch, ムナグロヤマシトド Phrygilus unicolor, w:Plumbeous Sierra-Finch, ネズミヤマシトド Phrygilus dorsalis, w:Red-backed Sierra-Finch, セアカヤマシトド Phrygilus erythronotus, w:White-throated Sierra-Finch, ノドジロヤマシトド Phrygilus plebejus, w:Ash-breasted Sierra-Finch, ハイムネヤマシトド Phrygilus alaudinus, w:Band-tailed Sierra-Finch, オビオヤマシトド Melanodera melanodera, w:Canary-winged Finch, ノドグロシトド Melanodera xanthogramma, w:Yellow-bridled Finch, ミドリノドグロシトド Diuca speculifera, w:White-winged Diuca-Finch, ハジロジュウカチョウ Diuca diuca, w:Common Diuca-Finch, ジュウカチョウ Xenospingus concolor, w:Slender-billed Finch, ハシボソシトド, Vulnerable Sicalis uropygialis, w:Bright-rumped Yellow-Finch, キゴシキンノジコ Sicalis auriventris, w:Greater Yellow-Finch, オオキンノジコ Sicalis olivascens, w:Greenish Yellow-Finch, ミドリキンノジコ Sicalis lebruni, w:Patagonian Yellow-Finch, パタゴニアキンノジコ Sicalis luteola, w:Grassland Yellow-Finch, セスジキンノジコ Sicalis luteiventris, w:Misto Yellow-Finch, ミナミセスジキンノジコ Volatinia jacarina, w:Blue-black Grassquit, シコンヒワ Sporophila telasco, w:Chestnut-throated Seedeater, クリノドヒメウソ Catamenia analis, w:Band-tailed Seedeater, オビオタネワリ Catamenia inornata, w:Plain-colored Seedeater, ムジタネワリ, 迷鳥 Diglossa brunneiventris, w:Black-throated Flower-piercer, ノドグロハナサシミツドリ Saltator aurantiirostris, w:Golden-billed Saltator, キバシイカル, 迷鳥 Agelaius thilius, w:Yellow-winged Blackbird, キバネハゴロモガラス Leistes superciliaris, w:White-browed Blackbird, マミジロマキバドリ, 迷鳥 Sturnella bellicosa, w:Peruvian Meadowlark, ペルームネアカマキバドリ Sturnella loyca, w:Long-tailed Meadowlark, オナガマキバドリ Curaeus curaeus, w:Austral Blackbird, ミナミムクドリモドキ Molothrus badius, w:Bay-winged Cowbird, クリバネコウウチョウ, 迷鳥 Molothrus rufoaxillaris, w:Screaming Cowbird, ナキコウウチョウ, 迷鳥 Molothrus bonariensis, w:Shiny Cowbird, テリバネコウウチョウ Dolichonyx oryzivorus, w:Bobolink, ボボリンク, 迷鳥 関連項目 地域別野鳥一覧 8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。
チリでの学生運動 (2006年)
2006年のチリでの学生運動(学生の制服から、ペンギン革命(スペイン語: Revolución de los pingüinos/Revolución pingüina)とも呼ばれる)は、2006年の4月下旬から6月上旬にかけてチリで行われた高校生(チリでは14歳から18歳まで)による学生運動。5月30日のピーク時には79万人の学生が全国各地で暴動やデモ行進を行った。チリの歴史で過去30年で最大の学生運動となり、同年3月に発足したばかりのミシェル・バチェレ政権にとって最初の政局危機となった。 学生たちの短期的な要求は、バス料金を再び無料化することおよび大学共通入学試験(PSU)の無料化であった。また、長期的な点での要求としては、教育基本法(LOCE)の廃止、助成による市立教育の廃止、全日制システム(JEC)の改革、全学生に対する質の高い教育の提供であった。 6月1日、バチェレ大統領はテレビで全国民に向けて演説を行い、学生たちの要求の大部分を満たす複数の新たな教育政策を発表した。
チリでの学生による抗議運動 (2006年)
『チリでの学生運動 (2006年)』より : チリでの学生による学生運動 (2006年)(”Penguins” Rebellion”)は、2006年の4月から6月に掛けて行われたチリの学生による学生運動について記載する。60万人もの学生がデモを行い、5月30日にピークを迎えた。チリの歴史で最も大きい学生運動である。
The 2006 student protests in Chile (also know as the ”Penguins” Rebellion”, because of the black and white uniforms of public schools) is a series of ongoing protests carried out by secondary students between April 2006 April and June 2006 June. The movement has, to date, peaked in May 30 with over 600,000 students adhering to strikes and demonstrations throughout the country, thus becoming the largest student movement in Chilean history.
学生の要求は特に以下の通り。

チリでの学生による学生運動 (2006年)
『チリでの学生運動 (2006年)』より : 2006年のチリでの学生運動(学生の制服から、ペンギン革命(スペイン語: Revolución de los pingüinos/Revolución pingüina)とも呼ばれる)は、2006年の4月下旬から6月上旬にかけてチリで行われた高校生(チリでは14歳から18歳まで)による学生運動。5月30日のピーク時には79万人の学生が全国各地で暴動やデモ行進を行った。チリの歴史で過去30年で最大の学生運動となり、同年3月に発足したばかりのミシェル・バチェレ政権にとって最初の政局危機となった。 学生たちの短期的な要求は、バス料金を再び無料化することおよび大学共通入学試験(PSU)の無料化であった。また、長期的な点での要求としては、教育基本法(LOCE)の廃止、助成による市立教育の廃止、全日制システム(JEC)の改革、全学生に対する質の高い教育の提供であった。 6月1日、バチェレ大統領はテレビで全国民に向けて演説を行い、学生たちの要求の大部分を満たす複数の新たな教育政策を発表した。
チリ共和国
『チリ』より : チリ共和国 República de Chile 国の標語:Por la razón o la fuerza(スペイン語:理性によって、または力によって) 国歌:チリの国歌 チリの位置 チリ共和国(チリきょうわこく、スペイン語: República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。 1818年にスペインより独立した。アルゼンチンと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島及びポリネシアのサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している。
チリ・クーデター
チリ・クーデター(西: Golpe de Estado Chileno)は、1973年9月11日にチリの首都サンティアゴ・デ・チレで発生したクーデターのこと。世界で初めて自由選挙によって合法的に選出された社会主義政権を、軍部が武力で覆した事件として有名である。 東西冷戦の最中の1970年、サルバドール・アジェンデ博士を指導者とする社会主義政党の統一戦線である人民連合は自由選挙により政権を獲得し、アジェンデは大統領に就任した。なおこれは、南アメリカにおいて自由選挙で社会主義政党が選ばれた初めての例であった。 しかし、アジェンデ政権の行う社会主義的な政策に富裕層や軍部、さらにドミノ理論による南アメリカの左傾化を警戒するアメリカ合衆国は反発し、アメリカ政府に支援された反政府勢力による暗殺事件などが頻発した。そして、遂には1973年にアウグスト・ピノチェト将軍らの軍部が軍事クーデターを起こした。 首都のサンティアゴは瞬く間に制圧され、僅かな兵と共にモネダ宮殿に篭城したアジェンデは最後のラジオ演説を行った後、銃撃の末に自殺した。
チリ大統領の一覧
チリ大統領の一覧(チリだいとうりょうのいちらん)では、チリ共和国の国家元首である大統領職の概要、および歴代在任者の一覧を扱う。 チリ共和国の大統領は国民の直接選挙によって選ばれる。任期は4年であり、1980年採択の現行憲法の規定により連続再選は認められていない。 歴代大統領一覧 ==。
チリ共和国大統領
『チリ大統領の一覧』より : チリ大統領の一覧(チリだいとうりょうのいちらん)では、チリ共和国の国家元首である大統領職の概要、および歴代在任者の一覧を扱う。 チリ共和国の大統領は国民の直接選挙によって選ばれる。任期は4年であり、1980年採択の現行憲法の規定により連続再選は認められていない。 歴代大統領一覧 ==。
チリ共産党
チリ共産党 (Partido Comunista de Chile, PCCh)は、チリ共和国の共産主義政党。
1912年、ルイス・エミリオ・レカバーレンらによって、チリ社会主義労働党として結成され、1922年にチリ共産党に改称した。1920年代、イバニェス大統領の下で非合法化を経験するが、1930年代にはチリ社会党・急進党などと共闘する人民戦線戦術によって勢力を拡大した。1938年、人民戦線が推す急進党のペドロ・アギレ・セルダが大統領に当選し、チリ共産党はこれに閣外協力した。1946年には、ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ大統領の下で初めて3名の閣僚ポストを得た。しかし、東西冷戦によって急速に右傾化したビデラ大統領は1948年、共産党を非合法化、以後10年間非合法活動を余儀なくされる。1958年に再び合法化されたが、皮肉なことに、このとき共産党の合法化を行ったのは、前回大統領をつとめていたときには共産党を非合法化した経歴を持つイバニェス大統領であった。

チリ交
『古紙』より : 古紙(こし)とは、一度使われた紙のことである。主に、リサイクルされるための新聞紙、雑誌、板紙(いわゆる段ボール)などをいう。 本来、「古紙」と表記すると一度使われた紙という意味になるが、リサイクルに使われる紙には、印刷したまま市場に出回らなかった印刷物や、紙製品を加工する途中で発生する裁ち落とし(裁落)などもあり、これらも含めていう場合には、「故紙」と表記される。ただし、現在は用法の区別があいまいとなっている。 日本では、江戸時代から書き損じた紙などを回収、再生利用する業態が成立してきた。既に都市部では大量に消費されるようになっていたこと、日本の和紙は漉きなおしが容易だったことなどが背景にある。現在、日本の回収率は80%近く、リサイクルの優等生ともいわれる。1990年代には古紙の価格が暴落し、リサイクルが機能しなくなった時期もあったが、2000年代に入ると、回収体制が整っておらず、古紙回収率が30%以下と低い中国において、紙(特に電気製品の梱包材としての板紙)の生産量が拡大して需要が急激に高まり、対中輸出されるにようになると、一転して価格の上昇が見られ始めた。
チリメンナガクビガメ
チリメンナガクビガメ(Macrochelodina rugosa)は、爬虫綱カメ目ヘビクビガメ科オオナガクビガメ属に分類されるカメ。オオナガクビガメ属の模式種。 分布 インドネシア(パプア州南東部)、オーストラリア(トレス海峡諸島を含むクイーンズランド州北部、西オーストラリア州北東部、ノーザンテリトリー北部)、パプアニューギニア(ニューギニア島南西部)オオナガクビガメ属では唯一オーストラリア大陸とニューギニア島の両方に分布する。 形態 最大甲長40センチメートル。種小名rugosaは「皺(しわ)がある」の意で、背甲に無数の細かい皺が入ることが由来。ニューギニア島の個体群には皺がない個体が多い。形態や色彩は地域や個体変異が大きい。 頭部は大型で、頸部は長くて太い。喉に髭状突起がある個体もいる。頭部に斑紋が入らない。 分類 コウホソナガクビガメChelodina oblongaの模式標本が本種だったことが判明し、国際動物命名規約に基づき本種の学名はM. oblongaに変更される可能性がある。
チリメンジャコ
『ちりめんじゃこ』より : ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)は、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の仔稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名前がついた。魚そのものはシラスといい、しっかり干さないものはその名で呼ばれることもある。 収量が多く、油分の少ないカタクチイワシの仔魚が用いられることが多い。ちりめんじゃこの体長は一般に10~40mmのものを指し、20mm前後のものが商品として一般的である。また、牛乳と共にカルシウムを多く含む食品の代名詞ともなっている。 呼び名 ちりめんじゃこは関西での呼び名で、茹で上げた状態の物を「ちりめんじゃこ(かまあげ)」、茹で上げた状態の物をさらに乾燥させたものを「ちりめんじゃこ(上乾:じょうぼし)」として別の商品として売られている。
チリクワガタ属
チリクワガタ属は昆虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する分類群。6種が含まれる。南アメリカのチリとアルゼンチンに生息する。 形態 大アゴは体長の半分をも占めるチリクワガタ以外ではさほど長くはない。体表は金属光沢があるものもあるが、特に前翅では褐色のものも多い。腹面には白い毛が密集し、ジュセリンチリクワガタではこの毛が全身に及んでいる。頭部が極端に小さく、面積にして前胸背板の3分の1程。このため前胸背板も頭部に接続する側がすぼみ、全体として丘のようになっている。 南米産のクワガタムシの中では比較的大型で、中でもチリクワガタは南米産クワガタムシ中の最大種である。 生態 比較的寒冷な地域に生息していて、高温への適応力にも乏しい。もともとの寿命も短いため成虫の長期飼育はほぼ不可能で、また幼虫も飼育が難しい。 華奢な外観に似合わず、気が荒くて非常に好戦的であり、同種間で雌雄とも激しく争い合うという。 分類 系統的にはミヤマクワガタやマルバネクワガタに近いとされ、跗節の形状や高温では生きられない幼虫や成虫の生態などにも共通点が多い。
チリクワガタ
『チリクワガタ属』より : チリクワガタ属は昆虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する分類群。6種が含まれる。南アメリカのチリとアルゼンチンに生息する。 形態 大アゴは体長の半分をも占めるチリクワガタ以外ではさほど長くはない。体表は金属光沢があるものもあるが、特に前翅では褐色のものも多い。腹面には白い毛が密集し、ジュセリンチリクワガタではこの毛が全身に及んでいる。頭部が極端に小さく、面積にして前胸背板の3分の1程。このため前胸背板も頭部に接続する側がすぼみ、全体として丘のようになっている。 南米産のクワガタムシの中では比較的大型で、中でもチリクワガタは南米産クワガタムシ中の最大種である。 生態 比較的寒冷な地域に生息していて、高温への適応力にも乏しい。もともとの寿命も短いため成虫の長期飼育はほぼ不可能で、また幼虫も飼育が難しい。 華奢な外観に似合わず、気が荒くて非常に好戦的であり、同種間で雌雄とも激しく争い合うという。 分類 系統的にはミヤマクワガタやマルバネクワガタに近いとされ、跗節の形状や高温では生きられない幼虫や成虫の生態などにも共通点が多い。
チリ硝石
『硝酸ナトリウム』より : チリ硝石(チリしょうせき、Chile saltpeter、Chilean nitrate、nitratine)は、硝酸塩鉱物の一種。化学組成は NaNO3(硝酸ナトリウム)、結晶系は三方晶系。ソーダ硝石ともいう。 産出地 日本では、栃木県に産する。切り出した大谷石の表面に生成していたといわれる。 チリ硝石の生成原因には海藻の分解説、グアノ起源説、動植物の遺体のバクテリアによる分解説、根粒菌のような土壌微生物による大気中の窒素固定説などさまざまな説があり、確定していない。 性質・特徴 用途・加工法 当初は火薬、その後は肥料の製造。 サイド・ストーリー 19世紀に発見されたチリ硝石は、欧州へ輸出されるようになった。この発見により、有機物を積み上げて造る硝石の家内制手工業的な生産は下火となる。20世紀初頭の輸出量は年間200万トンを超える規模となり、硝石資源の枯渇も予測されるようになったことから、様々なアンモニアの人工合成法が模索されるようになった。
チリヌルヲワカ
チリヌルヲワカは、日本のロックバンド。イロハ音楽出版所属。FlyingStar Records(ビクターエンタテインメント株式会社)所属。 GO!GO!7188のギターボーカル・ユウこと中島優美を中心に結成。当初、中島優美の2枚目のソロアルバムとしてスタートしたが、中島の「若い力を取り入れた本気のバンドを組みたい」という考えからバンドを組むことになる。まず、中島が音源のみで知っていたイワイエイキチをGO!GO!7188のごんぶとツアー武道館公演に招待し、初対面を果たす。その後、正式オファーを出し、イワイがベースとして加わる。次に、何名かのドラマーとのセッションを経て、中島のソロアルバム『てんのみかく』にも参加経験のある阿部耕作がドラマーとして加わる。最後に、ギタリストオーディションを行い、当時20歳であった宮下治人が加わる。 バンド名はいろは歌から。中島が「いろはにほへとちりぬるを、わかよ…」と区切る所を「いろはにほへと、ちりぬるをわかよ…」と違う所で区切るのを聞き、その音感・語感を気に入ったことによる。
チリ国歌
『チリの国歌』より : チリの国歌はチリ共和国の国歌。 チリの国歌は行進曲となっており、エウセビオ・リジョ(es:Eusebio Lillo), ベルナルド・ベラ・ピンタード(es:Bernardo de Vera y Pintado)が作詞し、ラモン・カルニセール(es:Ramón Carnicer)が作曲した。 6番までとコーダからなるが、公式には、5番とコーダのみを歌う。 歌詞 El texto está compuesto por seis estrofas y un coro que se interpreta entre cada estrofa. Oficialmente, en todo acto público se interpreta el coro (escrito por Bernardo de Vera y Pintado), más la quinta estrofa de la letra de Eusebio Lillo: Puro, Chile, es tu cielo azulado; puras brisas te cruzan también, y tu campo, de flores bordado es la copia feliz del edén Majestuosa es la blanca montaña que te dio por baluarte el Señor, (bis) y ese mar que tranquilo te baña te promete futuro esplendor.(bis) Coro Dulce Patria, recibe los votos con que Chile en tus aras juró: Que, o la tumba serás de los libres, o el asilo contra la opresión.(bis dos últimos versos tres veces, luego bis último verso dos veces) チリの国歌の歴史 過去のチリ国歌 El primer himno nacional de Chile data de mediados de 1819, cuando Bernardo O’Higgins encargó al poeta chileno-argentino Bernardo de Vera y Pintado una letra al himno que deseaba para la naciente nación. Se cantó por primera vez en las fiestas de septiembre de 1819, cuando a falta de música propia se le cantó con la del himno nacional de Argentina. Para que compusiera la música se buscó primero al peruano José Reverte, pero su versión no agradó a Vera y Pintado, por lo que le fue encargada una nueva al músico chileno Manuel Robles, que sí encajó con los versos del argentino. El estreno oficial de la canción fue el 20 de agosto de 1820, resultando un éxito inmediato. Esta primera versión, con la letra de Vera y música de Robles, duró hasta 1828. Ese año Mariano Egaña, ministro en Londres, debido a las críticas que escuchó con respecto a la música, decidió encargar una nueva versión al músico español Ramón Carnicer, a la sazón exiliado por su oposición al rey de España Fernando VII. La música conservaba el poema de Vera, y se estrenó por vez primera en Santiago, en el teatro de Arteaga, el 23 de diciembre de 1828, en un concierto de la Sociedad Filarmónica. Costó un tanto que se asimilase la nueva música, pero al final quedó impregnada entre los chilenos. Terminada la lucha independentista y establecidas las relaciones diplomáticas entre Chile y España, en 1846 el encargado de negocios de España en Chile Salvador Tavira objetó algunos versos de Vera y Pintado por ser injuriosos y hostiles hacia España. Por esto, el gobierno de Manuel Bulnes Prieto, a través de su ministro del Interior Manuel Camilo Vidal, encargó al entonces joven poeta Eusebio Lillo Robles el reemplazo de las estrofas injuriosas del Himno Nacional. Las modificaciones contaron con el visto bueno de Andrés Bello, siendo entonada, tal como lo conocemos en la actualidad, en 1847. Dos decretos han sancionado el carácter oficial del Himno Nacional. Ellos son el Decreto 3482 del 12 de agosto de 1909 durante la administración de Pedro Montt Montt y el Decreto 3737 del 27 de junio de 1941 bajo la presidencia de la República de Pedro Aguirre Cerda. 現在の版 La letra tenía duras palabras contra los españoles, por lo que una vez pasado mucho tiempo el fragor de la independencia, los españoles residentes en Chile empezaron a protestar por aquellos versos xenófobos. Como el Estado chileno ya había normalizado relaciones con España, una nueva versión de la letra le fue encargada en 1847 al joven poeta chileno Eusebio Lillo. Llevada la nueva letra ante el escritor y filólogo de origen venezolano Andrés Bello, éste la aprobó, excepto en la sección del coro, que decía: Libertad, invocando tu nombre, la chilena y altiva nación jura libre vivir de tiranos y de extraña, humillante opresiónComo se censuró su coro, y Lillo se consideraba incapaz de superar el original, se quedó con el anterior. El texto completo de la letra es la que sigue, pero —como se mencionó más arriba— sólo son oficiales el coro y la quinta estrofa. Coro Dulce Patria, recibe los votos Con que Chile en tus aras juró Que o la tumba serás de los libres O el asilo contra la opresión.I Ha cesado la lucha sangrienta; ya es hermano el que ayer invasor; de tres siglos lavamos la afrenta combatiendo en el campo de honor. El que ayer doblegábase esclavo libre al fin y triunfante se ve; libertad es la herencia del bravo, la Victoria se humilla a sus pies.II Alza, Chile, sin mancha la frente; conquistaste tu nombre en la lid; siempre noble, constante y valiente te encontraron los hijos del Cid. Que tus libres tranquilos coronen a las artes, la industria y la paz, y de triunfos cantares entonen que amedrenten al déspota audaz.III Vuestros nombres, valientes soldados, Que habéis sido de Chile el sostén, nuestros pechos los llevan grabados; Los sabrán nuestros hijos también. Sean ellos el grito de muerte que lancemos marchando a lidiar, y sonando en la boca del fuerte hagan siempre al tirano temblar.IV Si pretende el cañón extranjero nuestros pueblos osado invadir; desnudemos al punto el acero y sepamos vencer o morir. Con su sangre el altivo araucano nos legó por herencia el valor; y no tiembla la espada en la mano defendiendo de Chile el honor.V Puro, Chile, es tu cielo azulado, puras brisas te cruzan también, y tu campo de flores bordado es la copia feliz del Edén. Majestuosa es la blanca montaña que te dio por baluarte el Señor, Y ese mar que tranquilo te baña te promete futuro esplendor.VI Esas galas, ¡oh, Patria!, esas flores que tapizan tu suelo feraz, no las pisen jamás invasores; con tu sombra las cubra la paz. Nuestros pechos serán tu baluarte, con tu nombre sabremos vencer, o tu noble, glorioso estandarte, nos verá combatiendo caer.CORO Dulce Patria, recibe los votos Con que Chile en tus aras juró Que, o la tumba serás de los libres, O el asilo contra la opresión. Que, o la tumba serás de los libres, O el asilo contra la opresión. Que, o la tumba serás de los libres O el asilo contra la opresión. O el asilo contra la opresión. O el asilo contra la opresión. 軍隊と三番目の歌詞 Durante el gobierno de Augusto Pinochet se agregó a la versión cantada la tercera estrofa de la letra de Eusebio Lillo, que comienza «Vuestros nombres, valientes soldados». El hecho de cantar o no esta tercera estrofa se convirtió para muchos en una expresión de apoyo o rechazo al régimen militar. En 1990, bajo la presidencia de Patricio Aylwin, se volvió a la versión oficial anterior de una sola estrofa. No obstante, partidarios del régimen y de la figura de Augusto Pinochet continúan usando esta tercera estrofa en la interpretación del himno para sus reuniones. Respeto debido al himno nacional El artículo 22 de la Constitución Política de la República de Chile de 1980 establece que todo habitante de la República debe respeto a Chile y a sus emblemas nacionales. Según el artículo 2 de la misma Constitución, los emblemas nacionales de Chile son la bandera nacional, el escudo de armas de la República y el himno nacional. Por su parte, el artículo 6.° de la Ley de Seguridad del Estado (Decreto 890 de 1975) dispone que cometen delito contra el orden público los que ultrajaren públicamente la bandera, el escudo, el nombre de la patria o el himno nacional. 出典 外部リンク 20 px Himno Nacional de Chile (instrumental) Cámara de Diputados de Chile, Símbolos Patrios, Canción Nacional de Chile Himno Nacional de Chile audio con arreglo modernizado en formato wma del Gobierno de Chile (1.9 MB) Himno Nacional de Chile video con arreglo modernizado en formato wmv del Gobierno de Chile (5.5 MB) Himno Nacional de Chile audio en formato midi (20.9 KB) Himno Nacional de Chile audio con orquestación tradicional por la Banda de la Armada de los Estados Unidos en formato mp3 (1.9 MB) Himno Nacional de Chile audio con orquestación tradicional en formato mp3 (5.34 MB) que incluye la tercera estrofa en alabanza a los soldados, versión usada durante el régimen militar de Augusto Pinochet (1973-1990) チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 関連項目 Cancion Nacional Chilena - 旧国歌(1847年まで使用)。
チリの国歌
チリの国歌はチリ共和国の国歌。 チリの国歌は行進曲となっており、エウセビオ・リジョ(es:Eusebio Lillo), ベルナルド・ベラ・ピンタード(es:Bernardo de Vera y Pintado)が作詞し、ラモン・カルニセール(es:Ramón Carnicer)が作曲した。 6番までとコーダからなるが、公式には、5番とコーダのみを歌う。 歌詞 El texto está compuesto por seis estrofas y un coro que se interpreta entre cada estrofa. Oficialmente, en todo acto público se interpreta el coro (escrito por Bernardo de Vera y Pintado), más la quinta estrofa de la letra de Eusebio Lillo: Puro, Chile, es tu cielo azulado; puras brisas te cruzan también, y tu campo, de flores bordado es la copia feliz del edén Majestuosa es la blanca montaña que te dio por baluarte el Señor, (bis) y ese mar que tranquilo te baña te promete futuro esplendor.(bis) Coro Dulce Patria, recibe los votos con que Chile en tus aras juró: Que, o la tumba serás de los libres, o el asilo contra la opresión.(bis dos últimos versos tres veces, luego bis último verso dos veces) チリの国歌の歴史 過去のチリ国歌 El primer himno nacional de Chile data de mediados de 1819, cuando Bernardo O’Higgins encargó al poeta chileno-argentino Bernardo de Vera y Pintado una letra al himno que deseaba para la naciente nación. Se cantó por primera vez en las fiestas de septiembre de 1819, cuando a falta de música propia se le cantó con la del himno nacional de Argentina. Para que compusiera la música se buscó primero al peruano José Reverte, pero su versión no agradó a Vera y Pintado, por lo que le fue encargada una nueva al músico chileno Manuel Robles, que sí encajó con los versos del argentino. El estreno oficial de la canción fue el 20 de agosto de 1820, resultando un éxito inmediato. Esta primera versión, con la letra de Vera y música de Robles, duró hasta 1828. Ese año Mariano Egaña, ministro en Londres, debido a las críticas que escuchó con respecto a la música, decidió encargar una nueva versión al músico español Ramón Carnicer, a la sazón exiliado por su oposición al rey de España Fernando VII. La música conservaba el poema de Vera, y se estrenó por vez primera en Santiago, en el teatro de Arteaga, el 23 de diciembre de 1828, en un concierto de la Sociedad Filarmónica. Costó un tanto que se asimilase la nueva música, pero al final quedó impregnada entre los chilenos. Terminada la lucha independentista y establecidas las relaciones diplomáticas entre Chile y España, en 1846 el encargado de negocios de España en Chile Salvador Tavira objetó algunos versos de Vera y Pintado por ser injuriosos y hostiles hacia España. Por esto, el gobierno de Manuel Bulnes Prieto, a través de su ministro del Interior Manuel Camilo Vidal, encargó al entonces joven poeta Eusebio Lillo Robles el reemplazo de las estrofas injuriosas del Himno Nacional. Las modificaciones contaron con el visto bueno de Andrés Bello, siendo entonada, tal como lo conocemos en la actualidad, en 1847. Dos decretos han sancionado el carácter oficial del Himno Nacional. Ellos son el Decreto 3482 del 12 de agosto de 1909 durante la administración de Pedro Montt Montt y el Decreto 3737 del 27 de junio de 1941 bajo la presidencia de la República de Pedro Aguirre Cerda. 現在の版 La letra tenía duras palabras contra los españoles, por lo que una vez pasado mucho tiempo el fragor de la independencia, los españoles residentes en Chile empezaron a protestar por aquellos versos xenófobos. Como el Estado chileno ya había normalizado relaciones con España, una nueva versión de la letra le fue encargada en 1847 al joven poeta chileno Eusebio Lillo. Llevada la nueva letra ante el escritor y filólogo de origen venezolano Andrés Bello, éste la aprobó, excepto en la sección del coro, que decía: Libertad, invocando tu nombre, la chilena y altiva nación jura libre vivir de tiranos y de extraña, humillante opresiónComo se censuró su coro, y Lillo se consideraba incapaz de superar el original, se quedó con el anterior. El texto completo de la letra es la que sigue, pero —como se mencionó más arriba— sólo son oficiales el coro y la quinta estrofa. Coro Dulce Patria, recibe los votos Con que Chile en tus aras juró Que o la tumba serás de los libres O el asilo contra la opresión.I Ha cesado la lucha sangrienta; ya es hermano el que ayer invasor; de tres siglos lavamos la afrenta combatiendo en el campo de honor. El que ayer doblegábase esclavo libre al fin y triunfante se ve; libertad es la herencia del bravo, la Victoria se humilla a sus pies.II Alza, Chile, sin mancha la frente; conquistaste tu nombre en la lid; siempre noble, constante y valiente te encontraron los hijos del Cid. Que tus libres tranquilos coronen a las artes, la industria y la paz, y de triunfos cantares entonen que amedrenten al déspota audaz.III Vuestros nombres, valientes soldados, Que habéis sido de Chile el sostén, nuestros pechos los llevan grabados; Los sabrán nuestros hijos también. Sean ellos el grito de muerte que lancemos marchando a lidiar, y sonando en la boca del fuerte hagan siempre al tirano temblar.IV Si pretende el cañón extranjero nuestros pueblos osado invadir; desnudemos al punto el acero y sepamos vencer o morir. Con su sangre el altivo araucano nos legó por herencia el valor; y no tiembla la espada en la mano defendiendo de Chile el honor.V Puro, Chile, es tu cielo azulado, puras brisas te cruzan también, y tu campo de flores bordado es la copia feliz del Edén. Majestuosa es la blanca montaña que te dio por baluarte el Señor, Y ese mar que tranquilo te baña te promete futuro esplendor.VI Esas galas, ¡oh, Patria!, esas flores que tapizan tu suelo feraz, no las pisen jamás invasores; con tu sombra las cubra la paz. Nuestros pechos serán tu baluarte, con tu nombre sabremos vencer, o tu noble, glorioso estandarte, nos verá combatiendo caer.CORO Dulce Patria, recibe los votos Con que Chile en tus aras juró Que, o la tumba serás de los libres, O el asilo contra la opresión. Que, o la tumba serás de los libres, O el asilo contra la opresión. Que, o la tumba serás de los libres O el asilo contra la opresión. O el asilo contra la opresión. O el asilo contra la opresión. 軍隊と三番目の歌詞 Durante el gobierno de Augusto Pinochet se agregó a la versión cantada la tercera estrofa de la letra de Eusebio Lillo, que comienza «Vuestros nombres, valientes soldados». El hecho de cantar o no esta tercera estrofa se convirtió para muchos en una expresión de apoyo o rechazo al régimen militar. En 1990, bajo la presidencia de Patricio Aylwin, se volvió a la versión oficial anterior de una sola estrofa. No obstante, partidarios del régimen y de la figura de Augusto Pinochet continúan usando esta tercera estrofa en la interpretación del himno para sus reuniones. Respeto debido al himno nacional El artículo 22 de la Constitución Política de la República de Chile de 1980 establece que todo habitante de la República debe respeto a Chile y a sus emblemas nacionales. Según el artículo 2 de la misma Constitución, los emblemas nacionales de Chile son la bandera nacional, el escudo de armas de la República y el himno nacional. Por su parte, el artículo 6.° de la Ley de Seguridad del Estado (Decreto 890 de 1975) dispone que cometen delito contra el orden público los que ultrajaren públicamente la bandera, el escudo, el nombre de la patria o el himno nacional. 出典 外部リンク 20 px Himno Nacional de Chile (instrumental) Cámara de Diputados de Chile, Símbolos Patrios, Canción Nacional de Chile Himno Nacional de Chile audio con arreglo modernizado en formato wma del Gobierno de Chile (1.9 MB) Himno Nacional de Chile video con arreglo modernizado en formato wmv del Gobierno de Chile (5.5 MB) Himno Nacional de Chile audio en formato midi (20.9 KB) Himno Nacional de Chile audio con orquestación tradicional por la Banda de la Armada de los Estados Unidos en formato mp3 (1.9 MB) Himno Nacional de Chile audio con orquestación tradicional en formato mp3 (5.34 MB) que incluye la tercera estrofa en alabanza a los soldados, versión usada durante el régimen militar de Augusto Pinochet (1973-1990) チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 チリ国歌 関連項目 Cancion Nacional Chilena - 旧国歌(1847年まで使用)。
チリコンカーン
チリコンカーン(日本語別表記でチリコンカン,チリコンカルネ、英: chili con carne、西: chile con carne)は、代表的なテクス・メクス料理およびアメリカ料理で、アメリカ合衆国の国民食のひとつでもある。 米国では、chile con carneを英語風に「チリコンカーニー」 (chi-lē-ˌkän-ˈkär-nē) と発音するが、実際は単に「チリ」という略称で呼ぶことが多い。ヒスパニック系アメリカ人の多いアメリカ合衆国南西部では、非ヒスパニック系の間でも、よりスペイン語に近いチリコンカルネと呼ぶこともある。日本ではチリコンカーンの他、チリコンカンとも呼ばれている。 チリコンカーンのレシピは、19世紀半ばにメキシコから独立しアメリカ合衆国に併合されたテキサス州南部で考案されたと言われており、テキサス州はこれを「州の料理」に指定している。庶民考案の料理らしく、レシピの起源に関する信頼できる情報が乏しく、直接の起源となった出来事や、その詳細な発生日時は未だに判明していない。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

チリ
イースター島、 プンタアレーナス

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)