翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

バングラデシュ
 Wikipediaバングラデシュ情報

バングラデシュ
バングラデシュ人民共和国 গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ 国の標語:নেই 国歌:我が黄金のベンガルよ バングラデシュの位置 バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、ベンガル語: গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ、英:Bangladesh)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,250万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。
バングラデシュ人民共和国
『バングラデシュ』より : バングラデシュ人民共和国 গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ 国の標語:নেই 国歌:我が黄金のベンガルよ バングラデシュの位置 バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、ベンガル語: গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ、英:Bangladesh)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,250万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。
バングラデシュ・コンサート
『バングラデシュ・コンサート』(原題: The Concert for Bangla Desh)は、1971年12月20日に発表されたジョージ・ハリスン主催のチャリティ・コンサート『バングラデシュ難民救済コンサート』を収録したオムニバスのライブ・アルバムである。 1972年度のグラミー賞の年間最優秀アルバム賞を獲得した。日本では1972年2月21日にシービーエス・ソニーレコードからリリースされた。アメリカの『ビルボード』誌アルバム・チャートでは、計6週最高位第2位を獲得し、1972年度年間ランキングでも第16位にランクされた。また、『キャッシュボックス』誌では、8週連続最高位2位を獲得し、1972年度年間ランキング第7位であった。 2005年にはデジタル・リマスター版として再発売されたが、全トラックがリミックスされボーナス・トラックが加えられた。 収録曲 All Songs by George Harrison (except where noted) Performed by George Harrison(#3~5、8~10、12、 18~19), Bob Dylan (#13~17,20)Ravi Shankar (#1,2), Leon Russell(#8,11), Billy Preston(#6), Don Preston(#11), Ringo Starr(#7)イントロダクション - "George Harrison/Ravi Shankar Introduction" — (5:19) バングラ・デューン - "Bangla Dhun" mdash; (16:40) (Composed by Ravi Shankar) ワー・ワー - "Wah-Wah" — (3:30) マイ・スウィート・ロード -"My Sweet Lord" — (4:36) アウェイティング・オン・ユー・オール - "Awaiting On You All" — (3:00) 神の掟 - "That's The Way God Planned It" — (4:20) (Composed by Billy Preston) 明日への願い - "It Don't Come Easy" — (3:01) (Composed by Richard Starkey) ビウェア・オブ・ダークネス - "Beware Of Darkness" — 3:36) バンド・イントロダクション - "Band Introduction" — (2:39) ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - "While My Guitar Gently Weeps" — (4:53) ジャンピン・ジャック・フラッシュ〜ヤングブラッド - "Medley: Jumpin' Jack Flash/Young Blood" — (9:27) Jumpin' Jack Flash (Composed by Mick Jagger/Keith Richards) Young Blood (Composed by Jerry Lieber/Mike Stoller/Doc Pomus) ヒア・カムズ・ザ・サン - "Here Comes The Sun" — (2:59) はげしい雨が降る - "A Hard Rain's A-Gonna Fall" — (5:44) (Composed by Bob Dylan) 悲しみは果てしなく - "It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry" — (3:07) (Composed by Bob Dylan) 風に吹かれて - "Blowin' In The Wind" — (4:07) (Composed by Bob Dylan) ミスター・タンブリン・マン - "Mr. Tambourine Man" — (4:45) (Composed by Bob Dylan) 女の如く - "Just Like A Woman" — (4:49) (Composed by Bob Dylan) サムシング - "Something" — (3:42) バングラ・デッシュ - "Bangla Desh" — (4:55) = Bonus Track = 20.ラヴ・マイナス・ゼロ/ノーリミット - "Love Minus Zero/No Limit" — (4:19) (Composed by Bob Dylan)※2005年発売のリマスター盤に追加収録されたボーナス・トラック。
バングラデシュの国歌
我が黄金のベンガルよ(わがおうごん-、ショナル・バングラ、ベンガル語:আমার সোনার বাংলা)はバングラデシュの国歌。 作詞と作曲はラビンドラナート・タゴールで、タゴールはインド国歌も作詞・作曲している。 自然への礼賛や感謝はベンガル文学の主要テーマであり、シャクティ派の信仰対象である女神ドゥルガーを母なる大自然として礼賛した詞と考えられる。 歌詞 和訳 脚注 外部サイト バングラデシュ国歌 バングラデシュ国歌 バングラデシュ国歌 バングラデシュ国歌。
バングラデシュの鉄道
バングラデシュの鉄道(バングラデシュのてつどう)では、バングラデシュにおける鉄道について述べる。 この国の鉄道はインドと同様、多くはイギリスがインド帝国という植民地時代に敷設したものであり、それが1947年のインド・パキスタン・スリランカ分離独立時に分断され、更に1971年にバングラデシュが第三次印パ戦争の結果パキスタンから分離独立した結果、現在の形態になった。 現在は国有鉄道であるバングラデシュ鉄道が管理・運行している。 同国西部の鉄道は、もともとコルカタ(カルカッタ)~ダージリン間鉄道として敷設されたものが分断された結果現在の形態になっているため、軌間1676mmの広軌を採用しているのに対し、東部のダッカ・チッタゴンといった地域における鉄道は、ミャンマーの鉄道同様「植民地軌間」・「メーターゲージ」と呼ばれる軌間1000mmの鉄道となっている。
バングラデシュの国旗
バングラデシュの国旗(バングラデシュのこっき ベンガル語:বাংলাদেশের জাতীয় পতাকা)は、1972年1月17日に制定された。旗のデザインは、緑の地に、中央からやや旗竿寄りに赤い円が描かれている。赤い円は昇りゆく太陽を表し、地の緑色は豊かな大地を表す。また、赤い色は独立戦争で死んだ者の血も表している。縦横比は3:5。 旗の原型は、独立の契機となった1971年のバングラデシュ独立戦争時に芸術家カムルル・ハサン(কামরুল হাসান)によってデザインされた。対立関係にあった西パキスタンのイスラム主義の象徴「三日月と星」に対抗することを意図している。地の色にはイスラムの教えを示す緑と区別するように濃い緑が使われている。当時の旗には赤い円の上に金色でバングラデシュの地図が描かれていたが、旗が翻った時に正しい地図を維持することが困難であるなどの理由により、制定時に削除された。 この旗の太陽はやや左に寄っているが、これは旗がはためくことにより、やや左に寄せることで中心に見えるように、という配慮である。
バングラデシュ民族主義党
バングラデシュ民族主義党(バングラデシュみんぞくしゅぎとう、Bangladesh Nationalist Party, বাংলাদেশ জাতীয়তাবাদী দল Bāŋlādeś Jātīyatābādī Dal, BNP)は、バングラデシュの主要政党のひとつ。バングラデシュ国民党とも邦訳される。民族主義の右派。前の政権党。軍人や旧ムスリム連盟系政治家、軍政支持に偏向したアワミ連盟や左派政党の一部指導者が集まった官製政党1978年9月1日、軍事クーデターで実権を握った前大統領ジアウル・ラフマン率いる軍部が、民政移管のための総選挙を行うにあたり、アワミ連盟に対抗するための自らの勢力の受け皿として結党した政党。政権を5回担当し、議会最大与党として政権をとっていた。1981年ジャウル・ラーマン暗殺後、夫人のカレダ・ジアが党首となり、前バングラデシュ首相である。前回総選挙前まで国会の3分の2の議席を占めていた。 2001年の総選挙では全投票のうち47%を獲得し、300議席のうち215議席を獲得した。
バングラデシュ軍
バングラデシュ軍(バングラデシュぐん、英語: Bangladesh Armed Forces、ベンガル語: বাংলাদেশ সশস্ত্র বাহিনী)は、バングラデシュ陸軍、バングラデシュ海軍、バングラデシュ空軍を含むバングラデシュの軍隊である。準軍事組織としてバングラデシュ国境警備隊、バングラデシュ沿岸警備隊、バングラデシュ警察予備隊があり、有事の際には国防省の指揮下に入る。バングラデシュ軍の最高司令官は大統領である。バングラデシュ軍の管理・運営は国防省 (Ministry of Defence) が担当する。 正規軍 バングラデシュ陸軍 バングラデシュ陸軍は126,153人の兵力を保有している。陸軍の主な任務は国の防衛だが、チッタゴン丘陵地帯におけるUPDFの掃討作戦にも投入されている。傘下に村落防衛隊を置いている。 バングラデシュ独立戦争や湾岸戦争にも参戦した。 バングラデシュ海軍 バングラデシュ海軍は16,900人の兵力を保有している。
バングラデシュの国章
バングラデシュの国章(バングラデシュのこくしょう)は、独立時の1971年に制定された。 象徴としてスイレンが使われており、その両側が稲束で囲われている。スイレンの上には、4つの星と花のつぼみがある。スイレンは、バングラデシュを流れる多くの川を表している。米は、それがバングラデシュの主要な食物・作物であることを表している。 この国章は、硬貨のデザインにも用いられている。 脚注 関連項目 国章の一覧 バングラデシュの国旗。
バングラデシュの政党
バングラデシュの政党(バングラデシュのせいとう)では、バングラデシュの政党を挙げる。 バングラデシュ民族主義党 アワミ連盟 国民党 イスラム協会 バングラデシュ労働者党(共産党)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

バングラデシュ
ダッカ

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)