翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成


翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

HOME

サイトマップ RSS お気軽にご相談ください

翻訳WEB制作プロ 翻訳WEB制作・デザイン印刷物作成

オーストリア
 Wikipediaオーストリア情報

オーストリア
オーストリア共和国 Republik Österreich 国の標語:不明 国歌:山岳の国、大河の国 オーストリアの位置 オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、ドイツ語: Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都はウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。 中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。
オーストリア共和国
『オーストリア』より : オーストリア共和国 Republik Österreich 国の標語:不明 国歌:山岳の国、大河の国 オーストリアの位置 オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、ドイツ語: Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都はウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。 中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。
オーストリア・ハンガリー帝国
オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア=ハンガリー帝国
『オーストリア・ハンガリー帝国』より : オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア・ハンガリー二重帝国
『オーストリア・ハンガリー帝国』より : オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア=ハンガリー二重帝国
『オーストリア・ハンガリー帝国』より : オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア・ハンガリー
『オーストリア・ハンガリー帝国』より : オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア=ハンガリー
『オーストリア・ハンガリー帝国』より : オーストリア=ハンガリー帝国 Österreichisch-Ungarische Monarchie Osztrák–Magyar Monarchia 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置1913年のオーストリア=ハンガリー帝国の領域 オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。
オーストリア人の一覧
オーストリア人の一覧(オーストリアじんのいちらん)は、オーストリア帝国(ハプスブルク帝国)・オーストリア共和国で出身あるいは活動した有名人の一覧。 オーストリア・ハンガリー帝国期には、ウィーンをはじめとする現在のオーストリア領へと、帝国各地の様々な民族に属する住民が集まり、オーストリア国民として生活・活躍していたため、ここではそのような人物も一覧に含める。また、もともと神聖ローマ帝国の帝位を占めたハプスブルク家の領地であるため、現在のドイツ領から来て活躍した人物も多く、それらの一部もこの一覧に含まれている。 学者 数学 パウル・ギュルダン クルト・ゲーデル - ブルノ出身の数学・論理学者。完全性定理と不完全性定理、連続体仮説の相対的な無矛盾性など 物理学 ヨーゼフ・シュテファン - 物理学者、数学者、詩人。スロベニア人 リヒャルト・クーン - 生化学者、ノーベル化学賞(1938年) リーゼ・マイトナー - 核物理学者 ブルーノ・トウシェク - 物理学者 ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ - 生物学者 エルヴィン・シュレーディンガー - 理論物理学 クリスティアーン・ドップラー - ドップラー効果の発見など ヴォルフガング・パウリ - 物理学者。
オーストリア人一覧
『オーストリア人の一覧』より : オーストリア人の一覧(オーストリアじんのいちらん)は、オーストリア帝国(ハプスブルク帝国)・オーストリア共和国で出身あるいは活動した有名人の一覧。 オーストリア・ハンガリー帝国期には、ウィーンをはじめとする現在のオーストリア領へと、帝国各地の様々な民族に属する住民が集まり、オーストリア国民として生活・活躍していたため、ここではそのような人物も一覧に含める。また、もともと神聖ローマ帝国の帝位を占めたハプスブルク家の領地であるため、現在のドイツ領から来て活躍した人物も多く、それらの一部もこの一覧に含まれている。 学者 数学 パウル・ギュルダン クルト・ゲーデル - ブルノ出身の数学・論理学者。完全性定理と不完全性定理、連続体仮説の相対的な無矛盾性など 物理学 ヨーゼフ・シュテファン - 物理学者、数学者、詩人。スロベニア人 リヒャルト・クーン - 生化学者、ノーベル化学賞(1938年) リーゼ・マイトナー - 核物理学者 ブルーノ・トウシェク - 物理学者 ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ - 生物学者 エルヴィン・シュレーディンガー - 理論物理学 クリスティアーン・ドップラー - ドップラー効果の発見など ヴォルフガング・パウリ - 物理学者。
オーストリアの歴史
オーストリアの歴史(オーストリアのれきし)について詳述する。政治・文化・人物誌などを含んだ総合的な年表を付記する。 オストマルク東方辺境伯領 799年にカロリング朝のフランク王国カール大帝が、オーストリアの前身であるオストマルク東方辺境伯の爵位を、自らの臣下に与えたことから始まり、領土範囲は現在のオーバーエスターライヒ州・ニーダーエスターライヒ州あたりである(de)。828年に東方からスラヴ族が侵入してきたので、オストマルク東方辺境伯領はフランク王国によって東方からの異民族の侵入を防ぐために特別区として指定された。907年に、ハンガリー大公のアールパード家のアールパードが率いるマジャル人がオーストリアに侵入した。マジャル人に撃破されたオストマルク東方辺境伯家はフランス王国に援軍を要請して、スイスでようやくアールパード率いるマジャル人は大破され撤退した。 オーストリア辺境伯領 オストマルク東方辺境伯家が衰退すると、976年、バンベルクを支配したバーベンベルク家(フランスのロベール家の支流)のリウトポルトが、オストマルク東方辺境伯を改めてオーストリア辺境伯となった。
オーストリア語
『ドイツ語』より : オーストリアドイツ語(標準ドイツ語: Österreichisches Deutsch, オーストリアドイツ語: Austriazismus)は、オーストリアで話されるドイツ語(高地ドイツ語に属する上部ドイツ語)の方言である。 オーストリアドイツ語は、国内でもウィーンやチロル州、ケルンテン州など各地の方言差が大きくあるため、その総称でもあるオーストリア語と略称されることもある。 オーストリアのほとんどの地域では、隣接するドイツのバイエルン州の北部以外多くの地域とともに、バイエルン・オーストリア語が話されるが、このうちオーストリアでは、中央バイエルン・オーストリア語と、南バイエルン・オーストリア語が用いられる。 さらに、オーストリアの各地域の言語はそれぞれ共通して使用されるのもあるが、地域差により違いも見られる(ウィーン方言、チロル方言、ザルツブルク方言、シュタイアーマルク方言、ケルンテン方言、ブルゲンラント方言、ニーダーエスターライヒ方言、オーバーエスターライヒ方言など)。
オーストリア併合
『アンシュルス』より : アンシュルス(独: Anschluss)とは、単語としては「接続・合併」を意味する。日本では、1938年3月13日のドイツによるオーストリア合邦(Der Anschluss Österreichs an das Deutsche Reich)の意味で使われ、独墺合邦、オーストリア併合等と訳される。 大ドイツ主義と小ドイツ主義 神聖ローマ帝国が、その内実を失った三十年戦争以後、ドイツ民族の統一した「ドイツ国家」の復活は多くのドイツ人の悲願であった。しかし、大きな内部的な課題が存在していた。 ドイツ語圏には旧神聖ローマ帝国皇室であるハプスブルク家が治めるオーストリアとホーエンツォレルン家が治める新興国プロイセンという2つの大国があり、どちらもが自国によるドイツ統一を望んでいた。更にオーストリアの領土にはハンガリー人やスラブ民族などが多く居住しており、異民族が存在したのでは本当の意味での国民国家が成り立たないとの意見もあった。 そこで、多民族国家であるオーストリアは排除して、とりあえずの統一国家をつくるべきだという「小ドイツ主義」と、オーストリアを含めた全ドイツ語圏の国家統一を目指す「大ドイツ主義」が対立することになった。
オーストリア合邦
『アンシュルス』より : アンシュルス(独: Anschluss)とは、単語としては「接続・合併」を意味する。日本では、1938年3月13日のドイツによるオーストリア合邦(Der Anschluss Österreichs an das Deutsche Reich)の意味で使われ、独墺合邦、オーストリア併合等と訳される。 大ドイツ主義と小ドイツ主義 神聖ローマ帝国が、その内実を失った三十年戦争以後、ドイツ民族の統一した「ドイツ国家」の復活は多くのドイツ人の悲願であった。しかし、大きな内部的な課題が存在していた。 ドイツ語圏には旧神聖ローマ帝国皇室であるハプスブルク家が治めるオーストリアとホーエンツォレルン家が治める新興国プロイセンという2つの大国があり、どちらもが自国によるドイツ統一を望んでいた。更にオーストリアの領土にはハンガリー人やスラブ民族などが多く居住しており、異民族が存在したのでは本当の意味での国民国家が成り立たないとの意見もあった。 そこで、多民族国家であるオーストリアは排除して、とりあえずの統一国家をつくるべきだという「小ドイツ主義」と、オーストリアを含めた全ドイツ語圏の国家統一を目指す「大ドイツ主義」が対立することになった。
オーストリア継承戦争
オーストリア継承戦争(オーストリアけいしょうせんそう、独: Österreichischer Erbfolgekrieg, 仏: Guerre de Succession d'Autriche, 英: War of the Austrian Succession, 1740年 - 1748年)は、神聖ローマ皇帝位およびオーストリア大公国(ハプスブルク君主国)の継承問題を発端に、ヨーロッパの主要国を巻き込んだ戦争。カナダやインドで英仏間の戦争にも発展した。 背景 神聖ローマ皇帝カール6世は男子に恵まれず、長年後継者に悩んでいた。そこで娘のマリア・テレジアにハプスブルク家領(オーストリア)を継がせるため、女子の相続を認めるプラグマティッシェ・ザンクツィオン(国事詔書)を発布し、いくらかの譲歩を行ってフランスなど欧州主要国にこの詔書を認めさせた。またハプスブルク家は伝統的に神聖ローマ皇帝を世襲してきたが、女子は帝位に就けないので、マリア・テレジアの夫トスカーナ大公(元ロレーヌ公)フランツ・シュテファンの即位を要求した。
オーストリア・バイエルン戦争
『オーストリア継承戦争』より : オーストリア継承戦争(オーストリアけいしょうせんそう、独: Österreichischer Erbfolgekrieg, 仏: Guerre de Succession d'Autriche, 英: War of the Austrian Succession, 1740年 - 1748年)は、神聖ローマ皇帝位およびオーストリア大公国(ハプスブルク君主国)の継承問題を発端に、ヨーロッパの主要国を巻き込んだ戦争。カナダやインドで英仏間の戦争にも発展した。 背景 神聖ローマ皇帝カール6世は男子に恵まれず、長年後継者に悩んでいた。そこで娘のマリア・テレジアにハプスブルク家領(オーストリア)を継がせるため、女子の相続を認めるプラグマティッシェ・ザンクツィオン(国事詔書)を発布し、いくらかの譲歩を行ってフランスなど欧州主要国にこの詔書を認めさせた。またハプスブルク家は伝統的に神聖ローマ皇帝を世襲してきたが、女子は帝位に就けないので、マリア・テレジアの夫トスカーナ大公(元ロレーヌ公)フランツ・シュテファンの即位を要求した。
オーストリア帝国
オーストリア帝国 Kaisertum Österreich 国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給えオーストリアの位置 オーストリア帝国(オーストリアていこく、ドイツ語: Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、神聖ローマ帝国及びその有力な構成国であったオーストリア大公国時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク君主国あるいはハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。 17世紀初頭から続いた三十年戦争を経て成立したヴェストファーレン体制を端緒とし、さらに18世紀のオーストリア継承戦争や七年戦争などによる、政体としての神聖ローマ帝国の形骸化は誰の目にも明らかであった。
オーストリア戦役 (1809年)
『第五次対仏大同盟』より : 第五次対仏大同盟(だいごじたいふつだいどうめい, Fifth Coalition, 1809年4月9日 - 1809年10月14日)は、ナポレオン1世のフランス帝国による覇権に挑戦するため、オーストリア帝国とイギリスが結成した同盟である。 同盟 1808年、ナポレオンの覇権は欧州の全域に及びつつあった。しかし、海上ではイギリスが依然として制海権を握り海上封鎖を続けていた。そしてまたスペインではフランスの統治が現地住民の反感を呼びゲリラが各地で決起していた。イギリスはアーサー・ウェルズリーを派遣してスペインの反乱勢力を支援させた。いわゆる半島戦争が開始されたのである。こうした陸海でのナポレオンのつまづきを見たオーストリア帝国は、1809年4月9日イギリスと第五次対仏大同盟を結成し、1805年のプレスブルクの和約で失った領土の奪還へと乗り出した。 第五次対仏大同盟に参加した国家は以下のとおりである。 グレートブリテンおよびアイルランド連合王国(イギリス) オーストリア帝国 1809年オーストリア戦役 エックミュールの戦い アウステルリッツの戦いでの屈辱的敗北の後、オーストリアは再戦を期して軍制改革を実施した。
オーストリア君主一覧
オーストリア君主一覧(オーストリアくんしゅいちらん)は、オーストリアの君主の一覧。 オストマルク東方辺境伯 ハインリヒ ヴィルヘルム1世 ヴィルヘルム2世(Wilhelm II) エンゲルシャルク1世(Engelschalk I) アリボ1世(Aribo I) エンゲルシャルク2世(Engelschalk II) オーストリア辺境伯(バーベンベルク家) レオポルト1世 (976年 - 994年) ハインリヒ1世 (994年 - 1018年) アーダルベルト (1018年 - 1055年) エルンスト (1055年 - 1075年) レオポルト2世 (1075年 - 1095年) 聖レオポルト3世 (1095年 - 1136年) レオポルト4世 (1136年 - 1141年) ハインリヒ2世 (1141年 - 1156年) ⇒オーストリア公ハインリヒ2世 オーストリア公 バーベンベルク家 ハインリヒ2世 (1156年 - 1177年) レオポルト5世 (1177年 - 1194年) フリードリヒ1世 (1194年 - 1198年) レオポルト6世(1198年 - 1230年) フリードリヒ2世(喧嘩公) (1230年 - 1246年) ツェーリンゲン家(バーデン系) ヘルマン1世(1248年 - 1249年) - バーデン辺境伯としてはヘルマン6世 フリードリヒ1世(1250年 - 1251年) - バーデン辺境伯 プシェミスル家 オットカール2世プシェミスル(1251年 - 1278年) ハプスブルク家 ルドルフ1世(1278年 - 1282年) - ドイツ王 アルブレヒト1世(1282年 - 1308年) - ドイツ王 ルドルフ2世(1282年 - 1283年) ルドルフ3世(1298年 - 1307年) - ボヘミア王としてはルドルフ1世 フリードリヒ1世(1308年 - 1330年) - ドイツ王としてはフリードリヒ3世 「美王」 レオポルト1世(1308年 - 1326年) アルブレヒト2世(1330年 - 1358年) - 「賢公」 オットー(1330年 - 1339年) - 「陽気公」 レオポルト2世(1339年 - 1344年 ルドルフ4世(1358年 - 1365年) - 大公(僭称)、「建設公」アルブレヒト系アルブレヒト3世(1365年 - 1395年) アルブレヒト4世(1395年 - 1404年) アルブレヒト5世(1404年 - 1439年) - ドイツ王としてはアルブレヒト2世 ラディスラウス(1440年 - 1457年)レオポルト系レオポルト3世(内オーストリア公 1365年 - 1386年) ヴィルヘルム(内オーストリア公 1386年 - 1406年) エルンスト(内オーストリア公 1406年 - 1424年) - 「鉄公」 レオポルト4世(前方オーストリア公 1386年 - 1411年) フリードリヒ4世(前方オーストリア公 1411年 - 1439年) オーストリア大公 ハプスブルク家 フリードリヒ5世(1439年 - 1493年) - ドイツ王としてはフリードリヒ4世、神聖ローマ皇帝としてはフリードリヒ3世 アルブレヒト6世(1446年 - 1463年) ジークムント(1439年 - 1490年) マティアス・コルヴィヌス(フニャディ家)(1485年 - 1490年) マクシミリアン1世(1493年 - 1519年) カール1世(1519年 - 1521年) - 神聖ローマ皇帝としてはカール5世 フェルディナント1世(1521年 - 1564年) マクシミリアン2世(1564年 - 1576年) カール2世(内オーストリア大公、1564年 - 1590年) フェルディナント2世(前方オーストリア大公、1564年 - 1595年) ルドルフ5世(1576年 - 1612年) - 神聖ローマ皇帝としてはルドルフ2世 マティアス(1612年 - 1619年) マクシミリアン3世(前方オーストリア大公、1612年 - 1618年) レオポルト5世(前方オーストリア大公、1619年 - 1632年) フェルディナント・カール(前方オーストリア大公、1628年 - 1662年) ジギスムント・フランツ(前方オーストリア大公、1662年 - 1665年) フェルディナント3世(1619年 - 1637年) - 神聖ローマ皇帝としてはフェルディナント2世 フェルディナント4世(1637年 - 1657年) - 神聖ローマ皇帝としてはフェルディナント3世 レオポルト1世(1657年 - 1705年) ヨーゼフ1世(1705年 - 1711年) カール3世(1711年 - 1740年) - 神聖ローマ皇帝としてはカール6世 マリア・テレジア(1740年 - 1780年) - 「女帝」 ハプスブルク=ロートリンゲン家 ヨーゼフ2世(1780年 - 1790年) レオポルト7世(1790年 - 1792年) - 神聖ローマ皇帝としてはレオポルト2世 フランツ2世(1792年 - 1835年)⇒オーストリア皇帝フランツ1世以後はオーストリア皇帝と兼ねられた。
オーストリア戦役 (1805年)
『第三次対仏大同盟』より : 第三次対仏大同盟(だいさんじたいふつだいどうめい, Third Coalition, 1805年4月11日 - 1806年)は、ナポレオン1世が支配するフランス帝国の覇権に挑戦するため、ヨーロッパ諸国が結成した同盟。革命後のフランスに対抗するものとしては3度目だが、ナポレオンのフランス帝国に対抗するものとしては最初の同盟である。 同盟 1803年5月、イギリスはアミアンの和約を破棄してフランスへ宣戦布告した。これをもってフランス革命戦争とナポレオン戦争との区切りとされる。以降、イギリスは海上封鎖を展開し、フランス経済に打撃を与えた。1805年、ナポレオンはイギリスを屈服させるため、イギリス本土への侵攻作戦を計画、ドーバー海峡に面したブローニュに18万の兵力を集結させた。これに対抗するため、1805年4月11日、イギリスは各国と同盟を結成した。ただしプロイセンは中立的な立場を取った。 第三次対仏大同盟に参加した国家は以下のとおりである。 グレートブリテンおよびアイルランド連合王国(イギリス) オーストリア帝国(神聖ローマ帝国) ロシア帝国 ナポリ王国 スウェーデン王国 1805年オーストリア戦役 海戦 イギリス本土へ侵攻するためには、ドーバー海峡の制海権を獲得しなくてはならなかった。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

オーストリア
インスブルック(チロル州)、 ウィーン、 グラーツ、 ゴーザウ、 ザルツカンマーグート地方、  ザルツブルク、 ザンクトヴォルフガング、 ゼーフェルト、 ゼメリング、ツェル・アム・ゼー、  ドナウ、 ハイリゲンブルート、 レオガング

 

 

 東アジア 台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ | ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東 アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア | シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ | クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ | マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ | バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域 北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ | パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア | マーシャル諸島


お客様のご要望に合わせて選べる制作プランをご用意

 

 

 

コスト重視!
激安翻訳サービス

安くあげたいというお客さまにぴったりのプランです。
翻訳の納期が長め、一度にご依頼の文章量が大量、または、意味がある程度分かれば良い…等の条件によって、通常の翻訳料金より低価格にてご提供することが可能となっております。

品質重視!
高品質翻訳サービス
正確な高品質な翻訳をお求めのお客様に最適のプランです。
対象言語を母国語とする翻訳者が担当につくことで、翻訳とネイティブチェックが同時に行える為、驚きのスピードでご提供することが可能となっております。

専門翻訳サービス
海外進出企業様向けのプランです。
専門用語を駆使した質の高い翻訳を提供致します。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ



 

海外向けWEBサイト多言語化・外国語ホームページ作成・多言語翻訳 印刷物作成(名刺・パンフレット・会社案内)など承ります。
翻訳WEB制作プロ】 外国語・多言語 WEBサイト制作(ホームページ作成)