翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

ベルギー
 Wikipediaベルギー情報

ベルギー
ベルギー王国 Koninkrijk België(オランダ語)Royaume de Belgique(フランス語)Königreich Belgien(ドイツ語) 国の標語:L'union fait la force(フランス語)Eendracht maakt macht(オランダ語)Einigkeit macht stark(ドイツ語)(日本語訳: 団結は力なり) 国歌:ブラバントの歌 ベルギーの位置 ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。
ベルギーの地方行政区分
ベルギー王国は連邦制国家であり、連邦の構成主体として3つの地域(ブリュッセル首都圏地域、フランデレン地域、ワロン地域)と3つの言語共同体(フラマン語共同体、フランス語共同体、ドイツ語共同体)の2層、計6つの地方行政区分に分けられている。3つの地域のうち、フランデレン地域とワロン地域は、それぞれ5つの州により構成されている。また、国全体は、589の基礎自治体から構成されている。 これらの地域と言語共同体のうち、フランデレン地域とフラマン語共同体は首都ブリュッセルを除いて領域が重なることから公式に統一されており、政府・首長・議会は共通している。これにより、本来6つあるはずのベルギーの連邦構成主体は事実上5つとなっている。 言語共同体 以下の3つが存在する。 フラマン語共同体 フランス語共同体 ドイツ語共同体フラマン語共同体の領域は北部のフランデレン地域とブリュッセル、フランス語共同体の領域は南部のワロン地域の大半とブリュッセルであり、ドイツ語共同体の領域はワロン地域のうちリエージュ州の東部に位置する一部のみである(右図参照)。
ベルギー王国
『ベルギー』より : ベルギー王国 Koninkrijk België(オランダ語)Royaume de Belgique(フランス語)Königreich Belgien(ドイツ語) 国の標語:L'union fait la force(フランス語)Eendracht maakt macht(オランダ語)Einigkeit macht stark(ドイツ語)(日本語訳: 団結は力なり) 国歌:ブラバントの歌 ベルギーの位置 ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。
ベルギーグランプリ
ベルギーグランプリ(ベルギーGP, 英: Belgian Grand Prix, 蘭: Grote Prijs van België, 仏: Grand Prix de Belgique, 独: Großer Preis von Belgien)はベルギーで行われている自動車レースであり、F1世界選手権レースのひとつ。 初開催は1925年。以来幾度かの中断を挟みながら開催され、1950年のF1世界選手権開幕シーズンからカレンダー入りした。全長12kmの公道コース、スパ・フランコルシャンを舞台に行われていたが、時代とともにマシンの性能向上に対して安全対策の不備が批判されるようになった。1969年のベルギーGPは選手組合 (GPDA) のボイコットによりキャンセルされ、1972年より常設コースのニヴェル・ボレールやゾルダー・サーキットへ舞台を移した。この2ヵ所で交互開催を続ける予定だったが、ニヴェルが経営破綻したため、1975年から1982年までゾルダーで連続開催された。
ベルギー・グランプリ
『ベルギーグランプリ』より : ベルギーグランプリ(ベルギーGP, 英: Belgian Grand Prix, 蘭: Grote Prijs van België, 仏: Grand Prix de Belgique, 独: Großer Preis von Belgien)はベルギーで行われている自動車レースであり、F1世界選手権レースのひとつ。 初開催は1925年。以来幾度かの中断を挟みながら開催され、1950年のF1世界選手権開幕シーズンからカレンダー入りした。全長12kmの公道コース、スパ・フランコルシャンを舞台に行われていたが、時代とともにマシンの性能向上に対して安全対策の不備が批判されるようになった。1969年のベルギーGPは選手組合 (GPDA) のボイコットによりキャンセルされ、1972年より常設コースのニヴェル・ボレールやゾルダー・サーキットへ舞台を移した。この2ヵ所で交互開催を続ける予定だったが、ニヴェルが経営破綻したため、1975年から1982年までゾルダーで連続開催された。
ベルギー国王の一覧
ベルギー国王の一覧( - こくおうのいちらん)は、ベルギーが1830年10月4日にネーデルラント連合王国からの独立を宣言して以降の、歴代国王の一覧である。
1831年6月4日、国民議会によってザクセン=コーブルク=ゴータ公国 ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) エルンスト1世の弟、レオポルド1世 (ベルギー王) レオポルトが国王に指名された。ザクセン=コーブルク=ゴータ家はヴェッティン家の分家であり、一族からはブルガリア君主一覧 ブルガリア国王、ポルトガル君主一覧 ポルトガル国王、イギリス王配などを輩出している。レオポルトは同年7月21日にレオポルド1世として初代国王に即位した。
1920年、第3代アルベール1世は第一次世界大戦の対戦国であるドイツ国の地名に由来する、サクス=コブール=ゴータ(ザクセン=コーブルク=ゴータ)という家名を公的に使用しないことを決めた。以後は国名を家名として用いている。1991年には憲法改正によってレオポルド1世以来の男系男子継承を廃止し、女子にも王位継承権を認めた。現在の王位継承権者は「レオポルド1世の直系、実系および、嫡出の子孫」と規定されている。

ベルギー独立革命
ベルギー独立革命(フランス語:Révolution belge、オランダ語:Belgische Revolutie、ドイツ語:Belgische Revolution)は、1830年8月に生じたブリュッセルでの反乱に始まるベルギーのネーデルラント連合王国からの独立戦争を指す。ベルギーが国民国家としてだけでなく、カトリック教会 ローマ・カトリックの国家としての独立を得るためのものであった。ネーデルラント(オランダ)王ヴィレム1世 (オランダ王) ヴィレム1世は、1839年のロンドン条約で列強による圧力をかけられるまでは、ベルギーを国家として認めることを拒否していた。
ネーデルラントは1813年にナポレオン・ボナパルト ナポレオンの支配から脱却。1814年の英蘭条約では「ネーデルラント連合州」「ネーデルラント連合」の名前が使用された。1815年のナポレオンのワーテルローでの敗北後、ウィーン会議はオラニエ=ナッサウ家の王国を成立させた。その王国は、旧ネーデルラント連合州(ネーデルラント連邦共和国)と旧南ネーデルラント オーストリア領ネーデルラントを結合させ、フランスの北に緩衝地帯となる強力な国を作ることを目的としていた。

ベルギーとフランスの鐘楼群
site_img Image:Cathedral of our Lady 2 (Piotr Kuczynski).jpg
site_img_capt 鐘楼群のひとつ、アントウェルペンの聖母大聖堂の鐘楼
ja_name ベルギーとフランスの鐘楼群
en_name Belfries of Belgium and France
fr_name Beffrois de Belgique et de France
country ベルギー
country2 フランス
criterion_c (2),(4)
rg_year 1999年
ex_rg_year 2005年
remarks
url_no 943
map_img 画像:LocMap of WH Belfries.PNG
「ベルギーとフランスの鐘楼群」(ベルギーとフランスのしょうろうぐん)は、国際連合教育科学文化機関 ユネスコの世界遺産のひとつ。ベルギー、フランス両国合わせて56の鐘楼が登録されている。
ユネスコは1999年に「フランドル地方とワロン地域 ワロン地方の鐘楼群」(Belfries of Flanders and Wallonia)として32の鐘楼を登録していた。2005年にワロン地方のガンブルー(Gembloux, ワロン語 Djiblou)の鐘楼に加え、フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏、ピカルディー地域圏の23の鐘楼までもが追加されたことによって、現在の名称へと変更された。なお、逆にブリュッセル市庁舎の鐘楼は登録解除された。これはグラン=プラス (ブリュッセル) ブリュッセルのグラン=プラスが既に登録され、市庁舎の鐘楼はそちらに包含されると見なされたためである。

ベルギービール
ベルギービールは、ベルギーで生産されるビールの総称である。日本ではラガービール以外のバラエティに富んだビールを指して狭義の意味で使う場合が多い(後述)。1997年のデータによると、ベルギー国内に125の醸造所があり、銘柄数は、OEMや輸出用銘柄等のレーベル・ビールを含めて1053種類、そのうちオリジナル・ビールは780種類におよぶ。スタイル別にみた場合はオリジナル・ビールが1159種類でレーベル・ビールが388種類の合計1547種類である。ベルギーの人口を鑑みた場合、この数は多いと言える。 ベルギー国内においても、全消費量のうち70から75%を下面発酵のピルスナーが占めており、ピルスナーが主流と言えるが、上面発酵のエールと自然発酵のランビックの多様さが他国と比べて特異であるため、日本でベルギービールとよぶ場合はこの2種を特に指して使われる場合が多い。
ベルギー領コンゴ
略名
日本語国名 ベルギー領コンゴ
公式国名 Colonie du Congo belge(フランス語)Belgisch-Kongo(オランダ語)
建国時期 1908
亡国時期 1960
先代1 コンゴ自由国
先旗1 Flag of Congo Free State.svg
先代2
先旗2
先代3
先旗3
先代4
先旗4
先代5
先旗5
次代1 コンゴ民主共和国
次旗1 Flag of Congo Kinshasa 1960.svg
次代2 カタンガ州

ベルギーのユーロ硬貨
ベルギーのユーロ硬貨は、ベルギーを含む欧州連合のユーロ圏で使われている硬貨である。 ユーロ硬貨の表面はユーロ圏全域共通のデザインで、裏面は各国の独自のデザインとなっている。2ユーロ硬貨以外の縁のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 裏面のデザインは8種類とも同一であり、ベルギー国王アルベール2世の肖像とモノグラムが刻まれている。アルベール2世のモノグラムは、王冠の下に大文字のAをデザインしたもの。2008年にデザインが変更された。 1999年 - 2007年 2008年 - 発行国の識別記号として、ベルギー(Belgium)の頭文字である「BE」が追加されたほか、発行年とモノグラムの位置が変更されている。 2ユーロ記念硬貨 外部リンク 欧州中央銀行 ベルギー国立銀行。
ベルギー人のリスト
『ベルギー人の一覧』より : ベルギー人の一覧(ベルギーじんのいちらん)はベルギー人のリストである。 芸術関係 画家 アンソニー・ヴァン・ダイク:アントウェルペン ピーテル・パウル・ルーベンス:アントウェルペン ジェームズ・アンソール:オーステンデ バルトロメウス・スプランヘル:アントウェルペン ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ フーベルト・ファン・エイク フランス・ハルス:アントウェルペン ポール・デルヴォー:リエージュ ヤン・ファン・エイク ルネ・マグリット:レシーヌ 映画監督・俳優 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ オードリー・ヘプバーン ナターシャ・レニエ ジャン=クロード・ヴァン・ダム  シャンタル・アケルマン  音楽家 アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ:作曲家 アンドレ・クリュイタンス:指揮者 アンリ・ヴュータン:作曲家・ヴァイオリニスト ウジェーヌ・イザイ:作曲家・ヴァイオリニスト ギヨーム・ルクー:作曲家 サンドラ・キム:歌手 ジャック・ブレル:シャンソン歌手 ジャン・アプシル:作曲家・オルガニスト ジョゼ・ヴァン・ダム:バス・バリトン歌手 ジョゼフ=エクトル・フィオッコ:作曲家 セザール・フランク:作曲家・オルガニスト ダン・ラックスマン:作曲家・レコーディング・エンジニア、「テレックス」のリーダー フランソワ=ジョゼフ・ゴセック:作曲家・指揮者 フランソワ=ジョゼフ・フェティス:音楽学者 ベルト・アッペルモント:作曲家 マリー・ドレヌ:歌手(ザップ・ママ) マルク・ムーラン:作曲家・テレックスのメンバー ヤン・ヴァン・デル・ロースト:作曲家 建築家 アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ:アントウェルペン ファッションデザイナー ダーク・ビッケンバーグ: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) アン・ドゥムルメステール: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ドリス・ヴァン・ノッテン: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ダーク・ヴァン・セーヌ : アントウェルペン (アントウェルペンの6人) マリナ・イー: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) マルタン・マルジェラ:アントウェルペン ジャンポール・ノット スポーツ 自転車 サッカー ジャン=マリー・パフ ヴィンチェンツォ・シーフォ マルク・ヴィルモッツ ロレンツォ・スターレンス ダニエル・ファン・ブイテン エミール・ムペンザ ヤン・クーレマンス ミシェル・プロドオム トーマス・フェルメーレン ヴァンサン・コンパニ エデン・アザール ティボ・クルトゥワ ヤン・フェルトンゲン ロメル・ルカク アドナン・ヤヌザイ シモン・ミニョレ 卓球 ジャン=ミッシェル・セイブ フィギュアスケート ケビン・ヴァン・デル・ペレン テニス キム・クライシュテルス ジュスティーヌ・エナン F1 ジャッキー・イクス ルシアン・ビアンキ(出身はイタリア) ティエリー・ブーツェン エリック・ヴァン・デ・ポール ジェローム・ダンブロシオ ラリー フランソワ・デュバル フレディ・ロイクス ブルーノ・ティリー プロレス カール・ゴッチ 競馬 クリストフ・スミヨン 陸上競技 モハメッド・ムーリト ケビン・ボルレー ジョナサン・ボルレー カレル・リスモン ヴァンサン・ルソー 作家 小説家 ジョルジュ・シムノン スタニスラス=アンドレ・ステーマン アメリー・ノートン ヒューバート・ランポ ジャン・レー J・H・ロニー兄 漫画家 エルジェ (タンタンの冒険) ペヨ - ピエール・クリフォール (スマーフ) 科学者 イリヤ・プリゴジン 化学者、物理学者(ロシア出身) エルネスト・ソルベー 化学者・実業家・慈善家 ジュール・ボルデ 1919年にノーベル医学賞受賞 細菌学者・医学者 フランソワ・アングレール 2013年にノーベル物理学賞受賞 理論物理学者 その他 アドルフ・サックス - サクソフォンの発案者 ダミアン神父(ヨセフ・デ・ブーステル) - ハンセン病患者に生涯をささげた司祭。
ベルギー人の一覧
ベルギー人の一覧(ベルギーじんのいちらん)はベルギー人のリストである。 芸術関係 画家 アンソニー・ヴァン・ダイク:アントウェルペン ピーテル・パウル・ルーベンス:アントウェルペン ジェームズ・アンソール:オーステンデ バルトロメウス・スプランヘル:アントウェルペン ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ フーベルト・ファン・エイク フランス・ハルス:アントウェルペン ポール・デルヴォー:リエージュ ヤン・ファン・エイク ルネ・マグリット:レシーヌ 映画監督・俳優 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ オードリー・ヘプバーン ナターシャ・レニエ ジャン=クロード・ヴァン・ダム  シャンタル・アケルマン  音楽家 アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ:作曲家 アンドレ・クリュイタンス:指揮者 アンリ・ヴュータン:作曲家・ヴァイオリニスト ウジェーヌ・イザイ:作曲家・ヴァイオリニスト ギヨーム・ルクー:作曲家 サンドラ・キム:歌手 ジャック・ブレル:シャンソン歌手 ジャン・アプシル:作曲家・オルガニスト ジョゼ・ヴァン・ダム:バス・バリトン歌手 ジョゼフ=エクトル・フィオッコ:作曲家 セザール・フランク:作曲家・オルガニスト ダン・ラックスマン:作曲家・レコーディング・エンジニア、「テレックス」のリーダー フランソワ=ジョゼフ・ゴセック:作曲家・指揮者 フランソワ=ジョゼフ・フェティス:音楽学者 ベルト・アッペルモント:作曲家 マリー・ドレヌ:歌手(ザップ・ママ) マルク・ムーラン:作曲家・テレックスのメンバー ヤン・ヴァン・デル・ロースト:作曲家 建築家 アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ:アントウェルペン ファッションデザイナー ダーク・ビッケンバーグ: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) アン・ドゥムルメステール: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ドリス・ヴァン・ノッテン: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) ダーク・ヴァン・セーヌ : アントウェルペン (アントウェルペンの6人) マリナ・イー: アントウェルペン (アントウェルペンの6人) マルタン・マルジェラ:アントウェルペン ジャンポール・ノット スポーツ 自転車 サッカー ジャン=マリー・パフ ヴィンチェンツォ・シーフォ マルク・ヴィルモッツ ロレンツォ・スターレンス ダニエル・ファン・ブイテン エミール・ムペンザ ヤン・クーレマンス ミシェル・プロドオム トーマス・フェルメーレン ヴァンサン・コンパニ エデン・アザール ティボ・クルトゥワ ヤン・フェルトンゲン ロメル・ルカク アドナン・ヤヌザイ シモン・ミニョレ 卓球 ジャン=ミッシェル・セイブ フィギュアスケート ケビン・ヴァン・デル・ペレン テニス キム・クライシュテルス ジュスティーヌ・エナン F1 ジャッキー・イクス ルシアン・ビアンキ(出身はイタリア) ティエリー・ブーツェン エリック・ヴァン・デ・ポール ジェローム・ダンブロシオ ラリー フランソワ・デュバル フレディ・ロイクス ブルーノ・ティリー プロレス カール・ゴッチ 競馬 クリストフ・スミヨン 陸上競技 モハメッド・ムーリト ケビン・ボルレー ジョナサン・ボルレー カレル・リスモン ヴァンサン・ルソー 作家 小説家 ジョルジュ・シムノン スタニスラス=アンドレ・ステーマン アメリー・ノートン ヒューバート・ランポ ジャン・レー J・H・ロニー兄 漫画家 エルジェ (タンタンの冒険) ペヨ - ピエール・クリフォール (スマーフ) 科学者 イリヤ・プリゴジン 化学者、物理学者(ロシア出身) エルネスト・ソルベー 化学者・実業家・慈善家 ジュール・ボルデ 1919年にノーベル医学賞受賞 細菌学者・医学者 フランソワ・アングレール 2013年にノーベル物理学賞受賞 理論物理学者 その他 アドルフ・サックス - サクソフォンの発案者 ダミアン神父(ヨセフ・デ・ブーステル) - ハンセン病患者に生涯をささげた司祭。
ベルギーの国歌
「ブラバントの歌」(ブラバントのうた、オランダ語: De Brabançonne, フランス語: La Brabançonne, ドイツ語: Das Lied von Brabant)はベルギーの国歌。フランス語の題名から「ラ・ブラバンソンヌ」とも呼ばれる。ブラバントとは、ブリュッセルのあるベルギー中部地方である。国がフランデレン地域とワロン地域に分かれており、オランダ語、フランス語、ドイツ語の3つを公用語とすることから、歌詞も3つの言語版がある。 ジュネヴァル(Jenneval, 本名:ルイ=アレクサンドル・ドゥシェ/Louis-Alexandre Dechet)作詞、フランソワ・ヴァン・カンペヌー (François van Campenhout) 作曲。 現代版歌詞 関連項目 フランデレンの獅子 ワロン人の歌 外部リンク De Brabançonne。
ベルギーの国章
middle
middle_width
middle_caption
lesser Coats of arms of Belgium Government.svg
lesser_width 100
lesser_caption 連邦政府 (ベルギー) ベルギー連邦政府によって使用されている小紋章
armiger ベルギー王アルベール2世 (ベルギー王) アルベール2世
year_adopted 1837年3月17日
crest
torse
shield セーブル (紋章学) sable, a ライオン (紋章学) lion rampant オーア (紋章学) Or (the Leo Belgicus)
supporters Two ライオン (紋章学) lions gardant ティンクチャー (紋章学)#自然色 proper
compartment
orders :en:Order of Léopold Order of Leopold
other_elements hand of justice, and a sceptre with a lion, two lances with the ベルギーの国旗 national colours
earlier_versions
use
ベルギーの国章は、ベルギーの国家的象徴である1組のライオンを内に含んでいる。中央には、伝統的なライオンの象徴を包含しているエスカッシャン 盾がある。この紋章は、君主制を表現する外套を基礎に構成されており、その中に前述の1組のライオンと、国の標語である、団結は力なりを意味するフランス語のL”union fait la forceか、オランダ語のEendracht maakt machtが記されている帯がある。

ベルギー国立管弦楽団
1832年にベルギー王立音楽院管弦楽団として発足。1931年にデジレ・デフォーによりブリュッセル交響楽団として改組され、1936年にベルギー芸術院の管轄となり国営オーケストラとなり、政府から助成金を受けている。例年9月から翌年7月にかけて70回の定期演奏会をベルギー内外で行っている。19世紀から20世紀の音楽を専門としているが、映画音楽の演奏でも活躍している。
エリザベート王妃国際音楽コンクールの最終選考において、ギルバート・ヴァルガの指揮で伴奏をすることでも有名。
クリュイタンスの前任者に、ピエール・モントゥー、エーリヒ・クライバー、デジレ・デフォー、カール・ベームがいる。
アンドレ・クリュイタンス(1958年~1967年)
ミヒャエル・ギーレン(1969年~1971年)

ベルギー空軍
ベルギー航空構成部隊(オランダ語:Luchtcomponent、フランス語:Composante Air)はベルギー王国の空軍。2002年に空軍から現行の航空構成部隊に改編している。 ベルギー空軍の前身は、1909年にベルギー陸軍内に設立された部局( Compagnie des Ouvries et Aérostiers )である。第一次世界大戦開戦時には、ファルマンを装備した4個飛行隊が編成されており、戦局の拡大に伴い1915年には6個飛行隊まで拡充されている。 第二次世界大戦開戦時には、陸軍航空隊として、3個飛行連隊が編成されていた。装備機種は、フィアットCR42やホーカー ハリケーン、グロスター グラディエーター、フェアリー フォックス、フェアリー バトルなどである。ナチスドイツ軍によってベルギー全土が占領された後には、イギリスで再結成され、同国からの供与機であるホーカー タイフーンやスーパーマリン スピットファイアを装備し、戦闘を継続した。
ベルギー関係記事の一覧
ベルギー関係記事の一覧(ベルギーかんれんきじのいちらん) ア行 ジェームズ・アンソール ヤン・ヴァン・デル・ロースト 欧州連合 カ行 キリクと魔女 アンドレ・クリュイタンス サ行 ザクセン=コーブルク=ゴータ家 サクソフォーン サクソルン アドルフ・サックス The Path サベナ・ベルギー航空 エンツォ・シーフォ ジョルジュ・シムノン タ・ナ行 タリス タンタンの冒険旅行 テレックス (ベルギーのバンド) 十日戦争 ポール・デルヴォー 西ヨーロッパ ネーデルラント王国 ハ行 バルジの戦い アンリ・ピレンヌ ブラバントの歌 イリヤ・プリゴジン フランドル ブリュッセル ブリュッセル国際空港 ブルゴーニュ公国 ヘイゼルの悲劇 ベネルクス3国 オードリー・ヘプバーン ベルギー ベルギー王立天文台 ベルギー海軍艦艇一覧 ベルギー空軍 ベルギーの空港の一覧 ベルギーの軍事 ベルギー人 ベルギー人の一覧 ベルギー独立革命 ベルギーの映画 ベルギーのユーロ硬貨 ベルギービール ベルギー料理 エルキュール・ポアロ マ・ヤ・ラ・ワ行 ルネ・マグリット マース川 マルタン・マルジェラ エディ・メルクス ヨーロッパ イヴ・ルテルム ロヒール・ファン・デル・ウェイデン ワッフル ワロン語。
ベルギーの世界遺産
ベルギーの世界遺産(ベルギーのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているベルギーの文化・自然遺産の一覧。 文化遺産 フランドル地方のベギン会修道院群 - (1998年) ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州) - (1998年) ブリュッセルのグラン=プラス - (1998年) ベルギーとフランスの鐘楼群 - (1999年、2005年拡張) 1999年の登録名は「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群」。この時点ではベルギー単独の世界遺産だったが、2005年の拡張でフランスの鐘楼群も追加されたため、2か国にも跨る世界遺産となった。 ブルッヘ歴史地区 - (2000年) 建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル) - (2000年) モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 - (2000年) トゥルネーのノートルダム大聖堂 - (2000年) プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体 - (2005年) ストックレー邸 - (2009年) ワロン地方の主要鉱区群 - (2012年) 関連項目 世界遺産の一覧 外部リンク World Heritage Sites in Belgium (英語) ベルギー観光局による世界遺産の紹介(日本語)。
ベルギーの戦い
ベルギーの戦い(ベルギーのたたかい、英語: Battle of Belgium、Belgian Campaign)は、ナチス・ドイツのフランス侵攻における戦いのひとつである。 1940年5月10日、ドイツはルクセンブルク、オランダ、ベルギーを抜けてフランスへ進撃することを目的とした作戦、「黄作戦(Fall Gelb)」を発動した。連合軍はそれが主力であると考え、ベルギーでドイツ軍を食い止めるため、最良の師団をベルギーに向かわせたが、ドイツ軍が作戦の第二段階を発動、アルデンヌの森を突破してイギリス海峡へ向かって進撃を重ね、5日後には海岸へ到達、連合軍は包囲されることとなった。ドイツ軍は徐々に海岸方面へ進撃、包囲網を縮め始めた。ベルギー軍は戦いの終了した1940年5月28日、降伏した。ベルギーの戦いにおいては第二次世界大戦初の大規模戦車戦、アニューの戦いが行われている。このアニューの戦いは北アフリカの戦いと東部戦線が行われるまでは世界最大の戦車戦であった。さらに、降下部隊を用いた最初の戦略的降下作戦も行われた。ドイツの公式な発表では18日間の激しい戦いにおいて、ベルギー軍は手強い敵であり、その兵士たちの「驚異的勇敢さ」について語り草になっているとしている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ベルギー
アルデンヌ、 アントワープ、 ナミュール、 ブリュッセル、 ブルージュ

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)